スポンサーリンク

R-指定 LITTLE『bbbaby feat. DABO』を語る

R-指定 LITTLE『bbbaby feat. DABO』を語るCreepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

R-指定さんが2021年6月8日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でLITTLE『bbbaby feat. DABO』を紹介していました。

(R-指定)早速なんですけど、曲にね、紹介したいなと思います。「子供ができて変わった」みたいな、ジェイ・Zの話、したじゃないですか。

(DJ松永)泳げるようになったっていうね。

(R-指定)そうそう。やっぱり子供ができたら人間変わるなっていうところも含めて。あと、来週来てくださるファンキー加藤さん。加藤さんが韻が固くなった原因っていうのは、これはやっぱり実は八王子という土地が関係しているんですよ。八王子にはKICK THE CAN CREWのLITTLEさんという、もう日本の韻固を集めたら当然トップ3に入るであろう、韻の……。

(DJ松永)韻といえばLITTLEさんだもんな。そうか。八王子の先輩か。

(R-指定)そう! で、そのLITTLEさんが子供ができていろいろ変わったよという曲を出してるんですよ。で、それをDABOさんと出して。DABOさんも子供ができて……っていう。で、このLITTLEさんとDABOさん。もちろんデビューも近いし、同じ時にこのヒップホップシーンをサバイブした仲間同士で、ライバル同士でもあるのかな? その2人が出した『bbbaby』という曲がヤバいのでちょっとまずは聞いてみてください。

LITTLE『bbbaby feat. DABO』

(R-指定)ちょっとね、最後まで聞きたかったんですけどもね。

(DJ松永)でも最高だね。この曲、いいよね!

(R-指定)いいんですよね。LITTLEさん、DABOさんっていう布陣もそうなんですが、サビのこの「ベベベイベ♪」っていうコーラスがFull Of HarmonyのYUTAKAさん。

(DJ松永)我々としては胸アツメンツですね!

(R-指定)なにが素晴らしいかって、のっけからDABOさんの『拍手喝采』のサンプリングをLITTLEさんがするっていう。「よってらっしゃい、見てらっしゃい Check My Sonshine 今、何歳」っていう。「Sunshine」を「Son(息子)」っていう風に変えて「Sonshine」にしていたり。ライムもものすごくいいんですけども。最高に固い「国民的ベイビー、無邪気な笑み よく見てみ、チェキ つまりは天使」って。これ、全部踏んでますから。

(DJ松永)すげっ!

(R-指定)「A、B、C、DEFかわいい」とかもこれ、DABOさんのラインですね。DABOさんのバースがまたすごいのが「息子さんとそっくりですね」っていうことにブチ切れるっていう。「俺がこんなにかわいいわけがあるか? こんな尊いわけがあってたまるか?」っていうのでブチ切れて。その「そっくりですね」って言ってきたやつのケツ毛をライターで炙ろうとしているっていう(笑)。「ちょっ、待てこら、ライターで炙るぞ ケツ毛」って。で、「俺ごときと比べたのか謝れ」っていうほどかわいいっていう。「クソに金メッキしたようかカスがあろうことか作り出してしまった星の王子 世界救うメシア」みたいな。

(DJ松永)いいねえ!

(R-指定)「ろくでなしだったラッパーがこんな尊いものを……」なんていう、最高の子供への愛。それでLITTLEさんの「生まれてきてくれてマジでグラシアス 喜びの雨、降らします モロに食らっちまう 君が笑えば歌になる そんなプラチナムサン」っていうね。これはDABOさんの『PLATINUM TONGUE』っていうデビューアルバムがあって。そのDABOさんが我が子のように作ったデビューアルバムを文字って、LITTLEさんが「プラチナムサン」っていう風に生まれてきた自分の子供の言うっていうね。

(DJ松永)お見事! これ、マジでお見事! きれい!

(R-指定)子供もこんなライムを贈られたらめちゃくちゃ嬉しいやろうなって。大人になってから。素晴らしい曲でした。

(番組終了後のミクチャ配信限定アフタートークで……)

(DJ松永)でもさ、ニトロとかキックとか全盛期というか。俺らが10代で聞いてた時、ニトロのダボとキックのLITTLEがさ、絡むとはまあ、思わないよね。そこでFOHがサビとかさ。ちょっと信じられないよね!

(R-指定)そういう歴史も含めて、めちゃめちゃいいですよね。

(DJ松永)だってね、DABOさんと漢さんとかもビーフをしていたしね。

(R-指定)そうそう。そういうのを経て、やっぱり長年走り続けてきたらこういう邂逅というかね。そういうのもあるんやなって思いますよね。

(DJ松永)ニトロはニトロでちょっと孤高な感じだったしな。

(R-指定)ああ、ありましたね。

(DJ松永)外とは……ニトロと同じ雰囲気の人は結構いかつい流れとか。MUROさん周りとかさ。

(R-指定)ちょっとシュッとした感じの人っていう感じやったし。キックも言うたらそうやったし。

(DJ松永)でもLITTLEさんはZINGI一家だしね。

(R-指定)LITTLEさんは元々結構ハーコーなところにいはったからね。童子-Tさんとかと一緒にね。でも、おそらくなんですけども。この曲が生まれるきっかけの前の前段階ぐらいのところに俺ら、立ち会っている可能性はあるのよ。

(DJ松永)どういうこと?

曲の生まれるきっかけの前の前段階ぐらいのところにいた?

(R-指定)餓鬼レンジャーのアルバム『ティンカーベル』って出したでしょう? で、俺らも『ちょっとだけバカ』っていう曲で客演させてもらったあのアルバムに『The Skilled』っていう曲でFORKさんとLITTLEさんとYOSHIさんで韻固なことをやっている曲があって。

(DJ松永)恐ろしいメンバーだな(笑)。

(R-指定)そっちは韻固な曲。で、フロウ巧者たちが集まったポチョムキンさん、Mummy-Dさん、LIBROさん、リップのRYO-Zさん、DABOさんでやっている『キューバ・リブレ』っていう曲があって。

(DJ松永)そうだそうだ。


(R-指定)だからレコーディング日とかもなんとなくかぶったり。すれ違ったりしていて。最後、『餓鬼園祭』っていうリキッドでやったライブでは全員集合やったんですよ。で、その時に、お互いラッパー同士で話をするんですけど。LITTLEさんがちょうどね、子供の話をしてて。「そういえばダボくんも子供が……」みたいな話をたしかその時、LITTLEさんとしていて。で、「なんか絡みとか、一緒になったりするんですか?」みたいな話をしてて。だからもしかしたら、そこらへんからLITTLEさんの頭の中にはお互い、ラッパーとして大人になって。LITTLEさんも子供ができて、DABOさんも子供がおるらしいみたいなので、ちょっとこの曲の構想はできてたかなとか、今になって思い返してみると、あの瞬間がもしかしたら……みたいな。

(DJ松永)アチチ!

(R-指定)ちょっとアチチなんですよ。

(DJ松永)ちょっとなに? アチチな話!

(R-指定)もしかしたらあの時に考えていたのかも、みたいな。

(DJ松永)本当にそうかもね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました