スポンサーリンク

Creepy Nuts 早口ラップ「日本チョッパー協会」設立計画を語る

Creepy Nuts ZORNとの『生業』配信ライブを振り返る サウンドクリエイターズ・ファイル
スポンサーリンク

R-指定さんとDJ松永さんが2020年9月13日放送のNHK FM『サウンドクリエイターズ・ファイル』の中で早テークエムとの早口ラップコラボ「日本チョッパー協会」について検討していました。

(R-指定)お送りしたのはCreepy Nuts×菅田将暉で『サントラ』でした。これは結構渾身のバースが書けたし、トラックも完全に新しい領域に踏み込んだし。やっぱり、自分が書いたサビやったっすけども、菅田くんが歌った瞬間に菅田くんのものにしてる感じというか。すごい。

(DJ松永)他の菅田さんの曲とか聞いてもそうだよね。あの人は何にでもなれちゃう人だよね。しかも、なっただけじゃなくて、ちゃんと自分のものにして。なんか温かみとか熱量がすごい込められるのがすごいなとか思う。すごいよね。

(R-指定)ちょっと、あれですよね。普通に曲もできたし、打ち上げ的なんを……まだ行けてないですからね。ちょっと、また普通にフラットにメシ、みんなで行けたらなと。

(DJ松永)行きたいですね。本当にこの状況、早くよくなってほしいですよ。

(R-指定)ホンマっすよ。

(DJ松永)「共演」で言うと……どうですかね? あんまり、これから俺らが他の人と一緒に曲作ったりするイメージ、浮かぶ? たとえば俺らの作品に誰かを呼ぶみたいなこととか。

(R-指定)でもホンマに菅田さんの場合はラジオでやっぱり盛り上がったという経緯があって。それで、やっぱり言い方はムズいっすけど。ノリなんですよね。ノリで作ったっていう感じやから。

(DJ松永)そう。ノリで。ちゃんとストーリーとか、流れとかがあるんですよ。その必然……必然だし、自然なノリがあったからこそ、できたんだよね。だから今までなんで客演を迎えなかったか?っていうと、もうRさんの持ってる表情の数、歌詞、歌い方の引き出しが多いから、客演を招く必要というのがもう製作工程上、自然に浮かばないのよ。「これは誰かのサビが必要だな」とか「これは誰かのバースが必要だな」ってならない。「これはRのあの引き出しだな」「これ、Rのまた見たことない挑戦、やってみてどうだ?」みたいなのを聞きたいから。

本当にね、ラッパー1人、DJ・トラックメーカー1人だと作風みたいなのが似たり寄ったりになりがちだけですけど。いろんな引出しがあるっていうのはすごい強みだなと思って。だからこそ、今まで客演を招いてこなかったんだけども。ただ、今後はどうなっていくかなとかは思うけど……俺、Rが。これは俺じゃねえな。でも、俺も入れてほしいといえば入れてほしいか。俺、個人的に願望としてはRさんの友達にテークエムっていうラッパーがいるんですけど。

(R-指定)はいはい。最強ラッパーの。

(DJ松永)めっちゃラップが上手いんですよ。

(R-指定)テークエム、超ラップ上手いんですよ。梅田サイファーの。

(DJ松永)で、何よりもRとラップの趣味が合うよな。

(R-指定)合う。早い……速度が早いラップ、早口のラップで、かつ韻が固くて面白いことを言っててるっていう、このなんか全乗せみたいなラップが俺とテークエムは超好きなんですよ。

早口、韻が固くて面白い全乗せラップが好き

R-指定 世界の早口ラッパーたちを語る
R-指定さんが2020年7月28日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中で世界の早口ラッパーたちについてトーク。特に韓国のアウトサイダーなどについて話していました。

(DJ松永)そうそうそう。それでRとテークエム、2人きりでバースを蹴っている曲って世に出てない? 遊びではある?

(R-指定)遊びではあるし、昔、それこそ松永さんと出会う前は作ったりしてたっすけど。テークエムと俺の話もね、テークエムも……最初、だって松永さんと大阪で出会った時に、実はテークエムと俺と松永の3人でmixiの友達申請して。3人で連絡先交換して。3人でお互いのことを「ソウルブラザー」と呼んでたんすよ。

(DJ松永)そうそう(笑)。だから、今後やってみたいとするならば、もう本当に別に聞く側のこととか考えてないんだけど。ただ単純に俺が本当にラップ上手くないと成立しないような、薄いトラックを作って。で、Rとテークがひたすら早口でチョップでまくしたてて。それでマイクパスをしあうっていうバカみたいな曲を作りたいんだよね(笑)。

(R-指定)フフフ、もうバカみたいなやつ、作ろう!

(DJ松永)それでもうRがブワーッとカマしている横でテークがこうやって手でRを煽り立てるみたいな。

(R-指定)わかる。で、テークエムがブワーッて早いラップをしたら俺が横で「こいつ、ヤバない?」みたいな顔をして指を指しているみたいな。そういうMV。アホみたいなやつ。

(DJ松永)俺は後ろでずっと手を組んでいるみたいな(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)そういうバカで異常にラップが上手いみたいな2人。バカみたいなやつ、やりたい。

(R-指定)それ、やりたいかも。正直、テークエムとずっと……まあ俺らは早口ラッパーのことを「チョッパー」とか「チョップ」って言ってるんですけど。ちょっと日本のチョップを盛り上げていかなって。

(DJ松永)チョップシーン、チョッパーシーンを盛り上げてかなっていう(笑)。

(R-指定)「日本チョッパー協会」っていうのを作ろうとしているから。

(DJ松永)魔法のiらんどで作ろうと思っているんだよね(笑)。

(R-指定)えっ、どうする? ホムペ作る? 日本チョッパー協会の?

(DJ松永)管理人と副管理人になって(笑)。

(R-指定)フフフ、でもやりたいな。

(DJ松永)そう。めちゃくちゃやりたい。それ、楽しそうだよね。そういうやつ、やりたいな。

(R-指定)じゃあ、テークエムの……あいつのチョップ曲ってなんやろう?

(DJ松永)それか、Rのチョップとテークのチョップが聞ける曲でもいいけどね。『トラボルタカスタム』。

(R-指定)ああ、それにする? じゃあね、テークエムもめちゃめちゃまくしたてているし、俺も超早口でまくしたてている曲をちょっと聞いていただきましょう。梅田サイファーで『トラボルタカスタム』。

梅田サイファー『トラボルタカスタム』

(R-指定)お聞きいただいたのは梅田サイファーで『トラボルタカスタム』でした。まあ、この曲で正直、梅田サイファーはずーっと10何年、大阪のラップ仲間でやっているんですけども。まとまってみんなで作品を出すっていうのはたまにしかしていなくて。はじめて『マジでハイ』っていう曲が入った『Never Get Old』っていうアルバムが梅田サイファーとして出した作品の中ではたぶん一番反響があったんですよ。で、その時はテークエムが参加できなかったんですけど。その次の『トラボルタカスタム』っていうアルバムでテークエム、満を持してカムバックして。その『トラボルタカスタム』のテークエムの「Life is bitchとは言い切れないけど……」っていうあの1バースで日本きってのプロデューサー、バックロジックから「一緒にやろうぜ」って声がかかったんです。逆オファー。だからあいつは1バースで人生を変えよったんですよ。超かっこいい。

(DJ松永)そうなんですよ。日本でこういうこと、あるんだっていう感じだよね。

(R-指定)マジでヒップホップドリーム。

(DJ松永)すごいですね。で、しかもこの間、『生業』っていう俺らのツーマンライブをやって。ラッパーのZORNさんと俺らCreepy Nutsのツーマンライブをやったんだけども。そこで、俺らのライブパートに客演でね、テークエムに来てもらって。そこで今、かけた『トラボルタカスタム』。あれはマイクリレー物だけれども。Rとテークだけ、2人で『トラボルタカスタム』をやったんですよ。あの『トラボルタカスタム』の中で、Rとテークが最もチョップでカマしてたりするじゃないですか。その2人だけでやった『トラボルタカスタム』、異常にやばくて。「えっ、なにこれ?」みたいな。

(R-指定)じゃあ、あれのもっと延長線上みたいな。2人でずっと早いやつな。

(DJ松永)早くてキモいやつをやってよ(笑)。

(R-指定)ラップって上手すぎるとキモいんですよね。笑ってまうんです。でも、そういうのを俺らもやりたいんですよ。

(DJ松永)そうそう。それですげえチャチいミュージックビデオを撮らない? 俺のiPhoneで?(笑)。

(R-指定)ああ、いい! そんぐらいでいい。アメリカの結構俺たちが大好きなチョッパー、早口のラッパーは全員ね、MVがチープやったり、アホやったりするんですよね。で、ラップも上手すぎて全員キモいんですよ。だからゲラゲラ笑いながら聞くんですよ。かっこいいはずなのに。

(DJ松永)なんか、だからラップ以外は何も考えてないみたいな(笑)。本当にそういう曲とビデオにしたい(笑)。

(R-指定)最高! それ、作ろう。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サウンドクリエイターズ・ファイル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました