スポンサーリンク

吉田豪と川後陽菜 乃木坂46・佐々木琴子を語る

吉田豪と川後陽菜 乃木坂46・佐々木琴子を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

乃木坂46の川後陽菜さんが2018年6月に『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと乃木坂46の佐々木琴子さんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「オタとして見た好きな乃木坂メンバーは?」。

(川後陽菜)あ、私ですか?

(吉田豪)僕には聞かないですよ(笑)。

(川後陽菜)私はさゆりんが好きですね。さゆりんご。

(吉田豪)なにがオタとしてひっかかるんですか?

(川後陽菜)なんだろう? こう、美味しい時の表情とかが全部アイドルだなって。全表情がアイドルなんですよ。なんかいいなって思いますね。あと、佐々木琴子。

(吉田豪)さっきからすっごいその人の名前が出ているんですけども。

(川後陽菜)いや、佐々木琴子は若干ミスiDにもハマるんじゃないか? みたいな存在で。乃木坂で言ったら。なんか、本当に握手とかがすごくて。その、いまは全然よくなったんですけど、最初の時はもう片手でこう、置くスタイル。なんかほぼ(タッチして)流れるスタイルみたいな子で。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ! へー!

(川後陽菜)別に、まあ笑わない。ライブ中も笑わないし。

(吉田豪)ああー、厄介系?

(川後陽菜)手を軽く振っているのか? ぐらいの感じで。たまにステージ上からいなくなるっていう(笑)。まあ、初期はそうですね。いまは全然大丈夫なんですけども。

(吉田豪)いなくなるっていうのは過呼吸的なやつじゃなくて?

(川後陽菜)じゃなくて、シレッと。

(吉田豪)シレッと(笑)。シレッといなくなっていいんだ?(笑)。

(川後陽菜)煽りの時はいちばん最後列に行くとか。なるべくステージから離れた方に行くみたいな。それがめちゃくちゃ面白くて私はめっちゃ好きです。でも、顔だけ総選挙みたいなこの前にあったやつで結構上位に。2位とかなんですよ。だから顔は本当に美形なんですよ。

(吉田豪)へー。

(川後陽菜)めちゃくちゃ顔はきれいです。本当に。

(吉田豪)全然僕は詳しくないからたぶんぼんやり解釈するとぱるる(島崎遥香)的なタイプなのかな?って。

(川後陽菜)ああ、そうですね。ざっくり言うと塩対応っぽい子で。

(吉田豪)ねえ。僕がここ何年かでいちばん苦労したアイドルインタビュー相手の代表がぱるるですよ。相当自分が調子乗っていることに気づいたっていう。だいたいなんとかなるだろうって思っていたけど、なんとかならない人もいるっていう(笑)。

(川後陽菜)へー! じゃあちょっと話してみてほしいな(笑)。

(吉田豪)打っても響かないっていう。あまりにも打っても響かなすぎて困って。衝撃を受けたもんな。このキャリアで。「最近、ドラマにも出られていますけど、どうですか?」って聞いたら「どうですか? 私、どうですか?っていう質問がいちばん嫌いなんです。 どうですか? とは……?」っていう(笑)。ものすごい恐ろしい返しをされて(笑)。

(川後陽菜)面白い!(笑)。

(吉田豪)「すげえ!」っていう(笑)。あれは強い。うん。

(川後陽菜)でも琴子の場合はロシアの話をすればめちゃくちゃ食いつきます。

(吉田豪)へー。そんな上坂すみれ的な?

(川後陽菜)上坂すみれさんが好きで。

(吉田豪)そうなんですか。じゃあ、僕接点ありますよ。いけますよ。

(川後陽菜)あ、たしかに。いけますよ。上坂すみれさんも好きですし、なんかロシアが好きらしくて。ロシアのことを調べすぎて、なんかロシア語もちょっと勉強していて。めちゃくちゃ発音いいですよ。

(吉田豪)うちの姉がもともとロシア語をやっていて、ロシア人と付き合っていて。なんか国交正常化前のロシアに行っていたんですよ。

(川後陽菜)すごい!

(吉田豪)で、ロシアはだから僕、姉を通じて。

(川後陽菜)そう。だからロシアの歴史とかもめっちゃ調べているみたいで。ロシアの話をするとめっちゃ興奮してバーッとしゃべり始めて。もうそのままにしておいてもずっとしゃべってくれます。

(吉田豪)なるほどね。ミスiD寄りな、かわいくてやっかいなめんどくさい人。

(川後陽菜)ちゃんとかわいいんで。

(吉田豪)ミスiDだ、たしかに(笑)。

(川後陽菜)まさに推したい子です。

(吉田豪)へー! ずっと名前が出ていたのはそういうことなんですね。

(川後陽菜)たぶん引っかかるなってファンの人も。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました