スポンサーリンク

東野幸治 伊藤政則を語る

東野幸治 伊藤政則を語る東野幸治のホンモノラジオ
スポンサーリンク

東野幸治さんが2021年5月7日放送のABC『東野幸治のホンモノラジオ』の中で伊藤政則さんやエリック・クラプトンについて話していました。

(東野幸治)続いては兵庫県の方。「東野さん、こんばんは。前回の『ホンモノラジオ』でデヴィッド・ボウイの『China Girl』がかかって鳥肌が立ちました。この曲は僕も大好きなです。ボウイの『Let’s Dance』というアルバムには思い出があるんです」。

(東野幸治)たしかね、これ、思い出したんですけども。『20世紀の肖像』かなんか……NHKが定期的にやっているドキュメンタリーがあるんですよ。それで西ドイツ、ベルリンの壁崩壊の時、はじめて流れたのか、崩壊寸前の時に流れたかの曲がデヴィッド・ボウイのこの『Let’s Dance』の前のアルバムか、その前の前のアルバムの曲がたしか流れていたんですよ。

で、「東ドイツの住民は一体なにを思ったのか?」みたいな。なんかそれを思い出しました。「この『Let’s Dance』というアルバムは間奏でブルースギタリストのスティーヴィー・レイ・ヴォーンがソロを弾いているからなのですが、当時無名だったスティーヴィーはあるフェスに出演した時にものすごくいい演奏したにも関わらず、客席と相性が悪かったのか、ブーイングをされてしまいました。落ち込むスティーヴィーでしたが、その演奏を偶然デヴィッド・ボウイが客席から見ていて感銘を受けたそうです。すぐさまボウイは共演を持ちかけ、制作中だった『Let’s Dance』のギターソロをスティーヴィーが弾くことになりました。そして完成したその曲をラジオで聞いたエリック・クラプトンが驚愕したそうでございます。そのことがスティーヴィー・レイ・ヴォーンが世の中から注目をされるきっかけとなりました」。

K-1大好き エリック・クラプトン

(東野幸治)エリック・クラプトンはK-1が大好きですからね。格闘技が。だからよくリングサイドに……俺、ずっと「あれ? クラプトンに似ているな?」って思っていたんですよ。クラプトンでした。表参道のガードレールのところ、たまに座っているらしいですよ? クラプトンが。俺、ホンマに会ったことないけども。クラプトンがよう表参道のガードレールのところに座っていたって……ホンマかどうか知らないですけどね。ただ、日本にはよく来ていました。K-1を見に。

続いて奈良県の方。「東野さん、こんばんは。先週、ハードロック、ヘヴィメタルを伝えるパーソナリティーとして『伊藤政則さんの後を継ぐ』と仰っていましたが、関西ではド真裏で番組をやってます。放送時間金曜日24時から27時と丸かぶり! 後ろをついていくというか、すでに併走してる状態です。大丈夫ですか?」。全然、知りませんでした。申し訳ございません。

ちょっとね、伊藤政則さん、1回ぐらいは会いたいですよね。どんな方か、ちょっと僕も分かりませんけど。とにかくあのメガネのフレームしか印象に残ってませんけど(笑)。1970年代後半からずっとあのメガネのフレームとセミロングの伊藤政則さん。ぜひぜひちょっとね、年齢もたぶん60歳? 70歳ぐらいなのかな? もう一切、変わりませんし。もしかしたら今、見てる我々の伊藤政則さんの映像が10年前の録画かもわかりませんし。それすら、わかりませんので。

見た目が一切変わらない伊藤政則

(東野幸治)こんな風にですね、皆さんの幼き頃の洋楽の印象、そして今ハマっている洋楽でも結構でございます。どんどんどんどん書いて送ってほしいと思います。今日はここまででございます。紹介したメールにはですね、ステッカー、お礼を差し上げたいと思います。『ミュージック・ライフ』のコーナーがございました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東野幸治のホンモノラジオ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました