スポンサーリンク

R-指定 SHINGO☆西成『ゲットーの歌です(こんなんどうDeath?)』を語る

R-指定 SHINGO☆西成『ゲットーの歌です(こんなんどうDeath?)』を語る サウンドクリエイターズ・ファイル
スポンサーリンク

R-指定さんが2020年9月13日放送のNHK FM『サウンドクリエイターズ・ファイル』の中でSHINGO☆西成『ゲットーの歌です(こんなんどうDeath?)』について話していました。

(R-指定)それでは、番組のコーナーに行きましょう。ライブファイル。これまでに見たライブやライブにまつわる曲を紹介するコーナーということなんですけども。まずは私、R-指定から。ライブファイル、初めて見たライブなんですけど。俺が初めて見たのはラップ好きな友達……ヤマトとタクとヒロムと一緒に初めて行ったライブが野外の無料イベントだったんですよ。大阪の泉南の方でりんくうタウンというでっかいモールがあるんですけど。

それの野外のステージで行われたヒップホップの無料のイベントで。それでそのメンツが超豪華で。韻踏合組合、韻シスト、Shing02、DJ A-1。それで当時、大阪のストリートシーンの代表格であったシーラカンスから悠然さん。ZIOPSから醍福さん。で、THE FLEX UNITEから勝さん。で、GeboさんとDJ A-1さんでASTREETっていうすごい精鋭のグループができて。それらのお披露目イベントみたいな感じで。

(DJ松永)なるほどね!

(R-指定)それを初めて見に行って。そこで俺ははじめて人前でマイクを握ったのかな? オープンマイクで。それが高1ぐらいの時で。そこから、ずっと大阪で活動して。今もあるから。たぶん一番ライブ見てるミュージシャンはね、俺は韻踏合組合なんですよ。

(DJ松永)なるほど。そうか!

(R-指定)韻踏のレギュラーのイベント、ENTERとかにも出させてもらっていたり。今もお世話になっているし。韻踏合組合のライブ、一番見たかな、たぶん。

(DJ松永)大阪はライブ上手い人、多いからね。

(R-指定)せやねん。大阪ね、たしかにな。ヒップホップの層も厚いし、全員ライブが上手いんすよ。レゲエのシーンも大阪にはあって、レゲエの人らもライブがエグい!

(DJ松永)レゲエの人たちって地肩が違うんだよね。ライブアーティストとしての地肩が。

(R-指定)そうなんですよね。正直、ヒップホップの人らはやっぱりヒップホップリテラシーがある程度あった方がライブ楽しめるけど、レゲエの人らはそんなの関係ない人でも盛り上げれるっていう強さがあるからな。

(DJ松永)そうなんですよ。

(R-指定)で、そんな中で、そのレゲエの初見の人もロックできる。それでヒップホップのめっちゃ深く知っていくと楽しいっていう、その両方の側面を持ち合わせてる……いや、そこをも飛び越えて、なんかもっと全世代の人間に語りかけるような、演歌的、ブルース的、フォーク的でもあるっていう、すげえラッパーが同じ地元・大阪にいまして。その人がSHINGO☆西成さんという先輩なんですよ。

(DJ松永)おおっ!

(R-指定)これはね、西成っていう大阪の中でもすごい特殊な地域で生まれ育った人で。世界観でいうと『じゃりン子チエ』ですよね。『じゃりン子チエ』のような大阪の下町っていう感じをそのまま人間に投影したような人物で。歳もすごい上なんですけど、めちゃくちゃ俺らはお世話になってて。

(DJ松永)最高です。お世話になっています。ありがとうございます!

(R-指定)最高ですよね。すごいキャラクターも濃いし、ラップも超上手いし。SHINGO☆西成さんの何がすごいって、ライブで聞くラップの上手さはホンマに俺、日本トップクラスやなと思うんですよね。

(DJ松永)いや、すごい。ライブ、本当にすごい。

(R-指定)楽器としてまず声がエグいし。リズム感もね、めちゃくちゃいいんですよ。

(DJ松永)しかも本当に独特だしね。あの人のリズム感、グルーヴが超あるんだよね。あの人ってしかも声もいいから。「YO!」だけであんなに客の心をガッと掴めるっていう人もなかなかいないよ。

(R-指定)SHINGO☆西成さんは1回、いろんなラッパーが出ているマイクリレーで1人だけ16小節、「YO!」だけで乗り切ったことがあるんですけど。超かっこいいんですよ。「YO! YO YO YO、YO YO YO♪」みたいな。「YO!」だけでいろんなフロウをして。

(DJ松永)これ、ギャグみたいだけど.マジですごいんだよね。

(R-指定)で、SHINGO☆西成さんは自分で言ってるんですけどよ。「YOとチェケラッチョが一番日本で上手いのは俺や」って言っていて。それで、ホンマにそうなんですよ。

(DJ松永)マジでそう。

(R-指定)で、「チェケラッチョ」とか「YO YO!」っていうのはラッパーをおちょくる時にラップを知らん人が言う言葉ですけども。ホンマに極めたらこんなにかっこいいんやってのをSHINGO☆西成さんは見せてくれるし。あと、やっぱり温かみもあるんですよ。

やっぱり、すごい西成っていう特殊な地域で生まれた人やからこそ見てきたいいろんな苦しい景色、悲しい景色とかをカラッと笑い飛ばしたり、優しく包み込んだりするような歌詞。で、声の温かみもあるから俺、最近SHINGO☆西成さんとラップとか関係なく、普通の世間話を目を見てしてるだけで泣きそうになってくるんですよ。

(DJ松永)ああ、めちゃくちゃわかる。SHINGO☆西成さんと会うたびにちょっと泣きそうになる。

(R-指定)なんかね、人間のあったかい部分とか、弱い部分とかが全部ね、にじみ出ている。

(DJ松永)あの人、自分の弱い部分も全然包み隠さずに言ってくれるからね。

(R-指定)ねえ。マジでかっこいい大人っすよね。じゃあ、ちょっとそのライブファイルですから。俺がライブでめちゃめちゃ感動した先輩の曲、ちょっと聞いていただきましょう。SHINGO☆西成『ゲットーの歌です(こんなんどうDeath?)feat.ViVi』。

SHINGO☆西成『ゲットーの歌です(こんなんどうDeath?)feat.ViVi』

(R-指定)お送りしたのはSHINGO☆西成『ゲットーの歌です(こんなんどうDeath?)feat.ViVi』でした。いや、素晴らしい。これ、衝撃的で。シンゴさんはラップがまず、たぶんね、ジェイ・Zとかの影響を受けていて。やっぱり絶妙に、半拍ずれたところで韻を踏んだりとか。「そんな場所で韻を踏むの?」みたいな。すごい独特のグルーヴがある上に、なんていうんですかね? サビのメロディーとかはね、すごい童謡っぽかったりするんですけど。

それがより、なんかすごみを与えてるんですよね。これとかもなんか、衝撃的ですけどね。「人が死んでいた♪」っていう、この童謡みたいなメロディーで西成の現状を歌うみたいな。すごいそれが切なくなる。それで、後半になったら「酒でつぶれてグデングデン まるで片方だけ捨てられた軍手」みたいな、そういう画が浮かぶようなフレーズも来るし。それとかもね、すごいんですよね。

(DJ松永)いやー、最高ですね。シンゴさん。どの時代のシンゴさんも最高だから。現在進行形のシンゴさんも見つつ、初期の曲も聞いて。本当にどこをつまんでも楽しめるから。あの人。ライブ……今はなかなかライブ見れない時期かもしれないけど。シンゴさんを知らない人もぜひライブを……足を運べるようになったらぜひ行ってほしい。

(R-指定)一発で掴まれますから。

(DJ松永)予備知識はいらない。マジで。

(R-指定)MCとかも超最高やし。シンゴさん、伝説なのが1回、奈良のライブハウスでバチンって停電になって。復旧に30分かかってんって。で、アカペラでフリースタイルで全部つないだって。

(DJ松永)マジで? 鬼だな!

(R-指定)しゃべりながら、たまに韻を踏んだり、笑かしたり、感動さしたりして30分無音で、声だけでつないだという伝説もあるし。あと、ライブで『アンパンマンのマーチ』を歌ったんですけども。超それがかっこいいんですよ。SHINGO☆西成さんが歌う
アンパンマンの歌、泣きそうになるっすよ。

(DJ松永)うわっ、泣きそうになりそう!

(R-指定)全然、意味がまた変わってくるのよ。「何のために生まれて……♪」って。

(DJ松永)ああ、もうヤバい……。

(R-指定)もうヤバいやろ? 「そうだ、忘れないで……♪」ってね。

(DJ松永)もうヤバい、もうヤバい……。

SHINGO☆西成『アンパンマンのマーチ』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サウンドクリエイターズ・ファイル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました