スポンサーリンク

ランジャタイとダイアン津田 コラボユニットのM-1出場ネタを考える

ランジャタイとダイアン津田 コラボユニットのM-1出場ネタを考える ダイアンのTOKYO STYLE

ランジャタイのお二人とダイアン津田さんが2022年11月26日放送のTBSラジオ『ダイアンのTOKYO STYLE』の中で3人のコラボユニットで翌年のM-1グランプリ出場を計画。ユニットのネタのたたき台を作っていました。

(国崎和也)ちょっと来年、なんかやりましょう。本当に。

(津田篤宏)来年な。

(国崎和也)ニュー津田でなんか、やりましょう。なんか、新たな……。

(津田篤宏)M-1、3人で出てみるか?

(国崎和也)いいっすよ。マジっすか?

(津田篤宏)なあ。

(伊藤幸司)出たいっすね。

(国崎和也)本当に出たいっすね!

(津田篤宏)めちゃくちゃ怒られるかもしれへんけどな(笑)。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(津田篤宏)めちゃくちゃ怒られる可能性が……。

(国崎和也)ほぼほぼ津田さんしか出ないみたいな。僕ら、挨拶だけしますから。で、両脇にはけますから。

(津田篤宏)めちゃくちゃ怒られるやん(笑)。嫌や、そんなん(笑)。

(国崎和也)ゴイゴイスーはもうやめましょう。伝家の宝刀ですから。なんか違う……。

(津田篤宏)新しい形で?

(国崎和也)「パーミュライ」みたいな。

(津田篤宏)フフフ(笑)。なんや、それは?(笑)。

「ゴイゴイスー」ではなく「パーミュライ」

(国崎和也)「パーミュライッ!」みたいな。津田さんが言うっていう。新ギャグ、やりましょう(笑)。

(津田篤宏)パーミュライ?

(国崎和也)パーミュライッ!って。

(津田篤宏)ゴイゴイスーは一応、意味があるわけよ?

(国崎和也)ゴイゴイスー、あるんですか?(笑)。

(津田篤宏)あるよ! すごいものに対して……一応、5段階に分かれているわけよ。

(国崎和也)そうなんですか?

(津田篤宏)「ゴイゴゴイ」「ゴイゴイスー」「スーススー」「スー」。それで最上級は「スーを差し上げますっ!」や。

(国崎和也)フハハハハハハハハッ! 「スーを差し上げますっ!」(笑)。

(津田篤宏)その5段階や。

(国崎和也)結構ありますね。

(津田篤宏)せやねん。

(国崎和也)「パーミュライ」もじゃあ、行きましょう。

(津田篤宏)パーミュライッ!

(国崎・伊藤)フハハハハハハハハッ!

(国崎和也)もうこれ、行けるじゃないですか(笑)。「パーミュライ! パパパ、パーミュライ!」も行けますよ。2番で。

(伊藤幸司)いや、行けるなー。

(津田篤宏)パーミュライッ! パパパ、パーミュライッ!

(国崎・伊藤)フハハハハハハハハッ!

(国崎和也)天才じゃないですか!(笑)。

(津田篤宏)「パパパ、パーミュライッ!」ってどこで使うんや(笑)。どのタイミングで使うの?

(国崎和也)「パーミュライ! パパパ、パーミュライ! 墓場墓場墓場、パーミュライ!」って。「墓場墓場墓場、パーミュライ!」ですよ(笑)。

(津田篤宏)パーミュライ! パパパ、パーミュライ! 墓場墓場、パーミュライ!

(国崎・伊藤)フハハハハハハハハッ!

(津田篤宏)なんやねん! 意味わからん。なんや、墓場墓場、パーミュライって?

(国崎和也)「墓場墓場墓場墓場ぁーっ!」で行きましょう(笑)。

(津田篤宏)フハハハハハハハハッ!

(伊藤幸司)これ、なんかの決勝に行きますよ。

「これ、なんかの決勝に行きますよ」(伊藤)

(国崎和也)「パーミュライ」からお願いします(笑)。

(津田篤宏)パーミュライ! パパパ、パーミュライ! 墓場墓場、パーミュライ! 墓場墓場墓場墓場ぁーっ!

