スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤江珠緒 2ヶ月ぶりの『たまむすび』復帰トーク書き起こし

赤江珠緒 2ヶ月ぶりの『たまむすび』復帰トーク書き起こし たまむすび
スポンサーリンク

新型コロナウイルスで療養していた赤江珠緒さんが2020年6月8日放送のTBSラジオ『たまむすび』で復帰。カンニング竹山さんと2ヶ月ぶりのトークを楽しんでいました。

(赤江珠緒)みんな、元気ー? 珠緒おねえさん、もとい珠緒おばさんも、元気、元気ーっ!

(カンニング竹山)フフフ(笑)。

(赤江珠緒)午後1時になりました。TBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』。こんにちは。赤江珠緒です。

(カンニング竹山)どうも。月曜パートナー、カンニング竹山です。

(赤江珠緒)こんな感じでしたっけ?(笑)。

(カンニング竹山)もう空回っちゃって。無理しすぎだよ(笑)。まあ緊張してたよね、本番前も、今日は。まあ、まずは最初にお帰りなさい。

(赤江珠緒)あ、ただいま戻りました。ありがとうございます。

(カンニング竹山)お帰りなさい。今日から復帰ですね、赤江さん。

(赤江珠緒)皆さんにもね、ご心配をおかけして。

(カンニング竹山)よかった、よかった。戻ってきてね。

(赤江珠緒)それがね、竹山さん。今、言ったのって『おかあさんといっしょ』の始まりなんですよ。「あつこおねえさんも元気!」って始まっていくんですよ。で、私がコロナの療養中、どうしても隔離生活で親子ワンオペみたいになっていた時にもうどれほど助けていただいたか。

(カンニング竹山)ああ、『おかあさんといっしょ』に?

(赤江珠緒)それへの感謝とリスペクトを込めまして。ありがとうございました!

(カンニング竹山)フフフ、今のはじゃあNHKの『おかあさんといっしょ』に「ありがとう」って言ったんですね?

『おかあさんといっしょ』オマージュ

(赤江珠緒)「ちょっと目が離せないけど、誰か見ていてほしい。『『おかあさんといっしょ』をかけるから、見ていて!」みたいな感じで助けていただいて。それ以外にも、だからつくづく思ったんですよ。こういうね、普段の放送……もう『たまむすび』も含めてですよ。私は参加してなかったんですけど(笑)。『たまむすび』とかも含めて、こうやって通常の放送をしてくれているっていうのもやっぱり、大変な時期だったじゃないですか。緊急事態宣言の間はね。で、医療者の方はもちろん、本当にありがとうございますっていうことなんですけど。やっぱりそういうね、普段通りのことをしてくださっているありがたさ。沁みましたよ、本当に!

(カンニング竹山)そういうことをいろいろと考えた時期だったんですね?

(赤江珠緒)そう。そういうことを考えて、そして「今週はなんと言っても第一声がすごく注目されてます」と……。

(カンニング竹山)注目されていて。今日、スタジオにもテレビカメラが何台か入ってますよ?

(赤江珠緒)テレビカメラまで入っている!

(カンニング竹山)赤江さんを撮っているテレビカメラが何台か入ってますよ。

(赤江珠緒)でもね、竹山さん。正直ね、竹山さんも「緊張してるでしょ?」っておっしゃってましたけども。あのね、緊張もしてるし、すごい気恥ずかしさがあるんですよ。

(カンニング竹山)なんで? ひさびさにラジオで話すっていうこと? 休んでいたっていうこと?

(赤江珠緒)そう。でね、考えたら私、産休で1年間、丸々番組を休んでいたことがあるんですよ。

(カンニング竹山)そうだよ。1年間、いなかったよ。

(赤江珠緒)でね、産休明けの時ってそんなに何も考えずにシレーッと戻ってきて。「よーし、陣痛の話をしてやらにゃ!」ぐらいの感じで来てたんで。なんにも思っていなかったんですけども。

ピエール瀧 里帰り出産で帰郷中の赤江珠緒の実家を急襲した話
ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で産休明けの赤江珠緒さんとトーク。出産のために兵庫の実家に里帰りしていた赤江さんの実家を瀧さんが突然訪問した話をしていました。

(カンニング竹山)はい。

(赤江珠緒)今回はね、なんかすごい気恥ずかしさみたいなのがあって。これはなんだ? 今週から復帰するって決まってから「あれ? あれれ?」みたいになって。「なんでだ、なんでだ?」ってちょっと考えていたんですよ。自分で。それでね、分析した結果があるんですけど、聞いてもらっていいですか?

(カンニング竹山)どうぞ。聞きましょう。

(赤江珠緒)まずね、ちょっと浦島太郎状態になってるんですよ。

(カンニング竹山)ああ、世の中と?

(赤江珠緒)うん。私がコロナに感染して、入院したり、なんやかんやしてた頃ってちょうど桜が咲いて……みたいな。で、ちょっと東京がまだ雪を被った桜が咲いて珍しかったですねなんて。で、ちょっとベランダに出ても「寒……」なんて言っていたぐらいだったんですよ。それから自宅にいたりして、病院にも入って。そうすると部屋から出ないじゃないですか。って言ってる間にどんどん季節が変わって、やっと部屋から出た頃には「なに、この夏みたいな? 初夏?」みたいな状況になっていて。

(カンニング竹山)あんまり感じてないんだけ。外とか世間を。

(赤江珠緒)うん。その空気もあんま感じてないまま、ちょっとタイムスリップしたみたいな感覚があって。その違和感がまず、あるでしょう? で、その中で当たり前に日常、こうやって毎週会えると思っていた竹山さんとかスタッフにも突然、会えなくなったから。なんかもう今日、会えたことががめっちゃ嬉しいんですよ!

(カンニング竹山)アハハハハハハハハッ! ああ、そういうこと? 人とね。

(赤江珠緒)そう! で、さっきね、竹山さんとスタジオに入る前に「ああ、竹山さん! おはようございます」って普通にあいさつはしたんですけど、「はあ! 竹山さんっ!」みたいな。自分の中で気持ちが……なんかちょっと竹山さんを見ただけで涙ぐみそうになってるから。「うわっ、まずい。落ち着け。赤江、落ち着け、落ち着け」って自分でちょっと抑えないと。もう何かね、今でもなんか竹山さんを見たら……。

(カンニング竹山)半分涙目になっているね(笑)。

(赤江珠緒)泣きそうになってくるもん。なんで竹山さんを見て泣かなきゃいけないのよ?っていう、この……(笑)。

(カンニング竹山)いや、わかんないけど。俺だって何もしていないのにいきなり目の前で泣かれても困っちゃうんだけど(笑)。

(赤江珠緒)そうでしょう、そうでしょう? だからそれがね、まず恥ずかしいじゃない? その自分の精神状態が。あ、本当にちょっと泣きそうになる……。

(カンニング竹山)フフフ、泣くなら泣いてください(笑)。

(赤江珠緒)本当に……「ああ、竹山さんだ!」みたいな。

(カンニング竹山)いつものスタッフとかね。会っていた人に会えなくなっているから。

(赤江珠緒)そこが犬みたいにブワーッて寄っていきそうで。「いかん、いかん。これはいかん。落ち着け、落ち着け……」みたいなの、あるじゃないですか。それらあるでしょう? それでいて、今回のこの病気っていうのは病気としては病気なんだけども。感染症ということがあるので。それで未知だったために、それぞれにイメージしている雰囲気が違うじゃないですか。すごくやっぱり怖い部分でイメージされてる方とか。「いや、病気だから治せばいいんじゃないか」っていう方とか。本当にそう。恐がり方もイメージされているのもそれぞれ違うから。

(カンニング竹山)個々で違うよね。

トークの足場がグラグラしている

(赤江珠緒)で、じゃあどれぐらいその予防するかとかも人によってやっぱり差があるので。どの程度の距離感で人と話していいのかとか、どうしていいのかもちょっと立ち位置……で、この今回のことをしゃべるにしてもトークの足場はどこなの? みたいな。ちょっとそこもグラグラしてるんですよ。たとえば出産だと、基本めでたいことだし。私以外にもその太古昔から女性がみんな経験したことなので。まあまあ、みんな知ってるよみたいな感じでワーッと話せばいいことなんだけど。

今回のことはもう本当にね、それは亡くなった方もいるし、すごく軽くて無症状のまま収まる人もいるとし……っていう風に差もあるし。さて、どこで? みたいな。なんかそこがわからない難しさと、その中で「第一声が注目されています」みたいな。「ええっ、気恥ずかしい、気恥ずかしい!」みたいな。その点……その3点ね。それからね、もうひとつはね、その自分が療養中。やっぱりラジオ、ありがたいなって。さっきも言ったように聞かせてもらってたんですけど。『たまむすび』、本当につつがなかった(笑)。

(カンニング竹山)何もないように普通にやっていたでしょう?(笑)。

(赤江珠緒)何の問題もなかった!

(カンニング竹山)普通でしたよ。

(赤江珠緒)もう本当、びっくりして。自分がおののくぐらい……だから私の代わりに来てくださった外山惠理さん。TBSアナウンサーの皆さんが来てくださって。えりつぃんはもう本当、私は足を向けて眠れないわと思って。玉さんも金曜日にね、「権藤、権藤、雨、権藤」って言って。「すごい登板回数だ」って言っていましたけども。いや、本当にそうだなと思って。ヘビーローテーションの中、やってくださって。『たまむすび』リスナーの皆さんの気持ちが離れないように繋ぎ止めてくださって。もう相変わらずのさっぱり、くっきり。サラッとキリッと。かんれいたらくち……あ、淡麗辛口みたいな。あ、ごめんなさい。やっぱり、ああっ!

(カンニング竹山)フフフ、いやいや、ものすごい甘い言い方をすると「淡麗辛口」ってたしかにパッと思いついてパッと言おうとしたら難しいから。噛みがちだからね。「かんれい」って言っちゃいそうだからね。

(赤江珠緒)ちょっとまだリハビリ期間と思ってください(笑)。まあ、でも本当に淡麗辛口みたいなね、素晴らしいトークをやってくださって。ありがとうございます。で、外山さんでしょう? それから出水さん。月曜日。

(カンニング竹山)出水さんもピンチヒッターではじめて月曜日に来たら俺がいらんことを言ったからちょっと事故っちゃって(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました