スポンサーリンク

ハライチ MANISH・ZARD現象を深堀りする

ハライチ MANISH・ZARD現象を深堀りする ハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチのお二人が2021年3月11日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドで本編で触れたMANISH・ZARD現象を深堀りしていました。

(岩井勇気)そんなことはいいんですよ。澤部さん、その『金スマ』だの、『Quick Japan』さんが来て特集だの、そんなことはいいんですよ。MANISH・ZARD現象をもうちょっと……。

(澤部佑)いやー! いいわ、もう! いいわ!

(岩井勇気)出しましょう。これはもう、出したいんですよ。

(澤部佑)知ってた? 本編で俺がもう飽きていたの。

ハライチ『SLAM DUNK』楽曲・MANISH『煌めく瞬間に捕われて』を語る
ハライチの岩井さん、澤部さんが2021年3月11日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でアニメ『SLAM DUNK』のエンディングテーマ、MANISHの『煌めく瞬間に捕われて』について話していました。

(岩井勇気)ええっ? マジで!? これ、超よくない?

(澤部佑)MANISH・ZARD現象? いや、まあ……まあ……(笑)。もう、全部出たんじゃない? この世のMANISH・ZARD現象は全部出たんじゃない?

(岩井勇気)いや、出てないよ。なんだろうな?

(澤部佑)SURFACE? SURFACEは誰と?

(岩井勇気)SURFACE……SURFACEはSURFACEじゃない?

(澤部佑)SURFACEはSURFACE? 他に……誰かいるかな?

(岩井勇気)あれは? これは「違うよ」っていう人もいるかもしれないけど。世代じゃない人にとってみたら、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTとBLANKEY JET CITY。

(澤部佑)ああ、まあそうね。このね。その、ラインはね。だから、MANISH・ZARD現象じゃないね。それではないかもね。ブランキー……MANISH・ZARD現象の定義をちゃんと決めよう。じゃあ。

(岩井勇気)なんか……とにかくボーカルの声が似ていて。「同じグループだ」って思っちゃうっていう。

(澤部佑)そうね。ZARDとMANISH……まあ、どちらかというとZARDの方がもちろん人気、有名でしょう? まあ、MANISHファンには申し訳ないけど。それもあるの? 片方は有名なグループで、片方は無名でなきゃいけないとか。

(岩井勇気)ないです。別に。似ていれば……(笑)。

(澤部佑)似ていればいいのね。

(岩井勇気)似ていて、「これ、どっちの曲だっけ?」って思っちゃうっていう。

(澤部佑)「これ、そうだよね。あっちだったよね」って思い込んじゃっていたりとか……思い込んじゃっていた時がMANISH・ZARD現象だね。まあ、だから「似ている」っていうのでいいのか、要は(笑)。

(岩井勇気)なんだろうな? なんかあります? 持ちビルさん。

(澤部佑)SOUL’d OUT……ああ、175R? 19?(笑)。

(岩井勇気)19・ゆずとか……。

(澤部佑)175R……。

(岩井勇気)いや、FLOWじゃないよ。あ、ロードオブメジャー!

(澤部佑)ロードオブメジャー。いたよね? 『電波少年』『雷波少年』みたいなのでもう1組ぐらい出たの、いましたよね。Something ELse……まあ、同じ番組から出たっていうだけのあれか。でも、似ていたりもするけども。ロードオブメジャーも『電波少年』ですよね?

(岩井勇気)わかんない。

(澤部佑)えっ、『ハマラジャ』? 浜田さんの番組? そうなの?

(岩井勇気)ふーん。

(澤部佑)そうか。Something ELseか。あともう1組ぐらい、なんかいたよな。

(岩井勇気)だから、そのへんだよね。

(澤部佑)そのへんだね。175R……?

(岩井勇気)だからCHARCOAL FILTER。

(澤部佑)ああっ! お前……(笑)。

(岩井勇気)懐かしいだけじゃねえかよ(笑)。

(澤部佑)CHARCOAL FILTERとか、本当そうよ。Hysteric Blueとかさ、「39度の♪」のセンチメンタル・バスとかさ。全部世代の懐かしいやつで「わあ!」ってなっているだけだよ!

(岩井勇気)フハハハハハハハハッ!

(澤部佑)いつもの懐かしい話なだけだよ!

(岩井勇気)これ、懐かしい話なだけなの?(笑)。

(澤部佑)「あの時、聞いていたよね」シリーズだから。CHARCOAL FILTERね。マッチの。「ダメな自分を♪」ね。

(岩井勇気)「オー、オオーッ♪」ね。

CHARCOAL FILTER『Brand-New Myself』

(澤部佑)そうね。そうか。CHARCOAL FILTER……。

(岩井勇気)MANISH・ZARD現象ね。

(澤部佑)でもMANISHがちょっと衝撃的すぎて。MANISH・ZARD現象ってそりゃ名前がつくわ。あ、Bluem of Youthか。ああー。CHARCOAL FILTER……。Bluem of Youthは『雷波少年』系ね。Something ELse系のね。CHARCOAL FILTER……。

(岩井勇気)うーん。ええと……。

(澤部佑)みんなめちゃくちゃ調べちゃってるよ。

(岩井勇気)影山ヒロノブ・串田アキラ。

(澤部佑)ああー、なるほどね。MANISH・ZARD現象? MANISH・ZARDよりもベテランじゃねえかよ! MANISH・ZARD現象……アニソン界のっていう。あれも……L⇔R。

(岩井勇気)L⇔R!

(澤部佑)L⇔R、いたでしょう? L⇔Rだったら、あれでしょう? 誰だっけ? 『ドラゴンボールGT』の……FIELD OF VIEWだ。

(岩井勇気)FIELD OF VIEW!

(澤部佑)FIELD OF VIEWとL⇔Rでしょう? いやいや、そうでしょう?


(岩井勇気)ああ、なるほどね。

(澤部佑)「これ、あるぞ!」っていう人がいたら送ってくださいっていうことですよね。LUNA SEA?

(岩井勇気)LUNA SEAはないでしょう?

(澤部佑)だから、ビジュアル系みたいなのに行くと、そっちのくくりで行っちゃいますよね。PENICILLIN、LUNA SEAとか。もう「ビジュアル系」っていうのでね、そういうことになっちゃうから。男性ソロシンガーだと、誰がいるかな? うわっ、難しいな。ああ、YUIと川嶋あい。『I WiSH』ね。まあ、その路上弾き語りシリーズがありますからね(笑)。

(岩井勇気)miwaとか?

(澤部佑)そこはどうしても一緒くたにされがち。本人たちはそうとは思っていないし、違うんですけども。一緒くたにされがちっていう。

(岩井勇気)だから、ああいうのとかもそうだよね。にゃんぞぬデシとかと……。

(澤部佑)ああー、にゃんぞぬデシと。そうね。

(岩井勇気)関取花とかね(笑)。

(澤部佑)そうそう。そのへんは一緒っちゃ一緒だよね。2人ともラジオ好きだしね(笑)。

(岩井勇気)そうそう(笑)。

にゃんぞぬデシ&関取花


(澤部佑)「一緒っちゃ一緒ね」じゃねえよ。失礼だな! それぞれに個性があるわ!

(岩井勇気)本当だよな。ヤバい(笑)。こんなの、本当にあれだよ? 芸人でもやられているからね。

(澤部佑)本当だよ。俺らも別にいくらでも……芸人も行ける? MANISH・ZARD現象。

(岩井勇気)ええと、ラバーガールとザ・ギース(笑)。

(澤部佑)それはもう、難しいよね。コント師で結構くくられがちだよね。どうしても。

(岩井勇気)こんなの、もう言い出したらダメ(笑)。

(澤部佑)ダメ。何組、今日で敵に回したよ? よくないよ。

(岩井勇気)お前がいけないんだよ。MANISH・ZARD現象とか作り出すから。

(澤部佑)MANISH・ZARD現象はでもこの「ええっ!」っていう驚きを伝えたかっただけですもん。ダメよ。その後にいっぱい言ったら。

(岩井勇気)本当にこれはダメ。クソだよ。お前。お前、クソ。

(澤部佑)クラウドで持ち出したのはお前だからな。もう1回、やろうとしたのは。

(岩井勇気)お前、クソだよ。本当に。俺はもう、言っていくからな。「言ってました」って。MANISHとZARDに会った時に(笑)。

(澤部佑)やめろよ! 「すいません。こいつですから。一番楽しんでいたのは」って言ってやるから。

(岩井勇気)いやいや……。

(澤部佑)「そんなことより」ってお前が言い出したんだからな。俺は違う話をしていたんだから。

(岩井勇気)いや、本当によくないですから。

(澤部佑)やめましょう、これは。

(岩井勇気)気をつけろよ。なあ?

(澤部佑)おい、俺で終わらせるなよ?(笑)。これは宗岡さんも持ちビルさんも宮嵜さんもヘラヘラしながらみんな参加していたから。それはもう、みんな。

(岩井勇気)こういう悪い笑いはやりたくないんだよ。

(澤部佑)やりたくないの、あんまり?

(岩井勇気)やりたくないのよ。

(澤部佑)じゃあ、やめよう。もう。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました