スポンサーリンク

矢口真里 辻希美・加護亜依の教育係時代を語る

矢口真里 辻希美・加護亜依の教育係時代を語る SHOWROOM
スポンサーリンク

矢口真里さんが2020年2月25日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと辻希美さん、加護亜依さんの教育係をしていた頃の話をしていました。

(吉田豪)「加護ちゃんにいじわるされていた過去」っていうコメントがあったんですけど。なんなんですか、これ? されていたんですか?

(矢口真里)フフフ、いじわるされていたっていうか……まあ嫌われていましたよ。

(吉田豪)まあ、辻加護がモンスターだった話はよくしてますもんね。

(矢口真里)そう。だからミニモニ。時代、口くるせえババアだって思われてましたから。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ!

(矢口真里)本当にそうです。もう怒る場所はどこでも怒る。

(吉田豪)まあ注意しなきゃいけない立場だったからやってたけど、辻加護が本当にもう一切話を聞かないっていう……。

一切話を聞かない辻加護

(矢口真里)ああ、全く。もう怒りすぎていて。「ああ、こいつまた怒ってるな」ぐらいの感じの見られ方で。でも、怖かったらしいですよ。当時は私が一番怖かったらしいです。だからいまだに辻は「矢口さん」って呼んでくるんですよ。「真里ちゃん」とかってたまに言われるんですけど、やっぱり矢口さんっていう風に戻るんですよ。で、あの時はやっぱり怖かったらしくて。私、番組中でも切れてましたし。普通にエレベーターの中とか、他のお客さんとかがいる前でブチ切れることもあって。

(吉田豪)「いいかげんにしろ!」って?

(矢口真里)もう本気のテンションです。だからやっぱり……まあ、うるせえババアだって思われていた感じっすね。

(吉田豪)フフフ、当時の辻加護の凶悪さってどのレベルだったのかっていうのはこっちも想像でしかないですけど。

(矢口真里)ヤバい!

(吉田豪)基本、本当に下品な方しかしない子供たちっていうイメージですよね。

(矢口真里)まあ、本当に5歳児が好きなウンコとか……。

(吉田豪)そうそう(笑)。ウンコ大好きな……。

(矢口真里)クレヨンしんちゃんが……でも、クレヨンしんちゃんでかわいげがあるじゃないですか。やっぱり大きいとかわいげがないんですよ。そんな感じです。ずっといたずらしているかわいげのない12歳みたいな感じです。だから、うーん……一番困るのはやっぱり現場が押したりとか、収録ができないとか、もうしょっちゅうあったんで。それは相当ブチ切れてました。

(吉田豪)それは2人のせいで?

2人が原因で現場が押す

(矢口真里)そうですね。一番最初は辻が衣装にマニキュアをこぼして。それで「怒られるから行きたくない」って言って楽屋から何時間か出て来なかったんですよ。

(吉田豪)それだけでロックアウト?(笑)。

(矢口真里)はい。ストライキみたいな。

(吉田豪)それ、早く処理しなきゃしょうがないやつですよ。籠もっていたところで何も解決しない。

(矢口真里)そうです。「みんなが怒るから行きたくない」って言って出てこなくなったっていうのとか。あとCM撮影の時に羽が動くものを設置して、みんなでこう飛んでるみたいな。それがすごい繊細で、ちょっとぶつかるだけで壊れちゃうんですよ。それで「絶対に壊すなよ!」って言ったそばから壊したんですよ。もうブワーッ走ってバーンみたいな。それで壊してそれを直す時間で押すとか。ものすごかったです。だから「やっちゃダメだよ、やっちゃダメだよ」っていうことをすぐやるんですよ。それがやっぱりね、モンスター級の問題児。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(矢口真里)それで家庭教師の先生が一時期ついていたんですけど、家庭教師の先生が逃げ出すっていう(笑)。

(吉田豪)「もうこれを教えるのは無理です!」っていう?

家庭教師が逃げ出す

(矢口真里)「無理無理!」って(笑)。だからやっぱり手に負えない部分が多くて。それを結構私とか裕ちゃん(中澤裕子)が……やっぱりモーニングのリーダーは裕ちゃん。それでミニモニ。のリーダーは私っていうので任されていて。それで怒る役目。嫌われる役目でもあったんですけど。でも今となっては相当感謝されてます。

(吉田豪)でしょうね。常識を与えてくれた人っていう(笑)。

(矢口真里)「あの時、矢口さんが怒ってくれてなかったらたぶん私、普通の人間じゃなかった」って(笑)。「たしかにね!」っていう(笑)。

(吉田豪)「この世界にいられるわけもない」っていう(笑)。

(矢口真里)だから私はもう辻・加護を通り越して、その親にキレてましたから。「どんな育て方をしたらこうなるんだ?」っていう(笑)。で、そんな感じで、「ちょっとお母さんたち、ちゃんと怒ってくれないかな?」みたいな不満は当時はありました。

最終的には親に切れる

(吉田豪)そのレベルの教育係って……やらされる意識、ないですもんね。普通のアイドルグループの人はね。

(矢口真里)しかも2人ですからね。

(吉田豪)なんでそこから教えなきゃいけないんだ?っていう。

(矢口真里)あの2人、たぶん前世でもきっとつながってますね。やっぱりね、同じものを感じるし、倍ですから。いたずらするのも倍だし。だから、うん。やっぱりそれでも人気ありましたからね。すげえ人気だったんですよね。

(吉田豪)で、あの2人のW復活を見て、やっぱり僕もボロボロ泣いたわけですよ。

吉田豪と矢口真里 辻希美・加護亜依のハロコン復活を語る
矢口真里さんが2020年2月25日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと辻希美さんと加護亜依さんがハロコンでWを復活させた件などについて話していました。 #猫舌SHOWROOM 吉田豪オーナー🤗「豪の部屋」🤗ご視...

(矢口真里)それでWもね、やっぱり曲がよかったっていうのもあったし。あの2人のキャラクターにもマッチしてたから。まあ楽曲もすごかったですよね。勢いが。はい。

(吉田豪)『ロボキッス』とかね。

W『ロボキッス』

(矢口真里)いやー、でも当時はいろいろあったけど。でもなんか「仲が悪かったんじゃないの?」っていまだに言われるんですよ。

(吉田豪)仲がいい・悪いの話じゃないですもんね。

(矢口真里)でも誰が「仲悪くないよ」と言ったとしても、全然信じてくれないんですよ。で、「うちはぎくしゃくとかないよ。とにかくその場で喧嘩するから」って言っているんですよ。

(吉田豪)フフフ、なにかあったら?(笑)。

(矢口真里)はい。もう先輩であろうが、その場で言う。途中からは裕ちゃんが怖くても、やっぱり言わなきゃいけないから。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました