スポンサーリンク

ハライチ ラストイヤーのM-1グランプリ2021を振り返る

ナイツ・中川家・サンドウ』ィッチマン『M-1 2021』ハライチを語る ハライチのターン

ハライチのお二人が2021年12月23日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でM-1グランプリ2021の模様を振り返り。ラストイヤーのM-1に挑み、敗者復活戦を勝ち上がり、決勝に挑んだ際の模様などを話していました。

(澤部佑)もう、猫-1グランプリの話じゃないですよ。M-1グランプリの話を聞きたい方も多いでしょうから。リスナーからメールがすごい来ているんだ。

(岩井勇気)ああ、めちゃくちゃ来ているね。

(澤部佑)送っていただきまして。ちょっとご紹介いたします。「ハライチさん、M-1グランプリお疲れ様でした。ラストイヤーを1回戦から挑み、敗者復活で勝ち上がり、決勝の舞台でやりたい漫才をやり、爽やかに散ったハライチ。お二人の勇姿、とてもかっこよかったです。1ファンとして幸せな1日を過ごさせていただきました。本当にお疲れさまでした。これからも応援しています。ハライチ、最高!」。まっすぐなメール!

(岩井勇気)まっすぐなメールが読まれたもんだね。

(澤部佑)まっすぐなメールが読まれたね。眩しすぎるわ、ちょっと(笑)。

(岩井勇気)深夜ラジオってまっすぐなメール、読むんだっけ?

(澤部佑)基本的には読まないですよ。そりゃあ(笑)。すごい突き刺さるよ。逆に。

(岩井勇気)素直だね。うん。

(澤部佑)だから、そうか。行きましてね。敗者復活から。なんか……。

(岩井勇気)決勝に行かせてもらいましたよね。

(澤部佑)行かせていただきまして。すごかったね、なんかね。

(岩井勇気)いや、すごいよ。もう本当にお祭りでしたね。決勝はもうね。

(澤部佑)なんかもうもう、ワチャワチャワチャワチャだもんね。敗者復活から上がって、もう走ってスタジオに行って……みたいなね。

(岩井勇気)昔はもっとね、大井競馬場からとかだったけどね。

(澤部佑)そうそう。東京無線に乗ってね、移動して……みたいな。あったね! 懐かしいな。そう。で、安田大サーカスの団長が途中までついてくるっていうボケとか、ありましたけどね。

(岩井勇気)あったんですけども。まあテレ朝の前のね広場でやったんですけども。一応、敗者復活からスタジオに行く導線は確保されていたんですけどね、スタッフが誰も案内してくれないっていう事件も(笑)。

(澤部佑)「ダメです。ステージ、もう1回、戻ってください」って。

(岩井勇気)舞台上に上げられちゃって。

(澤部佑)なんかね、背中を押されるように。

(岩井勇気)バタついてましたよ。

(澤部佑)まあ結果はね、9位ですか?

(岩井勇気)9位ですね。ビリ2。

(澤部佑)ビリ2。「9位のところ、立ってくださいね!」って言われたもんね。エンディングの時にね、「みんな、出てください。9位のバミリ、ありますんで!」って(笑)。

(岩井勇気)強めにな(笑)。

(澤部佑)強めに言われたよね?

(岩井勇気)「10位に立ってもいいかもしれないですけど、8位以前には絶対に立たないでくださいね!」って言われたよな?(笑)。

(澤部佑)「上には上がって行かないでくださいね」っていう気持ちは込められてたね(笑)。また後ほど、いろいろ話しますか。じゃあね。

(岩井勇気)話しましょう。

(中略)

(澤部佑)M-1グランプリね。

(岩井勇気)M-1ね。終わりましたね。もう、15年。ラストイヤーだったね。最後までM-1でしたね。まあM-1に対しての思いはずっとありましたからね。

(澤部佑)まあね。それはね。

(岩井勇気)そう。だから俺らがM-1っていうのは中3の時に始まってるんだよね。

(澤部佑)2001年。

(岩井勇気)なんか始まった時、「すごい大会が始まったな!」ってなってさ。

(澤部佑)うん。覚えてる。俺もなんか。

(岩井勇気)なんかでも今みたいに「若手の大会」って感じに感じなかったよな。あんまりな。

(澤部佑)感じなかった。もう、だってそれはね、中川家さんとか。

(岩井勇気)そう。知っている漫才師たち、テレビで見て面白いと思っていた漫才師たちが「じゃあ一丁、戦ってみますか?」みたいなね。

(澤部佑)本当、天下一武道会みたいなね。

(岩井勇気)あの感じだったよ。ああいうワクワク感が……あの頃のM-1はそっちのワクワク感だったよな。で、なんか最初に麒麟さんが初出場した時、「ノーマーク」なんて。「麒麟枠」なんていうさ。

(澤部佑)それ、2回目だっけ?

(岩井勇気)かな? ダークホース的な感じで現れたじゃないですか。で、新しくどんな漫才をやるんだろう?っていう人たちの目で見ててさ。今や、そういう人たちってたくさん出るじゃん。なんか。

(澤部佑)そうだね。毎年、新たなスターが。

(岩井勇気)だからそういう大会に今はなったんだよね。だから結構変わったなとは思うんだけどね。

(澤部佑)大会自体が。

(岩井勇気)で、そういう漫才のぶつかり合いに憧れてさ、「M-1優勝したい」って思ってM-1の舞台に出て行ったし。お笑いを始めたのもそういう気持ちだったしね。

(澤部佑)まあ、そうですね。

(岩井勇気)で、高校の卒業文書にも俺は「将来の夢:M-1優勝」って書いてるしね。

(澤部佑)書いてたね。それが気付いたら15年?

(岩井勇気)15年、やりましたよね。

卒業文集に「将来の夢:M-1優勝」と書く

(澤部佑)あっという間にね。敗者復活……俺、何回目だったっけ? 3回目ぐらい?

(岩井勇気)3回目だな。2008に初めて大井競馬場の敗者復活。まあ、準決勝まで行ったんだよ。大井競馬場の敗者復活に出た時に、その時もめちゃくちゃ良かったんだよね。ネタがな。

(澤部佑)そうだね。やっぱりそれこそ「新星が出てきた!」みたいな。覚えてるもん。俺、敗者復活が終わってさ、なんかウロウロしてたら、麒麟の田村さんに声をかけられてさ。「面白いですね」って言ってくれて。

(岩井勇気)俺はね、流れ星のちゅうえいさんに声をかけられて。「おもろいな」みたいな。

(澤部佑)で、次の年に決勝に行ってさ。で、決勝終わった翌日かな? 『レッドカーペッド』だったかな? すぐ、なんか撮影あって。品川庄司の庄司さんに「面白かったね」って言われて。「そっちじゃないんだけどな。褒めてもらいたいのは。田村さん、庄司さんじゃないんだけどな。褒めてもらいたいのは……」って、なんか勝手に思っちゃってたな(笑)。

(岩井勇気)でも、やっぱり流れ星さんは瀧上さんがネタ書いてるけど、ちゅうえいさんの方がいいなってなんか思うね(笑)。

(澤部佑)不思議な現象だな(笑)。唯一のコンビかもしれない(笑)。それはネタを書いている方に褒めてもらいたいけどね。普通はね。

(岩井勇気)いや、だからさ、俺はやっぱり『ボキャブラ』とかで爆笑問題さんを見て、本当に「お笑い、面白いんだな」って思った口だからさ。その1回目に決勝に出た時の後にね、爆笑問題さんのラジオに出させてもらった時に「ハライチが一番面白かった」って太田さんが言ってくれたんだよね。それはめちゃくちゃ嬉しかったね。

(澤部佑)嬉しかったね。今日、さっきも会ってね、声をかけてくれましたけどね。「よかったな」みたいなね。

(岩井勇気)太田さんは「面白かったよ」って言ってくれてね。田中さんは開口一番、俺に「猫のTシャツ、よかったよ!」って(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハハッ! 俺らのところに来てね、「猫のTシャツ、よかったね!」って(笑)。

(岩井勇気)違うじゃん。もう漫才の先輩じゃなくなっちゃってるのよ。猫好きの先輩になっちゃってるのよ(笑)。

(澤部佑)「あんな大舞台でも、お前はちゃんと猫を着てさ!」って。猫の先輩になっちゃってたね。たしかにね。

(岩井勇気)でもね、俺は2010でやっぱりM-1が1回、終わったじゃん? で、2009、2010ってさ、決勝に出させてもらってなんか「うわっ、M-1終わっちゃった」って。あの時に1回、夢が終わった感じがしたんだよね。

(澤部佑)それはだって卒業文集に書いていたからね。いや、気持ちはやっぱり切れたよね。フッとね。

(岩井勇気)めちゃくちゃ悔しかったし。もう2009とか、一番最初にいた頃なんかやっぱり5位でさ。「すごいネタがよかったのに、点数に結びつかなかったな」っていう気持ちがあって終わっちゃってたからね。

(澤部佑)完全燃焼じゃなくて、不完全燃焼みたいな。

(岩井勇気)みたいな感じでね。でも、5年後にM-1は復活するんだよね。で、そこからまた決勝に行かせてもらったけど、優勝はできなくて。そんなのがあって、だから前回大会まで3年、出なかったんだよね。で、今年、やりたいネタができたんですよね。決勝でやったネタなんですけれども。で、ハライチとして新しいパターンができたと思ったの。それをもう発表したい。俺は新しいパターンのネタができたら、もう発表したいの。とにかくなんかまた、違うパターンをやってるっていうのを発表したいってなった時に、どこで発表するのが一番いいんだろう?っていうと、「やっぱりM-1の決勝でしょう!」と思って。

(澤部佑)まあ、しびれるわな。

やりたいネタを発表する最高の舞台、M-1

(岩井勇気)まあ、ライブではちょこっとやったけども。でも、公に発表するみたいなところはM-1の決勝がいいかなと思って。それで今回、出て。準決勝で1回、負けてるわけなんですけど。敗者復活に出てるっていうことは。で、ネタをやってもう1回、会場に集められるじゃないですか。

(澤部佑)ああ、準決勝が終わって、発表があるからね。

(岩井勇気)決勝進出の発表の時に、発表される前、ちょっとだけ10分ぐらい時間があったでしょう?

(澤部佑)そうそう。全員集まってるけど、待つ時間ね。

(岩井勇気)で、みんな会場の客席に座って待ってる形になってさ。まあ、各々散り散りに、みたいな。その時に、なんか他の芸人は仲いい芸人と一緒に座ってしゃべってたりするんだよね。で、俺はなんかそんな人がいなくてさ。

(澤部佑)それは俺もいなかったよ。やっぱり世代がね、ゴロッと変わってるしな。

(岩井勇気)それで1人ぽつんと座ってて。ふと見たら、もう1人ポツンと座ってるやつがいたんだけど、それが澤部だったんだね(笑)。

(澤部佑)めちゃくちゃポツンとしてたよ。俺、だからずっとNBA見てたんだから。バスケ。誰も話す人いないから。

(岩井勇気)周りに芸人いるんだよ? お前の周りに。でも、そこだけ1人になってるんだよ。俺も同じ状況で。なんかその時に「ああ、俺らってもう、ここに一緒にやってきてたような芸人がいないんだな」って思って。その時にやっぱりなんか世代の差みたいなことを感じて。で、結果が発表されて、決勝には行けなかったのね。だから「ああ、俺らはもうM-1って感じじゃなくなっちゃったのかな」って思って。その時はもう、めちゃくちゃ寂しかったね。

(澤部佑)寂しかったね。

(岩井勇気)なんか俺はM-1が離れていっちゃった感じがすごいしたんだな。なんかでも、M-1って空白の5年があったじゃん? あの時に俺らとかも決勝に行けてたら、そういう人たちがいたのかもしれないけど。やっぱり2009、2010とかで決勝に行った時も、若すぎるから。それもそれで1人だったよな。

(澤部佑)そうそう。周りはだってね、笑い飯さんやらナイツさんやら。兄さんばっかりだったからね。

(岩井勇気)ずっと孤独な感じだなと思ってたね。

(澤部佑)俺はでも、その準決の時は1回、キュウのぴろだっけ? ボケの方か。ぴろが話しかけてきてくれて。「澤部さん、バスケ好きなんですか?」って話しかけてくれて。「ああ、そうそう。がんばれよ、キュウも。行けるんじゃないか」なんて言っていたら「本当に行きたいんです。去年、ウエストランドが行って」って。ウエストランドが社長……太田光代社長に電話で報告して。「受かりました!」みたいに報告したら、光代社長は「キュウは? キュウはどうなったの?」ってなって。キュウへの寵愛がすごいんだって。「キュウはどうなったの?」ってなって。ウエストランドが「落ちました」って言ったら「ああ、そう……」って。

(岩井勇気)ウエストランド、行ってるのに?

(澤部佑)「そこから、社長の笑顔が見れてないんですよ。僕は社長だけを笑わせたいんです」ってぴろが言っていて。いいやつなんだよ、あいつ。

(岩井勇気)キュウは俺も好きだからな。めちゃくちゃ。

(澤部佑)「頑張れよ」なんて言ってね。

(岩井勇気)で、まあ敗者復活へ行きましてね。

(澤部佑)行きましたね。どう過ごしてたんですか? M-1の敗者復活前。当日とか。

(岩井勇気)「敗者復活戦でネタ、なにをやろうかな?」みたいなことを考えてたな。俺はね。で、敗者復活戦の前日だよな。休みだったんだよ。で、朝。「明日か」とか思いながらずっと考えてたの。俺は。

(澤部佑)どうするかを。

(岩井勇気)その時にやっぱり決勝進出者発表のさっきの寂しかった時のことを考えてて。「世代じゃないのか」みたいなことを。そしたらなんか、すごいモヤモヤしてきちゃってさ。「なんだよ?」って思って。ムカついてきちゃって。

(澤部佑)ムカついてきた?

(岩井勇気)「なに、疎外感を与えてんだよ?」みたいな。

(澤部佑)「M-1、そっぽを向かないでくれよ」って。

(岩井勇気)「はあ? 世代の差とかじゃねえだろ!」ってなんか思い出してきちゃって。で、やっぱり爆笑問題さんが好きだからさ。俺らの好きな爆笑問題はもう本当に若手芸人に対しても「俺らの方が面白い漫才をやるぞ!」って感じで来るじゃん。なんか。ちょっとライバルみたいな感じで来てくれるじゃん。で、本人もなんか思ってやってるのか、わかんないけど。だから、「もう、攻めよう。最後まで」と思って。「やってやるよ! 新ネタだ!」と思ったの。俺はね。

(澤部佑)頭おかしいですけどね……。

敗者復活戦の前日に新ネタを作る

(岩井勇気)そこで「新ネタだわ!」って思って。このさ、2021のM-1に出るってなった時に「いや、M-1、何のために出るんですか?」とか言われたっしょ?

(澤部佑)すごい言われたよ。

(岩井勇気)「メリットないじゃん? 負けた時のデメリットがあるだけだ」みたいな。でも、M-1ってテレビに出るための足掛かりとか、なんかのメリットのために出るわけじゃないのね。「なんでM-1に出るの?」って聞かれたら、「M-1で優勝するために出る」って俺は思ってるのね。だから、もうやってやろうと思って。その前日にネタ作りを朝から俺は始めたの(笑)。

(澤部佑)すごいですね(笑)。

(岩井勇気)もうめちゃくちゃ考えてさ。もうハイになって作って。それで夕方頃ですよ。「できた!」と思って。で、澤部にメール、送ったじゃん? それ、受け取った時はどうだった?

(澤部佑)受け取った時は「えっ、ええっ? 知らないネタが来たけど……えっ、これ、なに? ええっ? 知らないネタが来たけど! あれ? 俺がすごいしゃべる知らないネタが来たけど!」って思ったね(笑)。

(岩井勇気)なんか、そんな気はしてなかった? どうだった?

(澤部佑)うーん。まあ、新ネタとは思ってなかったかな? でも、全然予選とかでやってないネタの可能性もあるのかなとかは思ってたけどね。

タイトルとURLをコピーしました