スポンサーリンク

アンガールズ田中 審査員キャラの誕生と「勝手にお悩み先生」を語る

成田凌と佐久間宣行 アンガールズ田中の勝手にお悩み先生を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

アンガールズ田中さんが2021年6月16日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。審査員キャラの誕生と『ゴッドタン』の「勝手にお悩み先生」について話していました。

(佐久間宣行)でも、その時からも……今だったら『ゴッドタン』でさ、後輩芸人の相談とかさ。あとは、いつの間にか審査員キャラみたいなのがついているじゃん? あれはたぶん『そこそこチャップリン』なのかな?

(田中卓志)そうですね。『にちようチャップリン』かな? 『そこそこチャップリン』の頃なのか、覚えてないですけど。「審査員をやってくれ」ってある日、言われて。『にちようチャップリン』の中で大会あるからっていうことで。でも正直、内村さんとか土田さんとか千鳥さんとかがいる中で俺と井戸田さんが審査員をやるっていうことで。「でも、俺がやるって……」と思ったんですよ。でも、「じゃあ、自分ができる範囲で。自分はそんな賞レースとか取ってないけど。お笑いで何が面白いかぐらいは語れる。ダメ出ししてとかはちょっと俺は無理だから……」っていうことで。こういうところがいいっていうのを言うようにしたら、なんか内村さんが「めちゃくちゃ面白いじゃん!」って言ってくれて。そこから「もっと田中のこの感じをやってくれ」みたいになって。そこから、それを見た人が……テレ朝の芦田さんっていう……。

(佐久間宣行)『あざとくて』とかをやっている芦田さん。

(田中卓志)そうです。AマッソにレクチャーするみたいなのをYouTubeの企画で。

(佐久間宣行)そうか。AマッソのYouTubeをやっているのか。

(田中卓志)で、その企画をやってくれみたいな感じで。いろんな芸能界のことを教えるみたいなのをやったら、それがなんかハネたみたいなのがあったりして。

Aマッソに芸能界をレクチャー


(田中卓志)で、そこからですよね。『ゴッドタン』で。

(佐久間宣行)「勝手にお悩み先生」。

(田中卓志)そう。「勝手に」っていう要素を入れてくれて。

(佐久間宣行)そう。来る人の悩みを予想して解決策を考えるっていう企画。俺が考えたんだけども。田中に預けて「この企画、どう?」って。

(田中卓志)その「勝手に」っていうのがすごいっすよね! 「勝手に」という部分ですごいお笑いっぽくなるっていうか。それまで、なんかやっぱりレクチャーするって……そのレクチャーをすることも、意外と俺がやってることが面白いとは言ってくれる人がいたんですけど。やっぱり勝手に見つけて勝手に言うっていうすごい自分勝手なことをするっていうのを『ゴッドタン』でしてもらって。すごいありがたいなって。

(佐久間宣行)なんか悩み相談が1個、お笑いに変わったって感じじゃない? それはね、俺も撮りつつわかった。「ああ、これ、お笑いになったな」って。

(佐久間宣行)でもやっぱりさ、田中の審査員キャラって最初、見てた時はさ、なんつったらいいんだろう? マジと……「マジだから面白いでしょう?」っていう風にちゃんと「面白い」を残しながらやってたのに、それっていつの間にか、何回か続けていくと、いろんなところにうまく誤解して伝わっていって。本当に審査員になっていくんだね(笑)。

(田中卓志)そうなんですよ!

(佐久間宣行)最初は「審査員芸」だったんだよね。

最初は「審査員芸」だった

(田中卓志)本当に審査員芸だったんですよ。だからなにがいいか?っていうのをブワーッと言ったから、芸人さんとかがすごい笑ってくれて、みたいな。

(佐久間宣行)そう。審査員芸だったはずが、今はもう普通に『THE W』の審査員をしていて(笑)。

(田中卓志)審査員で言うと、「ちゃんとやってくださってありがとうございます」みたいなことを言われて。「ちゃんとやってくれる」っていう風に取ってくれるのも、まあ別にそう取ってくれるなら悪いことではないし。

(佐久間宣行)そうだね。だからこうやってまた新しい刀ができていくわけだもんね。

(田中卓志)そうですね。刀ですね(笑)。

<書き起こしおわり>

成田凌と佐久間宣行 アンガールズ田中の勝手にお悩み先生を語る
佐久間宣行さんが2021年5月30日放送のJ-WAVE『TOPPAN INNOVATION WORLD ERA』に出演。成田凌さんと『ゴッドタン』の企画「アンガールズ田中の勝手にお悩み先生」について話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました