スポンサーリンク

バカリズム インプットとネタ作りを語る

バカリズム 自分の弱さや隙をなかなか見せられない話 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

バカリズムさんが2020年10月21日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』にゲスト出演。佐久間宣行さんとインプットやネタ作りについて話していました。

(佐久間宣行)ちょっとメールが来ています。「バカリズムさん、『ドラえもん』のゲスト声優おめでとうございませます。バカリズムさんはドラマ、映画の脚本や単独ライブなどアウトプットをたくさんしている印象がありますが、インプットの方もたくさんしているんですか?」という質問が来ています。

(バカリズム)インプット?

(佐久間宣行)まあまあ、僕とかオークラさんだと結構、作るものの中に最近見たものとかが入ってくる……。

(バカリズム)佐久間さんはすごいっすよね! あれ、でもすごいのが、別に「見なきゃ」っていうことでやってないですもんね。

(佐久間宣行)ああ、やっていないです。あれは楽しみで。

(バカリズム)だからそれはもう本当に生まれ持った才能ですよね。

佐久間宣行のインプット

(佐久間宣行)でも、逆に言うとなんか我慢ができない……要は自分が仕事はするけど、眠るよりそっちのなんか面白いものを見逃す方がつらいから。

(バカリズム)そうですよね。だからそれはお笑いだけじゃなく、いろんなジャンルにアンテナを張っているっていう。オークラさんもそうですよね。そこだから本当にうらやましいですもんね。

(佐久間宣行)というか、逆に言うと俺のイメージですけど。俺はインプットがあるからなんとかやってこれているんですよ。要はモチベーションの問題じゃなくて、自分がやりたいことがあった時に、引き出しがそのインプットのおかげでちょっとだけ他のディレクターより角度が違うっていう。でも、ほぼそんなにインプットをやってないのに、なんで毎回システムとか新しいのとかを……どういうことなんですか?

(バカリズム)そこらへんもどうなんですかね? なんかネタとかも別に普段生活してて「ああ、これ面白いな。今度ネタにしよう」ってメモっているわけでもないから。結構、飯塚さんとかと遊んだりしていると、飯塚さんは結構、「ああ、角ちゃん。これ、ネタになりそうだね」とかしゃべったりするんですよ。まあ、それは相方がそこにいるからなのかもしんないんですけど。俺はあんまりそういう感じがなくて。初めて「ライブ始まるな。さあ、どうしよう?」でそこから1から考えるから。

(佐久間宣行)だってパソコンの前にずっと座っていて、5時間とか何も降りてこなくてもずっと待っていたりするんでしょう?

(バカリズム)そうですね。ずーっと考えてますよね。ひたすら。

(佐久間宣行)ひたすらだよ? ちょっと待ってよっていう。そこでインプットとかもなくて、それで出来上がった単独とかを見て、それでアメリカ映画の別の最新映画とかを見ると「あれ? 同じことやってんな!」って思うんだけど。「偶然だ」って言うから。それ、偶然だからね。見ていないから。升野さん。

(バカリズム)そうですね。まさに。だから、わかんないです。でも、なんとなく、自分でネタを探す時は、なんだろうな? 日常生活で「あっ! ここ、ネタになる!」ってそこをメモってるっていうよりも、なんとなくパソコンの前に座って。イメージ的にはもう全録で日常が録れてるんですよ。それをさかのぼって。「なにがあったっけな?」みたいな。「なんか最近、面白いことがあったかな?」とか「なんかちょっと気になったこと、あったっけな?」って振り返って。「ああ、そういえばこの間のあれ……」とかという感じでさかのぼる感じですよね。

(佐久間宣行)えっ、日々でメモは付けてるんですか?

(バカリズム)日々でメモは付けないです。もうパソコンの前に座った時に思い浮かんだことをただそこでメモるだけです。

日々の生活でメモはつけない

(佐久間宣行)恐ろしいな……日々の。あれ、俺はちょっと思いついた方程式とかだけメモっていて、それを引っ張り出すんだと思っていたんですけども。

(バカリズム)全然です。もう書く時にメモるだけです。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! ちょっとその……パソコンとの戦いじゃないですか(笑)。

(バカリズム)戦いです。だからなんにも浮かばない時はとりあえず、なんかわかんないけど書き出してみようとか。そうしながら浮かぶ時もあるし。そうですね。

(佐久間宣行)ちょっと待ってくだい。なんでしたっけ? 『生田家の朝』でしたっけ? あんなの、だって15分? 10分?

(バカリズム)あれは7分ですね。

(佐久間宣行)7分で24話とか作っていましたよね? 24話、それをやってるってことですか?

(バカリズム)そうです、そうです。

(佐久間宣行)だってあれ、ワンテーマですもんね?

(バカリズム)ワンテーマですね。あの家庭で何ができるかな、みたいなのでずっと探していくっていうか。「家の中だったら何が置いてあるかな?」とか。なんだったらパソコンで動画検索で普通の家庭の画像とか見て。「ああ、リビングってこうなっているんだ」とか。「ここでこれができるな」とか。そういう考え方ですね。空間を想像しながら……とか。

(佐久間宣行)それをずっと脳内でやっている?

(バカリズム)脳内でやってる感じですね。

(佐久間宣行)それで出てきたと思って書き出して。それで「これはまあまあ、いけるかな」と思うけど。でも、それがウケたとしても、「まあ……あれ、ああすればよかったな」って?

(バカリズム)そうですね。「ああ、あれは助けてもらったな」とか。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(バカリズム)「あれは監督が優秀だからうまく見せてもらったんだから。俺はちょっとおんぶに抱っこだな」とか。「あれは役者さんがうまくやってくれたんだな」とか。

(佐久間宣行)フフフ、無限地獄(笑)。

(バカリズム)無限地獄(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました