スポンサーリンク

ハライチ岩井『今ここにある危機とぼくの好感度について』撮影時のピンチを語る

ハライチ岩井『今ここにある危機とぼくの好感度について』撮影時のピンチを語るハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチ岩井さんが2021年1月14日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でNHKドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』撮影時の模様をトーク。長ゼリフを言うシーンでピンチに陥った話などをしていました。

(岩井勇気)もう正月は何もしてないですね。結局仕事しして。

(澤部佑)だって休み、ほぼなかったですもんね。

(岩井勇気)自分で甘酒を作って飲んだぐらいかな?

(澤部佑)めちゃくちゃすごいことしてるじゃないん。作れるの、あれ?

(岩井勇気)米からね。麹みたいなのを入れてさ。

(澤部佑)『相葉マナブ』みたいなことしているな(笑)。家で1人で?

(岩井勇気)うん。美味いんだよね。で、もう本当5日からさ、ドラマがまた始まっちゃってさ。

(澤部佑)なんだよ、お前のそのドラマスケジュール(笑)。

(岩井勇気)早いのね。ドラマの撮影ってなんか。正月、めちゃめちゃ。

(澤部佑)ああ、松本穂香さんもなんか言っていたよね。「すぐに始まる」みたいなさ。

(岩井勇気)そう。5日から始まっちゃって。もっと前からやっていたのかな? 俺は5日から撮影にまた参加することになったんだけども。NHKのさ、『今ここにある危機とぼくの好感度について』っていうね、4月から始まる松坂桃李さん主演のドラマですよね。大学のごたごたみたいな。教授たちの話なんだけども。で、俺の役がもうマスコミで売れっ子のやり手准教授みたいな。

(澤部佑)ああー、実際にもいるよね。なんかね。

(岩井勇気)それでもう、撮影シーンもほぼ松坂さんと一緒なの。俺は。ほぼほぼだね。で、もうドラマとかもさ、そんなに出たことないし。今まで、だから主演をやったこともあったけど、セリフなんて全然少なかったわけ。少なくていいような感じの役を当ててくれてたんだと思う。無口でセリフが少ない役。でも、美味しい役みたいなのをやらせてもらっていたんだけど。でも、今回のドラマの設定自体がもう大学のごたごたで。全員、意外と言ってることがすごい難しいの。教授たちの会話とか。

(澤部佑)ああ、専門用語とか?

(岩井勇気)堅いことを言っていて。俺も准教授だからたまに淡々とね、難しいことをペラペラと言うシーンとかがあって。で、5日のこの撮影が1シーンだけの参加だったんだけども。もう難しい大学の事情を説明する4行ぐらいのセリフが三連続であるぐらいの。

(澤部佑)多いね!

淡々と難しいことをペラペラと言うシーン

(岩井勇気)「ヤバいな。これ、ちょっと気合入れて覚えないと。セリフ、しっかり入れていかなきゃ……」みたいな。で、前日からもう台本を読んで。セリフを練習して。で、もう風呂の中でも反芻してさ。「よし、覚えた。覚えた」と。それで当日ですよ。ドラマの現場に行く車の中で……自分で運転していくから。セリフをずっと言いながら運転してさ。「まあ、これでどうにか行けるだろう」と。暗記してね。で、現場に着いたんですよ。で、その日のシーンがその松坂さんと俳優の高橋和也さんっていう方を相手にしてね、俺がベラベラ説明するシーンなわけ。

(澤部佑)その4行ぐらいあるのをいっぱい。

(岩井勇気)俺がずっとしゃべって。それで他の2人を受けるシーンみたいな感じなんだけど。で、リハーサルが始まってさ。ただね、このセリフを言うっていうプレッシャーだけじゃないわけですよ。松坂さんと高橋さんがどっちも俺に注目してて、真剣な顔で聞いてるという状態で長めのセリフを俺は言わなきゃいけないわけ。

(澤部佑)うん。そういうもんだからね。ドラマというのは。

(岩井勇気)でも准教授で、松坂さんのこの役の人と高橋さんの役の人がこっちを見てるっていう……この准教授で、教授たちがこっちを見てるっていう風にこのシーンを思えるほど、俺は役者じゃないから。

(澤部佑)うん。入り込めないよね(笑)。

(岩井勇気)だから普通に「いや、なんか松坂桃李と高橋和也がなんか真剣な顔でこっちを見てる」と思いながら……(笑)。

(澤部佑)いや、わかる、わかる(笑)。そんな感じだよね。我々がやる時はね(笑)。

(岩井勇気)「この役とこの役が見ているけども、別に准教授だし。なんともない。いつもしゃべってる感じだ」とは全然思えないわけ。

(澤部佑)思えないね。必死にセリフを覚えた岩井勇気が松坂桃李の前で披露するっていうね(笑)。

(岩井勇気)そう。発表をうする(笑)。

(澤部佑)発表会だもんね。

(岩井勇気)で、すごいプレッシャーの中で何とかリハーサルで覚えたセリフを言って(笑)。「じゃあ、これで本番に行きましょう」みたいな感じになったんだけど。その本番までのわずかな間に、「すいません」みたいに助監督の人が俺のところに来て。「岩井さん、あの、セリフなんですけど。言い回しがここに『むしろ』っていうのが入って。『でも』っていうのがここじゃなくて、ここに入って……」みたいな。どうたらこうたらって、バババッと3個ぐらい言われたの。「あ、もうヤバい……ああ、もうヤバいわ」っつって。でも、練習をする時になんか、大丈夫じゃねえかなと思って。なんか、自分なりの言い方にちょっとだけ変えていたんだよ、俺。

(澤部佑)はいはいはい。

(岩井勇気)「全然意味合い変わってないし、大丈夫でしょう」みたいな。「でも、准教授は結構細かい性格なので、ここにちゃんと『むしろ』みたいのが入って……」みたいなことを言われて。「うわっ、ヤバい、ヤバい……」みたいな。それでまあ、「ほぼ台本通りにしてください」みたいな感じのオーダーになっちゃったの。で、こっちはさ、セリフを役として把握しているというよりは、ただただ丸暗記してるだけだから。少し変わるだけで「ああ、もうダメだ。なんかリセットされちゃった……」みたいな。

(澤部佑)そうね。「僕が覚えたのともう違う」って。

(岩井勇気)「これ、もう全然違うセリフだ……これはヤバいぞ」って頭の中が真っ白になっちゃって。で、説明のシーンだから、この役がどういう感情でこれを言っているのか、みたいなのがあんまり乗ってこないシーン。もう説明をべらべら言うっていうシーンなわけ。

(澤部佑)ただただ説明をするっていう。

(岩井勇気)だからより、新しくなっちゃったセリフももう丸々覚えるしかないみたいな感じなわけですよ。で、「ヤバいぞ! これ、ヤバい。時間がない!」って思っている間に「本番でーす!」ってなっちゃって。「あ、ヤバい、ヤバい、ヤバい。どうしよう、どうしよう?」っていう間にもう「スタート!」ってなっちゃって。「あ、ちょっと待って、待って。はいはいはい……うわっ、俺のセリフが来る。言わなきゃ、言わなきゃ。えっ、セリフ、なんだっけ? えっ? わかんない、わかんない。セリフ、わかんない。あれ? でもなんか勝手に口がセリフを言っている?」って。

(澤部佑)おお、出てはいる?

勝手に口がセリフを言っている

(岩井勇気)「口がセリフを言っている? でも、ヤバい……」って。俺、なんにも考えてない。口がセリフを言っているだけで(笑)。なんにも考えてない。「えっ、なに? 松坂桃李と高橋和也、こっちを見てる。で、なんだっけ? さっき、『間違っている』って言われたところ、なんだっけ? セリフ、なに? あれ? 練習したまま、直さずに今、言っちゃっているわ。ああ、さっき言われたこと、なにもやっていない。えっ、なに? これ、どういう状況なの? なにこれ?」って思っていたら、もう本当に勝手に口がセリフを言っているだけだから。もう1回、止まっちゃうと次のセリフを思い出そうとしても全く出てこないの! 「ヤバい、ヤバい!」って。そしたら「ああ、ええと……」ってなっちゃって。

(澤部佑)怖っ! ヤバッ!

(岩井勇気)「ええと……あ、すいません。すいません……」ってなって。「カット!」って。

(澤部佑)ああ、ヤバい。何の笑いも起きないNGね。怖っ!

(岩井勇気)そう。もう、役でもないし。その「すいません」って。役にもなっていない。それで、「もう1回、行きます」っていう声が来て。「ヤバい。ちょっと待って? 『もう1回、行きます』って始めようとしているけど、まだ全然入ってないよ?」っていう。

「ヤバい、ヤバい。ちょっと待って。こうだから、こうだから……覚えて、覚えて。ヤバい、ヤバい。ちょっと1回、ミスしたことは置こう。ヤバい。本当にこれを引きずっちゃダメだ」と思っていたらまた助監督の人が来て。「こことここのセリフがこうでこうですよ」って言っていて。「わかっているよ! わかっているけど……覚えられないんだから! 1回、ちゃんと覚えないと、無理! というか、1回家に帰らないと無理だから!」っていう(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハハッ! 時間をかけてね。

(岩井勇気)「家に帰って、お風呂とか入ってやらないとこれは無理!」ってなっちゃって。そう思っちゃっている間にまた「本番!」ってなっちゃって。

(澤部佑)超ヤバいじゃん。

(岩井勇気)「ヤバい、ヤバい、ヤバい。まだ全然、わかってないよ。全くできる気、しないよ?」っていう中で「スタート!」ってなっちゃって。「うわっ、ちょっと、何? またなんか、セリフ言ってる。セリフ言ってるけど……ああ、ヤバい、ヤバい、ヤバい」って。言いながら、途中でもう「えー……」って。「えー、どうたらこうたら、どうたら……」「カット!」ってなっちゃって。

(澤部佑)スラスラ説明しないと。

(岩井勇気)「カット!」って言われて。そしたら監督が「もう1回!」って言って。そしたらもう、監督が直々に来て。

(澤部佑)ああ、ヤバい。監督が来ると、ヤバいよね。

(岩井勇気)監督が来て。もうヤバいよね。「大丈夫?」みたいな(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハハッ!

(岩井勇気)ヤバいよ、ヤバいよ(笑)。

(澤部佑)本当にもう、初の人の。緊張している人のほぐし方だよ?

(岩井勇気)それで俺もさ、「すいません……」って。

(澤部佑)ヘラヘラしながらね(笑)。

(岩井勇気)そしたらもう松坂さんがさ、「大丈夫、大丈夫!」みたいな。優しいわけ。「説明ってなんか、難しいですもんね」みたいな。

(澤部佑)座長がほぐしてくれるんだ。

(岩井勇気)でも、優しいけどさ、そう言われることによって「本当にできないやつ」というレッテルを貼られることになるわけじゃないですか。

(澤部佑)ありがたく頂戴しろよ。

(岩井勇気)でも、その主演がサポートしてるという状態。で、1回ちょっとだけ時間を……さっきよりは時間を置いてくれてるわけ。その時、松坂さんも「この間、生放送の『漫画総選挙』のやつ、見ましたよ」とか言ってくれるんだけども。「ああ、もう俺はダメだ。もうおしまいだ。これは本当にドラマの撮影、まだまだあるんだけど、もうできないやつなんだな。はいー」って。

(澤部佑)ああ、もうヤバいね(笑)。

(岩井勇気)「ああ、もうこれは反省のドラマだ。慰めてくれているやつをいっぱいやってくれちゃっている。これはもう反省のドラマになっちゃいました。はいー。ここからの撮影はもう『できないやつ』としてやっていくことになるし、こっちも反省のメンタルでの撮影です」って。

(澤部佑)ずっと遅刻した状態みたいなね。なんかね。

(岩井勇気)もう高1で高校デビュー失敗したやつの高校3年間になっちゃってるから。

(澤部佑)キツいねー。

(岩井勇気)「つらーい」ってなっちゃったんで。で、どうにかそのシーンのセリフを言って終わったんだけど。

(澤部佑)ああ、一応、乗り越えはしたのね。

(岩井勇気)もう本当にただセリフを言ってるだけみたいな感じっぽかったけどね。で、「岩井さん、今日は撮影、以上でーす」って言われて。それでもう本当に「すいませんね……」みたいな。「すいません、なんか、難しくて……」って。

(澤部佑)そんな岩井勇気、見たことないよ……。

(岩井勇気)ヘラヘラしちゃってね。で、もう本当に帰りの車で「なにやってんだ、俺。もう本当、死ねよ、俺! 死ねよ、もう本当に、俺は! 他業種の畑に行ってセリフもあやふやになって……二度とドラマやるなよ、俺は!」って思いながら帰って。で、またその数日後に撮影があったんですよ。それもワンシーンだったんですけどで。で、「なんで俺はあの時、ダメになったんだ? なんでダメだったんだ? ちょっとセリフが変わって……」って思って。

自分の失敗を検証

(岩井勇気)「セリフを全く覚えてなかったからダメなのか? いや、覚えていった。違う。ちゃんと役になり切って、このセリフをなんでこの役が言っているのか。脳がちゃんとその役の脳になってなかったから、ちょっと変わったぐらいでセリフが出てこないんだろう」って思って。もう台本を自分のところだけじゃなくて全部、余すことなく読んで。自分のシーン以外も隅々まで読んで。

で、「この役がなんでこのセリフを言ってるのかがわかるまで読んで。どういう気持ちで言っているのか。この流れでこの役はどういう気持ちで言うのか。それを、やるんだ!」って。もう本当に全ての台本をね、もう全部。もらったやつをもう最終話まで、読んだの。

(澤部佑)流れをね。

(岩井勇気)そう。で、この役。そのシーンは2人のシーンだったんだけども。相手の役の人が俺が話しかけるんだけども、上の空で。パーッとその相手の人がどっか行っちゃって。で、「あれっ?」って俺がなるシーンなわけ。で、本当に一言二言だけのシーンなんだけど。「なんでこの俺の役はこの役の人に話しかけるんだ? ちゃんと解釈しろ!」と思って、台本を読み込んだわけですよ。でも、それは全く書いてないの。なんで俺がこの人に話しかけるのか、読み取れない。「ちょっとヤバいな。なんで俺はこの人物で話しかけるんだろう?」と思って。それで本番当日を迎えて。

(澤部佑)わからないまま?

(岩井勇気)一応、セリフは入れたけど。それで現場に行って、マネージャー大原がいたから。「台本、見たか?」「はい」って言うから。「ちょっと俺の役って、何の用事でこの役に話しかけているか、わかった?」って言ったら「ちょっとわかんないですけど。とりあえず、ちょっと誰かに聞いてきます」って言うわけ。大原が。

(澤部佑)えっ、大原が? なに? その雰囲気。

(岩井勇気)で、大原に聞いてきてもらったのね。スタッフに。それで監督に話が行って聞いてくれて。

(澤部佑)ヤバいじゃん。話、デカくなっちゃってるじゃん(笑)。

(岩井勇気)それで、大原が聞いて戻ってきたの。「岩井さん。このシーンなんですけど、相手の役が岩井さんの役に話しかけられても上の空っていうシーン。これ、相手のシーンなんで。岩井さんの役がどういう理由で話しかけてるっていうのはちょっとないみたいなんです」って(笑)。

(澤部佑)ああ、なんかそんな気はしたよ(笑)。

(岩井勇気)「えっ、なにこれ? いや、ちょっと無理だよ。ダメだよ。俺、そんなんじゃ役になれない!」って。

(澤部佑)もうダメじゃん。ヤバいやつになっちゃってるじゃん(笑)。

(岩井勇気)「もうダメよ、本当にこれじゃ俺は気持ち、作れない。できません」って。

(澤部佑)うわうわっ! ヤバい役者になっている……。

(岩井勇気)「この間になっちゃうよ? こうなってくると。この間のやつになっちゃうよ?」っていう。

(澤部佑)この間の反省をして読み込んだのに。

(岩井勇気)読み込んだのに。なんでこの感情を……「これ、どういう感情で言っているのかわかんないと、できない。もう本当に!」って。もう一言、二言だけなのにわからなくなっちゃって(笑)。覚えられなくなっちゃって。「ヤバい、ヤバい、ヤバい」ってなっちゃって。で、もう本当に結局、全然ダメね。

(澤部佑)えっ?

(岩井勇気)もうただただ、丸々暗記したのを言っておしまいになっちゃって(笑)。

(澤部佑)最初のただの岩井勇気?

(岩井勇気)そう。ただ、丸暗記したことを言って。「あざしたー」って言って……(笑)。

(澤部佑)発表会ね。岩井勇気発表会。

(岩井勇気)そう。だからもう本当に役者にはなれないなって思った。

(澤部佑)これからやるドラマでしょう?(笑)。そんな話、しちゃダメよ、本来(笑)。全然芝居できてないっていう話(笑)。

(岩井勇気)うん。でも、わかんないよ。編集で上手いことやってくれている可能性もあるけど。

(澤部佑)うん。逆に見たいしね(笑)。すごいんでしょう? やっぱり松坂桃李とかは。

(岩井勇気)めちゃくちゃすごい。みんなすごいよ! すごい役者さんしかいないんだから。

(澤部佑)岩井以外。岩井だけ、長ゼリフ暗記……。

(岩井勇気)長ゼリフ暗記芸人(笑)。

(中略)

(澤部佑)いつからなんですか、そのドラマは?

(岩井勇気)4月です。

(澤部佑)ああ、4月から。

2021年4月放送予定

(岩井勇気)だから、順当に行けばね。わからないから。今。

(澤部佑)ああ、そうね。ちょっと撮れないとかもあるかもしれないから。そこもちょっと3人のシーン、見たいな。

(岩井勇気)本当にちょっとのシーンなのよ。

(澤部佑)そこだけ見ようかな(笑)。

(岩井勇気)ヤバい顔、してるかもしれない。本当に。いろいろと多角的にカメラで撮っていたから、俺の顔とかは抜かれていないかもしれない。

(澤部佑)ああ、岩井からの2人のところが多めに使われているかもしれないね(笑)。ということで、ぜひご覧ください。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました