スポンサーリンク

ハライチ岩井『チマタの噺』笑福亭鶴瓶との対談を語る

ハライチ岩井『チマタの噺』笑福亭鶴瓶との対談を語る ハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチ岩井さんが2021年8月19日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドの中で『チマタの噺』に出演した際の模様を紹介。笑福亭鶴瓶さんとの対談について話していました。

(澤部佑)昨日ですからね。『あちこちオードリー』オンラインライブ。全然、やっぱり寝れなかったな。家に帰って。

(岩井勇気)ああ、そう?

(澤部佑)やっぱりなんかカッカしてるんだろうな。気持ちが。

(岩井勇気)俺も、そうね。寝れなかったかな。

(澤部佑)やっぱりライブの後って寝れなかったりするよな。

(岩井勇気)なんならその、伊集院さんのラジオを俺、聞いてるんだけども。その冒頭でさ、昨日だよ。だからそのライブの日の夜中。俺の名前を出してくれて。で、『Sonny Boy』っていうアニメをおすすめしたじゃないですか。それをスタッフさんづてに伊集院さん、聞いたらしくて。それで見てみて。おもしろかったみたいな話をしていて。それも相まって、寝られなかったね(笑)。

岩井勇気 アニメ『Sonny Boy』を語る
ハライチ岩井さんが2021年7月22日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でアニメ『Sonny Boy』について話していました。

(澤部佑)自分の名前が伊集院さんの口から出たら、それは興奮するわな。

(岩井勇気)なんかドキドキしちゃった。「なんの話になっちゃうんだろう?」って。

(澤部佑)「岩井」っていう名前が出たらね。で、寝られなくなっちゃって?(笑)。

(岩井勇気)4時ぐらいにやっと寝れたね。あれ、行ってきましたよ。この収録日の12時ぐらいに放送されてますけども。鶴瓶師匠の『チマタの噺』っていう。澤部も行ったでしょう?

(澤部佑)1回、そうそう。行った、行った。その時に鶴瓶師匠、言っていたのよ。「岩井にも話を聞きたいな」って。呼んでくれてさ。

(岩井勇気)何の話をしたの?

(澤部佑)俺は全然、別にそんな……お笑いの話とかもあんまりしていないな。で、俺はVが結構あったから。俺の初恋の人のとか、そっちの話が多かったな。奥さんの話とか。

(岩井勇気)ああ、なるほど。俺はほとんどVがなくて。本当に1時間半ぐらい、ずっとしゃべっていて。すごい楽しかったね。

(澤部佑)楽しいは楽しいね。

(岩井勇気)なんか、「もっとしゃべりたい」ってなったけどね。

(澤部佑)それは今、やっているの? 今日か。

(岩井勇気)12時からかな?

(澤部佑)なんの話をするの?

1時間半、しゃべりっぱなし

(岩井勇気)なんか、お笑いの話もしたし。あとは、ちょっと落語の話とかもして。鶴瓶師匠と俺が前にももクロと鶴瓶師匠がやっている『桃色つるべ』っていうトーク番組に出た時に1個、思ったことがあったんだよ。それを言ったりして。

(澤部佑)ああ、そこをきっかけでいろんな話を?

(岩井勇気)で、元銀杏BOYZの村井さんっていう人がスタッフで入っていて。俺は昔から、飲みの場で一緒になって、なんか仲良くしてもらっていてさ。その縁もあって呼んでくれたっぽいんだよね。

(澤部佑)ああ、そうなんだ。だから『桃色つるべ』後かな? 俺、鶴瓶師匠に会った時にすごい、ずっと言っていたもんな。あいさつに行った時とかに。「変なやつやな、相方。どうなってんねん? 大丈夫か? おもろいけどな」みたいな(笑)。そんなことをずっと言っていたよ。

(岩井勇気)なんか、よく「けったいなやつ」っていう風に言われるんだけど。その評価、なんかすごい嬉しいんだよね。鶴瓶師匠に言われると。

(澤部佑)ああ、たしかに。まあ、褒め言葉だよな。

(岩井勇気)その話もしててね。それが今日、オンエアーかな? 澤部の時はたぶん短かったと思うんだよね。1週分だったでしょう?

(澤部佑)そうそう。

(岩井勇気)今、2週分なんだよね。

(澤部佑)ああ、そう? じゃあ、がっつりだね!

(岩井勇気)がっつりだったんだよ。

(澤部佑)結構、しゃべったけどね。1週分でも。

(岩井勇気)なんの打ち合わせもプランもなく1時間半ぐらいしゃべって。面白かったな。2週、見てもらいたいけどね。まあ、TVerとかなんかで見れるでしょう。

(澤部佑)今、鶴瓶師匠となかなか会う機会もないもんな。

(岩井勇気)そうそう。

TVer『チマタの噺』ハライチ岩井

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました