スポンサーリンク

星野源・三浦大知・松重豊 下北沢の思い出を語る

星野源・三浦大知・松重豊 渋谷・原宿の思い出を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

三浦大知さんと松重豊さんが2021年11月23日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。『おげんさんといっしょ』の生放送を終え、車でNHKから有楽町のニッポン放送に移動をしながら通りかかった下北沢の思い出を星野源さんと話していました。

(星野源)さあ、今ここは下北に来ましたね。

(松重豊)うわっ、お地蔵さんのところだ。

(星野源)うわっ、ここ超通った! ちょっと今、窓を開けていますけども。誰もいない。当たり前だけど、この時間はさすがに。

(松重豊)昔、風呂上がりにここ、通っていたんだよ。毎日。

(星野源)住んでいました?

(松重豊)住んでいた、住んでいた。だってバイト先がそこだから。

(星野源)ああ、そうですか。バイト、なにをやっていたんですか?

(松重豊)そこのラーメン屋。

(星野源)ああ、あれか。名前、なんでしたっけ?

(松重豊)珉亭。踏切を渡ったところの。

(星野源)そうだ、珉亭だ! 珉亭でしたよね。そうだ、そうだ。

(松重豊)あ、踏切がない!

(星野源)踏切、なくなったんですよ。ここ、セントラルスポーツ、あるー! 懐かしい。

(松重豊)これ、映画館だったんだよ。

(星野源)ああ、マジっすか?

(松重豊)ポルノ映画やっていて。出前、行っていた。

(星野源)ああ、そうですか。ちょっと違うけど、下北の映画館。スズナリの横にできましたよね? 前にちっちゃいのが。あ、シアター711。うわっ、スズナリです! 思い出のスズナリでございます。いやー。

(三浦大知)あ、でもめっちゃきれいになっている。

(星野源)本当だ。ちょっとなんか歩道が広くなってますね。

(松重豊)ディスクユニオン!

(星野源)ディスクユニオン。お世話になっております。

(松重豊)昔からあるよねー。

(星野源)懐かしい。懐かしい!

(三浦大知)昔、ドラマっていう安い中古の……来てましたね。

(星野源)ドラマね。ビデオレンタルもあったし、中古のCDとかもあったし。漫画も……僕、漫画はほぼ中古で。

(松重豊)下北だとTSUTAYAよりもドラマだったんですよ。

(星野源)僕もドラマで買ってました。いやー、懐かしい。すいません。来たことない人はなんのこっちゃって感じだと思うんですけども。ちょっとね、思い出の場所なんで。やっぱりこのあたり、松重さんも舞台を山ほどやられていますから。

演劇とバンドマンのメッカだった下北沢

(松重豊)そうですね。もう演劇とバンドマンのそういうメッカだったのが……本当にもう、かれこれ40年ぐらい前なんですけど。でもその頃は本当に「下北発」っていう感じで演劇も音楽もね、結構なんか下北からいろんなものが出てたんですね。言ったけど、そのウエスト東京じゃないけども。なんか、こういうところから出てくるっていうのがもっとあってもいいんじゃないかなと思うんだよね。街から……なんかそういう街ぐるみで文化を発信していくっていうのも。

(星野源)そうですね。なんかやっぱり僕の高校生の時も小劇場が全盛っていうか。盛り上がりに盛り上がっていたので。2000円で大人計画の部分公演とか見れた時なんですよね。ジョビジョバとか。ジョビジョバが2000円とかでスズナリとかでやっていて。OFF・OFF・とかでもやっていたかな? だからなんかそういう時期に見れたのが幸せだったなって。

(松重豊)大人計画は最初はスズナリ? どこ?

(星野源)僕はええと……大人計画公演としては『ナオミの夢』っていう宮藤さんのウーマンリブの第1回からで。それはたしかね、スズナリだっだったと思うんですけど。その前に『マシーン日記』っていう松尾さんの初演を、どこかちょっと違うところでやっていて。それが松尾さんの最初だったんですよ。

星野源『マシーン日記』と『佐久間宣行 リスナー大感謝祭2021』を語る
星野源さんが2021年11月16日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で高校生の時に見て衝撃を受けた松尾スズキさんの舞台『マシーン日記』についてトーク。さらに『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の配信イベント『リスナー大感謝祭2021』についても話していました。

(松重豊)みんなね、スズナリから出てくるんだよ。一般的にスズナリってどういう劇場か知らないかもしれないけど、本当に狭いからね。広くなったからちょっと、多少は座るスペースも増えたけども。昔は本当に狭かった。楽屋もね、下宿だからね。あそこはね。

(星野源)すごいですよね。畳で。でもなんか、あそこでしか見れない感じがあるんですよ。狭いんだけど、なんかやっぱり僕、大好きっすね。あそこ。集中できて。

(松重豊)しかも王将前まで来たよ、ここ。南口の。

(三浦大知)ああ、この通りだ!

(星野源)うわーっ、懐かしい!

(松重豊)王将、食ったなー。

(星野源)なんかもう、いろんなことを思い出しちゃう! 切ないことやら、なにやら。うわっ、ここのとある食べ物屋さんで食あたりを起こしました(笑)。懐かしいです!

(三浦大知)アハハハハハハハハッ! もう、いろんな思い出が(笑)。

(星野源)ここ、レコード屋さんだったよね? CISCO? たぶんCISCOですよね? あれ? レコファン? どっちだっけ?

(三浦大知)でも、ありましたよね? あったあった。懐かしい(笑)。

(星野源)ごめん。外を見て「CISCO! レコファン!」とか言っているだけのラジオです。今日は。たぶんレコファンかな?

(松重豊)俺、さっきのところの地下でね、でんでんさんとコンビを組まされそうになった時があって。「お前ら、コントやれ」って言われて。大昔だけど。思い出した。

(星野源)でも当時、やっぱり小劇場の役者さんがコンビ組んでテレビに出て。『冗談画報』に出るとか、よくありましたよね。松尾さんも温水さんと組んで、鼻と小箱っていう2人でコントをやっていたりしたんですよ。めちゃくちゃ面白かったんだけど。

(松重豊)本当に小劇場とコントは紙一重だから。一応、笑わせるシチュエーションでちゃんと面白くするっていうのがあって。割とやってた人が多いんだよね。

(星野源)だから結構、お笑いと演劇がかなり密接であった時で。お笑い番組の作家を劇作家がやってることとかがすごい多かったから。実は今のお笑いの脈々とある中には演劇がね……あっ、本多劇場!

(松重豊)本多劇場だ! ここ、劇場できたんだよね。

(星野源)ああ、懐かしい! ここでホリケンさんに1万円、もらいました(笑)。舞台終わりで「タクシー、乗るか?」っつって。それでタクシー代、もらいました。舞台終わり、見に来てくれたホリケンさんに。もう少しですね。バイト先が。

(松重豊)トラブル・ピーチとか、飲み屋がいっぱい……ちょっといかがわしい人たちがいっぱい集まってくるような飲み屋がいっぱいあったんですよ。

(星野源)いろんなお店がありましたよね。あ、珉亭過ぎちゃった。

(松重豊)珉亭。そこの交番にね、よく出前の余ったやつを持っていってたんだよね。

(星野源)ああ、そんなことがあるんですか?

(松重豊)そうそう。なんか余ったり、オーダーミスしたやつはね、「もう交番に持っていっちゃえ!」って交番の人に恩を売っていたのよ(笑)。

(星野源)アハハハハハハハハッ!

余った料理を交番に差し入れ

(三浦大知)ああ、コミュニケーションのひとつとして? すごい!(笑)。

(松重豊)そうそう(笑)。

(星野源)最高ですね、その話(笑)。じゃあ「なんかあったらよろしく」みたいな?

(松重豊)そうそう。なんにもならないよ? 下北の交番だもん。

(星野源)なかなかないですよね、そういうトラブルなんて。

(三浦大知)なんかでもいいですね。街の……すごいいろんなカルチャーが交差しまくっている場所ですね。

(星野源)そうですね。

(松重豊)下北、燃えるね! 世代を超えて燃える。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました