麒麟・川島 天津・向のアニメ仕事だけで年収1000万超の記事を語る

麒麟川島 伊集院光にガヤを褒められた話 川島明のねごと

麒麟・川島さんが2023年2月12日放送のTBSラジオ『川島明のねごと』の中で番組アシスタントの天津・向さんが最近、アニメ仕事で大ブレイクし、アニメ仕事だけで年収1000万を超えているという記事について話してました。

(川島明)これが、今日みなみかわくんが来てくれた理由です。

(みなみかわ)ありがとうございます。

(川島明)いや、本当に今、みなみかわさんはお忙しいと思いますけど。

(みなみかわ)とんでもございません!

(川島明)ラジオのアシスタントというか、パートナーというのはいかがお考えでしょうか?

(みなみかわ)もちろんやる気十分でございまして。もう、やる気しかないというか。基本的には寄り添いたいですし。あと、あんまりこんなこと……言い方はあれなんですけども。やっぱり、ちょっと向さんに妻を汚された感じがあったんで。まあ、賠償金じゃないんですけども。賠償請求はあまりしたくないんで、これでちゃんちゃん……にしたいなと。

(川島明)本当はね、慰謝料を求めるべきなんですけども。

(みなみかわ)そらそうです。すんません。

(川島明)『ねごと』ブリーフも今、もう渡して……。

(向清太朗)いや、ないのよ。ジャケットとブリーフでやってんの? 『ねごと』? 違う、違う! 譲らん! 譲らんぞ!

(川島明)なんか記事で見ましたよ? 向さんがね、アニメ業界で大ブレイクしておられるという。ヤフーさんですか?

(向清太朗)ヤフーさんでニュースにしていただいて。

(川島明)向さんがなんか、ヤフーニュースなってたから。「捕まった……」って思ったんですけども。

(向清太朗)なんで逮捕やねん! 逮捕、されるか!

(川島明)ええと、キセル乗車で……(笑)。

(向清太朗)弱っ! ちっちゃ逮捕!

天津・向 アニメで大儲け

(川島明)「今、キセルで捕まったんかな?」って思ったら、なんか向さんがアニメで大儲けされてるっていう。

(向清太朗)いやいや、そんなことないです。

(川島明)「年収はアニメだけで1000万を超えている」って書いてあって。

(みなみかわ)うーわっ、ヤバッ!

(川島明)私は声を大にして言いたい。ナメるな! 1000万できくわけがない!

(向清太朗)ああっ、川島さん! やめてやめて!

(川島明)はあ? 今、向がアニメ業界でどんだけ潤っているか。最低、2500。ほんまに。アニメだけで言うと。プラス、お笑いのですから。

(向清太朗)うわっ、変なこと言っている……。

(川島明)だからもう本当にそっちに行った方がいいんですよ。

(向清太朗)いやいや、違うんですよ。川島さん。

(みなみかわ)いつまで弱者ぶるんですか?

(川島明)そうなんです。いつまでその感覚でいるのかな?って。

(向清太朗)弱者ぶってないですやん!

(みなみかわ)いい加減にしてくださいよ……。

(川島明)1回でも聞きましたか? リスナーの皆さん。「そんなもらえるか!」っていう突っ込みを。

(みなみかわ)そうですよ。

(川島明)「あららららら……」って言ったんですよ。

(みなみかわ)そう。僕もそれ、すごい気になったんですよ。「やめて、やめて。言わないで」って。

(川島明)「やめて、やめて。言わないで」って。今や、もうハライチ岩井さんが『ぽかぽか』に行ったんで、忙しくてスケジュールが取れない。マジで今、向さんの独壇場だそうです。適切な距離感を持つことが大事だそうです!

(みなみかわ)読みました。

(向清太朗)声優さんとの距離のやつね。

(川島明)2500万。

(向清太朗)あっ、いやいやいや……。

(川島明)「あっ、いやいやいや……」って。

(みなみかわ)ちゃんと否定してくださいよ。

(川島明)「もらえるか!」じゃないやん? 1回も言わないやん? だから俺、この基調な『ねごと』の時間も俺、取っちゃうのは申し訳ないんですわ。

(向清太朗)逆に言うとね、お笑いをちゃんと味わえる場所っていうのが僕にとって、めちゃめちゃ大事で。

(川島明)じゃあ、ここはあなたにとってのキッザニアですか?

(向清太朗)職業体験しているんじゃないの!

(みなみかわ)こっちは真剣にお笑い、やってるんですよ?

(川島明)こっちはタンザニアのつもりでやっているんです。

(向清太朗)「タンザニアのつもり」?(笑)。

(川島明)「えへへ」やないねん! 先輩が張り切ってボケてるのに。なにをお前、矢吹丈みたいに……(笑)。

「天津・向、“オタク愛”を仕事に繋げ年収1000万超え」

天津・向、“オタク愛”を仕事に繋げ年収1000万超え もはや副業とは呼べない熱量の源泉「芸人は何をやっても芸人」
芸人という職業の傍ら、アニメや声優などのいわゆる「オタク」分野で活躍する天津・向清太朗。MCのオファーは絶えず、自らイベントを積極的に企画・主催し、年間300本以上の仕事をこなす。さらにライトノベルの執筆や漫画原作も手掛けており、年収1000万円超えのカミングアウトも注目された。芸人の副業が当たり前になっている中、「芸...

<書き起こしおわり>

麒麟・川島 天津・向のアニメ仕事バブル崩壊の危機を語る
麒麟・川島さんが2023年5月21日放送のTBSラジオ『川島明のねごと』の中で天津・向さんの絶好調だったアニメ仕事バブルが崩壊の危機を迎えていることを話していました。
麒麟川島 ハライチ岩井が『ぽかぽか』で多忙のため空くアニメ番組MC枠を語る
麒麟川島さんが2023年1月29日放送のTBSラジオ『川島明のねごと』の中でアニメ番組のMCを多く務めてきたハライチ岩井さんが帯番組『ぽかぽか』で多忙になり、スケジュールが抑えられない状態になっているということを紹介。その空いた枠を埋める人材について話していました。
タイトルとURLをコピーしました