(国崎・伊藤)フハハハハハハハハッ!

(津田篤宏)お前、ラジオやぞ?(笑)。ラジオで「パーミュライ」と「墓場」しか言っとらん(笑)。もっとなんか、真面目な話とか……なにをしてんねん、お前ら!

(国崎和也)「スーを差し上げます」ですよね?

(津田篤宏)そう。「スーを差し上げます。受け取ってください」まで。

(国崎和也)「骨壷を、開けます!」って。

(津田篤宏)なんでちょっとそういう怖い感じのやつが出るねん! なあ? 「墓場墓場墓場」って言うて「骨壷を開けます」って……。

(国崎和也)フハハハハハハハハッ! パーミュライ! パパパ、パーミュライ! 墓場墓場、パーミュライ! 墓場墓場墓場墓場ぁーっ! 骨壷を開けまーす!

(津田篤宏)フハハハハハハハハッ! ゲボゲボッ……(笑)。パーミュライ! パパパ、パーミュライ! 墓場墓場、パーミュライ! 墓場墓場墓場ぁーっ! 骨壷を開けまーすっ!

(国崎・伊藤)フハハハハハハハハッ!

(津田篤宏)なあ。なんでそんなことばっかり言うねん?(笑)。

(国崎和也)「なんでお前、そんなそこ、赤パーミュライやねん?」。

(津田篤宏)フハハハハハハハハッ! なんでお前、そこ、赤パーミュライやねんっ!

(国崎・伊藤)フハハハハハハハハッ!

(津田篤宏)なあ? またお前らしか笑ってへんやん。あの状態になっているやないか。

(国崎和也)津田さん、天才なんですよ……(笑)。

(津田篤宏)お前が言わせてるだけやないかっ! お前らしか笑わん状態になって……。

(国崎和也)すごいなー、もう。めちゃくちゃ面白いな!

天才・ダイアン津田

(津田篤宏)なんやねん。わけわからんことすんなよ、ほんまに。でも、どうする? 再来週ぐらいにテレビで「パパパ、パーミュライッ!」ってやってたら?(笑)。

(国崎・伊藤)フハハハハハハハハッ!

(国崎和也)「墓場墓場墓場ぁーっ!」って(笑)。

(津田篤宏)「骨壷を、開けまーす!」って。マンキンで(笑)。

(国崎和也)マンキンで「骨壷を、開けまーす!」(笑)。

(津田篤宏)マンキンでやっている可能性あるよ? 「墓場墓場墓場ぁーっ!」って(笑)。やっているかもしれんよ。ほんまに。平気でやっちゃうからね。そういうのはね。

(国崎和也)いや、ちょっとやってほしいですね。めちゃくちゃ面白い!

(津田篤宏)たのむわ、ほんまに。

(国崎和也)ごめんなさい(笑)。

(津田篤宏)でもライブとかも一緒にね。

(国崎和也)いや、やりましょう!

(津田篤宏)「誰が面白いんや?」って思うけどな(笑)。

(中略)

(津田篤宏)ちょっともうね、エンディングよ。ランジャタイの2人がね、もう終わりなんですよ。ピンチヒッターがね。

(伊藤幸司)発音、合っていた?

(津田篤宏)ランジャタイ。

(国崎和也)「すいません……わんこそばの、時間です……」。

(津田篤宏)もうそれ、やったやん(笑)。

(国崎和也)「パーミュライ!」です(笑)。

(津田篤宏)パーミュライ(笑)。

(国崎和也)パーミュライ! パパパ、パーミュライ!

(津田篤宏)パパパ、パーミュライ! 墓場墓場、パーミュライ! 墓場墓場墓場ぁーっ! 骨壷を、あげます!

(国崎和也)「あげます」(笑)。ああ、「骨壷をあげます」でもいいですね(笑)。「骨壷をあげます」って(笑)。

(津田篤宏)もう、勘弁してくれ……(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました