スポンサーリンク

オードリー若林とR-指定 OZROSAURUS・MACCHOを語る

オードリー若林とR-指定 OZROSAURUS・MACCHOを語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2020年9月8日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』にゲスト出演。Creepy Nutsの2人とOZROSAURUS・MACCHOさんについて話していました。

(DJ松永)次のメールです。「僕は初めてしっかりと聞いたヒップホップがキングギドラの『公開処刑』だったのですが、名指しでこんなこと言ってしまう文化があるんだと心から衝撃を受けたのですが……若林さんが食らったヒップホップは何かありますか?」。

(若林正恭)食らったヒップホップ? いや、もう食らいすぎて……「最初に」っていうことなのかな?

(DJ松永)たぶんこれ、そうっすね。「最初に」ですね。

(若林正恭)まあ、でもスチャダラさんとか。それですぐにソウルスクリームとかYOU THE ROCK★さんとか。で、キングギドラとか……でも、やっぱりね、オジロはものすごい。

OZROSAURUSに食らった

オードリー若林 スチャダラパーとOZROSAURUSを語る
オードリーの若林さんがbayfm『ON8+1』に出演して佐藤満春さんと日本語ラップについてトーク。スチャダラパーとOZROSAURUSについて話していました。 本日はゲストにオードリー若林正恭さん来てくださり、日本語ラップについてたっ...

(R-指定)なんか一番最初にお会いさせてもらった時に「誰が好きなんですか?」って聞いて。「OZROSAURUS」って言っていて。「おおっ!」みたいな。

(DJ松永)ああ、言ってた、言ってた。

(若林正恭)MACCHOさんてなんか、なんであんなにズンッ!って入ってくる……。

(R-指定)あれは天才ですね。アレな言い方ですけども、「楽器」としての出来がそもそもとんでもないんですよ。声の楽器。ラッパーってやっぱり声のあれなんで。自分の体自体が楽器なんですけども。あの人……でも、アルバムごとに声の出し方がちょっとずつ変わっていったりしていて。

(若林正恭)へー!


(R-指定)1枚目のハイトーンで出しているけど柔らかい声。で、2枚目から声をめっちゃ落とすんですよ。それで3枚目でちょっとがなり声になってきて。4枚目で完全にそっちへ振り切って。それで5枚目で今の声の出し方になったんですけども。ちょうど脳天を貫くような声というか。あれはすごいんですよ。

(DJ松永)本当だよね。あの人、ガーン!って来ますよね。

(若林正恭)ガーン!って来るよ。だから俺、オジロを聞きながら春日と公園で漫才の稽古に行っていたからね。

(R-指定)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)えっ、漫才のスイッチ、入るんですか? それ。

(若林正恭)いや、入らない。「春日はオジロに比べたらダセえな」って思って。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ!

(R-指定)「オジロと比べて」って(笑)。

「春日はオジロに比べたらダセえな」

(DJ松永)いや、あの人もオジロぐらい脳に来ますよ(笑)。ファンから言わせると。だいぶ脳にカーン!って来ますよ(笑)。そんぐらいの衝撃ありますよ。あの人は。そうか。オジロだったんですね。そうだよ。たしかに。若林さんと初めてメシを食ったのは……懐かしいな。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました