スポンサーリンク

星野源・三浦大知・松重豊 高円寺と阿佐ヶ谷の思い出を語る

星野源・三浦大知・松重豊 渋谷・原宿の思い出を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

三浦大知さんと松重豊さんが2021年11月23日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。『おげんさんといっしょ』の生放送を終え、車でNHKから有楽町のニッポン放送に移動をしながら通りかかった高円寺、阿佐ヶ谷の思い出を星野源さんと話していました。

(星野源)これは今、どのへんですか? 高円寺に来てしまったの? 全然なんか、有楽町から離れてるじゃないの? 青梅街道? そうですか。

(三浦大知)フフフ、全然違う場所に(笑)。

(松重豊)有楽町に行く気、あるの?(笑)。

(星野源)このまま海とかに行っちゃうんじゃないの? ねえ。たそがれに行っちゃうかもしれない。えっ、ここらへんってU.F.O.CLUBとかあったところかしら? 違う? 違うね。高円寺とかは行ってましたか? 松重さん。

(松重豊)高円寺……だから中央線って演劇人もバンドマンも多いのよ。このへんはこのへんにいることが楽しいから。なんか、別に売れなくてもいいやとか、なんか上を目指さなくてもいいや、みたいな人たちが結構いて。「あのへん、住まない方がいいよ」的なことはね、言われていたのよ。

(星野源)それぐらい心地いいっていうかね。

(松重豊)心地いいのよ。「売れなくたっていいじゃねえかよ」みたいな、そういう人が夜中にうじゃうじゃしていてさ。

(三浦大知)でもなんか、独自に発展している感じはあるかもしれないですね。

(星野源)そうだね。だからなんか僕は阿佐ヶ谷に1人暮らしを最初にした時に住んでいたんですよ。で、埼玉の蕨っていうところから阿佐ヶ谷に引っ越した理由は、なんとなく中央線かなと思って。演劇もやるし、音楽もやるから。で、中野を見て「うん、なんかちょっと怖いな」って。で、高円寺を見て「もっと怖いな」って。それで、西荻も吉祥寺もなんかちょっと高かったし。で、阿佐ヶ谷に行ったらなんかのんびりしてて、ちょっとよかったんですよ。

(三浦大知)ちょっとほっこりっていうか。

(星野源)そうそう。そこでね、3万8000円のアパートを借りて。その風呂なしからスタートしました。

(松重豊)なんで阿佐ヶ谷ってそういうなんか、スパイダースの姉妹も出てくるし。

(星野源)スパイダースの姉妹?

(松重豊)いや、阿佐ヶ谷スパイダースの阿佐ヶ谷姉妹……。

(星野源)今、阿佐ヶ谷スパイダースと阿佐ヶ谷姉妹が……(笑)。「スパイダースの姉妹」っていうとちょっとごちゃごちゃなんですよ(笑)。

(松重豊)「阿佐ヶ谷」でくくったら同じでしょう?

(星野源)いや、そうだけど……(笑)。長塚圭史さんと阿佐ヶ谷姉妹さんは……(笑)。

(松重豊)阿佐ヶ谷だからそういう磁場があるのかなって。星野くんも引っ張られたわけでしょう? 阿佐ヶ谷に。

阿佐ヶ谷の「磁場」

(星野源)そうですね。しかも阿佐ヶ谷姉妹さんは元々、たしか乾電池みたいなことをねこの間、やっていましたよ。大知くんってここらへん、来たりしてるんですか?

(三浦大知)阿佐ヶ谷はあんまり……。

(星野源)高円寺は?

(三浦大知)高円寺はすごろくやっていうボードゲーム屋さんがあって。いろんな……ドイツとかも有名だったりするんですけど。いろんな、すごろくとかボードゲームとかカードゲームをすごい集めて売っているところがあって。そこが昔、好きでよく行ってました。

(松重豊)好きなんだ。そういうボードゲームとか。

(星野源)僕、大知くんに教えてもらって。カードゲームとかね、教えてもらってやったりとか。好きなんだよね。

(三浦大知)そう。楽しくて。なんか見るだけでも……結構、そのルールとかが面白かったりするっていうか。「ああ、この駒を使ってこうするんだ」とか。あれのルールを考えるのって、結構すごいじゃないですか。

(星野源)しかも、物が限定されるから。なんていうか、すごい縛りがたぶん多いんだよね。だからその中で面白いゲームっていうか、システムを考えるっていうのは……ああ、新高円寺です。

(松重豊)ここ、どこが新しいの? 新高円寺って。

(寺坂直毅)高円寺とはまた逆側なんですよね。

(松重豊)そうだろうけど……もうだいぶ前から新高円寺って言っているから。もうだいぶ古いよ、ここ。

(星野・三浦)アハハハハハハハハッ!

(三浦大知)旧新高円寺みたいな(笑)。

(松重豊)阿佐ヶ谷は「南」でしょう?

(星野源)そうですね。南阿佐ヶ谷。あのね、高円寺と新高円寺の間に結構ね、友達とか演劇で世話になっている先輩とかがよく住んでいたんですよ。だからそこに結構、泊まりに行ったりとかしていて。お世話になってましたよ。

(松重豊)大人計画じゃなくて?

(星野源)大人計画じゃないです。まだ、その入る前ですね。このあたりの小劇場のオーディションに応募して、受かって、チケットノルマを3万とか5万とかってもらって、払って。自分で売って……DMを自分で書いて。友達とか知り合いとか先輩に。で、なんかね、50円切手だと高いからってなんかね、封筒みたいなのもあるのよ。ちっちゃいやつ。もうちょっと安いやつ。そうすると、すっごいちっちゃく折り畳んだチラシが入るの。で、糊づけすんだけど。自分で封筒作るみたいな。それで送ったりとかして。

(松重豊)それを繰り返していくと、高校の友達がどんどんいなくなるんだよ。

(星野源)いなくなる。友達がいなくなるんです、皆さん!

(松重豊)1人、1人いなくなっていく。

(星野源)気を付けてください!

(松重豊)チケットノルマで全部、友達をなくしたもん。

(星野源)本当にそう。松重さんも払っていましたか?

チケットノルマが友達がいなくなる

(松重豊)いやー、俺は払えなかったね。本当にね。なんかもう、いろいろとだまくらかして逃げ回っていたけども。もう友達も本当にどんどん買ってくれなくなるから。

(星野源)最初は来てくれるんですよね。

(松重豊)最初の1年、2年は来てくれるだけど。3年、4年……もうそれから、社会人になったりするとね、全然ダメですよね。

(星野源)そうですね。なんかそこから頑張んなきゃみたいな気持ちになったりね。

(松重豊)「でもまあ、このへんに入ればいいか」みたいな空気がこのへんには漂っているから。

(星野源)それ、すごい言うな(笑)。

(松重豊)阿佐ヶ谷とかさ。

(星野源)阿佐ヶ谷もね、そうですね。まもなく阿佐ヶ谷。ちょっとじゃあ、いろんな感想が来ております。「『おげんさん』、とっても楽しかったです。トークと歌、ゆるっとした昭和の歌謡バラエティ番組みたいで子供の頃を懐かしく思い出しました。源さんのいろんなやりたいことが詰まっていて最後の『創造』がおげんさんに対しての源さんの姿勢や思いと重なったように聞こえて、胸が熱くなり涙が出てきました。熱い回でした。おげんさん、いや、源さん、ありがとうございました。皆さんありがとうございました」という。ありがとうございます。そうですね。なんか最後の『創造』はそういういろんな気持ちになりましたね。

(松重豊)感じてくれるんですね。

(三浦大知)届いていますね。

(星野源)おっ、今の車の旅について。「し、下北? 有楽町と真逆じゃないか! まさか、カーでの移動トークを2時間たっぷりやる感じですね? まさか……やるわけないだろう? いい加減にしろ! そんなラジオ番組があってたまるか!」。ねえ。そういうことです。

(スタッフ)阿佐ヶ谷です。

(星野源)いやーっ! 阿佐ヶ谷だーっ!

(三浦大知)星野さんが叫んだ(笑)。

(星野源)いろんなトラウマだーっ!

(松重豊)フハハハハハハハハッ!

(三浦大知)トラウマ? 今度は思い出じゃなくて、トラウマ!?(笑)。

(星野源)フゥーーーーッ!

(松重豊)おかしくなったぞ?

(三浦大知)何かを吹き飛ばそうとしている!(笑)。

(星野源)うおおおーーーっ!

(松重豊)やっぱり、ここの住人だったんだな!

(星野源)いやーっ! いろんな気持ちでここ、歩いたーっ!

(松重豊)日の目が見えるところを歩いてると思ったけど、結局お前は中央線の人間なんだっ!

(星野源)そうだ! 俺は、元々中央線の人間なんだ……。

(松重豊)誰か! 車からこいつを降ろせっ!

(星野源)フハハハハハハハハッ! やめてくれ! 俺をここで降ろすのはやめてくれっ! いやーん! すごいねー。

(三浦大知)やっぱりその場所に来るってすごいですね。グワッと来るものがあるんですね。

阿佐ヶ谷の思い出とトラウマ

(星野源)結構、1人暮らしをしたてで。本当にいろんな思いを抱えて……駅前ね。

(三浦大知)これ、駅は変わってるんですか?

(星野源)でもほとんどでこっち側……南側はねあんまり変わってなくて。でもね、駅自体は結構変わっていて。

(松重豊)でも、ちょこっときれいにしただけだよね。

(星野源)まあね。まぁね~。それでね……あれっ? ロッテリアがバーガーキングになってる! 嘘でしょう!?

(三浦大知)フハハハハハハハハッ! 思い出の(笑)。

(星野源)嘘だろ? マジかよ! あ、このてんやにもたまに行ってました。西友にもよく行っていましたよ。ねえ。うはっ! やめてくれっ! ここはもう、2億回ぐらい通った! いやーん! すげえ懐かしい! この間、でもまた別のラジオの収録でこのあたりは来たんですけど。この中杉通りはね、あんまり行けてなかったんで。いやー、懐かしいでございます。

星野源 16、7年ぶりに訪れた阿佐ヶ谷で不遇時代の記憶が蘇った話
星野源さんが2021年7月20日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中ではじめて1人暮らしをした町、阿佐ヶ谷を16、7年ぶりに訪れたことを紹介。不遇だった時代の様々な記憶が蘇った話をしていました。

(星野源)SAKEROCKをやって、演劇をやって。誰も見てくれないし、誰も認めてくれないというような日々だったので。でもとにかくずっとアイデアだけ考えてるみたいな、そんな20代前半でございました。

(松重豊)そんな阿佐ヶ谷なんだね。

(星野源)そうなんです。この頃ですかね? 前も話したことありますけども。2人目ぐらいにお付き合いした女性にですね、まあちょっと不思議な、ちょっとよくない感じになってきたので「お別れしよう」って言ったら、「なんでそんなことを言うの? 私、この間、○○さんとキスしたけど、まだ源くんのことが好きだよ!」って言われて。

(三浦大知)新情報がそこで(笑)。

(星野源)「新情報!? どの口が言うの?」って思って。そこで「うん、お別れしましょう」ってなって。「さようならー!」ってなったという、懐かしい道ですね。

(松重豊)これは阿佐ヶ谷に近づかない方がいいんじゃないのか?

(三浦大知)なんか、磁場がね(笑)。

(松重豊)ちょっと人格が変わってきちゃったもんね。

(星野源)いや、本当にそう。このあたりもね、懐かしいです。

(三浦大知)思い出がいろいろとそうさせますよね。

(星野源)これ、早稲田通りの方に行ってますね?

(松重豊)有楽町じゃねえじゃねえかよ!(笑)。

(星野源)全然……どこへ連れていくつもりなんだ? あ、じゃあちょっと私が荒れてきたので、ここで大知くんの選曲で心を癒やさせていただいてもいいですか?

(三浦大知)わかりました。

(松重豊)阿佐ヶ谷感のないやつをお願いします。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました