スポンサーリンク

インパルス板倉『あちこちオードリー』松丸亮吾&ザ・マミィへの絶望アドバイスを語る

インパルス板倉『あちこちオードリー』松丸亮吾&ザ・マミィへの絶望アドバイスを語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0

インパルス板倉さんが2021年12月15日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中で『あちこちオードリー』の「絶望先生」についてトーク。松丸亮吾さんやザ・マミィに対して行ったアドバイスとその反響について話していました。

(佐久間宣行)ということで、本日のゲストをご紹介しましょう。インパルスの板倉俊之さんです。

(板倉俊之)よろしくお願いします。こんばんは!

(佐久間宣行)今日は『あちこちオードリー』にも出てもらってるからね。

(板倉俊之)そう。見てきましたよ。

(佐久間宣行)ああ、見てきた? 今日。すごいよ。ネット、見た? めちゃくちゃな評判だよ?

(板倉俊之)ああ、本当ですか?

(佐久間宣行)「板倉先生がすごい」って。

(板倉俊之)ええっ? それは嬉しいけど……あのね、ちょっと心配になったんですよね。

(佐久間宣行)自分のオンエアーを見て?

(板倉俊之)あの、松丸くんにああいうことを言って、周りの業界人が気を遣って、もう松丸くんに「謎解きを考えて」っていうオファーが一切なくなったらヤベえなっていう(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! ああ、大丈夫じゃない? どういう企画か?っていうと元々ね、若林が思い出を話にしてくれたんだけど。なんかオードリーがめちゃくちゃ売れて。で、正直そんなに楽しい番組じゃない番組とかも異常にやっていた時期に、それを若林は言い出せなかったんだって。いろんな人に。そしたら、若林が『はねる』にゲストで来た時に、板倉がコソッと若林の後ろに来て、肩をポンポンって叩いてね。なんて言ったんだっけ?

(板倉俊之)「どう? 絶望してる?」って(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(板倉俊之)それを鮮明に覚えていてくれて。

「どう? 絶望してる?」

(佐久間宣行)そう。鮮明に。10年以上前のことなんだけど。で、そこから『あちこちオードリー』では「絶望先生」っていうことになって。「絶望に気付く人」ってなったんだよね。

(板倉俊之)それで今日、それをオンエアーしていただいて(笑)。

(佐久間宣行)今が旬のイケイケのゲストの話を聞いて、先にその絶望を潰しておかないとダメなんだっていうね。

(板倉俊之)そうなんですよね。うん。慣れとかないといけないから。

(佐久間宣行)そうしないと、大きな絶望になっちゃうんでしょう? 気付かずに放置しておくと。

(板倉俊之)そう。急に来ると絶望で「うわーっ!」ってなっちゃって耐えられないんですけど。だからちょっと先に絶望をさせておくんですよ。そうすると絶望した時にも「ああ、これは板倉さんが言ってたやつか」っていうのが乗っかるから、乗り越えられるんですよ。だから、ワクチン(笑)。

(佐久間宣行)ワクチン(笑)。ワクチンを打たないと、どういうことが起きちゃうの?

(板倉俊之)ワクチンを打たないと、もう即死するから(笑)。絶望で。

(佐久間宣行)絶望で即死だからね。

(板倉俊之)そう(笑)。だから松丸くんにしても、まあ半年後ぐらいに2回目の接種を(笑)。

絶望をする前のワクチン

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! そうか。切れちゃうかもしれないからね。松永くん、今日でちゃんと抗体ができたから、半年は大丈夫だ。すごいよ。だってネットでものすごい評判だったし。すごかったよ。あとね、松丸くんとかマミィに向かってしゃべっていたことが全部、隣のいる若林が胸に来て。若林が泣きそうになるっていうのがあって。一番が、あれだったよね。「才能とか努力に大金が払われるわけじゃない。大金っていうのは知名度に払われるんだよ。それを分かっておかないと、後で苦しむよ」っていう。要は、それにはいい・悪いはない。それを分からないと、苦しむんだよね?

(板倉俊之)そうなんですよ。やっぱり芸人って純粋な、ピュアが多いから。だからなんか、純粋なお笑いを競い合う場所として入ってきてるけど、そうじゃないんだっていうことがわかった時、実際に僕は絶望したんですよ。だから過去の僕にも言ってますよ、あれは。若手の時に僕にも「お前、そんな才能に大金が支払われるとか、思うなよ」っていう意味で。

(佐久間宣行)なるほど。だからネタ作りをいくら頑張ったって、別に……それは尊いことだけど。でも、お金が発生するのは違う。それは「人気」っていうことだもんね。

(板倉俊之)そうです。大金はそうですね。だから「舞台に出て、いくら」っていうお金はありますけど。ドンッ!っていうのはないですね。

(佐久間宣行)それを隣で聞いている若林が「板さん、俺に響きました……」って言っていて(笑)。若林先生も今、ちょうど悩んでる時期なんでしょうね。

(板倉俊之)ああ、そうかもしれないですね。彼もまあ、患者側に……(笑)。いつかね(笑)。

(佐久間宣行)だからあれは定期的な企画にたぶんなっていくんで。

(板倉俊之)だからそれも俺、「コーナーにします」って佐久間さんのラジオで知ったから(笑)。俺、『ゴッドタン』でも会ったのに、言ってくれないから。佐久間さんがラジオで言っていて「ああ、またやるんだ」って思って。

(佐久間宣行)まあ、この半年ぐらいでまた探すから。ワクチンを打たなきゃいけない若手を。M-1あたりから探してくるのか、それか……わかんないよね。『THE W』から出てくるかもしれないですしね。

(板倉俊之)そうですね。だからあとは今、危ないのは滝沢カレンちゃんね。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! なるほどね! もう本当、天然というか、それでバッとやってきた上で、2周目、3周目と……実力もあるじゃないですか。

(板倉俊之)そうなんですよ。で、なんていうんですか? コメント力みたいな、キレのある方も見せたでしょう? それで今、彼女が何を思ってるか?っていったら、やっぱり今後、何歳までこの戦いを続けるんだろう?って。

(佐久間宣行)ああ、センスの戦いね。

(板倉俊之)とかっていう風になってくると思うんですよね。

今、危ないのは滝沢カレン

(佐久間宣行)なってくる、なってくる。じゃあ、滝沢さんにもそのうちワクチンが必要になってくるっていうことですか?

(板倉俊之)そうですね。あとはまあ、ご本人が来院される意思がないとね。やっぱりこっちが……こっちから訪問するわけにはいかないんでね。

(佐久間宣行)そうか(笑)。予約してもらわないとね。

(板倉俊之)そうなんですよ(笑)。

(佐久間宣行)俺、どうやって聞けばいいんだろう? 滝沢さんのマネージャーさんに「絶望ワクチン、必要ですかね?」って(笑)。いや、でも芸能界でやっていて、やっぱり何本も刀が必要になってくるじゃない? そういう生き方のすり減らし方をしてる人は絶対に絶望ワクチンはあるし。意外にね、この知名度の話とか、俺は来る前にネット検索したんだけど。普通の仕事してる人とかにもすげえ響いていて。

(板倉俊之)ええっ?

(佐久間宣行)本当。芸能界の仕事だけじゃなくて、一般の仕事をされている方もなっていたよ。

(板倉俊之)ああ、そうですか。へー! なんでだろう?

(佐久間宣行)要は、やっぱりそこが響くじゃない? 才能とか努力とか、自分で頑張ってきたことと評価っていうのはまた違うんだなっていうのが。

(板倉俊之)ああ、そうですね。そうか。会社もそうか。

(佐久間宣行)会社もそうよ。だから本当、もう絶望講演会をやるしかないよ(笑)。

(板倉俊之)フハハハハハハハハッ! なんかもう、どういうやつなんですかね、俺は? 人を勇気づけたいのか、へこませたいのか……(笑)。

(佐久間宣行)だからもう、絶望オンラインサロンをやるしかないよ(笑)。で、たぶん1時間目はアンミカが出るのよ。ポジティブなオーラでまず持ち上げて。その後に板倉が出てきて現実を見せるっていう、アメとムチの希望と絶望サロンをやるしかないよ(笑)。

(板倉俊之)で、どっちを信じてもいいわけですよね? それは自由ですからね。

(佐久間宣行)それは自由だから。っていう話だけども(笑)。

(板倉俊之)あれもびっくりしたもんな。(ザ・マミィ)林田くんにあんなひどいことを言ったんだ、みたいな。「お前の求めてるものなんか芸能界にひとつもない」って(笑)。「俺、こんなこと言ったんだ!」と思って(笑)。

(佐久間宣行)編集でびっくりしたからね。「ああ、すげえパンチラインを言ってる!」と思って。いやー、面白かったなー。

TVer『あちこちオードリー』絶望先生

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました