スポンサーリンク

RYO-ZとCreepy Nuts BIMを語る

RYO-ZとCreepy Nuts BIMを語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

RIPSLYMEのRYO-Zさんが2020年12月15日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』に出演。Creepy Nutsのお二人とBIMさんについて話していました。

(DJ松永)RYO-Zさん、最近若手と曲を作っていたりしているじゃないですか。それこそSTUTSくんとBIMさんと。

(RYO-Z)そうね。そうそう。BIMくんとSTUTSくんと曲をやらせてもらったりとかして。

(DJ松永)そもそもどういうつながりだったんですか?

(RYO-Z)BIMがさ、やっぱりちょっとなかなかのおかしな子でさ。

(DJ松永)そうなんですか?

なかなかのおかしな子

(RYO-Z)「すごいRIPSLYME、聞いてるんです。今度、ご一緒しましょう!」なんて。それで、若いのにさ、珍しく酒をすげえ飲むのよ。で、俺も酒飲みだからさ。「じゃあ今度、一杯いこうぜ」なんつって。で、ある時に呼び出してさ。「じゃあちょっと一杯いこうよ」なんて言ったら……そしたらさ、ショックウェーブってわかる?

(DJ松永)はいはい。

(RYO-Z)ウォークマンっていうか……パナソニックから出ていた。

(DJ松永)すごい昔の。

(RYO-Z)そう。すごい昔のウォークマンみたいなのを腰につけてやってきたのよ。「お前、なんじゃ、それ? もう20年以上も前のじゃん。よくそんなの、持っているな!」「いや、見てくださいよ」って言ってそれをガチャッて開けたら、俺たちの白カセを持っていてさ。

(R-指定)ええーっ!

(RYO-Z)なんていうの? 白カセっていうのは宣伝用のカセットテープ。だから一般には発売されてないやつ。

(DJ松永)プロモ盤。

(RYO-Z)それを持っていてさ。「たのむからそれ、捨ててくれねえかな?」って思ったんだけど(笑)。

(R・松永)フハハハハハハハハッ!

(RYO-Z)そんな25年前とかの音源をこれみよがしに「どうですか? 僕、聞いてます」みたいな。「いやいやいや、やめてくれ」みたいな。そういう感じでちょっとマニアックに……。

(DJ松永)なるほど。マジで好きでいてくれているみたいな。

(RYO-Z)マジな感じで。

(R-指定)しかもラップの中でリップのリリックをサンプリングして。それこそRYO-Zさんの『マタ逢ウ日マデ』の「ここまで来たら逃がすかよ」っていうあの言葉をサンプリングしていたりするから。

(RYO-Z)そうそう。

(R-指定)で、やっぱりね、俺ら世代は当たり前のように隔たりなく全部聞いてた人らが結局多いなっていう気はするんですよね。めちゃめちゃメジャーなヒップホップもアンダーグラウンドなヒップホップも洋楽も……みたいな。全部ごちゃまぜで。

(RYO-Z)みんなミックスして聞いてね。だからそういう感性になるんだなと思うよ(笑)。もうだって、俺たちが日本語ラップとかヒップホップを聞くようになった時にはさ、日本のシーンの歌謡曲とかポップスとか、そんなものは耳に入らないっていうか。全然違うものを音楽として体験してる気持ちになってるから。なんか「全然そんなの聞かないよ」みたいになってたけど。実際、自分たちが表現していく、やっていく上ではとんでもなくヒントが隠されてるんですよ。ポップミュージックのシーンにはね。だから「なるほど」って思ったっていう。

(R-指定)それこそ今、後ろで曲がかかっていますね。聞いてもらいましょうか。

(RYO-Z)STUTSくん名義で出ていますが。BIMくんと俺、RYO-Zでやらせてもらっています。『マジックアワー』です。

STUTS, BIM, RYO-Z『マジックアワー』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました