スポンサーリンク

星野源 ラジオネームを語る

星野源 ラジオネームを語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

星野源さんが2021年7月20日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でラジオネームについてトーク。自身がかつてラジオに投稿していた際に使っていたラジオネームを紹介していました。

(星野源)今夜のメールテーマを発表しましょう。私、星野源や当番組スタッフの日常の疑問をリスナーのみんなに投げかけたいと思います。今夜は……あなたの名前の由来を教えて下さい。「名前」って言ってもあれだね。ラジオネームだね。前回、なんだっけ? 「パン切り包丁」だっけ? 普通して面白いラジオネームみたいな。なんかパンに関する……「食パンスライサー」か。食パンスライサーをパン切り包丁はヤバいね(笑)。惜しい。俺、惜しかった(笑)。

まあ、それもあって。面白いラジオネームって多いよね。だから「なんでその名前にしたのか?」っていうのがちょっと気になるということで。寺ちゃんもね、ラジオリスナー歴が長いから。ハガキ職人だったんだよね。その時のラジオネームってなんだったの?

(寺坂直毅)それは、「居酒屋いかしげ」という。

(星野源)いかしげ? それはどういう……?

(寺坂直毅)今田さん、東野さんのラジオだったので。関西の芸人の行きつけの居酒屋が「居酒屋たこしげ」というところだったんです。で、「たこ」じゃなくて「いか」で「いかしげ」っていう名前にしたら引っかかるんじゃないかなって。

(星野源)なるほど。いいですね。はいはい。僕のラジオネームもあるんですよね。僕も『岸谷五朗の東京RADIO CLUB』という岸谷さんのラジオに一番最初に出した時のラジオネームが「ジョン・レノン」っていう。フハハハハハハハハッ! 最悪なんだよ(笑)。センスゼロなんだよ(笑)。ラジオネームとしてのセンスがゼロなの。実在する人物の名前をそのまま使うっていう(笑)。

星野源のラジオネーム「ジョン・レノン」

(星野源)だから俺はね、ラジオネームセンスがゼロなんですよ。だから、そのラジオネームセンスがある人の話も聞きたいし。俺と同じようにラジオネームセンスがゼロの人の理由も聞きたい。なぜ、それにしたのか。で、なぜ俺がジョン・レノンだったかっていうと、俺はその時にロン毛だったんですよ。で、丸メガネもかけていたの。

だから、ガワだけはジョン・レノンだったの。髪が長い頃のジョン・レノンにちょっとだけ、風貌だけ似ていたからジョン・レノンだったんだけども。それででも、一応ハガキも岸谷さんに読んでもらったんだよ。だからすごい嬉しかったから思い出のラジオネームなんだけども。思い出すたびに「センス、ねえな」って思うっていう。だから、あなたのラジオネームの由来をラジオネームとともに教えて下さい。

(中略)

(星野源)あと、あれだね。俺はそういえば「スーパースケベタイム」でもあったね。俺は……そのジョン・レノンは14歳とかだから、それはもうカンベンしてくださいよ。そのセンスゼロに関しては(笑)。スーパースケベタイムはなんか、どうなの? いいんじゃない? わかんないけど(笑)。個人的にはセンス、つけてきたんじゃない?

あれ、いつぐらいだっけ? 30ぐらい? 31歳ぐらいだ。宇多丸さんのラジオに匿名で応募して。ラップジングルを募集していたから応募して。そしたら、優勝したっていう記念すべき……でも、この前に「KOKOU」っていうコーナーがあって。もう本当に孤独すぎて孤高ですらあるっていうエピソードを送るっていうメールのコーナーで。僕は2回ぐらい、読まれてますからね(笑)。それも行く場所がなさすぎてというか。それ、阿佐ヶ谷時代の話ですよ。まさに阿佐ヶ谷時代の話。

星野源 16、7年ぶりに訪れた阿佐ヶ谷で不遇時代の記憶が蘇った話
星野源さんが2021年7月20日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中ではじめて1人暮らしをした町、阿佐ヶ谷を16、7年ぶりに訪れたことを紹介。不遇だった時代の様々な記憶が蘇った話をしていました。

(星野源)でも、そのラジオに送った時には阿佐ヶ谷には住んでないんだけども。それを思い出しながら書いたメールだったんだけども。それは年越しの日にあまりにも寂しすぎて。「どこに行くか?」って……もう行き場所がなくて。街をウロウロして、行き着いた場所が……もう12月31日の10時ぐらいですよ。10時とか11時ぐらい。行き着いた場所が、漫画喫茶だったんですよ。いいですよね? 孤高ですよね? 孤独なエピソードですよね。

大晦日に漫画喫茶に行ったKOKOUエピソード

(星野源)で、意を決して入ってみたわけ。まず「この日に満喫、開いているんだ!」って思って。で、登ったわけ。俺が入った瞬間に店員さんが「満員」っていう札をかけたの。もう、めちゃめちゃ混んでいたの! みんな、1人で来ているの。だから俺、その時にメールで「孤高の天下一武道会」って表現したんだけども。孤高の民が……阿佐ヶ谷中の孤高の民が。誰かと年越しとか、パーティーとか、誰かとどうとかじゃない1人で、漫画喫茶でPC&漫画を読むっていうね。

(星野源)で、俺は『お天気お姉さん』を読んだんだけども(笑)。で、そのエピソードのメールを読んでもらった時もスーパースケベタイムだったんですね。たしかね。いろいろと思い出しましたね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました