スポンサーリンク

麒麟川島と相席スタート山添 キズナ(借金)とクズ芸人ブームを語る

麒麟川島と相席スタート山添 キズナ(借金)とクズ芸人ブームを語る 川島明のねごと
スポンサーリンク

相席スタート山添さんが2022年2月6日放送のTBSラジオ『川島明のねごと』に出演。麒麟・川島さん、天津・向さんと相方・山崎ケイさんへのキズナ(借金)についてトーク。さらには昨今のクズ芸人ブームについても話していました。

(川島明)今日はこの3人なんですけども。前回は山添さんの相方のケイちゃんが来ていたんですけども。今日は山添単騎指名で。

(山添寛)単騎待ち!

(川島明)単騎待ちで罰符という状況なんですけども。

(向清太朗)珍しいな(笑)。

(山添寛)少牌?(笑)。

(川島明)少牌(笑)。ただ牌が足りないという状況を手で隠しているという状況ですよね。大きな手で「うーん?」って悩みながら隠すという。麻雀で全員が1回はやったことがあるだろうっていう。

(山添寛)「なんとか次、2枚引きたい……」っていう(笑)。

(川島明)「うーん、ああ、ちょっとやめときます……」っていう演技をしながら。どう考えても牌が足りてないっていうね。二度や三度じゃ済まないやつを。今日は山添さん、1人ですよ。

(山添寛)ありがとうございます。

(川島明)すごいですね。ちょっとプチブレイクしております。

(向清太朗)めちゃくちゃ出てますよね?

(山添寛)ちょっとずつ、いただけるようになりました。

(川島明)まず俺、知らなかったんですけども。相方のケイちゃんに借金が400万ぐらいあった?

(山添寛)のべ。

(川島明)ありましたね。こう見ると……これをなんと、完済したという?

(山添寛)そうです。

(川島明)これは、お仕事でちょっと食えるようになって?

(山添寛)お仕事の給料で返しましたね。ギャンブルで一発当てて返すっていうのを狙っていたんですけど……。

(川島明)ちょっと不服ですか?

(山添寛)不服です。僕としては。ただ「結婚するよ」リミットがあったんで。もう結婚しはったら、その一発当てて返すっていうのができひんなと思っていたので。

(川島明)そらそうや。もう1人のお金じゃなくなったからな。

(山添寛)そうなんです。で、それがまたそのお相手が真面目で誠実なだけの旦那なんですよ。

(向清太朗)「だけ」……芸人でしょう?

(川島明)潔いぐらいの(笑)。

(山添寛)もうグランジの大さんみたいな人を選んでくれたら理解があったはずなのに。

(川島明)破滅夫じゃないですよ。ちゃんとした落語家の方ですよ。

(山添寛)なので着々と返さなあかんってなったのと、あときっかけは僕、借金のことを「キズナ」って言っていたんですよ。で、『鬼滅の刃』のCMで絆をテーマにしたCMが流れていたらしくて。そのCMを見た人が「山添のせいで炭治郎と禰豆子の絆が借金にしか聞こえない」っていうつぶやきが結構あって。

(川島明)禰豆子が負債を抱えて炭治郎が見た目通り肩代わりをするみたいな(笑)。

(山添寛)背負って(笑)。

(川島明)「背負う」という。ああ、そういうメッセージもあったんかな?

(山添寛)『鬼滅』に迷惑をかけたらあかんっていうことで。

『鬼滅』に迷惑はかけられない


(川島明)まあまあ、去年は『糸』なんていうのもプチブレイクしましたんでね。それで、返したんだ。

(山添寛)まあ、吉本には借金してますけどね。

(川島明)……なんか1秒ですごいこと言うたよ? 「シーズン2、始まります」みたいな。

(向清太朗)簡単に、ポロッと(笑)。

(川島明)「吉本には借金してますけどね」って。えっ、吉本に借金してる?

(山添寛)はい。事務所にキズナがないのはおかしいなっちゅう話で。

(川島明)いや、いいんですよ。所属している時点でたぶんキズナは生まれていると思うんですけど……。

(山添寛)僕、なんでちょっとずつ仕事をもらえるようになったのか、わかったんですよ。これ、川島さんの番組に出させてもらっているとかで世間が知ってくれるようになったとか……。

(川島明)まあ、それもちょっとあるかな?

(山添寛)でも、そうじゃなかったんですよ。事務所に金を借りているから、こいつに仕事をやらんと返さないっていうことで、その脅迫からなんですよね。それで事務所が仕事をくれているだけなんですよ。

(向清太朗)とりあえず、返す分ぐらいの仕事を与えようっていう?(笑)。

(川島明)1回、山添に預けるけど、回収するためには大義名分をつけてロケとかに行かせないと……っていう(笑)。これ、でも大阪でホンマにあったよ? 大阪、なあ? 若手は借金したらめっちゃ営業が増えるっていう。

(山添寛)ええっ?

若手が吉本に借金をしたら仕事が増えるという噂

(川島明)返せないから。しかもそれは給料から天引きされるんで、会社としても絶対に返ってくるという。だから俺、困ってなかったけども借金したもんね。50万ぐらい。

(山添寛)へー!

(向清太朗)僕もしました。ありましたね。

(川島明)ホンマに。そしたら学園祭40校とか行かされて。

(山添寛)えっ、それは麒麟さんの人気とともに……じゃないんですか?

(川島明)まあ、M-1グランプリとかもあったけど。営業はそこまでなかったんですよ。

(山添寛)ああ、じゃあ俺、合っていたんや。

(川島明)肉を切らせて骨を断つっていう。

(向清太朗)やり方としては正しいというか。

(山添寛)全然まだ肉、余ってます。

(川島明)デブですねー。なかなかデブですね。こんな細いくせに。骨、チキチキボーンぐらいしかないのに。

(山添寛)じゃあ、骨もヤバいっすね(笑)。

(川島明)気をつけんと骨ごとスパーン!って行かれるよ? 吉本、結構ぶっとい包丁を持っているから。でも、だから忙しいやろ、今?

(山添寛)忙しくなってきましたね。

(川島明)なんかクズブレイクしてんねん。

(向清太朗)わかります、わかります。めっちゃ今、「山添が面白い」って聞きますもん。マジでいろんなところで。

(川島明)ついに本性を現したっていうか。楽でしょう? そっちの方が。

(山添寛)めっちゃ楽です。

(川島明)2、3年前まで、ちょっと裏回しというか。なんかその、手カンペを持って進行をする優等生みたいな感じでしたけど。

(山添寛)そうですね。全部ノープランで来れますから。素で来てますし。先輩の番組にノー準備で来れるって……。

(川島明)えっ、『ラヴィット!』も?

(山添寛)『ラヴィット!』もノー準備で来れる。

(川島明)それはもうカミングアウトですね。もうちょっと……ポケットにはちょっとぐらいは入れておいてほしいなって。「来れる」っていうか、来ているんですよ?

(山添寛)あの、余ったスロットのメダルとかは入れてありますけど?

(川島明)ホコリとね、いつ入ったかわからへんメダルね?

(山添寛)残りの2枚みたいなのとか。

(川島明)次に持っていくやつや(笑)。いや、だからまたクズブームが来てるねん。

(向清太朗)まあ、多いですよね。今。

(川島明)『笑神様』とかもあれでしょう? クズ芸人とかで行っているんでしょう?

(山添寛)もぐらとかと。

クズ芸人ブーム

(川島明)めちゃくちゃですよ。あそこだけですよ? あんなカメラの前でタバコ吸っているの?

(向清太朗)地上波では普通、もうないですよ(笑)。

(山添寛)なんなんですかね? ご時世的には厳しくなっているじゃないですか。なのに仕事をもらえている奇跡というか。

(川島明)やっぱり人間は欲しているんですよ。上品とかコンプライアンスって言うてる反動というのは絶対に出てくるんですよ。だから山添みたいなダースベイダーが出てくるんですよ。絶対にそうです。光があれば闇があるんで。で、人間は「なにこれー?」って言いながら、闇に惹かれるというか。でっかい石をめくって変な虫を見たいんですよ。

(向清太朗)見たいですね。そういう感じ(笑)。

(川島明)だから山添とか岡野とか、そういうなんかめちゃくちゃ羽根のはえたムカデみたいんが……「これ、いつ時代のやつ?」みたいなやつが活躍できるんですよ。やっぱり見たいんですよ。必要悪。

(向清太朗)そうか。もぐらはなんかもうちょっとね。

(川島明)もぐらはトップを取っちゃったんで。

(山添寛)もう陽の光を浴びてますよ。

(川島明)ちょっとポップな……ジェダイ方向に入ってきて。ヨーダみたいな。

(山添寛)僕なんか、岩をひっくり返されたらホンマに「眩しい」っていう顔してますからね。

(川島明)きれいに縮こまって。でも毒だけは持っている。刺そうとは思っているんですよね?

(山添寛)めっちゃカラフルな色をしているんで。「危ないやつやで!」っていう(笑)。

(川島明)これがブレイクの……突き通さなあかんのですよ。

(向清太朗)そうですね。

(川島明)だから難しいところで。元巨匠の岡野くんも同じ畑で今、ブレイクしているじゃないですか。ちょっとクズでギャンブルで負けて、みたいな。あいつのパチスロのYouTubeとか、めちゃくちゃおもろいんですけど。

(川島明)売れれば売れるほど、武器が減っていくっていうか。いっつも岡野くん、楽屋ではちょっとええ服を着てて。本番になったらあの黒いMA-1みたいなのに着替えて。猫背になって……これはでも、アイドルがメイクするのと一緒やから。それは衣装、パフォーマンスとしてそれは素晴らしいと思うけど。「売れてるやん」って言われたら終わりっていう。難しいですよ、これは。

(向清太朗)なかなか綱渡りな。

(山添寛)そうですね。

(川島明)やっぱりクズの要素がなくなっていくから。山添の相方は嫌やわ……。

(山添寛)なんでそんなことを言うんですか? 相性、ばっちりじゃないですか? 大好きです。

(川島明)いいですわ……。

(向清太朗)フハハハハハハハハッ!

(川島明)山添がまばたきしているの、見たことないもん。

(山添寛)ありますって(笑)。

(川島明)『ラヴィット!』中もTVerでも確認しているけど。まぶたがないのよ。

(山添寛)ありますって!

(向清太朗)取ったんだ(笑)。

(川島明)噂やけど、まぶたをハイボールのアテにして食うたっていう噂が……。

(山添寛)金なさすぎて(笑)。

(川島明)金なさすぎて(笑)。三国志レベルの逸話が残っているっていう。夏侯惇みたいな話で(笑)。

(向清太朗)そうですね。夏侯惇の次が山添(笑)。

夏侯惇・山添

(山添寛)「ここの皮膚はなんのための皮膚なんや?」って(笑)。

(川島明)「俺はまばたきせんぞ!」っていう。まぶたを炙って塩で食うたっていう噂やから(笑)。

(向清太朗)それでは士気は高まらんでしょう(笑)。

(川島明)さあ、それではここで1曲、聞いてください。引かれるんじゃない。引かせるんだ。そんな1曲です。橋本潮で『テレポーテーション 〜恋の未確認~』。

(向清太朗)どんな1曲?

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
川島明のねごと
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました