スポンサーリンク

空気階段・鈴木もぐら『ガキの使い』七変化を語る

空気階段・鈴木もぐら『ガキの使い』七変化を語る 空気階段の踊り場
スポンサーリンク

空気階段の鈴木もぐらさんが2022年1月31日放送のTBSラジオ『空気階段の踊り場』の中で『ガキの使いやあらへんで!』名物企画の七変化にチャレンジした際の模様を話していました。

(鈴木もぐら)それと昨日、オンエアーされたんですけども。『ガキの使いやあらへんで!』に出させていただきまして。私、七変化に挑戦してまいりました!

(水川かたまり)すごいよね、本当に。

(鈴木もぐら)もう、死ぬかと思いました。本当に(笑)。

(水川かたまり)死ぬかと思うよね(笑)。本当にさ、ヤバかっただろうね。心中お察ししますよ。正直、キングオブコントよりも緊張するでしょ?

(鈴木もぐら)もうね、頭真っ白のパッパカパーのポッコポピー。

(水川かたまり)ポッコポピーだよね。

(鈴木もぐら)ペンペケペーのペーですよ。本当に。

(水川かたまり)自分がやるって想像をした時に、どう考えて今までの仕事で一番緊張するだろうなって。

(鈴木もぐら)とんでもなかったですね。まず、憧れている企画でもあるしね。私も昔から見ていた番組の……。

(水川かたまり)だってあなた、高校生の時に友達とやっていたラジオのタイトル、なんでしたっけ?

(鈴木もぐら)私がやっていたラジオのタイトル……『ごっつええ感じやあらへんで』(笑)。

(水川かたまり)フフフ(笑)。『ごっつええ感じやあらへんで』をやっていた翔太が(笑)。

(鈴木もぐら)『ごっつええ感じやあらへんで』の初代パーソナリティー(笑)。

(水川かたまり)『ガキの使いやあらへんで!』に出演したわけですから。

(鈴木もぐら)しかもはじめて出させてもらうわけでさ。『ガキの使い』自体にね。それで、はじめてで七変化だから、もう本当に緊張して。

(水川かたまり)ヤバいだろうね。俺ももう緊張したもん。

(鈴木もぐら)もう本当に頭が真っ白で。一番最初のオープニングから全然覚えてないし。なにを言ったかも。だから、俺が田中さんの話とかしていたじゃん? 「田中さんの七変化をずっと覚えていて。そこは超えたいです」みたいなのとかも本当に「俺、そんなの話したっけ?」みたいな状態で。

(水川かたまり)やっぱり『ガキの使い』にはじめて出させていただくから。田中さんに『ガキの使い』で会うのもはじめてだけど。田中さんに俺たちが会う時って『アカデミーナイトG』じゃん? だから、田中さんの顔を見てご挨拶とかをしたら、1個緊張がほぐれるのかなと思ったけども……「あっ、超お笑い田中さんだ!」っていうので1個、また緊張するっていうか。

(鈴木もぐら)そうそう(笑)。エンタメ田中さんじゃなかったからね(笑)。

(水川かたまり)エンタメ紹介田中さんじゃなくて、スーパーお笑い田中さんだったから。

(鈴木もぐら)もう本当にちょっとピリッとくるみたいな。全然田中さんは優しい感じだったけどさ、こっちからしたらもうスーパーお笑いモードだったから。だからそれで全然ね、緊張がほぐれるっていうこともなかったですし。まあでも結構……あなた、いくら出しました? あれで。

(水川かたまり)僕はね、4か5、出したと思います。

(鈴木もぐら)ああ、4、5000円?

(水川かたまり)だから俺も……一発目、なんだっけ?

(鈴木もぐら)マリックさん。

(水川かたまり)マリックさんで本当は笑っていたんだけども。「こいつ、相方ですぐ笑ってすぐに金を払うやんけ」って思われるのがあれだったから。一発目はあれ、出さなかったんだよね。ちょっと笑っちゃったんだけど……(笑)。

(鈴木もぐら)じゃあ、嘘ついたってこと?(笑)。

(水川かたまり)いや、なんとなくその空気っていうか……俺も緊張しているから。だって、基本ずっと浜田さんが俺の肩に手を乗っけてるのよ?

(鈴木もぐら)フハハハハハハハハッ! 肘置きみたいに?(笑)。

(水川かたまり)浜ちゃんの手をずっと肩に感じていて……。

(鈴木もぐら)待っている間も緊張するからね。会議のシーン。

(水川かたまり)あれも緊張しますよ。

緊張の会議のシーン

(鈴木もぐら)実際、オンエアー上では会議のシーンって本当にね、あってないようなもんで。一瞬しか映らないですけども。実際にはあれ、僕が着替えている間とか、次のネタ、变化を用意している間っていうのは全部、本当にあの会議でつないでいるんだよね。

(水川かたまり)そうそうそう。

(鈴木もぐら)「1回、止めます」とかそういうのはなしで。

(水川かたまり)ホワイトボードにだからその企画案みたいな。企画会議みたいな感じで。『ガキの使い』の企画案がブワーッと書いてあるけど。全部それに一通り触れていたからね。

(鈴木もぐら)あの書いてあるやつね。だからそこで、会議の部分でも結構振られるじゃん? で、そこで変なことを言うのも、なんかあの緊張感みたいなのを壊しちゃうし……みたいなのがあってね。

(水川かたまり)あそこの空気は保たないとダメじゃん?

(鈴木もぐら)お前、なんかしゃべった?

(水川かたまり)あそこで? 俺も覚えてないな。何回か、振られてしゃべったけども。本当にだから、変なことを言わないようにしようっていうことをすごい気をつけていた。「ここの空気を壊しちゃいけない」っていう。

(鈴木もぐら)それも大変だもんね。あそこもね。うん。あとはさ、タヌキのネタ、あったじゃん? 俺が宇都宮餃子が好きだっつって。それで餃子を食っているところに外国人のエキストラさんが入ってきて。「いや、餃子は浜松だろ!」って。

(水川かたまり)あの人、面白かったな。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のビフみたいな。

(鈴木もぐら)そうそう。それでやりたって。最終的には俺がタヌキだったっていう。「タヌキだった! タヌキ!」っていうあれ、あるじゃん? あれも本当にディレクターさんにネタを出して。「こうしましょう」「いいですね。これで行きましょう」ってなって。「じゃあ、オーディションします」ってなって。10人ぐらい外国人の人を集めて、1人1人オーディションして。みんな、その餃子を持って入ってきて。「タヌキ?」って(笑)。

(水川かたまり)フハハハハハハハハッ!

(鈴木もぐら)「タヌキ?」って(笑)。いろんな外国人の人が。「じゃあ、次の方、行きます。どうぞ!」「タヌキ……?」みたいなのを見せてくれて。それで2人で決めたの。「どうしましょう?」って。で、3人ぐらいの人に絞って。その3人になったらまた最終オーディションみたいなのをやって。で、あの方にやってもらおうってなったんだけども。結構練習をしていたら、最初、「ターヌキ……」みたいな感じだったのが、だんだんだんだん同じセリフを言ってくるから「タヌキ……」とか「タヌキッ?」みたいな、だんだん言えるようになってきたの。

で、本番前日に練習をした時に「タヌキ」みたいな感じで普通に言えるようになってきちゃって。で、ディレクターさんが「もう、やめやめ。ここで稽古、やめます! もう言えすぎてる!」って。パッと入ってきて「もぐらさん、やめましょう。これ、一番いい状態の『タヌキ』がこれ以上やると失われてしまうんで……」って。

(水川かたまり)練習しすぎで?(笑)。

(鈴木もぐら)「ここでもうやめましょう」ってなって。そこから10何時間空けて本番であの「タヌキ……」が出たのよ。

(水川かたまり)1個、ちょっと後退させて(笑)。

(鈴木もぐら)まさにだからあのディレクターさんの……『プロジェクトX』っていうか、好判断。「これ以上やったら、普通に『タヌキ』って言えちゃう」っていう。

(水川かたまり)全然違うもんね。あそこの発音で。

ディレクターの好判断

(鈴木もぐら)っていうので、あそこで見事ね、バッとウケたりとかもありましたし。あと、ラウンドガールのネタ、あったじゃない?

(水川かたまり)ラウンドガール。もぐらがボクシングのラウンドガールでボードを持ってきて入ってきて。女性のカツラをつけていてね。

(鈴木もぐら)それで「第○ラウンド」みたいな感じで看板をあげると、ちんこが出ているみたいな。

(水川かたまり)下のパンツのところからキンタマがはみ出ているっていう。

(鈴木もぐら)そう。キンタマがはみ出ている。で、モザイクが入っているんでわからなかったと思うんですけども。あれは第1ラウンドがキンタマで、第2ラウンドはちんこです(笑)。

(鈴木もぐら)一応、変えてます(笑)。

(水川かたまり)一応ね。それについて、メールが来てます。「昨日、放送の『ガキの使い』を見ました。最後のネタでラウンドガール役のもぐらさんのあそこが『真っ黒やん! ハズレの焼き芋やな』と言われていましたが、なんであそこが黒いんですか? 日サロに通っていたわけじゃないですよね?」。

(鈴木もぐら)これは事実を言うと、黒いというか、暗いんです。

(水川かたまり)フフフ(笑)。

(鈴木もぐら)見えないんです。だから、洞窟とかトンネルとかを覗くような感覚だと思ってください。

(水川かたまり)色自体、着色をしているわけではない?

(鈴木もぐら)着色をしているわけじゃなくて、肉の腹の影とか、あとはもともとの小ささとか、あとは冬で皮が全集合しちゃっているところとか。そういうのが相まって……あと、照明さんとかもいるじゃないですか。テレビなんで。そうなってくると、影が生まれるじゃないですか。そういう、いろんな要素があって闇みたいになっちゃったんです(笑)。闇チンっていう状態ですね。あれもさ、一応リハをやるからね。だから女性のスタッフさんとかがいるので「ちょっと、すいません。練習をするので……」って1回、出てもらって。おじさんだらけにしてさ。それでリハをやるんだけど……もうボクサー役の2人が俺のちんこがツボに入っちゃって(笑)。

(水川かたまり)めっちゃ笑っていたな(笑)。そう。先に、もぐらがラウンドガールで入ってくる前にボクサー役の方が2人、エキストラでいらっしゃって。ボクシングをしてらっしゃるんだよね。

(鈴木もぐら)そう。ムキムキの、本当にボクシングをやっている選手の方が。それでバンバンやるんだけども、もうリハーサルでさ、俺が上げた瞬間。俺のちんこを見た瞬間にそれが面白くて、笑いすぎちゃって。もうリハーサルにならないってなっちゃって。俺のちんこを見る時間が10分ぐらい、あったんだから(笑)。

(水川かたまり)免疫をつけるために?(笑)。フハハハハハハハハッ!

(鈴木もぐら)ディレクターさんも「ああ、これはちょっと笑われると違うんだよな……」って。それで、その2人も「はい、そうですよね……」って。

(水川かたまり)なにで怒られてるんだよ(笑)。「ちんこ見て笑うな」って怒られるボクサーって(笑)。

(鈴木もぐら)「ちょっと、見ていいですか?」とかって。で、俺がこうやって見せて。見せたら「アハハハハハハハハッ!」って笑っちゃって。「すいません……」とかって(笑)。もうあの角度で。ちゃんと本番と同じ、斜め前にちんこがあるみたいな角度で慣れましょうっていうことで。ずっとそのボクサーさんに10分ぐらいちんこを見せるっていう時間があって(笑)。それで、なんとかあの状況まで。

(水川かたまり)なるほどね。ちょっとやっぱり「笑ってるな」って思ったよ。本番も。グッとこらえているような……。

(鈴木もぐら)ちゃんと下を向いてね、「こらえろ、こらえろ」みたいな感じでやってくれたけども。実際に練習の時はあんなもんじゃなかったんだから。ちんこが目に入った瞬間に吹き出しちゃって(笑)。そんなのもあってね。で、最後ですよ。母親に電話するっていうのがあったんですけども。

(水川かたまり)お母さんに。

もぐら母への直電話

(鈴木もぐら)まあ、この『踊り場』でもおなじみ、私の実の母親でございます。だからあれも「出てさえくれれば……」と思って。ちゃんと、無事に出てくれてね。

(水川かたまり)すごいよね。『ガキ使』の七変化に出るってなって、お母さんに電話をかけるのにアポを取らないんだもんね(笑)。

(鈴木もぐら)一応、「アンケートみたいなのがあるかもしれないから、電話に出れるようにはしておいて」とは言っていたんだけども。でも、完全に「絶対に出て」みたいな風に言っちゃうと、怪しまれるのよ。だから「この時間、絶対に出て」とは言えないし。「まあまあ、起きておいてくれればいいから」ぐらいの。そのぐらいの感じで。それで「出てくれ……」って思っていたらなんとか出てくれて。一応、好きな芸能人とかを言ってくれたり。まあ、「清春さんと窪塚洋介さんが好きだ」っていう風に言ってくれましたので。

(鈴木もぐら)実はまだ母親、七変化に出たということは知りません。

(水川かたまり)マジで?(笑)。えっ、許諾みたいなの、あるんじゃないの? 親族だから?

(鈴木もぐら)親族だから。俺が「大丈夫です」って言ったんだよね(笑)。なので、許可を取ってません。これ、バレたら本当に怒られると思うので。怒られないように、お母さんの好きな清春さんの曲を……黒夢で『少年』。

(中略)

(水川かたまり)だから見ていて思ったのが、「本当にダウンタウンさんを笑わせたい」っていう感じだったなって。とにかく「視聴者はどうでもいいや」っていう感じが……。

(鈴木もぐら)その言い方はちょっとあれだけども。でも、それはやっぱり……ダウンタウンさん、笑ってほしいじゃない?

(水川かたまり)あれさ、やっている時とかって誰が笑ったなとかってわかるの?

(鈴木もぐら)これが本当にわかんない。

(水川かたまり)ああ、わかんないんだ。

(鈴木もぐら)本当にいくら入っているとか。あと、3本目とか4本目の時とか、募金箱を見ようと思えば見れるんだけども。それも目に入らない。いくら入っているかとか、そんなのもわかんないし。うん。本当にちんこの時ぐらいじゃない? 「ああ、ちょっとウケたかな」って思ったのは。

(水川かたまり)ああ、なるほどね。

(鈴木もぐら)あとはもう、だって声を出して笑うとかでもないじゃない? 顔で笑っちゃったとかだから。皆さん、耐えるじゃない? だから本当にわかんない。あれは……。

(水川かたまり)あれは怖いよね。怖いよ。

(鈴木もぐら)俺、トラに肉をあげた時よりも怖かったよ。

トラに直で肉をあげた時よりも怖かった

(水川かたまり)怖いよ。家族で動物園に行って、トラに直で肉をあげるやつを奥さんにやらされたのよりも。

(鈴木もぐら)やらされたこと、あったけども。めっちゃ短いトングで生肉を掴んで。めっちゃデカいトラにあげるっていう。で、「横からとか下からやったら腕ごと食べられちゃうんで。なので上にまず肉をあげて、そこからゆっくりと前に肉をおろしていってください」って(笑)。

(水川かたまり)「そうすれば腕を食べられないんで……」って(笑)。

(鈴木もぐら)「えっ、『食べられちゃう』ってなに?」っていう(笑)。「まあ、日本で唯一。トラに生肉を檻なしであげられるのはうちだけなんで」ってめっちゃニコニコしながら。「本当に実績もありますし。だから絶対にね、上からやれば腕は食べられないんで。大丈夫です」って(笑)。

(水川かたまり)その時よりも?

(鈴木もぐら)その時より、緊張しました。本当に。まあね、もうだから『ガキの使い』も出させてもらったし。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
空気階段の踊り場
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました