スポンサーリンク

吉田豪選曲 コピンク+加護亜依 ガールズビート楽曲特集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

吉田豪さんがbay fm『with you』の中で宮本佳林さん、浅川梨奈さんのコピンク関連楽曲と加護亜依さんのグループ、ガールズビートの楽曲を紹介していました。



(松本ともこ)じゃあ吉田豪ホントのところ、お願いします。今日の特集は?

(吉田豪)今日は『昨日買ったコピンク特集+アルファ』っていう感じですね。

(松本ともこ)コピンク特集!ちょっと以前にもコピンク、紹介しましたが。ちょっと改めて。

(吉田豪)静岡でやっている静岡朝日テレビの情報番組『ピンクス』っていうのがありまして。それのイメージキャラクターがコピンクという。で、初代が現在Juice=Juiceの宮本佳林さんが当時務めていて。CDも出していて・・・

(松本ともこ)いまかかっているのが?

(吉田豪)その宮本佳林バージョンのコピンクの『カリーナノッテ』という超名曲。



(松本ともこ)すっごい人気なんでしょ?

(吉田豪)すごい人気かどうかは難しいですけど、僕は本当に大好きで。

(松本ともこ)行くと、こっちだと見られないから。テレビを。

(吉田豪)あれなんですよ。僕も正直、この番組自体は見たことがなくて。で、彼女が最初で最後と思われるコンサートを前にやったことがあって。それを見るために僕が静岡に行ったことがあったというね。そういうのがあったんです。で、それっきりだったのかな?と思っていたのが、その後二代目コピンクとかが誕生して。1回トークイベントを東京でやって。それ僕も出てたんですけど。で、そこで発表されたのがコピンクフェス的なものが静岡で行われると。で、行くしかないだろって行ったのが昨日で。

(松本ともこ)へー。

(吉田豪)で、この宮本佳林バージョンのコピンクを集めたアルバムが前に出てるんですが。その後の二代目とかの曲を集めたものが昨日会場で先行発売されて。

(松本ともこ)会場でなんだ。

(吉田豪)それとかを聞いたりしようかなというのが本日のテーマです。

(松本ともこ)買って持って帰ってきてくれたと。素晴らしい。

(吉田豪)本当ね、宮本佳林ちゃんっていうのがね、あれなんですよ。ちょうどそのコピンクをやった時っていうのが、いろんなオーディションに落ちまくって。モーニング娘。からなにから。ダンスも歌もすごいスキルは高いんだけど、先がまったく見えない時に、唯一の救いだったのがコピンクだったんで。で、いろんなその夢見る感じの彼女の心境が歌いこまれていて。ものすごい泣けたのが、まあJuice=Juiceのデビューが決まって、みたいなのが重なっての最初で最後の・・・

(松本ともこ)ちょっと話を聞いただけで、もうすごい感動しちゃうな。そういう話。

(吉田豪)バックボーンを踏まえただけでこの曲を聞くとすごい泣けるんですよ(笑)。

(松本ともこ)もう私ね、なんですぐそうやって感情移入しちゃうんだろう?じゃあ曲を聞かせてください。

(吉田豪)はい。そういうわけで1曲目は夢みるアドレセンスっていうグループがありまして。前に実はコピンク特集をやった時に流したのが、このクインセというコピンクプロジェクトの、夢アドの荻野可鈴さんっていう人がやっている曲を流したことがあったんですよ。

(松本ともこ)忘れちゃった(笑)。

(吉田豪)忘れたでしょうけど、いいですよ。まあ、いい曲がありまして。で、実はそれが今回の『コピンクス! メロディーズ2』には入ってなくてっていうか。夢アドに1枚だけ、ほぼコピンクスの1と2の間の1.5みたいなのがあるんですよ。1曲目だけいわゆる夢アドの曲で、他の曲がこのコピンクスのプロジェクトをやっている児玉雨子さんが作詞していて。1曲、依田さんっていうコピンクの曲をほぼ作っている人がやっているのがあって、みたいな感じで。それがその、前に流した『いつかお姫様が』っていう曲だったんですけど。それ以外にもコピンク感のある、ピンクスのオープニングテーマだった曲があるんで。ちょっと聞いてみましょう。昨日のイベントでもこれ、みんなで歌ってたりしてたので。

(松本ともこ)じゃあこれはなに?夢アドなんだ。

(吉田豪)夢アドなんですけどね。正確にはコピンクスではないんですが。夢みるアドレセンスで『ハナモモ』。



(松本ともこ)夢みるアドレセンスの『ハナモモ』という曲をお届けしていて。

(吉田豪)いい曲!配信で買えますよー!


(松本ともこ)いい曲!(笑)。

(吉田豪)本当、あの静岡のプロジェクトだから。静岡のテレビ番組の。静岡でしか見れないんですよ。

(松本ともこ)でもたぶんwith youのリスナーで静岡からメッセージ送ってくれる方もね、いらっしゃるから。つながっているでしょうね。『あー、コピンク!』みたいな。

(吉田豪)ほぼ東京からの遠征組が多かったですけどね。

(松本ともこ)ああ、そうなんだ。でもそこまでして、ちょっと見たいそのコピンク感って、良さってどこですか?

(吉田豪)本当に単純に昨日、いろんなメンバーが所属している母体のグループ。Juice=JuiceだとかSUPER☆GiRLSとかいろんなのが出てたんですよ。でもそれを全部見て思うのは、やっぱりコピンクがらみの楽曲の良さっていう。

(松本ともこ)曲がやっぱりいい?

(吉田豪)『あー、やっぱ違うわ』って思ったので。そういうのをいろいろ流したいというわけで、二代目のコピンクがSUPER☆GiRLSに加入した浅川梨奈さんっていう人がやっているんですが。そっちのコピンクの曲を1曲聞いてみましょう。『ティアラな条件』。



(松本ともこ)お送りしているのが、『ティアラな条件』。コピンク feat.浅川梨奈。

(吉田豪)はい。いま流しているのが、まあ配信もされていたんですが、10月8日にリリースされるアルバム『コピンクス! メロディーズ2』っていうのが会場で限定先行販売されていたんですよ。それを買ってきて、先に流しているという。

(松本ともこ)それを限定で買ってきたのはどれですか?

(吉田豪)ええと、いまの『ティアラな条件』も収録されていて、これは配信もされていて。この次のが配信もされていない本当アルバムからの初出しになると思うんですけど。行ってみますかね?

(松本ともこ)是非!

(吉田豪)同じく浅川梨奈さんのコピンクで『カリーナノッテ ARIETE』。


(松本ともこ)お送りしているのが『カリーナノッテ ARIETE』。コピンク feat.浅川梨奈さんです。

(吉田豪)オープニングで流したカリーナノッテの別バージョンですね。

(松本ともこ)これ、別バージョン。

(吉田豪)こういう素晴らしい曲が入ったアルバムがね、間もなく出るので。是非ともというね。そしてプラス、昨日ね、静岡から戻って来て六本木のイベントに行って。そこには加護亜依さんの新グループ、ガールズビート!!っていうのがライブやっていまして。

(松本ともこ)加護ちゃんが、新しいグループを。

(吉田豪)ライブには間に合わなかったんですが、物販に間に合って。僕、加護ちゃん3回ぐらい取材してるんで、久しぶりに再会して。

(松本ともこ)どうでした?加護ちゃん。

(吉田豪)加護ちゃんが昔は、ハロプロ時代はそれこそ20万とか払って、一緒に海外とか行くツアーに行って、初めて2ショット撮れたのが、1000円のCDで2ショットを撮れるんで大行列つくっていて。みんな。

(松本ともこ)大行列だったんだー。

(吉田豪)で、そのチェキの間に『わー、吉田豪さんだー!』って言われたぐらいだったんですけど。

(松本ともこ)気づかれた。気づかれた。

(吉田豪)挨拶だけしたんで。

(松本ともこ)それで、それ以上は?

(吉田豪)『CDだけ買いますー』って(笑)。

(松本ともこ)ガールズビート?

(吉田豪)ガールズビート!!っていう女の子2人を従えて、加護ちゃんセンターで。CDを2枚出しているんですが。会場のみなんですよ。Amazonとかでも買えないんで、せっかくなんで買ったばっかのやつをすぐ流しましょうという。

(松本ともこ)黒のコスチュームと白い肌がちょっと妖艶な感じです。

(吉田豪)加護ちゃんが『まだ、やれる』っていうタイトルのCDを出すっていうのが、またこうね・・・



(松本ともこ)でもかわいい!キレイ、キレイ。

(吉田豪)本当に、ちゃんとまだかわいくて。そこがすごいうれしかったですよ。まだちゃんとかわいい!っていう。

(松本ともこ)行列作りますよね。

(吉田豪)レジェンドですからね。出演者がみんな写真を撮りたがっていて。で、わざわざその騒動の時に加護ちゃんがいなかったのが残念で。『加護ちゃん、ここにいてこそ!』ったのに(笑)。

[関連リンク]吉田豪が語る ウタ娘プレミアムライブ警察騒動の現場の状況

(松本ともこ)(笑)。もういなくてよかったんじゃないかな。そっかそっか。

(吉田豪)で、この『まだ、やれる』のカップリングが意外な感じの曲調っていうか。正直、あれなんですよ。加護ちゃん感というか、タンポポとかで加護ちゃん好きだった人にはちょっと音楽的にはうーん・・・っていう感じもあるグループではあるんですが。カップリングが面白かったっていうか。ちょっとラモーンズっぽい(笑)。なんかベースがブンブン鳴っているロックナンバーだったんで、面白かったんでこれを流してみようかなと。

(松本ともこ)是非。

(吉田豪)ガールズビート!!で『届け!届け!』。



(松本ともこ)このガールズビート!!の『まだ、やれる』。これ、会場だけ?

(吉田豪)会場だけですね。なのでようやく買えました。僕も。

(松本ともこ)へー。あとのお二人も、まだお名前がわからないんだけど。

(吉田豪)若いメンバーを従えてがんばってますからね。

(松本ともこ)3人でやってるんですもんね。

(吉田豪)そうです。プロフィールの生年月日から『年』がなくなってましたからね(笑)。

(松本ともこ)(笑)。そんなもんですよ。それも乙女心っていうことで、ねえ。でも本当にキレイだから、かわいいから、大丈夫だと思います。

(吉田豪)まだ、やれる!(笑)。

(松本ともこ)これ、なんかさ、ある程度ちょっと年齢を重ねた人は『まだ、やれる』って流行らせればいいんじゃない?まだ、やれる!って。私もまだやれるかな?

(吉田豪)子どもを産んでも、まだやれる!っていうね。

(松本ともこ)まだやれる!まだやりたいから、まだやれる!

(吉田豪)いいですね、このラモーンズ感ね。

(松本ともこ)いい!このラモーンズ感って言われた、始まった瞬間に(笑)。

(吉田豪)キター!って。

(松本ともこ)ラジオの前の加護ちゃんファンたちも、『おおー!こう来たか!』っていう。

(吉田豪)たしかにこれはガールズビートだ!っていう感じの。タイトル曲よりいいっていう(笑)。

(松本ともこ)へー。まあ私たちは『まだ、やれる』聞いてないからわからないですけど。是非是非みなさん、今日はこの『届け!届け!』の方をチェックしていただきたいと思います。

(吉田豪)気軽に買えないでしょうけど。

(松本ともこ)気軽に買えないですよね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事