スポンサーリンク

野田クリスタル『M-1 2021』回転式せり上がり導入を語る

野田クリスタル『M-1 2021』回転式せり上がり導入を語る マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0

野田クリスタルさんが2021年12月23日放送のニッポン放送『マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0』の中でM-1グランプリ2021についてトーク。今回から導入された登場の際に使用する回転式せり上がりについて、導入された理由などを話していました。

(村上)さあ……まあ、しょうがないですよね。

(野田クリスタル)この時期はやっぱりね。でも、もう(NON STYLE)石田さんが(前番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』で)すごい話してくれたんで。これはもう、今さらM-1の話をしてもね、劣化版ラジオになってしまうのであれなんですけども。

(村上)我々からの目線のね。

(野田クリスタル)ちょっと僕は僕で思うことがいろいろありまして。ちょっといろいろ思うことが……現場にもいましたし。あるんですけども。登場で、回転式になってたじゃないですか。

(村上)なってましたね。かっこよかったね、あれ。

(野田クリスタル)グルンって。

(村上)すごいかっこよかった。あのせり上がりみたいなやつ。

(野田クリスタル)あれがなぜ、グルンとなったかと言いますと……これが、ランジャタイからの情報なのかな? あれは去年、野田クリスタルが土下座から始まったので、それ対策らしいんですよ。

野田クリスタルの土下座対策

(村上)どういうことですか?

(野田クリスタル)あそこから、ボケさせない。

(村上)ああ、無茶をするやつが出てくるんじゃないかっていうこと?

(野田クリスタル)もっとすごいことをしてくる可能性があるから、それ対策をしたらしいんですよ。

(村上)じゃあ最初はだから、後ろを向いている状態からグイッと前に出てくるみたいな。

(野田クリスタル)よく判断できないようにさせたから。つまり、要するに……これ、スタッフに聞いたらしいんですよ。そしたら、その返答が来たらしいんで。要するに、子供の遊具で危険な遊具があって、それが撤去されたようなものですよ。だからどんどんM-1っていうのは改善されていっているわけですね。その、ネタ以外の部分でボケられたら、そこはどんどん改善されていくんですよ。

(村上)じゃあ、あれですか?

(野田クリスタル)まず、登場です。

(村上)公式で「反則」と認められたっていう?

(野田クリスタル)はい。公式で反則です。あれは。つまり、ネタ以外の部分でボケた場合はそれはルール違反なんで。「今回は止められなかったけど、来年以降は禁止にします」ということがあるんですね。その法則で言いますと今回、まず登場でボケた廊下。名前を呼ばれて笑神籤を引いて舞台まで向かう途中のあの長い廊下でボケたのがランジャタイと真空ジェシカ。この2組がボケたので、あれ来年から何かしらの方法で撤去されます。

(村上)フハハハハハハハハッ! あの歴代の?

(野田クリスタル)今回、歴代のチャンピオンが廊下に貼られていて。それをランジャタイはめっちゃ見るとかっていうボケをしたんで。何かしらの方法を取ってくると思います。

(村上)だからもう、あそこにカメラがないとかってなるんじゃないですか?

(野田クリスタル)それか、もう床が自動で動くとか。

(村上)もう、そこに立ってろって?

(野田クリスタル)立ってろって。それか、壁から針が出てくるとか。

(村上)針が出てきたら、どういうことですか?

(野田クリスタル)もう近付けないようにするか。

(村上)ただただただ歩くしかない状況に?

(野田クリスタル)ただただ歩くしかない状況を何とかして作るしかないです。あれは。

(村上)あそこはでも、だって結構フリーだもんね。

(野田クリスタル)あそこはまず、改善していきますよね。で、もう1個ですよ。暫定ボックス。暫定ボックスで物を持ち込んでボケた組が2組。これもまたランジャタイと真空ジェシカですね。

(村上)若干、あれはちょっと僕も反則に近いんじゃないかっていうのは感じました。

(野田クリスタル)あそこで物を持ちだしたら、今後どんどんエスカレートしていくので。これも来年から禁止。あそこの暫定ボックスに入る際に、手荷物検査が行われます。

(村上)フハハハハハハハハッ!

(野田クリスタル)ついに。

(村上)たしかに。あれ、いつ持っていったの?

(野田クリスタル)かならず「なにか持ってますね?」ってトントンするやつが現れて。全部、体を触ってくる人が現れます。

(村上)M-1も大変だな。

(野田クリスタル)どんどんどんどん、もうに本当潰してもどんどん出てくるし。

(村上)いつ、持っていくんだろうね? あれね。だってさ、待機してる場所からスタジオまではカメラで一部始終撮られているわけじゃん? どこであれを?

(野田クリスタル)どこかで。でも、それを止められる人がいなかったんですよ。だからもう、密輸です。これは。完全に。

(村上)じゃあ、どういうことなんだろう?

(野田クリスタル)胃に入れてきたり……(笑)。

(村上)ビニールにくるんで肛門に入れたりするってこと?(笑)。

(野田クリスタル)で、ヒモを引っ張ったことによって巨人師匠のパネルとか出てきている可能性も……。

(村上)あんなデカいのが体の中に?(笑)。

(野田クリスタル)だから勝つためには、あそこでウケるためには……っていう思いがあったかもしれませんから。今後、大変ですよ。まだまだボケ代ありますから。出てる最中っていうのはね。

(村上)よくないですよ。東京のあの感じね。ふざけてる感じ。

エスカレートするボケへの防止策

(野田クリスタル)どんどんどんどんあそこ、エスカレートしてきますから。今後どんどん防止策というか、対策が練られていきますよ。今後、もしかしたら笑神籤を引かれる前の待機場所。あそこも怪しいですからね。今年はまだやって来た人は……。

(村上)呼ばれてからは……ランジャタイ、やっていたよね。

(野田クリスタル)まあ、あそこをもっとド派手にしてくる可能性はありますから。

(村上)たしかにあそこでもう、なんか団体芸みたいなのをやるチャンスはあるもんね。

(野田クリスタル)あります、あります。

(村上)その余裕こそ、みんなないと思うけど。もう慣れてきちゃったら、できなくはないもんね。「あれ? 全員いない……下から出てきました!」とか。そんなのとか、やれるチャンスはあるから。

(野田クリスタル)ありますから。そういうのもどんどん、あらかじめ防いでいかないとM-1がやっぱりえらいことになってしまうので。

(村上)雑な大会になっちゃう。やっぱり権威は本当に保ちたいから。

(野田クリスタル)ありますから。あくまでもネタの対決であるという。

(村上)M-1をナメるなと。

(野田クリスタル)今回、その改善点が見られたのではないかと僕は思いました。

(村上)ありがとうございます。なかなかこれを言っている方はいないんじゃないですか?

(野田クリスタル)そうですね。うん。

(村上)全部聞いていたわけじゃないからわからないですけども。

回転式せり上がり・登場シーン

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました