スポンサーリンク

渡辺志保 カニエ・ウェストのシカゴ・サンデーサービス中継を語る

渡辺志保 カニエ・ウェストのシカゴ・サンデーサービス中継を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で、カニエ・ウエストが地元シカゴで開催されたサンデーサービスのライブストリーミング中継について話していました。

(渡辺志保)で、東京に台風が直撃する直前、昨日の夜11時からですね、また別の台風が我が家にやってきた!っていうことで。カニエ・ウェストさんのサンデーサービス。もう『INSIDE OUT』で何度も何度も話してますけども。日曜礼拝ことサンデーサービスがですね……コーチェラでのサンデーサービスを除くと初めてライブストリーミングで中継されまして。私は昨日、それを見てましたね。涙を流しながら(笑)。で、昨日なぜ……まあ、これ私のGuess、推測ですけども。

なぜ、昨日のサンデーサービスが中継されたかというと、私の予想では昨日ですね、初めてカニエ・ウェストの地元であるイリノイ州シカゴでのサンデーサービスだったんだよね。で、これは私がですね、一緒にシカゴまでわざわざカニエのライブを見に行ったKさんというすごい重度のカニエ信奉者がいるんですけど。Kさんが「志保さん! カニエのサンデーサービスのチケットが売り出されてますよ!」って教えてくれて。初めて一般的にチケットが販売されたサンデーサービスでもあったんですよね。

なので、価格がいくらしたのか、私はちょっとねそこまで調べてないんですけど。そのKさんがチケットを申し込んだら、「あなたの前に2000人以上待っています」っていう。そのウェイティングリストに2000人以上の名前がありますっていう風に表示されたみたいで。「なんと!」っていう感じなんですよね。

なので初めてそういう風に一般的にチケットを販売したサンデーサービス。かつ、カニエ・ウェストの地元のシカゴっていう。で、もちろんカニエはずっとね、自分の故郷シカゴを大事に大事にしてますから、「これはもしかしライブストリーミングあるんじゃね?」って思ったらですね、その通り。ちゃんとやってくださいましたね。しかもちゃんとライブの制作をしているのもライブネーションがやってましたから、なんかそういうちょっとインフラ的なものはちゃんとしてたんだろうなっていう風に思います。

で、コーチェラの時はね、トイレットペーパーの筒から覗いているような丸い円形のレンズから我々がこっそりとカニエさんたちを覗くみたいな図式の中継だったけど。昨日はね、ちゃんと普通のパソコンで見る画角の中継になってましたので。非常に見やすかったですし。

渡辺志保 カニエ・ウェストのコーチェラ・サンデーサービスを語る
渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でコーチェラ・フェスティバル2019の第二週に行われたカニエ・ウェストによるサンデーサービスのパフォーマンスについて話していました。

で、参加してらっしゃる方がみんなね、すごく寒そうにしてたのよね。寒そうにしてて、「いま、シカゴって気温がどんぐらいなんだろう?」って調べたらね、気温が18度だったの。だからみんなすごい寒そうにしてて、ストールとか巻いてブルブル……っていう感じだったんだけど、一度サンデーサービスが始まりますとみなさん、生き生きと朗らかに歌ってらっしゃって。いや、音楽のパワーってすごいなと思いましたし。

それでチャンス・ザ・ラッパーが登場してきて。言うまでもなくチャンスもシカゴ出身ですから。チャンス・ザ・ラッパーが登場してきてあの『Ultralight Beam』のね、「俺はカニエに会ったからもう一生失敗はしない」っていうラインをラップしていて。私はもう涙が出そうでした。

スポンサーリンク

『Ultralight Beam (Chicago Sunday Service)』

で、カニちゃんが出てきて『Jesus Walks』なんかをやったという。

それで最後はクリプスの『Grindin’』とかね、スヌープ・ドッグの『Drop It Like It’s Hot』とかね、そういったものをやっていました。

70分ぐらいのショーでサンデーサービスは中継が終わったんだけど。その後にカニエ・ウエストはなんと自分の故郷の近くであるシカゴのサウスサイドの教会に行って、サンデーサービスパート2みたいなものをやったそうで。さぞかし、地元の方は喜ばれたんじゃないかなと思っています。

(DJ YANATAKE)その他の人の昔の曲もやったって言ったけど、それってゴスペル調にアレンジされたりしてたの?

(渡辺志保)そうなの。で、カースワーズみたいな、汚い言葉は全部、なにか他の言葉に置き換えられていたり。「You」っていう言葉を「Jesus」に置き換えていたり、そういう感じで毎回アレンジしているんですよね。で、前回のサンデーサービスだとアリーヤの『I Don’t Wanna』とかあとはトラヴィスとドレイクの『SICKO MODE』。で、ドレイクの歌詞を結構変えてみなさん、歌ってらっしゃいましたね。

スポンサーリンク

Sunday Service『Sicko Mode』

(DJ YANATAKE)でもお客さんがめちゃくちゃ大合唱している画はなんかで見たんですけどね。

(渡辺志保)そう。やっぱりああいうのを見るとすごい高揚感を感じてしまいます。

(DJ YANATAKE)なるほど。今週のカニちゃん情報でしたね。

(渡辺志保)なので、9月27日にはとうとう『Jesus Is King』というニューアルバムが出ると噂されていて。

(DJ YANATAKE)出るんですか?

(渡辺志保)どうだろう? 出てほしいわ、今回ばかりはね。

(DJ YANATAKE)じゃあ、出たら特集しないとね。

(渡辺志保)そう。でたらね、いの一番にここでしゃべりまくりたいと思います。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました