佐野元春と爆笑問題 桑田佳祐とサザンオールスターズを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

爆笑問題のお二人がTBSラジオ『Sound Avenue905 元春レイディオショー』にゲスト出演。佐野元春さんと桑田佳祐さんについて、サザンオールスターズの楽曲を聞きながら話していました。

《爆笑問題をゲストに迎えて – 「元春レイディオショー」TBSラジオ 夜9時 ~ 》佐野元春構成・DJ、ロック音楽ファンのための番組「SOUND AVENUE 905 元春レイディオショー(MRS)」。2月16日(火)放送では、爆笑問題…

Posted by 佐野元春(Official) on 2016年2月15日

(佐野元春)ちょうどね、70年代が終わって80年代に入ると、まあ達郎さんなんかは僕より少し上の世代。大瀧さんはさらに上の世代ですけども。達郎さんや大瀧さんの音楽を聞いて育ちましたから。日本語でロックをする、日本語で曲を作るっていうのは当たり前のことだったんですよね。だからお二人はちょうどそういう日本のポップロックが成熟し始めた頃、多感な頃にリスナーだったということでしょうね。

(太田光)本当にいい時代でしたよ。だからね、いまのね、ちょっと下の世代の子とかいまの若い子なんかね、かわいそうだなと思いますね。ロクな音楽、聞いてないでしょ?(笑)。

(田中裕二)いや、そんなことないでしょうけどね!それを言うと、ただ単に『お前らが歳取っただけだ!』って言われちゃうんだけど。若い人たちも才能あるだろうし。

(佐野元春)たしかにね(笑)。

(太田光)でも、あの興奮はないし。佐野さんもそうだし、達郎さんだって、ねえ。それこそ、まあ拓郎さんもいまだにそうだし。やっぱりずーっと現役でトップで走り続けているじゃないですか。

(田中裕二)そうね。だから、そこはすごいですよね。

(太田光)それ、やっぱり『自分たちの世代ってすげーな』って思います?はっきり言って。

(佐野元春)あの、僕もね、この前ね、太田さんがたまたまTBS。この『元春レイディオショー』、お二人でいらっしゃって。で、桑田さんが自分の番組でね、僕の曲を推薦してくれた。これ、素晴らしい話だねっていう話をしてくれた。で、僕も本当にジンと来ることなんだけども。今日はね、80年代のサザンオールスターズと僕の曲をね、僕たちの話の合間にかけていこうかなと。そんな風に思っています。

爆笑問題 佐野元春・伊藤銀次・杉真理に出会った話
爆笑問題のお二人がTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』の中で、佐野元春さん、伊藤銀次さん、杉真理さんにTBSラジオ内で出会った話をしていました。 (田中裕二)そう言えば、去年の...

(田中裕二)うわー!最高ですね、それは。こんな日が来るんだな!

(太田光)どうする!?うわー・・・

(田中裕二)だから当時の、30年前の俺たちが聞いたら、もうとても信じられない状況にいるな。いまな。

(佐野元春)(笑)。お二人が、ですから高校生ぐらいの時。僕と桑田さんは同世代ですから。ただ、サザンオールスターズの方が自分より3年早くデビューをして。ですので、僕は80年ですけども。80年前にサザンオールスターズはもうすでにいい曲をたくさん書いていて。その中から、1曲僕も聞いてみたい曲があるんです。これ、一緒に聞きたいですね。

(田中裕二)はい。

(佐野元春)サザンオールスターズ。曲は『思い過ごしも恋のうち』。

スポンサーリンク

サザンオールスターズ『思い過ごしも恋のうち』

(佐野元春)いま、聞いていただいているのは1979年。サザンオールスターズ。アルバム『10ナンバーズ・からっと』からの曲。『思い過ごしも恋のうち』ですね。

(田中裕二)懐かしいですけど、これを元春さんが選んだのが、なんかこう、ちょっと意外な気もするんですけど。

(太田光)当時、どういう風に?

(佐野元春)当時、僕はあんまり知らなかったです。サザンオールスターズを。ただ、『いとしのエリー』っていうバラードが、とてもきれいなバラードだったけれども。あの曲が街中に流れ出して。『いい曲だな』と思って。で、そこから知りましたね。

(田中裕二)これがたしか、その次の。『いとしのエリー』の次のシングルがこの曲だったかな?

(佐野元春)そうだったんですね。うん。僕はだから、このアルバムの翌年。1980年にデビューするので、まだ仕事をしてた頃でしたね。

(田中裕二)広告代理店で。

(佐野元春)はい。

(太田光)なんかこう、よかったね。生きてて。

(田中裕二)生きててよかったね。

(太田光)こんな日が来るとは、夢にも思わないですよ。

(田中裕二)うん。

(佐野元春)僕はね、今日はお二人にいろいろなことを聞きたいので、どんどん行きたいんですけど。いいですか?

(田中裕二)いや、もう(笑)。

(太田光)もう死んでもいいです。

(佐野・田中)(笑)

(中略)

(佐野元春)ここで1曲、音楽を聞いてみたいと思います。サザンオールスターズ。曲は『YaYa』。

(曲おわり)

(佐野元春)いま聞いていただいているのはサザンオールスターズ、82年のレコードですね。『YaYa』。この曲も懐かしいですね。とてもいいメロディー、いい詞ですよね。

(田中裕二)青学のね、キャンパスをイメージしてね。

(佐野元春)そうだったんですね。

(田中裕二)立教と青学という、両方ともミッション系のね、大学で。

(太田光)憧れたよね。

(田中裕二)そう。当時、だから本当に僕は立教を受けることになるんですが。

(佐野元春)あ、そうですか。

(田中裕二)はい。まあ、落ちるんですけどね(笑)。

(太田光)本当にね、『なんで俺たちは日大なんだ?』って何度思ったことか。

(田中裕二)そうだよね。

(佐野元春)まあ、あの時代はどのキャンパスにも、でも自由な雰囲気が流れていたんじゃないですか?楽天的な雰囲気というかね。

(田中裕二)あ、そうですね。

(太田光)全く政治色なんかなかったです。

(佐野元春)なかったですね。

(田中裕二)本当に、一部の変わった人たちが、まだそういう人たちもいたんですけど。ほとんどもう、なかったですね。

(太田光)ポリシーもなにもなかったよね。

(田中裕二)そう。まあ、ちょっと浮かれている。バブリーな空気。それこそね、向かうちょっと浮かれている世代ということにはなるんですけど。

(佐野元春)そうですね。まあ、僕ら音楽だけじゃなく、むしろお笑いもそうだし。小説の世界も文学の世界も。また、映画の世代も新世代が出てきたと。たとえば、森田芳光。

(田中裕二)そうですね。まさにそうですね。

(太田光)衝撃的でしたね。

爆笑問題と佐野元春 森田芳光と大瀧詠一を語る
爆笑問題のお二人がTBSラジオ『Sound Avenue905 元春レイディオショー』にゲスト出演。佐野元春さんと森田芳光監督、そして大瀧詠一さんの話をしていました。 (fu...

(中略)

(太田光)佐野さん、いまの若いバンド、注目している人とかいるんですか?

(佐野元春)あの、いっぱいいます。むしろね、僕のすぐ下よりも、ずっと下の世代の表現がね、面白くなってきています。だから、20代ですか。しかも、女性のソングライターも面白い人たち、出てきてますし。バンドもね、面白い人たち、たくさん出てきている。ただ、寂しいのは同時代に仲間があんまりいないんですよね。桑田くんぐらいですか?だし、僕より下は『バンドやろうぜ』の世代ですから。

(太田光)バンドブームですね。

(佐野元春)同世代の仲間たち、いっぱいいて。楽しそうなんですよ。

(田中裕二)ああ、そっか。面白いね。

(太田光)でも、桑田さんと佐野さんの関係はやっぱり僕は、本当にいい距離というか。

(佐野元春)そうですか?

(太田光)うーん。なんか桑田さんのラジオで佐野さんの話がたまーに出る時もあるし。佐野さんがこうやってね、桑田さんの曲をっていうのも、やっぱりね、なんかそれだけでジンと来るよね。

(田中裕二)ジンと来る。

(佐野元春)そうですか。

(太田光)あの、『VISITORS』が出た時に、僕ら、もちろんあんな音楽に触れたのは初めてですから。『VISITORS』。で、聞いてやっぱり最初は戸惑ったんですよ。『なんだ、これは!?』と。で、『ヤバいぞ!』って思うわけですよ。あの佐野元春を理解できないと、僕らはダメになると思うから。一生懸命、何度も聞いて。したらもう、当時俺が好きだった女は『なにこれ?』なんて言ってましたよ。で、もうそいつはダメになっていきましたけど。

(田中裕二)いいんだよ、そんなのは(笑)。

(太田光)で、俺らは何度も聞くうちに良さがどんどんわかってきてね。あの『VISITORS』の。その当時、サザンがやっぱり『VISITORS』をメンバーで全員で何度も聞いたっていう話を言っていて。『すっげー!』って。俺ら、話したよな?

(田中裕二)もうね、あの話は本当に大好きな話なんだけど。『KAMAKURA』っていうアルバムを後に、ちょっと後にサザンが出すんですけども。それのちょっと前に、みんなで聞いたらしいです。『VISITORS』を。

(佐野元春)そうなんですか。

(田中裕二)で、愕然として、みんなで。『もうこれはすごい!』って。で、ここは想像ですけどね。ちょっと違うことを、なにか新しいことをっていう刺激を相当受けたっていうニュアンスの話は・・・

(佐野元春)そうだったんですか。僕はそれは知らなかったですね。じゃあ、ちょうどその当時のサザンオールスターズのレコード。この曲を聞いてみたいと思います。『ミス・ブランニュー・デイ』。

サザンオールスターズ『ミス・ブランニュー・デイ』

(佐野元春)いま聞いていただいているのはサザンオールスターズ。1984年のレコード。曲は『ミス・ブランニュー・デイ』。この曲も流行ったですよね。

(太田光)流行りましたね。

(田中裕二)そうですね。『YOUNG BLOODS』がこの頃、割と近い・・・

(佐野元春)そうですね。『VISITORS』が終わって、次の『Cafe Bohemia』に行こうとしていた頃でした。

(田中裕二)思い出すね。大学1年で、ちょうど僕ら出会った頃に、この夏にヒットしてたんですね。

(佐野元春)桑田さんというのは本当に優れたソングライターでね。まあ、同時代に生きている、僕も同業ですから。彼の詞や曲を聞きますけども、本当に優れたソングライター。で、NHKで以前、僕は『佐野元春のザ・ソングライターズ』っていう番組をやっていてね。それはソングライターを招いて、その作詞作曲術を聞き出すという、そんな番組をやっていたんですね。で、その番組、企画は僕なんですけども。企画した時に、真っ先にスタジオに呼びたかったのは、実を言うと桑田さん。で、僕はね、桑田さんに手紙を書いたんです。実を言うと。

(田中裕二)手紙を書いたんですか?

(佐野元春)はじめてですけどね。このことをしゃべるのは。で、最終的に出なかったんだけども。ちょうどね、彼が病気をしていた頃ですね。で、僕はそれをぜんぜん知らない。でも、熱い思いを、『桑田さん、出てください』って手紙を書いて。そして、まあしばらくたったら桑田さんからね、本当に分厚い手紙が返ってきましてね。こんな分厚かったんですよ。で、なにが書いてあるんだろうな?って見たら、ひとつの便箋に文字がすごく大きかった(笑)。

(太田・田中)(笑)

(佐野元春)文章量はそれほどでもないんだけど、こんな分厚いものが。まあ、それはうれしかったんですけどね。で、まあ『ちょっといろいろ事情があって出れるあれじゃない』というようなことが書かれていて。で、それから間もなく、彼が戦っているということをニュースで聞いて、そうだったのか!って思ったんですけど。まあ、そうこうしているうちに番組は終わったんですけど。またいつかね、機会を改めて彼と・・・

(田中裕二)それこそ、この番組にゲストで桑田さん。ねえ。

(佐野元春)ああ、でもいいですし。あの、そうした番組というか、メディアでなくね。

(太田光)プライベートで。

(佐野元春)プライベートでもね、彼とソングライティングについて、じっくり話してみたいなという気持ちはいまでも、僕はありますね。

(太田光)いや、でもいずれね、なんか、一緒に曲を作るみたいなことってないんですかね?

(佐野元春)あるんじゃないですか?この先、1回は。

(太田光)うーわ!もうぜったい、1曲でいいからね。

(佐野元春)それを発表する・しないっていうのはまた別として。

(田中裕二)いや、それはしなきゃダメ!

(太田光)発表しないって(笑)。

(田中裕二)発表はもしね、そんな奇跡がもしあったら、それはもう、日本のために発表しないとダメですね(笑)。

(太田光)どっちが詞でどっちが・・・まあ、両A面で2曲だね。

(田中裕二)そうだね。

(佐野元春)(笑)。もうそこまでプランしますか(笑)。

(太田光)だってさ、どっちもね、メロディーと詞、どっちもやってほしいもんね。

(田中裕二)はい。あの、『Holland Rose』とちゃんとね、やってほしいですね。

(佐野元春)同世代がね、がんばっているっていうのはすごい刺激になるし。とても励みになるし、うれしいことですよね。ですので、いつか共演するんじゃないか。いつか一緒に曲を書くんじゃないかっていう希望を残しつつ、いまこう動いている。それを考えるだけでも楽しい。

(太田光)楽しいね。本当に。

(田中裕二)それはもう、我々、もっと楽しいですね。それをこう、想像するだけでね。

(太田光)本当に、それはできるまで生きていようね。

(田中裕二)生きていないといけない。

<書き起こしおわり>

爆笑問題と佐野元春 立川談志を語る
爆笑問題のお二人がTBSラジオ『Sound Avenue905 元春レイディオショー』にゲスト出演。佐野元春さんと立川談志さんについて話していました。 (function(d...
爆笑問題と佐野元春 森田芳光と大瀧詠一を語る
爆笑問題のお二人がTBSラジオ『Sound Avenue905 元春レイディオショー』にゲスト出演。佐野元春さんと森田芳光監督、そして大瀧詠一さんの話をしていました。 (fu...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする