スポンサーリンク

ロバート秋山 インパルス板倉のロバート時代を語る

ロバート秋山 インパルス板倉のロバート時代を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0

ロバート秋山さんが2022年6月15日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』でインパルス板倉さんについてトーク。初期ロバートに板倉さんが在籍していた時代を話していました。

(佐久間宣行)でもさ、秋山ってさ、俺も紹介の時に何回も言っちゃうけど。なんで毎回毎回、誰の力も借りずにブレイクするの?(笑)。

(秋山竜次)いや、それ、なんか言っていただいてますけども。ブレイクしてる感じはないんですけどね。本当に。

(佐久間宣行)だって最初はロバートで『はねる』で。トゥトゥトゥサークルが先?

(秋山竜次)ロバートができてから、トゥトゥトゥサークルですね。トゥトゥトゥが先とか、ないでしょう? ヤバいでしょう? トゥトゥトゥが先にできてロバートを作るって?(笑)。俺、個人であんな変なの、作りませんよ。佐久間さん。「トゥトゥトゥ、できたけど、組まない?」ってないでしょう? それ(笑)。

(佐久間宣行)曲先じゃないのね?(笑)。

(秋山竜次)曲先じゃないです。組んでからの、トゥトゥトゥです。

(佐久間宣行)ああ、そうなんだ(笑)。トゥトゥトゥは、1個前の話になると、板倉が来てくれた時に、板倉が元ロバートでしょう?

(秋山竜次)板さんが本当に、えらい愛を……僕の愛をすげえ伝えてくれて。本当、びっくりしましたよ。「そんな思いでいてくれたんだ」っていう。なんか本当、僕の追悼番組みたいになってませんでした? あの回。なんか聞いてて「ちょっと俺、亡くなってないぜ?」みたいな。

(佐久間宣行)そうなんだよね。俺も途中から思った。うん。「秋山、死んだのかな?」って(笑)。

(秋山竜次)「秋山はこういうやつですよ」みたいな。

(佐久間宣行)「竜次がいいやつなんですよ」って。あと「竜次の息子もかわいいんだよ」っつって(笑)。

(秋山竜次)そうそう(笑)。いや、板さんは友達なんですよ。本当に。

インパルス板倉と佐久間宣行 ロバート秋山を語る
インパルス板倉さんが2021年12月15日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』にゲスト出演。佐久間宣行さんとロバート秋山さんについて話していました。

(佐久間宣行)その、板倉との話もあるけど。歴史を探っていくと、NSCでまず板倉と秋山とヒロシ?

(秋山竜次)僕と馬場が2人で組みましたね。そこに板さんが入ってきた感じっすね。「ちょっと突っ込むよ」って。まあ、出席番号近いのもあって。「あ」と「い」なんで。それでよくしゃべっていた仲なんで。それでネタ見せしたら「ちょっと、面白いね。俺、突っ込ませてよ?」って言われて。で、僕もツッコミ、そもそもできないんで。

(佐久間宣行)よく秋山と馬場の2人でやってたよね(笑)。

(秋山竜次)そうなんすよ。だから馬場に関してはマジで俺のただの仲のいい友達なんですよ。本当に。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! そうだよね(笑)。幼なじみだもんね(笑)。

(秋山竜次)学校とかで別にやるタイプじゃないんすよ。あいつは俺を見て笑っていたタイプなんですよ。予餞会とかで。あいつと組むって、いまだに言われますもん。友達に。「いまだに思うけど、なんでさ、馬場がやってんの? 信じられないよ」っていう友達がいっぱいいるんですよ。いまだに。

(佐久間宣行)ああ、馬場は学校でもそんな面白いことを言うタイプじゃないのね?

スポンサーリンク

馬場を誘って養成所に入る

(秋山竜次)そうです。言うタイプじゃないですけど、僕の仲良しグループで僕が言ってるのを笑ってるタイプなんですよ。一緒に笑ってくれてたんですよ。それで、でも馬場しかいなかったんで。みんな、就職しているから。で、馬場を誘ったらすぐに来て。「おう、お前が誘うなら、行くよ」みたいな。とにかく、僕といたいっていうのが勝っちゃって(笑)。「秋山といれるなら」って、すぐに来たんですよ。それで、養成所に入って。

(佐久間宣行)で、2人の時のネタってなにをやるの?

馬場を誘って養成所に入る

(秋山竜次)だから僕もコントを作ってこないんですけど。なんかいろいろベタな……タクシーの運転手のネタとかを馬場に突っ込んでもらって。

(佐久間宣行)ああ、馬場くんが突っ込んでいたんだ。

(秋山竜次)そうなんです。だから、そこなんですよ。そこを板さんが見て、「いや、ちょっとあれ、ダメだろ? 馬場、笑いすぎだろ?」みたいな。ただ、秋山についてこれて、上京できて嬉しいみたいな感じだから。

(佐久間宣行)一番の客だから、マジギャグを見て笑っちゃっているんだ(笑)。

(秋山竜次)いまだにそうですから。ステージ中、僕見て笑ってるんですよ(笑)。「それ、お客さんがやることだから。何をお前、一緒のステージで俺、見て笑ってるんだよ?」っていう。で、それで板さんにツッコミで入ってもらって。その時はだからすごいコントとしてかなり成立していたんですよ。在学中に。

(佐久間宣行)でもその時、板倉が言ってたのが、「なんか悔しくなったのか、ボケたくなっちゃった」みたいなことだったの。

(秋山竜次)最終的にはそうですね。ツッコミで、いろいろネタ見せをする時に先生方に言われるんですよ。板さんの突っ込みとかを。「もうちょっと……」みたいな。で、「なんでそんな言われなきゃいけないんだよ?」みたいなフラストレーションが溜まって。「よし、ボケてやるよ!」っていうのでボケの方に。だから別に「俺がボケたい」っていうよりも、ネタ見せの時にだいぶ言われたのがね。

(佐久間宣行)でも、板倉のツッコミでも、もうウケてたんでしょう?

(秋山竜次)ウケてました。めちゃくちゃウケてましたし。正直言うと、そのコントの仕組みは全部板さんに作ってもらってましたからね。僕はそういうのを、だからいまだにそうですけど、ちゃんと話にできるタイプじゃないんですよ。僕らのネタってだいたい入ってきて。ヒロシの「なんだー?」から入って。「なにー?」っつって。

(佐久間宣行)そうね。「なんだー?」始まりだもんね(笑)。

(秋山竜次)で、「もう帰りますよ」って言っているのにもう1人、馬場が来て。「仲間が来たー!」っつって。最終的には「無理ー!」で終わりますから(笑)。その
4つの突っ込みにハメるだけなんですよ。

(佐久間宣行)「なんだー?」「仲間、来たー!」「無理ー!」の三段論法(笑)。たしかにワンフォーマットだもんね(笑)。

(秋山竜次)全部そうです。「無理ー!」ですから。どんな角度でも終わらせられますから。ストーリーなんかないから。どの角度でも……時間ギリギリになったら「どうだ? やっていけそうか?」「無理ー!」で。

(佐久間宣行)ああ、カウントを見て、秋山がもう「無理」きっかけを出すだけ?

(秋山竜次)よくありますよ。なんか生放送とかで「時間、守ってください」っていう時に「残り○○」とか出るじゃないですか。だから1分、切ってきたら「ああ、そろそろもう『無理』を出さなきゃな」みたいな。で、好きなだけボケて、やるだけやって「で、結局どうですか?」「うん、無理ー!」って。

(佐久間宣行)で、CMみたいな(笑)。

(秋山竜次)はい。ギリギリまで。「無理ー!」の1秒さえ取っておけば、もうあとはギリギリまでボケられますから(笑)。

(佐久間宣行)すごいなー(笑)。それが元々じゃなくて、最初は板倉が構成を作って。で、中のボケを秋山が考えるみたいなことだったの?

インパルス板倉とのネタ作り

(秋山竜次)そうです。一緒に考えながら。まあ板さんもボケもあるし。僕のもあるし。それをなんか「こういうの、やりたいんだけど。こういうの、面白そうじゃない?」とか言って。板さんが「ああ、面白いね」って。

(佐久間宣行)すごいクリエイティブな会話で。楽しかったでしょう? それは。

(秋山竜次)めっちゃ楽しかったですよ。それを、ちゃんとまとめて、板さんが流れにしてくれて。で、在学中にネタ見せするとすごいウケるし。

(佐久間宣行)そうだよね。秋山のパワーと板倉の構成力が両方あるわけでしょう?

(秋山竜次)いや、だから本当になんか、お互いがちゃんと補えてるって感じしました。板さんの振りがあるから、1段目、2段目、3段目みたいなのを僕も、3つ目のやつをいきなり言ったりとかするようなタイプなんで。板さん、ちゃんと構成をやってくれるからウケましたし。在学中のコンテストとか全部出てたし。だから結構、最初3人でやってて解散する時は「ええっ?」ってなりましたよ。

(佐久間宣行)ああ、板倉が急に抜けるって言ったの?

(秋山竜次)そうそう。

(佐久間宣行)それはもう、寝耳に水なんだ? 「こんなにうまくいってるのに」っていう気持ちはあったってこと?

(秋山竜次)そうですね。僕ら、もう卒業間際だったんで。結構この3人で固まってたけど……板さん、えっ、マジで?ってなりましたね。

(佐久間宣行)板倉が中にずっと持ってた、「もうちょっと自分でコントロールして全部やりたい」っていう気持ち。

(秋山竜次)っていうのもあるでしょうし。

(佐久間宣行)それでよく最後に……板倉の話だけど。そんなギリギリでよくあんな堤下みたいなすごいツッコミが見つかったね。板倉も。

(秋山竜次)堤下もまた愛在学中にとんでもないパワー系で、やっぱり一目置かれてましたからね。

(佐久間宣行)そうだよね。そういう噂を聞くから。よくそんなギリギリで、ロバートを辞めてね。

(秋山竜次)いや、たしかに。だから僕らにしたらもう、「ええっ、どうするんだよ? 板さん、抜けちゃったよ、おい!」って(笑)。

(佐久間宣行)また、あの笑ってるだけのやつが……(笑)。

(秋山竜次)馬場はツッコミ、無理だし。「どうする?」ってなっている時に、ヒロシがいたんですよね。その時に。もう卒業間近になった時って、いろんなやつと組み倒してるんで。ちょっと正直、余ってるやつしかいないっていう(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました