スポンサーリンク

佐久間宣行と橋本和明 もう中学生、ジェラードン、かもめんたるを語る

佐久間宣行と橋本和明 もう中学生、ジェラードン、かもめんたるを語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0

日本テレビの橋本和明さんが2022年5月25日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中でもう中学生、ジェラードン、かもめんたるについて話していました。

(佐久間宣行)ちょっとメールが来ています。「『有吉の壁』にはまだ世間的に有名じゃなかったり、とにかく明るい安村さんみたいに『有吉の壁』から人気が再燃したりする人が多いなと思いますが、そういう人……いわゆる壁芸人はどこから見つけてくるんですか?」っていう。

(橋本和明)ああ、どうだろう? でもやっぱりコントが好きなんで。「コントが面白いな」と思ってた人ですよね。なんか。

(佐久間宣行)俺も行くけど、橋本さんも単独ライブでよく会うもんね。

(橋本和明)よく会いますね。本当に(笑)。「ああ、佐久間さんと会った」っていうパターン、結構多いですよね。やっぱりライブに行って……あとは、ちょっと本当にコント師不遇じゃないですか。どっちかっていうとバラエティ文化の中では。だから、ちょっとこう溜まっている方が面白いんじゃないかっていう。

(佐久間宣行)ああ、なるほどね。わかります、わかります。

(橋本和明)だからもう中さんとかもやっぱりそこがあったじゃないですか。あの時期。

(佐久間宣行)もう中は元々、川島さんとかが面白いって言い始めたんでしたっけ? 有吉さんのラジオか? 有吉さんのラジオ……『サンドリ』でめちゃくちゃ跳ねて。その後、もう『有吉の壁』の大喜利で無双したんですよね?

(橋本和明)そうですね。

(佐久間宣行)あの時の空気とどんな感じなんですか? もう中が爆発した時の収録。

(橋本和明)いや、でもなんかやっぱり「うわっ、黒船来た!」っていう感じですよね(笑)。で、真似できないから。

黒船、もう中学生

(佐久間宣行)しかも周りの芸人も、なんて言ったらいいんだろう? 「すげえ」っていうのと同時に嬉しそうな空気もありましたよね。

(橋本和明)ありました。もう跳ねてて。だから、そこまでの大喜利ってどっちかっていうと『壁』の大喜利ってそのキャラクターというか。

(佐久間宣行)あとはだから有吉さんのいじりありきの大喜利みたいな。川島さんとかは別だったけど。

(橋本和明)そうなんですよ。だから尾形 VS ワタリみたいなものが面白かったりっていう中で。「この角度の大喜利が来た!」っていう感じはやっぱりすごいあったんですよね。でも、本人はそんなにウケてるってことも気にしてない感じがやっぱりすごい面白いなと思って。いつも通りのことをやってるっていう感じで淡々とやってる感じで。

(佐久間宣行)もう中、安村、シソンヌとか以外で、『壁』で「こんな面白かったんだ!」と思った人って、どんなのが?

(橋本和明)でも今は結構、この間ブレイクくアーティストをやったジェラードンとか。

(佐久間宣行)ああ、ジェラードンね。ジェラードンはずっと面白かったけど。でも、『壁』にハマり始めましたね。

(橋本和明)なんか、はい。「こういうのをやるんだ」っていう。金曜ロードショーをちょっといじって面白いやつをやったりとか。だからやっぱりどんどん、かもめんたるとかも。

(佐久間宣行)そうだ! かもめんたるもたしかに『壁』でちょっと、なんかポップなところも出せるなった感じがしますね。

(橋本和明)そうですね。たぶん『壁』にアジャストしなきゃいけないのがちょうどポップになるからいいのかもしれないですよね。

(佐久間宣行)ああ、自由にやらせるとションベンの話とか始めるから(笑)。本当に。

(橋本和明)そうですね(笑)。あれも好きですけど。

(佐久間宣行)好きだけどね。でも19時台じゃないから(笑)。

19時にギリギリのかもめんたる

(橋本和明)そうですね。19時にギリギリの、でもいいスパイスな感じですよね。かもめんたるが19時に合わせたら……って結構ギリな感じになるのが面白いんだろうなって。

(佐久間宣行)19時のかもめんたる、最初ドキドキしたでしょう?

(橋本和明)いや、ドキドキしますよ、これ。大丈夫かな?っていう(笑)。

(佐久間宣行)しますよね(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました