スポンサーリンク

渡辺志保 Megan Thee Stallion『Her』を語る

渡辺志保 Megan Thee Stallion『Her』を語る MUSIC GARAGE:ROOM 101

渡辺志保さんが2022年8月19日放送のbayfm『MUSIC GARAGE:ROOM 101』の中でMegan Thee Stallion『Her』を紹介していました。

(渡辺志保)それでは、Spotifyのチャートから気になる楽曲を紹介していきましょう。グローバルチャートを含め、JAPAN急上昇チャートにもランクインしているのがメーガン・ザ・スタリオンの新作アルバム『Traumazine』からの曲ですね。で、JAPAN急上昇チャートにもそのアルバムから『Her』という曲がランクインしていて。この『Her』は今、ミュージックビデオも出ていて。あと、アメリカでのモーニングショー、ワイドショー的な朝のバラエティ番組的なプログラムでもこの楽曲をライブで披露していたので。これがアルバムからの一押し曲になるんじゃないかなという風に思うんですけれども。

ちょっと四つ打ちっぽいバイブスを感じるダンストラックっていう感じなんですよね。ただ、だからといってダンスミュージック系のプロデューサーがビートを作ったのではなくて。CashMoneyAPとあとはYoungKioというプロデューサーによるビートなんですけれども。ここ最近、ビヨンセしかり、ドレイクしかり、ダンスミュージックへの傾倒っていう、そんな傾向が見られますけれども。そこを追ったものなのか、たまたまタイミングが合ったのかっていう感じなんですけれども。

乗りやすい、グルーヴィーな1曲に仕上がっております。で、「I’m her, her, her, her, her, her, her, her She, she, she, she, she, she, she」っていう風に繰り返すフックになってるんですけれども。「みんなが噂しているあの彼女というのは私のことよ」みたいな。「みんなが『あなたの身体、素晴らしいけど一体、誰が作ったの?』って言うんだけども、全部これはマジでナチュラル(天然物)だから!」っていう。そこがちょっと抜き出されてバズっているのをSNSで見かけたんですけれども。

そういう感じの曲に仕上がっております。で、JAPAN急上昇チャートにランクインしてるっていうのも結構重要かなと思って。日本でもメーガンの新曲が話題になっているっていうことが個人的にはすごく嬉しかったですし。メーガン・ザ・スタリオンといえば、もうね明後日ですね。21日(日)に東京の2日目のサマーソニックにも出演するということで。一体、どんなステージになるのか? めちゃくちゃ楽しみだし。私は前も言ったかもしれないけど、追加販売のチケットも取れなかったんですよね。サマソニがもう人気すぎてね。

だから、何かしらミラクルが起これば、メーガンの日本での初めてのパフォーマンスを見届けることができるけど。このままだとちょっとね、ハンカチをクーッと噛みながら。「悔しい!」と思いながら、皆さんのSNSの感想なんかを見ることになるのかなという風に案じております。というわけで、ここで改めて紹介しましょう。SpotifyのJAPAN急上昇チャートからの1曲。メーガン・ザ・スタリオンで『Her』。

スポンサーリンク

Megan Thee Stallion『Her』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました