スポンサーリンク

ランジャタイ国崎 ダイアン津田を盛り込んだネタ「ビービーピピ」を語る

ランジャタイ国崎 ダイアン津田を盛り込んだネタ「ビービーピピ」を語る ダイアンのTOKYO STYLE

ランジャタイ国崎さんが2022年11月26日放送のTBSラジオ『ダイアンのTOKYO STYLE』の中でランジャタイのネタでダイアン津田さんが登場する「ビービーピピ」について話していました。

(津田篤宏)お前ら、変やもんな。ほんまに。事務所、どこやったっけ?

(国崎和也)僕ら、グレープカンパニーです。

(津田篤宏)なあ。あんまり絡みなかったんやけども。あれで絡ませてもらって。

(国崎和也)そうですね。ゴイゴイスーで絡ませてもらって。

(津田篤宏)でも、俺、聞いたんがさ。漫才のネタで俺が出てくるっていうネタもあるって聞いてん。

(国崎和也)ありましたよ。この間、ライブが一緒だったじゃないですか。で、僕ら、津田さんが最後に出てくるネタっていうのがあるんですよ。僕らのネタで。

(津田篤宏)どういうネタ? 最後に俺が出てくるって、どういうことなの?

(国崎和也)ちょっと要約すると、僕の親戚のおじさんが地球外生命体で。

(津田篤宏)どういうことやねん!

(国崎和也)で、あっちの星のお笑いを教えてくれるみたいな。それで「あって星のさんまさんとかたけしさんって誰なんだ?」って聞いたら「ビービーピピだ」「誰なんだ?」「ビービーピピ、知らないか?」って。

(津田篤宏)めっちゃおもろいやん(笑)。

(国崎和也)「ビービーピピ、もう来てるじゃないですか?」「えっ、ビービーピピ、地球にいるの?」「ビービーピピ、ブーブーププ、ダイアンツダ……ダイアン津田だよ!」ってなって。ダイアン津田があっちの星ではお笑いの権化で。それでこっちでも頑張っているっていうので。

(津田篤宏)フハハハハハハハハッ! ああ、俺は向こうの星の人っていうこと?

あっちの国ではお笑いの権化がダイアン津田

(国崎和也)そうです。向こうの星のお笑いをこっちに伝えに来てくれているっていう。で、僕はおじさんにそれを教わってやろうとするんですけど、うまくできなくて。くじけそうになった時に袖の方から「ゴイゴイスー!」って津田さんが来てくれるっていうネタなんですよ。それ、僕が全部演じるんですけども。

(伊藤幸司)それを、本人にね。

(津田篤宏)なるほど。俺が出てきて……みたいな。

(国崎和也)この間、ライブが一緒だったじゃないですか。で、「ここしかない!」って思って。津田さんに事前にメールしたんですよ。僕らの3番後ぐらいがダイアンさんで。で、「津田さん、これ、お願いします」って言ったら津田さん、快く「OK! 行くで!」って言ってくれて。で、出番直前ぐらいにスタッフさんに「ダメです」って言われて(笑)。

(津田篤宏)なんでなんやろうな?(笑)。

(国崎和也)わかりません(笑)。「ダメですよ」って言われて。

(津田篤宏)たぶんあれちゃう? いろいろ、あるんちゃう? 結構、しっかりとしたガチの。「漫才!」みたいな感じやけど。そこで急にふざけたやつはあかんかったんちゃう?(笑)。出番前の俺が出るって。俺、全然出る気満々やったけど。

(国崎和也)そうですよね。あれ、やりたかったですけどね。

(津田篤宏)やりたかったな。どっかでやらせてくれへんかな? また。

(国崎和也)やりたいですね。僕ら、結構考えているんですよ。津田さんのことも、めちゃくちゃ。

(津田篤宏)いやいや、いじってるだけやん(笑)。

結構ダイアン津田のことを考えている

(国崎和也)いや、マジなんです。僕ら、本当に津田さんのことを考えてるんですよ。親ぐらい、考えてますよ?

(津田篤宏)お前らはそういう風な感じで見せても、最大限にいじってるよ? 俺を(笑)。

(伊藤幸司)いや、本当に大好きなんですよ。

(国崎和也)大好きですから!

(津田篤宏)そんなわけないやん! 芸風と違いすぎやろ!

(国崎和也)いや、本当に大好きですから。ダイアンさんそのものがまず、大好きですし。

(津田篤宏)じゃあ俺らのこと、どこで見てん?

(国崎和也)いや、昔から。M-1から見ていましたし。

(伊藤幸司)ずっと追いかけてましたよ。

(津田篤宏)ほんまか?(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました