スポンサーリンク

オードリー SixTONESとCreepy Nutsのラジオ共演を語る

オードリー SixTONESとCreepy Nutsのラジオ共演を語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリーのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でCreepy NutsがSixTONESのオールナイトニッポンにゲスト出演した件についてトーク。「時代の最先端だ」と話していました。

(若林正恭)いやーすごいね、SixTONESのオールナイトは。盛り上がってたねー!

(春日俊彰)そうね。やっぱり若いエネルギーがね。うん。時代の最先端!

(若林正恭)時代の中心だよな。もうCreepy NutsとSixTONESが絡むなんて。

(春日俊彰)あの4人を中心に回っているんじゃないか? まあ、SixTONESは他のメンバーも含めてね、もうちょっと多くなるかもしれんけど。あのメンバーで回っているよ、今。日本のエンタメは(笑)。

時代の最先端

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! いや、本当だよな。Creepy Nutsは今日、野音でライブやってたからね。

(春日俊彰)そうらしいね。すごいよ。それで終わって、来て。

(若林正恭)SixTONESのゲストで出て。

(春日俊彰)しゃべって。何時ぐらいに寝るんだろうな、今日?(笑)。

(若林正恭)寝れないよな、そんなのな(笑)。

(春日俊彰)家に帰ってもすぐには寝られないでしょう? ライブ、ラジオって行ったらね。

(若林正恭)どうなの? だから世代的にはね近いもんな。あの2組はね。

(春日俊彰)そうだね。同世代。

(若林正恭)俺たちも、なんだろう? TOKIOさんと絡むとか、そんなことがあってもよかったんじゃないか?

(春日俊彰)そうだね。異業種というか、違うジャンルでね。同世代ぐらいのさ。「最先端だ」って言われたことがないもんね。称賛されたことがないよ。

(若林正恭)寂しいことを言うんじゃないよ、お前(笑)。

(春日俊彰)これからも、ないんだろうな。ない人生だったな。そういうことが(笑)。

(若林正恭)なんか、すごいよな。もうな。だって、タイムテーブルを見たけど、やっぱり春日、浮いてるもん(笑)。

(春日俊彰)なんでだよ! なんで私だけが浮いているんだよ!(笑)。

(若林正恭)フワちゃんとかぺこぱとか。どんどん始まる中で春日だけ、ちょっと浮いてるなって思って見ていたけどね。

(春日俊彰)私だけ「古いな」って?(笑)。

(若林正恭)今週は、あれよ。俺は……今日は、ほら。言っていいのかな? 霜降りと一緒だったし。松本さんとも『審査員長・松本人志』っていう番組をやらせていただいて。もう天才とばっかり絡んでね。やっぱり春日が目の前にいると、落ち着くよね(笑)。

(春日俊彰)どういうことなんだよ、失敬な! えっ? 箸休めみたいに……。

(若林正恭)やっぱりね、落ち着くよ。「ボロが出てもいいかな」って思っちゃってね(笑)。

(春日俊彰)人をたくわんみたいに言うなよ、それ(笑)。

(若林正恭)びっくりするようなことは言わないからさ、安心するよ。やっぱりびっくりしちゃうから。天才は。

(春日俊彰)そうだね。知らないことをされたり、言われたりするでしょう? たしかにね。だから、疲れないでしょう?

(若林正恭)疲れないね。春日ってね、疲れない!(笑)。でも、やっぱりそういう人たちと仕事する、とやっぱり春日が『ヒルナンデス』でしゃべり始めた瞬間に俺、こぼれ球の捕球の態勢に入るのよ。まず。で、ウケたらウケたでいいんだけど、ほぼこぼれてくるから。それを飛び込んでキャッチしなきゃいけないんだけども。癖がついちゃっているんだよね。その、こぼれた球の。

(春日俊彰)なるへそ。

(若林正恭)だから、本当に面白いことをみんな言うから。もう膝がガクガクッてなっちゃってさ。やっぱり春日は落ち着くわー。

(春日俊彰)やっぱり守備体型が違うっていうことでしょう? 春日シフトで守っているからね。

(若林正恭)そうそう(笑)。やっぱり春日。そしてスギちゃん、あばれる君、TAIGAさんあたりとゴールデンでやりたいよね?(笑)。

(春日俊彰)いいねえ! 今世じゃ無理だろうな(笑)。来世、その次ぐらいだろうな。

(若林正恭)安心しちゃったりしてね。やっているんですけどもね。まあ、スペシャルウイークなんでね。ミラクルひかるがやってきてくれますけれどもね。

(春日俊彰)楽しみよね。

(若林正恭)あっ、手を振っているよ。すごい(笑)。

(春日俊彰)ああ、今の4人が。

(若林正恭)なんか仕事した感がある表情してるな! 腹立つなー!

(春日俊彰)キラキラしてるな。

(若林正恭)消火器、ぶちまけてやりたいな。本当に(笑)。「仕事をしていきました」のガッツポーズじゃないんだよ、松永。お前!

(春日俊彰)もう満ち足りているね。エネルギーの塊が4つ、ここに……(笑)。違う色の。

(若林正恭)そうだな(笑)。松永、SixTONESとあの距離でしゃべっていたらお前はもう、人見知りが治ったな? お前な(笑)。もうアンダードッグやるなよ?(笑)。

(春日俊彰)そうだな。おかしいからな。うん(笑)。

(若林正恭)すごい4人だね。ありがとうございます。またね(笑)。

(春日俊彰)お疲れ様でした(笑)。

(若林正恭)髙地くんもね(笑)。髙地くんも聞いてくれているからさ。『スクール革命!』の時とか、もうちょっと気の利いたことを言わなきゃなって思うよね。髙橋ひかるちゃんと挟まれたりとかするとね。

(春日俊彰)髙地くんにいいところを見せたいと思うようになるからさ。『スクール革命!』でさ(笑)。

(若林正恭)この間、佐久間さんのラジオにニューヨークが来ていてさ。ニューヨークが言っていたよ。「オードリーさん、『スクール革命!』をサボっている」って(笑)。サボっているわけじゃないんだよ(笑)。

(春日俊彰)おい、どこで言うんだよ!(笑)。

『スクール革命!』のオードリーはサボっている?

(若林正恭)サボっているわけじゃなくて、大人数が苦手なんですよ、俺たちは(笑)。

(春日俊彰)そうそうそう。10年以上やっているけど、まだ人見知りしてるっていうだけだからね(笑)。

(若林正恭)そうそう。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました