スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリー『あちこちオードリー』バカリズム&東京03ゲスト回を振り返る

オードリー『あちこちオードリー』バカリズム&東京03ゲスト回を振り返る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリーのお二人が2020年7月25日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で『あちこちオードリー』バカリズム&東京03ゲスト回を振り返っていました。

(若林正恭)この間、まあ昨日なんだけども。『あちこちオードリー』収録があって。バカリズムさんと東京03さん。あとパンサーと佐藤栞里ちゃんが来てくれましたけどね。貴重な話が聞けたんですけども、なんかはうらやましいし、かっこいいなとも思うんだけど。バカリズムさんと東京03さんとかバナナマンさん、おぎはやぎさん。あのメンバーが同時期に集まっていたってすごいよね。

(春日俊彰)そうだね。楽屋にみんないたんだろうね。いろんなライブハウスの。今、考えるとすごい……まあ、その当時はもちろんわからんけども。すごい豪華なね。

(若林正恭)アンタッチャブルさんもいて……っていうことでしょう? すごいよな。ドランクドラゴンさんもいて。それで俺、考えたのよ。非吉本で東京の芸人で俺たちと同世代でバラエティーにいっぱい出てるのって、オードリーだけなんじゃないかな?って思って。

(春日俊彰)フフフ、まあね(笑)。

(若林正恭)いや、これはなんかテングとかそういうことじゃなくて、なんだろう? ファクトとして……。

(春日俊彰)まあ、そうだね。実際のところ……。

(若林正恭)でも、そうか。流れ星がね、出てるから。

(春日俊彰)ああ、そうだね。だけどやっぱりバカリズムさんとかの世代から比べるというか。そうすると、やっぱり数段落ちるよね。その、楽屋にいて、今思うと……っていう。

(若林正恭)思ったこと、ないけどね。

(春日俊彰)フフフ、それはズルいじゃない?

(若林正恭)ああ、でもナイツがいるから。

(春日俊彰)ナイツ。そうだね。でもまあやっぱり、まだまだだね。

(若林正恭)「まだまだ」っていうのは?

バカリズム&東京03と同世代の芸人たち

(春日俊彰)いや、ちょっと上の世代と比べるとさ。だって、バカリズムとかバナナマンさんとかがいた時代に比べて……だってみんながMCできるわけじゃない? 番組を持てる人たちが楽屋でなんかウダウダしていたわけでしょう?

(若林正恭)すごいよね。だってバナナマンさんがいて、おぎやはぎさんがいて。本当だ。全員がMCできる!

(春日俊彰)MCっていうか、冠番組を持てる。

(若林正恭)あとアンジャッシュさんもそうだ。みんなMCをできるもんね。そうか。あ、でも言ったら有吉さんも同じ世代になるのかな?

(春日俊彰)そうじゃない?

(若林正恭)すごいね。あそこのメンバー!

(春日俊彰)あと、ビビる大木さんとかさ。

(若林正恭)ああ、もうみんなMCができるんだ! そうか……。

(春日俊彰)そこが楽屋で「全然テレビに出れねえな」とかって(笑)。

(若林正恭)すごいメンバーだね! あと、俺はそれを聞いて。で、そのバナナさんとかバカリズムさんが深夜番組で絡んでいたらさ、そりゃあ絆もあるしさ、関係性もあるじゃない? で、「同期とかと番組やってみたいな」とか思ってたこともあるじゃない? でもさ、オードリーって関係のある人っていないんだよね。まあ、だからナイツだよね。

(春日俊彰)まあ、そうだね。でもなんかそんなにしょっちゅう……まあライブは一緒だったけどね。終わった後、かならず飲みに行くとかっていうことじゃないじゃない? 遊びに行くとか。

(若林正恭)俺、それを考えたら、なんかオードリーって……あのね、東京の吉本じゃない芸人って各事務所の一押しの芸人がオールスターみたいに集まるライブがあって。俺たちの世代はそこは、それこそ流れ星とか三拍子、磁石、タイムマシーン。それからHi-Hiさんも出ていたし。

(春日俊彰)あと、ハマカーンとかね。

(若林正恭)ハマカーンとか、どきどきキャンプもそうだけど。それで仲良くなるけど、俺たちそれ、出ていないんだよね。

(春日俊彰)そうか。そうだね。そうなんだよ!

(若林正恭)リーダーが褒めてくれた2007年の1年間ぐらいしか出てないから。で、それまでの俺たちからしたら、雲の上のライブだったんだよね。

(春日俊彰)そうだね。だからだいたいバーン!って売れる人のパターンとして、「いつ売れてもおかしくない」っていう状態が2、3年あるじゃん? その状態から、ようやくなんかの企画でバーンと行ったみたいな。我々はその「2、3年」がないじゃない? その一番の上澄みみたいな、一番上のところにいてずっと漂っているみたいな時期が。

(若林正恭)10ヶ月ぐらいだよね。ライブを荒らしてたのは(笑)。

(春日俊彰)そうそうそう(笑)。そうなんだよ。「なんであいつら売れないんだろうな?」ってずっと言われてるみたいな状態がないんだよね。そうだよね。だからそのオールスターのライブとかも呼ばれないしさ。

(若林正恭)それでなんかね、オンエアバトルにすげえ出ているメンバーなんだよね。だから6年間はほとんどショーパブしか出ていないの。ヤジられて。おしぼりを投げられて。

(春日俊彰)フフフ、そうだね(笑)。

(若林正恭)で、もう大人気じゃない? オンバトに出ているそのメンバーは。で、女の子の行列でできていて。だから俺、テレビに出てから『お笑いポポロ』に出るの嫌だったのよ。

(春日俊彰)なるほどね(笑)。

(若林正恭)もう今さらいいよって。下を向いてさ、そそくさと人気のあるコンビの横を通りすぎていたのに。今さらいいわって。

(春日俊彰)今さらまたね、その人気のあったコンビたちと一緒のページで、なんかかぶって出るっていうのもおかしな話だよね(笑)。

(若林正恭)まあ、今だったら一瞬やりますけど(笑)。お仕事だと思って。まあ俺たちみたいな何も出てないような、もう本当に地の底を這うような2人がね。なんで今さら出るの?って思ってたんだよな。

(春日俊彰)だからその時期がないから、やっぱり戦友みたいな芸人、あんまりいないよな。「売れようぜ」とか「なんとか出ていこうぜ」みたいな……だから、くすぶっていた時期がないっていうことなんだよね。

(若林正恭)そうだよね。いきなりネタは面白かったからね。そのメンバーの皆さんは。

(春日俊彰)それでやっぱりテレビでネタもやるし。人気もあるし。

(若林正恭)そう考えたら、ナイツも2006年ぐらいまで……滑りまくってたもんね。あいつらさ。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! そうだね(笑)。

滑りまくっていた2006年以前のナイツ

(若林正恭)全然面白くなかったんだよ。ナイツって。あの言い間違い漫才の前。ねえ。飯塚ね。「ううん」って……いや、ウケてはいないでしょう? だって。いや、飯塚、ちょっと待ってよ。それはファクトとしての話で。「ウケてる」っていう意味じゃ全然だったよ。ナイツ、2006年までは。

(春日俊彰)そうね。見た目的もなんかね、人気が出るような感じの2人じゃないしね。

(若林正恭)見た目はでも、イケメンだけど……。

(春日俊彰)どこがだよ!

(若林正恭)いや、お前、それはよくないよ……。数少ない同期に向かって。

(春日俊彰)当時はよ。土屋くんは最近やっぱりちょっとなんかね、いいおじさんみたいになってきたけど。若い頃の土屋くんなんかひどかったんだから。

(若林正恭)でもファッションセンスはあったからさ。

(春日俊彰)どこがだよ! 2人とも、なんだよ? 塙くんも、あれ。で、2人もたぶん気にしていないし。その人気は取りに行ってないしさ。そもそも。

(若林正恭)だからさ、その東京の非吉本で会ったらグッと来るのって誰? 俺は、だから会ったのはテレビを出てからだけども。やっぱりアンガールズさんなんだよね。田中さん。で、なんだろうな?って思ったら、『潜在意識』っていうので一緒で。いる時間も長かったし。よくしてくれて……まあ「よくしてくれた」っていうか、後輩だけど。

(春日俊彰)そうなんだよね。実はね。

(若林正恭)だからタナはちょっと「東京の」っていうイメージが俺の中であるのよ。

(春日俊彰)ああ、そうかー。

(若林正恭)あとは後輩……一世代下になっちゃうかな? まあハライチだよね。それは『キャンパスナイトフジ』で一緒だったから。

(春日俊彰)あれもでも「テレビで一緒」だからね。「ライブでずっと一緒」っていうわけじゃないから。ハライチもやっぱりテレビで会った後輩みたいな。

(若林正恭)まあ「強いて言えば」っていうことで考えていたんだけど。そうなんだよ。だから、いないんだよね。ずっと一緒だったの。なんか、ハマカーンとどきどきキャンプとオードリーで3組で一緒にやりなさい、みたいなのが会社であったけど。なんかあんまりだったもんな。うん。盛り上がんなかったよな、あんまりな。

(春日俊彰)なんかあんまり……そうだね。悪くはないんだけどね。悪くはない、よくもないし。うん。っていうところだよね。

(若林正恭)だから一緒にいた時間が短いんだよね。実は。ハマカーンとかも。

(春日俊彰)そうね。途中から入ってきたしね。うちの事務所にね。

(若林正恭)だから本当、誰と一番濃く時間を共にしたかって言ったら、TAIGAさんだからね。

(春日俊彰)フフフ、まあそうかー。そうだよね。ショーパブで一緒だったし。

(若林正恭)だからショーパブ芸人の方が全然濃いもんな。一緒にいた時間は。

(春日俊彰)まあ、そうだね。ジョーとかね、ダブルネームとかね。

(若林正恭)そうだよ。だからTAIGAさんとね、ダブルネームも……っていう感じだよな。座組みバラエティーをやるとしたらな。関係性があるのって。

(春日俊彰)なんか地味だなー。「地味」というか、何か、ねえ(笑)。

(若林正恭)「誰がMCをやってもおかしくなくて」って考えると、そのメンバーになるよな(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました