スポンサーリンク

ハライチと三四郎『NARUTO』を語る

ハライチと三四郎『NARUTO』を語る YouTube
スポンサーリンク

ハライチ、三四郎、天津・向さん、高城れにさんがYouTube『【禁断】漫画総選挙2021!朝まで延長戦SP』の中で第7位に選出された漫画『NARUTO』について話していました。

(澤部佑)さあ、それでは行きましょう。まいります。全世代の総合ランキング第7位の漫画はこちらです。『NARUTO』! 19600ポイント!

(岩井勇気)『NARUTO』はいいよねー! 忘れていた。

(澤部佑)忘れてたな! 『NARUTO』、いいよね。そりゃあ入るよね。全漫画、そうですけども。『NARUTO』もやっぱり世界的に……全世界で愛されている作品ですね。

(天津・向)一説によると『ONE PIECE』は海賊なんでちょっと毛嫌いする国があるけど、日本……ジャパニーズカルチャーの忍者っていうので。どこもやっぱり受け入れやすいっていうのもあるとか。

(澤部佑)なるほど!

(高城れに)「だってばよ」っていうね。

(澤部佑)「だってばよ」は使うもんな! ちょっとふざけて。

(相田周二)今も?

(澤部佑)今も使うってばよ!

(小宮浩信)聞いたことないけどね(笑)。

(岩井勇気)澤部さん、『NARUTO』は行けるんでしょう?

(澤部佑)『NARUTO』はもちろん全部……『NARUTO』に関しては僕、何年か前に中国旅行に行く時に岩井さんに「『NARUTO』だけ持っていけ」って言われて。「言葉とかしゃべれなくてもとりあえず『NARUTO』だけ持っていけば盛り上がるから」って言われて。それで『NARUTO』を1冊だけ握りしめて中国に行きましたよ。

(岩井勇気)「世界の人がみんな『NARUTO』を求めてるから、この『NARUTO』1巻につき、いろんなものと交換してもらえるぞ」って言って。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(高城れに)それだけ価値がある(笑)。

『NARUTO』1冊を持って中国に行ったハライチ澤部

(澤部佑)で、本当に『NARUTO』1冊だけ握りしめて行って。

(小宮浩信)それで、どうなったの? コミュニケーションは取れたの?

(澤部佑)出す勇気がなくて……どこでも広げられなかった(笑)。えっ、これTwitterのトレンドが1位? で、YouTube視聴者が3万人ですって。すごいですね!

(岩井勇気)すごいっすね! 炎上の1位じゃなきゃいいですけども(笑)。

(中略)

(澤部佑)『NARUTO』の名シーンは何でしょうね?

(岩井勇気)みんな知っているのは白と再不斬のところじゃないですか?

(澤部佑)ああーっ! 白はいいよね!

(岩井勇気)血継限界ね。

(澤部佑)白、かっこいいよね。でも、やっぱりロック・リーもいいよなー。

(岩井勇気)ロック・リーのね、体を壊すのを分かっていて裏蓮華を出すみたいな。

(澤部佑)そうそう。もう限界を迎えるのに……っていうね。あれはかっこいい。男は憧れるよな!

(天津・向)あと、名シーンじゃないですけども、穢土転生が出てきて。死者が蘇るってなった時の絶望感ね! 本当に。「こんなことをやりだしたらもう無理じゃん!」って。「勝てないじゃん!」っていうね。

(澤部佑)たしかに(笑)。

(岩井勇気)大蛇丸が穢土転生で初代と二代目の火影を出すっていう。

(澤部佑)そうそうそう! 「なんだよ、それ!」っていうね。

(天津・向)「最悪じゃん!」って思いながら読みましたね。

(高城れに)敵がなかなか倒れないっていうことですか?

(澤部佑)敵が強いのよ!

(岩井勇気)俺が好きだったのは不死身のコンビがいたんですけども。飛段と角都っていうね。

飛段と角都

(岩井勇気)飛段っていうのはアスマ先生を殺したんですけど。そのやり方っていうのが、自分とその相手をね、どっちも同じ感覚みたいにするんですよ。で、自分に杭みたいなやつを突き刺すと相手にダメージを食らわすことができて。で、自分は不死身だから死なないんだけど、相手は死んじゃうっていうえげつない戦い方をしていて。

(澤部佑)残酷な戦い方だよな。それ。忍術なんだよね。それも。

(岩井勇気)で、角都っていう方は命を自分の中にストックできるの。だからたぶん5回ぐらい死んでも死にきれないっていう。

(澤部佑)それと戦わなきゃいけないんだから……。

(相田周二)「そこと戦わなきゃいけない」(笑)。

(岩井勇気)でも、その飛段っていうやつは最後、首だけにされて。で、シカマルに山みたいなところに穴で埋められただけだから、実は生きてるのよ。死んではいない。

(澤部佑)首だけになっても。

(岩井勇気)首だけになっても死なないから。

(澤部佑)埋められているけども、今でも生きている。

(岩井勇気)だから今、『BORUTO』っていう漫画が出ているけども、そこにもどこかで出てくるんじゃないか?って俺は思っているの。

(澤部佑)なるほどね。そういう読みをしている人もね。じゃあ、次に行きますか。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
YouTube
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました