スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ松永 NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDを語る

DJ松永 NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDを語る サウンドクリエイターズ・ファイル
スポンサーリンク

DJ松永さんが2020年9月6日放送のNHK FM『サウンドクリエイターズ・ファイル』の中で中学時代に聞いていたヒップホップ楽曲についてトーク。NITRO MICROPHONE UNDERGROUND『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』を紹介していました。

(R-指定)じゃあ、ここからはそれぞれのルーツを話していこうかなと思います。さっきのとちょっとかぶっちゃんですけども。音楽に出会ったのがその時代なんで。中学時代の話ね。

(DJ松永)中学時代はでも部活、頑張ってましたよ。

(R-指定)松永さん、何部やったんですか?

(DJ松永)サッカーです。サッカーは小学校4年生から始めたんですよ。それで結局、高校1年生までやるんですけれども。中学校3年生、最後の試合。俺、部活をすごい頑張ってたんですよ。

(R-指定)一生懸命練習に行って。

(DJ松永)俺、朝練も誰よりも早く来て練習して。残っても練習して。グラウンドの整備、レーキがけあるじゃないですか。土をならすやつ。あれってさ、1年生の仕事だったりするんだけど。俺、2年になっても3年になっても1人でやってたんだよ。もうめっちゃ本当に頑張っていて。誰より練習した自信があるんですけれども。満を持した3年生最後の試合、ベンチにも入れず。俺、体操技を着て保護者と一緒にメガホンを持って応援してました。

(R-指定)神も何もあれへんな……。そのそのレーキがけとかね、本来下級生がやることを自分がやって。報われるかなって。練習も頑張るけど、こういうこともいつか実を結んで報われるかと思ってたら、最後の試合。ベンチ外で?

(DJ松永)いや、本当に部活ってさ、その時って明確に多くの人は「サッカーをやりたい!」って。サッカー選手になるために逆算して小学○年生から努力して……みたいなのを考えてる人なんてほとんどいなくて。なんとなく部活が始まるから、友達と一緒に○部に入るみたいなとか。それってその自分の意志とかじゃなくて、流れに身をまかせて自然に部活を始めていく人が多いわけじゃないですか。そこで何となく始めていくみたいな。それで、始めてしまって。特に中学校に入った後にさ、途中で部活を辞めるっていうのもなかなか大変なわけよ。

(R-指定)辞める方がキツいんですよ。何事も。特に部活を辞めるっていうのはもう……。

(DJ松永)そう。学校の過ごしやすさとかさ、立ち位置とかいろいろ気にしちゃって。特に運動を途中で辞めちゃうと「逃げたやつ、挫折したやつ」っていうレッテルを貼られるし。

(R-指定)そう。「負けた」みたいなね。

(DJ松永)そう。しかもサッカー部のコミュニティーの中で生活してたりするわけじゃないですか。学生時代に。それで、辞めてしまうとそこの居場所がなくなって、学校自体の居場所がなくなって。浮いちゃうんですよね。だから、自分が「サッカーが好き」とか「サッカーやりたい」って当時、あんまり考えたことはなかったんだと思うんだよね。

(R-指定)途中から、どっちかというとそっち。サッカーじゃない部分の方でね。

(DJ松永)そう。いつの間にか、そうなっていて。だから「自分で選んで頑張ってたわけじゃないな」って今、思うとすごく思う。

(R-指定)松永さん、『愛という名のもとに』っていうドラマのチョロと同じことを言ってるわ……。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! 俺、何も知らないけど俺はチョロと同じことを言っているの?

(R-指定)チョロと同じ。もう名シーンやねんけども。「俺は大学時代、社会に出るのが怖かった。今は社会から出るのが怖いんだよ」っていう。だから松永さんは部活というね、ある意味社会じゃないですか。部活もね。そこに入るのが最初は、まあ戸惑うけども、でも入ってみた。そうしたら、次はその部活という枠組みの中から出てしまうことが怖いという。今はやっぱり難しい。会社とかもすぐに辞めれない。というか、そういう……。

『愛という名のもとに』のチョロと同じことを言っている

(DJ松永)そうそう。辞めるのもなかなか腰が重くなってくるんです。大変なんですよ。

(R-指定)「辞める」っていうことが「負け」じゃないけども。そんな感じがね……。

(DJ松永)そう。いいね。チョロ、竹原ピストルさんみたいな表現をするね。同音異義語でブチかますみたいな感じ。

(R-指定)そうそう。めちゃめちゃいい表現なんですよ。

(DJ松永)でも、本当にそうで。学生時代は、そうだね。部活を頑張っていたけど、そういった思いもしながら。でも、あんまり「辞める、辞めない」とかは考えないからさ。「健気に行っていたな」とか思うよ。本当に。

(R-指定)正直、1回そこは思考停止するやんな。その「辞める」っていう選択肢を自分の中でなくして。「これが当たり前や」って思考停止して頑張ってみるみたいな。それもな、尊いことなんですけどね。でもクラスとかで音楽とか、言うたら友達。部活の友達もいいけど、学校の友達でもいいけど。どんなんが流行っていたんですか?

(DJ松永)でもRも一緒かもしれないけど。俺、1人でヒップホップを聞いていたけども、周りは本当に聞いてないね。

(R-指定)俺らの世代ってそうなんですよ。マジで同級生でいなかった。

(DJ松永)そうそう。同級生、一番ヒップホップは聞かれていなかった時代。聞かれていたとしても本当に着うた系の、本当にJ-POPくくりに行っていたよね。だから本当にヒップホップシーンにいる人のヒップホップをクラスの人間が聞いてるっていうのはかなり少なくて。で、友達がね。ケンタロウという友達がいて。そいつ、歳が結構離れた姉ちゃんがいて。それこそ、結構クラブに遊びに行ったりとか、ストリートファッションに詳しかったりだとか。結構すごいシャレた姉ちゃんがいたんだよ。で、そのケンタロウの姉ちゃん経由でいろいろ情報が回ってきていたんだよね。

(R-指定)ああ、いいね!

(DJ松永)だからそこでストリートブランドとか、『Samurai Magazine』とか読ませてもらったりだとか。家にある『Ollie』を読んだりとか。それで服とかいろいろ覚えたりとかして。その流れで日本語ラップのCDですよね。ケンタロウに一番最初に渡されたのはRHYMESTERの『グレーゾーン』と雷家族のアルバム『330 More Answer No Question』と、あともう1枚がNITRO MICROPHONE UNDERGROUND。

(R-指定)ウエーイ!

(DJ松永)これ、さっきのマイファーストファイルでは「金を出して買ったやつ」っていう。で、これは借りたやつですね。中学生時代に聞くヒップホップ。これ、どんな作用があるかというとね、強くなった気になるんですよね。

(R-指定)さっき僕らが言ったのはちょっと悪い世界に触れたっていう。「悪い世界。悪いって、強いやん? 強いって、悪いやん?」って。フハハハハハハハハッ! アホみたいな(笑)。

(DJ松永)「つまり、かっけー!」っていう(笑)。

(R-指定)これ、NHKやろ?(笑)。

(DJ松永)でも、それが真実だから。

(R-指定)どうしても本能的に思ってしまうっていう。特に中学生なんて、ピュアやから。強く、かっこよくなれるんですよね。ヒップホップを聞いたら。

(DJ松永)一番、その時に強くかっこよくなれた曲を聞いてもらいましょうか。NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDで『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』。

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』

(DJ松永)お送りした曲はNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDで『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』でした。

(R-指定)強え! かっけー!

(DJ松永)ちょっと今、Rは眉間にシワが寄って顔、かっこよくなっているよ?

(R-指定)やっぱりそうなんですよ。強え音楽を聞いたら……それで、中学校の時にNITROを聞いてる松永さんもこの顔やったし。俺も中学校の時にヒップホップ聞いてた時にこの顔で帰ってましたから。喧嘩なんかしたことないのに。めっちゃガンをつけながら。

(DJ松永)メンチを切りながら。

(R-指定)周りに人がいないのを確認してから、ガンをつけながら帰りますからね。人がおったら普通に歩きます(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! でも本当にNITROのおかげで、なんかわかんないけど。なんか自尊心が満たされりとかするんですよ。中学生の。で、ミュージックビデオが本当に最高で。デカくてゴツい、悪い7、8人の男たちが次から次へとラップしだす。マジでかっけー! もう電車とかジャックしちゃうからね?(笑)。

(R-指定)電車の中でMV撮ってるんすよ。そんなね……。

(DJ松永)「こ、こんなの、いいのかよ! 日本の法律でっ!」って中学生の時の俺らが(笑)。

(R-指定)「つ、つり革にぶらさがっているぅ!」って(笑)。

(DJ松永)「や、ヤベえ! マジで悪い!」とか言いながら(笑)。

(R-指定)「NITRO先輩、マジかっけー!」って。言っていたんですよ。で、これをね、こういう感覚を今も取り戻していこうよ。なんか排除、排除になってるから。本当、いいよ。NITRO。数も多いしな。8人おるし。怖い悪いやつが数が多かったら、かっけーやん?(笑)。

(DJ松永)フフフ、これ、自動的に方程式でかっこよくなるのよ(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サウンドクリエイターズ・ファイル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました