スポンサーリンク

ハライチ岩井 パンサー向井の今後のキャラクター作りを語る

ハライチ岩井 M-1決勝戦前日のパンサー向井との食事会を語る ハライチのターン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハライチ岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でパンサー向井さんの今後のキャラクター作りについてトーク。トレンディエンジェルたかしさん、カズレーザーさんと一緒に考えた向井さんの今後の進むべき方向性を紹介していました。

(岩井勇気)で、この間さ、大阪で仕事あったじゃない? で、それが終わって夕方、新幹線で帰っている時にちょっと誰かとメシでも行こうかな?っていうことで僕のお気に入りのね、パンサー向井くんを帰りの新幹線で電話して誘って。で、「今夜、どう?」「いいよ!」って言ったから。「おっしゃ! 抱けるわ!」って思ってさ。

(澤部佑)いや、別にそういう関係じゃないじゃない。

(岩井勇気)で、急いでメシ屋を抑えようとしていたの。そしたら向井くんからLINEが来たわけですよ。そしたら、「いまトレンディエンジェルのたかしさんと仕事が一緒でたかしさんも行きたいって言ってるんだけど、いい?」みたいな。「なんだよー、おい!」って。

(澤部佑)いいじゃないかよ! 先輩だから(笑)。

(岩井勇気)「空気読めよ、たかしさんよお!」っつって。後々聞いたらさ、なんか向井くんが俺と電話しているのを楽屋の外でたかしさんが聞いていて。で、切った後に「今の、誰? 俺も行っていい?」みたいな感じだったんだって。「怖っ!」って思って。なんか、あんまりそのパターンで飲みに行くみたいなの、ないでしょう? 後輩に。

(澤部佑)そうね。勇気いるし、なんかちょっと怖いね。たしかにね。

(岩井勇気)聞いたら向井くんともそこまでメシ行ったこともないんだって。

(澤部佑)すげえな!

(岩井勇気)おかしいよね。その考えは。で、来ることになっちゃってさ。で、店を抑えるかって、食べログでいろいろと調べてさ、いいイタメシ屋があるという事になって、そこにしようと。まあ3人で抑えてさ、向井くんにLINEで送ったんですよ。そしたら、しばらくしたらまた向井くんから返事が来て。「カズレーザーも来るかもしれないけど、いい?」っていうわけ。「いや、なんだよ……そんなに俺、向井くんに警戒されてるの?」とかって。

(澤部佑)そういうことじゃないだろ(笑)。

(岩井勇気)「いいですよ。3人で取っているから4人でも行けるんじゃないですか」って。で、東京に着いてメシ屋に行ったら、もう向井くんとたかしさんがいたわけ。で、「すいません……」みたいな感じなのよ。向こうが2人とも。

(澤部佑)あ、2人とも?

(岩井勇気)たかしさんもね。「どうしたんすか?」って言ったら向井くんが「いや、店をとった後で人数増やしちゃったから。岩井くん、そういうの怒るでしょ?」みたいな感じになってさ。「いや、別にいいよ。3人から4人だったから。別に4人席を取られているだろうから、大丈夫でしょう」みたいな感じになって。

(澤部佑)なんだよ、このやり取り(笑)。

(岩井勇気)「ただこれが4人から5人だったら嫌になっちゃうけど」って。話は別でしょう? 4人から5人だったら。意味わかんないじゃん。店を変えるしかなくなっちゃう。俺もだってそんな、食べログでいいところを選んでいるわけだからさ。そんな空いている店を選んでいるわけじゃないし。4人から5人はやめてよっていう。

(澤部佑)すげーその話をしてたんだね。その場で(笑)。

(岩井勇気)で、そこの店がすごくよくてさ。パンがカゴに入って、いろんな種類のが出てくるんだけど、全部食べ放題で。で、無限に食べていいわけ。で、アヒージョとか生ハムとかたのんで、ひたすらパン食ってられるっていう感じで。

(澤部佑)ああ、つけながらね。

スポンサーリンク

パンが美味しいレストラン

(岩井勇気)そう。で、アヒージョをたのんだらめちゃくちゃパン食べれんじゃん!っていう感じになってさ。もうアヒージョの中身よりもさ、油がパンにめっちゃ合うわ! みたいな感じになって。で、アヒージョをもう1個たのんでさ。「中身はいいわ。油くれ、油!」ってなってさ(笑)。

(澤部佑)つけたいんだもんね(笑)。

(岩井勇気)もうみんな油を求めて。油ばっかみんなで食べてさ。で、カズレーザーが来て4人で話していたんだけど。向井くんが「もうそろそろ結婚したい。この歳、30をすぎて」って。なんか女芸人みたいな……(笑)。

(澤部佑)本当だね。男で芸人が集まってそんな話、しないよね。

(岩井勇気)「もう結婚したい。いま、相手はいないけども」って。でも、そこにいるのは岩井とカズレーザーとたかしさんなわけ。誰も結婚願望とかないやつでさ(笑)。変なやつばっかりの集まりで「なにが楽しいんすか、結婚とか? なんか意味わかんない」みたいな感じになっちゃって。もう話にならないの(笑)。

(澤部佑)みんななんか楽しく趣味で生きている人たちだもんね(笑)。

(岩井勇気)そうだよ(笑)。独り身の方がいい人たちだからさ。で、その後に向井くんの人生相談みたいな感じになっちゃって。

(澤部佑)結構そういう、悩むんだ。向井は。

(岩井勇気)向井くんってなんかそういう話をしたがるんだよねー。仕事の話とかさ。

(澤部佑)OLさんだね、本当にもうね(笑)。

(岩井勇気)そう。女の子だからさ。で、「今後、向井くんの行く先っていうのはたぶんアンジャッシュ渡部さんとかさ、そういう方向だと思う」って。

(澤部佑)まあ、ああいう感じでMCとかやりながらね。

(岩井勇気)「っていうことは、なんかやっぱりそのへんだけやっていてもしょうがないから、専門的なものになんか詳しくなった方がいいんじゃないか。渡部さんだったらグルメみたいな」って。で、「たしかにね……」ってなって。「なにがいいかな?」ってみんなで考えたら、目の前にカゴに入ったパンがあるわけ。

(澤部佑)ほう!

(岩井勇気)「おおっ、これだ!」ってなって。「パンはどう?」って言ったの。渡部さんはグルメだけど、一応やっぱり料理っていうのとパンっていうのは微妙にかぶらないじゃん。で、「ああ、パンいいじゃん」って。「あ、ほら。『パンサー』だし!」ってね。

(澤部佑)あっ! フハハハハハッ! しょうもないけど、まあいいね。

スポンサーリンク

パンサー=パンさー

(岩井勇気)で、パンを提案して。(沖縄弁風に)「やっぱりパンさー」とかってさ(笑)。「やっぱり、このおかずにはパンさー」みたいな。

(澤部佑)「なんで沖縄みたいになっているんだよ!」って(笑)。

(岩井勇気)沖縄の人でもないのに。名古屋なのに(笑)。「パンさー、めんそーれ」って(笑)。パンを持ってきて(笑)。

(澤部佑)うん。なくはないね。

(岩井勇気)で、パンってしかも普遍的なものじゃん。みんな食べなきゃやってられないもんだし。「パン、いいね!」ってなって。で、「向井くんがパンをめちゃくちゃ詳しくなってパンの人になったら、今後需要がめっちゃ増えるんじゃない?」って。で、「パンサーって3人組だし。向井くんがパンで、尾形さんがハムに詳しくなって、菅さんが牛乳、ミルクに詳しくなって……トータルでできるトリオとかいないじゃん!」ってなって。朝飯をトータルコーディネート(笑)。

(澤部佑)フフフ、ああ、そうね。

(岩井勇気)「朝飯は俺たちにお任せください!」みたいな(笑)。

(澤部佑)ダセえキャッチフレーズ!

(岩井勇気)「おっ、いいじゃん!」ってなって。「こんなやつら、いない! イケるわ!」ってなったんだけど、尾形さんのハムと菅さんのミルクだけ、圧倒的にパンよりも仕事がないよね(笑)。

(澤部佑)たしかにね(笑)。2人が弱すぎるか。いざ1人で戦うとなった時にね。

(岩井勇気)そう(笑)。ハムの仕事ってそこまでないからね。

(澤部佑)まあ、ハム。そうね。

(岩井勇気)ミルクの仕事もそこまではないじゃん。パンだけすごいなってなっちゃうから。で、「これはいいな! 今後、向井くんは普通のグルメロケとかに行っても料理を出されたら一口食べた後、自前のパンを用意してそれに挟んで全部食べよう!」みたいな(笑)。

(澤部佑)フハハハハハッ! 「このパンが合いますね」みたいな(笑)。

(岩井勇気)そう。で、パンもいっぱい用意しておいて。「ああ、この料理にはこのパンだ!」って。挟んでさ、食べて。「やっぱり合うわー」って。それを毎回店に提案する人になるっていう(笑)。

(澤部佑)いや、仕事がなくなるよ!(笑)。

(岩井勇気)「いいんじゃないか?」っつって。で、食べて。「パンうー」とかって言ってさ(笑)。

(澤部佑)フハハハハハッ! 「まいうー」的な?

(岩井勇気)「パンうー」とかって言って。「オーバーオールとか着て、パンの石塚さんになればいいんじゃない?」とかって。でもちょっと言って気づいたんだけど、石塚さんも別にパンは食べるから(笑)。

(澤部佑)アハハハハハッ! いや、そりゃそうよ。みんなパン、食べるから。みんな好きだし。

(岩井勇気)そう。「パンの石塚さんにはなれないな。パンの石塚さんは石塚さんでいいし……」ってなってさ。でも、「パンで行こう!」ってなって。「いいじゃん、いいじゃん!」ってバッと盛り上がって。で、「もう出よう」ってなってそこのお店でお会計して。それで出ようとしたら「すいません、待ってください」って店員さんが言ってきて。そしたら向井くんが店員さんに呼び止められて。で、ビニール袋みたいなのを向井くんに渡すのよ。

(澤部佑)えっ?

(岩井勇気)それの中を見てみたら、パンの詰め合わせみたいなのを向井くんだけもらって。俺らはもらえないの。向井くんだけもらって。「うおっ、すげえ!」ってなって。他の3人で「ああ、もうこれはパンキャラ決定だ!」ってなって(笑)。

(澤部佑)なにそれ? なんで向井だけ?

スポンサーリンク

パンキャラ向井決定

(岩井勇気)わかんない。好きだと思われたんじゃないの?

(澤部佑)いっぱい食べていたのかな? そういう話をしていて。

(岩井勇気)「ほら、パンキャラ決定だ!」ってなったから。今後向井くんはパンキャラで行くことになるらしいです(笑)。

(澤部佑)パンキャラ向井。パンの石ちゃん。……パンちゃんだね。

(岩井勇気)そう。パンちゃん(笑)。

(澤部佑)パンちゃんだ。はー。

(岩井勇気)そうよ。パンキャラになりましたから。

(澤部佑)仕事、ありそうだなー。

(岩井勇気)ありそうだね。

(CM明け)

(澤部佑)すごいな。向井の仕事の幅がまたひとつ、広がるわけね。

(岩井勇気)明確なキャラクターがなかったじゃないですか。

(澤部佑)まあね。一応ツッコミのMCみたいなね。でもパンなら街のパン屋とか。ちょっと高めのところとかね。

(岩井勇気)高級な食材だけで作ったパンみたいなね。

(澤部佑)たしかにね。広がるな。

(岩井勇気)パンなんかもう絶対にいいでしょう?

(澤部佑)でもなんか尾形さんがちょっと、ないなー。菅さんはネタ書いているでしょう? ネタは……。

(岩井勇気)菅さん。

(澤部佑)尾形さんは……。

(岩井勇気)もうみんな、パンでいいんじゃない? パンサーで。(サンキューの言い方で)「パンキュー!」とかって言って。

(澤部佑)フハハハハハッ! 「パンキュー!」って。ああ、いいか? 「サンキュー」「パンキュー」……ああ、いいね。見えました。パンサーの未来が。安泰です! じゃあ、菅さんももうパンでいい?

(岩井勇気)パンさんだよ。菅さんはもう「パンさん」。

(澤部佑)いちばんきれいだね(笑)。

(岩井勇気)パン良太郎だよ(笑)。

(澤部佑)パンサー、よかったですね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました