スポンサーリンク

野田クリスタル『ドラクエ6』裏ボス・ダークドレアムと父親の戦いを語る

野田クリスタル『ドラクエ6』裏ボス・ダークドレアムと父親の戦いを語る ニッポン放送
スポンサーリンク

野田クリスタルさんが2021年5月27日放送のニッポン放送『マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0』の中で『ドラクエ6』の思い出をトーク。父親が夜中、何度も裏ボスのダークドレアムを攻略していた話をしていました。

(村上)ドラクエの話に戻りますけど。

(野田クリスタル)本当に俺、『ドラクエ6』からやってないから。いるんですかね? まだスライムとかは?

(村上)そりゃあいるでしょう。でも、6でもさ、あの青いスライムが一番弱い状態ではなくなっていたよね。青いスライムが一番弱いと思ってなかった?

(野田クリスタル)まあ青スライムが一番弱くあってほしいけどね。

(村上)なんかぶちスライムとか出てきていたけども。

(野田クリスタル)まだ裏ボスとかもいるのかな? エスタークみたいなやつ。

(村上)それはいるんじゃないの? 6の裏ボスってなんだっけ?

(野田クリスタル)俺ね、その思い出が1個、あって。6をうちの親父がやり込んでたの。夜中に。

(村上)珍しいね。お堅いなのに。

(野田クリスタル)お堅い方なんだけど、6をずっとやっていて。なんか、最後の裏ボスのダークドレアムっていうのがいて。

(村上)ダークドレアムだ!

(野田クリスタル)ダークドレアムに本当に数ヶ月、うちの親父が挑み続けたの。何度も何度も。夜中に。

(村上)えっ、打ち負かされても?

(野田クリスタル)打ち負かされても。「もっといい倒し方があるはずだ」って親父が研究し続けたのよ。で、なんか誰も信じてくれないんだけど。俺も夢だったのかな?って思うんだけど。ある日ね、親父が「ちょっと来てくれ」って言って。ダークドレアムを倒したまま、最後のその戦闘画面の、あとボタンを1回、押すと次の画面になるっていう状態の時に「ちょっと来てくれ」って言ったの。そしたら、ダークドレアムがデスタムーアっていう本来のラスボスを倒しに行ったのよ。本当に。

(村上)ええっ?

(野田クリスタル)あれ、夢なのかな?

(村上)ダークドレアムがいいやつになったってこと?

(野田クリスタル)ダークドレアムが急に「倒しに行くわ」っつって。それでデスタムーアと戦いに行って。

(村上)「倒しに行く」ってどういうことよ?

(野田クリスタル)戦いに行くのよ。

(村上)えっ、マップに行って……?

(野田クリスタル)いや、急にデスタムーアとダークドレアムの戦いになるのよ。

(村上)ああ、マップ移動とかはなく、戦闘が始まるのね。

(野田クリスタル)で、裏ボスと表ボスの戦い。で、表ボスのデスタムーアがひたすらダークドレアムに戦いを挑むんだけど、ダークドレアムはびくともしない。強すぎて。で、ダークドレアムからの攻撃がボロクソに当たって、デスタムーアがコテンパンにされるという演出があったのよ。

(村上)夢でしょう?

(野田クリスタル)いや、どっちなんだろう? 本当だと思う。

(村上)詳しい方、ちょっとお願いします!

(野田クリスタル)あれ、マジでなんだったんだろう?

(村上)たぶん夢ですよ。

(野田クリスタル)夢?

(村上)そんな話、僕、聞いたことないもん。だってさ、それはさ、僕たちは何も動かせないわけでしょう? それ、見てるだけでしょう? 全然つまらないじゃん(笑)。

(野田クリスタル)でもね、親父がそれ、大慌てで俺を呼んだのを覚えてるのよ。

(村上)その後、お父さんとはしゃべってるの? 「すごかったね」っていうのは?

(野田クリスタル)でも俺もそれ、夜中だからさ。子供の時だから。だから、目はシパシパしていて。

(村上)寝てるんだって!

(野田クリスタル)いやー、あれは夢だったのかな?

(村上)小4、小5ぐらいじゃない? お父さんにちょっと聞いてみたら?

(野田クリスタル)親父はでも、覚えてないの。『ドラクエ6』をやってたってことも。

(村上)お父さん、まず6をやってた? 

(野田クリスタル)やってた! それはマジで。マジでやっていた!

父親は覚えていない

(村上)それはさ、野田少年のさ、すごい願望の可能性があるよ。すごい堅いお父様でしょう? 仕事とかも。だから、いつもお父さんと遊べないから、ふて寝をしていて。「遊んでくれないな……」って。

(野田クリスタル)かわいそうすぎるだろ! ナイトキャップかぶってさ。「ファンファンファンファン……♪」って。「パパ、すごいね!」っていうこと?

(村上)三角帽子をかぶってさ。スヤーッてしている時に「お父さんと遊びたいな」と思っていたから、夢に出てきちゃったんじゃないの?

(野田クリスタル)親父がダークドレアムを倒して、そのダークドレアムが戦いに行く夢? かわいすぎるだろ、お前? で、それを今も覚えるの?

(村上)本当かどうかわからなくなっちゃって(笑)。

(野田クリスタル)バカすぎるだろ、お前?

(村上)でも、その説があるのと、あとはお父さんしかそれをやれなかったという可能性があるよね。

(野田クリスタル)この世で?

(村上)それはあるじゃん。だって、変なっていうか、特殊な倒し方をしたのかもしれないじゃん。何度も何度も立ち向かってるから。だからそのエニックスの人も本当にそのプログラムした1人しか知らないみたいな。

(野田クリスタル)だから、そんなことするわけないっていうやつかな?

(村上)それをお父さんが何回も何回もやってるうちにやっちゃったから出たという説ね。だからそのへんはしっかり調べて、また後で報告しましょう。

(野田クリスタル)親父も覚えてないからなー。

(村上)親父にLINEしてよ?

(野田クリスタル)いや、覚えてないのよ。

(村上)それ、聞いたことあるの? 「親父、こういうことがあったよね」って。

(野田クリスタル)1回、あったけど。「俺、やってないけど」みたいに言うのよ。

(村上)やってない?

(野田クリスタル)「えっ、やってたっけ?」みたいな。なんか「ゲームをやっていた」っていうぐらいしか覚えてないのよ。親父は。

(村上)6は?

(野田クリスタル)6とか5とか、ナンバリングは覚えてないのよ。

(村上)やってないんだって!

(野田クリスタル)やってるのよ、マジで! 5もやってたし。

(村上)親父も……いないのよ。

(野田クリスタル)俺? そんな親父は?

(村上)ちっちゃい時、出ていったじゃん? 荷物をまとめて。

(野田クリスタル)えっ? いろんな思い出、あるけど……?

(村上)ないのよ。作り出しているのよ。野田少年が、寂しくて。寂しすぎて。

(野田クリスタル)一緒にバスケをやった思い出とか?

(村上)やってないの。

(野田クリスタル)やってないの? 親父、リュウジっていうんだけど。野田リュウジ、いねえんだ?

(村上)どこかにはいるけど、今は普通に暮らしているから……。

(野田クリスタル)そうか。親父って自分自身かもしれないね。

(村上)どういうことですか?

(野田クリスタル)「マリオは心の中」みたいな。「俺自身が親父」っていう。

(村上)「親父は俺の中」(笑)。一緒に入っちゃっている?(笑)。

(野田クリスタル)俺自身が親父なのかも。

(村上)自分で『ドラクエ6』をやって?

(野田クリスタル)やって、自分がダークドレアムを倒して……っていう。

(村上)で、親父がやったことにしているみたいな。気持ちが悪いですね。

(野田クリスタル)うーん……。

(中略)

(野田クリスタル)続いてのメール。「野田さん、夜中のダークドレアムVSデスタムーアの戦いだけは現実です。裏ボスとの戦いに20ターン以内に勝利すると隠しイベントとして発生します。ダークドレアムが強すぎて舐めプ状態になり、ニコ動で動画が上がると弾幕がすごいです」。本当でした!

(村上)マジであったの?

(野田クリスタル)夢じゃなかった!

(村上)夢じゃなかった!(笑)。

(野田クリスタル)夢だけど、夢じゃなかった!

(村上)やだ、そんな……。夢……へー、あるんだ!

(野田クリスタル)すごい!

夢じゃなかった

(村上)えっ、じゃあお父さんはもしかしたらこれ、情報を知っていて。めちゃめちゃ早く倒そうっていうのをずっとトライしていたのかな?

(野田クリスタル)でも当時はそういう情報も手に入らないから。たぶんうちの親父はこんなのも知らずにずっと少ないターンで倒せるように試行錯誤し続けただけなんだよ。

(村上)ただ強さを求めただけ?

(野田クリスタル)求めただけ(笑)。

(村上)そしたら、ご褒美がたまたまあった?

(野田クリスタル)なんだったら、これを見た後もやっていたもん。

(村上)かっこいい!

(野田クリスタル)「まだあるんじゃないか?」っていうんじゃなくて、ただただ……。

(村上)なるほどね。1ターンで終わらせようって?

(野田クリスタル)1ターンで……マダンテとか連続で使うのかな? わからんけど。

(村上)すごい! あったんですね! 失礼いたしました。

(野田クリスタル)すごい、うちの親父! でも、嬉しいね。

(村上)あったんですね。すごいですね。その動画、見たいですね。あるってことですよね?

(野田クリスタル)あると思う。舐めプだったよ。

(村上)本当にドラクエのあの戦闘シーンみたいになっているの?

(野田クリスタル)なっている、なっている。

(村上)敵側の方にデスタムーアがいて、こっち側に……。

(野田クリスタル)こっち側の味方のコマンドがダークドレアムになっている。

(村上)ダークドレアムって字が書いてあるみたいな状態かな。6は。本人の姿は見えないもんね。

(野田クリスタル)見えてない。

(村上)わあ、めっちゃ面白そうじゃん、それ!

(野田クリスタル)いや、本当にすごいわくわくした。あれを見た時に。

(村上)へー、見よう。「ニコ動で見た」っていう説もありますけど?

(野田クリスタル)親父じゃなくて? ニコ動を親父とすり替えて?

(村上)ニコ動を親父だと思っているっていう(笑)。

(野田クリスタル)俺、親父に対してのメンタル、ヤバいじゃん。

(村上)お父さんが足りなさすぎて(笑)。

(野田クリスタル)親父要素が(笑)。母親とかは聞くけどね、親父に対しては珍しいよね。

(村上)いやいや、素晴らしいお父さんで。よかったですね。

ドラクエ6 ダークドレアムVSデスタムーア


<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニッポン放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました