スポンサーリンク

赤江珠緒 サンテレビガールと学生時代の話

赤江珠緒 自由で活発な子供時代を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』のコーナー、『その筋の話』の中で自身のこれまでを振り返り。大学時代にしていたアルバイト、サンテレビガールの話などをしていました。

(玉袋筋太郎)さあ、そして大学時代ですよね。これ。アナウンサーを視野に入れた修行時代。何でもやります、サンテレビガールの筋。

(赤江珠緒)そうですね。それでなんか、中学ぐらいの時は旅館の女将さんになりたいとか。そんなことを言ったり・・・

(玉袋筋太郎)合ってるよ!

(小林悠)合ってると思います。

(赤江珠緒)ええっ?本当ですか?

(小林悠)いまだって、女将業みたいなもんですもんね。

(赤江珠緒)ああ、そうですかね。ホスト的なところ、ありますもんね。アナウンサーの仕事ってね。ゲストをお迎えして・・・っていうこと、ありますもんね。

(玉袋筋太郎)気持よく帰ってもらうってことだからね。

(赤江珠緒)うんうん。そういうのにすごく憧れて、やりたいって言っていたんですけど。まあ、いちばん最初のその小学校の時に、その怒られっぱなしの小学校の中で唯一褒められていたのが、本の朗読とか。

(玉袋筋太郎)ああー。

(赤江珠緒)それだったんで、そのいちばん最初の原点になりたかったのがアナウンサーって言ってましたんで。じゃあやっぱり、職業を考えた時にアナウンサー目指してみようかな?と思って。でもこの業界になんの・・・

(玉袋筋太郎)コネクションもない。

スポンサーリンク

アナウンサーになるために、とりあえずサンテレビでバイト

(赤江珠緒)どうやってなっていいかもわからないんで。とりあえず、じゃあいちばん近くにあったテレビ局でバイトしてみようと思って。

(玉袋筋太郎)このサンテレビっていうのはよく聞く単語なんですけど。

(赤江珠緒)こっちで言うテレビ東京さんみたいな感じかな?

(小林悠)ああー。

(玉袋筋太郎)テレビ東京ぐらいですか?もうちょっと下?

(赤江珠緒)もっとあっちはちっちゃいか。規模はちっちゃいですけど。もっとローカルですね。

(玉袋筋太郎)『おとなの子守唄』とかやってたじゃん。

(赤江珠緒)そうそうそう。

(小林悠)なんですか?

(玉袋筋太郎)エロい番組。マニアックな。そこにこう、アルバイトとして入ったんですか?

(赤江珠緒)はい。事業部のアルバイトとして毎年毎年こう、女性が5人ぐらい雇われて。で、その事業部でやる局のイベントとかを手伝ったり。あと、だから時々番組なんかに出て。なんかこう、商品を運ぶ時にガラガラガラ・・・って(笑)。

(小林悠)ああ、います。そういうお姉さん、いますね。テレビ番組でもね。

(赤江珠緒)はいはい。で、ゴルフ中継の時に『優勝おめでとうございます』とかって言って渡したりとか。

(玉袋筋太郎)それは他のアルバイトより結構よかったんじゃないですか?

(赤江珠緒)いや、でも日当っていう感じでしたかね。

(玉袋筋太郎)あ、日当なのね。あらー。そういったことをやっているわけですよ。

(小林悠)いま、手元の資料に赤江さんが素敵な丸眼鏡をかけている写真があるんですけど。

(赤江珠緒)ああ、あれね。

(玉袋筋太郎)事業部のイベントや生CMを手伝ったり。

(赤江珠緒)そうそう。これ、眼鏡屋さんのCMとか、お墓屋さんのCMとか(笑)。


※動画3:45あたりに赤江珠緒さん登場します

(小林悠)お墓屋さん!?

(玉袋筋太郎)幅広いね。うん。やってるのね。

(赤江珠緒)やったりはしましたね。

(玉袋筋太郎)他、アルバイトは何かやっていたんですか?

(赤江珠緒)あとはね、アルバイトは給湯器のラインの組み立て(笑)。

(玉袋筋太郎)これがまた、いいバイトじゃない。

(赤江珠緒)ノーリツさんで。

(玉袋筋太郎)ノーリツさんで。はー。

(赤江珠緒)やってましたね。それは本当にお金が良かったんですよ。しっかり、1日8時間ぐらい働いて。ほぼ、本当社員みたいに働いて。そうすると、1ヶ月ぐらい働くとものすごく固まったお金が入るっていうことで。やってましたね。

(小林悠)本当、幅広いですね。

(赤江珠緒)いや、ラインは難しいですよ。あの、自分のネジを回すところとかが止まっちゃうと、全部が止まっちゃう。ビーッ!っていっちゃうんで。失敗すると、押して止めないと。ラインを。みなさんがね、止まっちゃうんで。流れ作業をね、遅れをとらないように入っていかなきゃいけないっていうのを。

(玉袋筋太郎)工場長ですね!

スポンサーリンク

赤江工場長

(赤江珠緒)(笑)。あ、そうだ。あの時から!そこからやってました。

(玉袋筋太郎)そこからだ!

(赤江珠緒)工場、下積み時代があっての、工場長(笑)。

(玉袋筋太郎)そうだ、そうだ。

(小林悠)給湯器はもう順調に組み立てて?

(赤江珠緒)順調に組み立ててね。あとはね、歯科衛生士さんのバキューム。あれを手伝ってましたよ。

(玉袋筋太郎)ああ、やってんだー。

(小林悠)結構ほら、かわいい子、多いですから。

(赤江珠緒)あれ、上手にやらないとね、『グッ、ケッ、カーッ!』ってなりますから(笑)。

(玉袋筋太郎)『シューッ、ガッ!』。これね!危ない。

(赤江珠緒)『あ、ごめんなさい。ごめんなさい。入れすぎた』みたいなね。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)でもね、まだこのね、異性の影が出てきてないんだよね。異性。

(小林悠)なにかこう、サークルとかはやってなかったんですか?

(赤江珠緒)ひたすらもう、モテモテでございましたから。

(小林悠)(笑)。女子大ですよね?

(赤江珠緒)女子大でしたね。はい。大学の時は。

(玉袋筋太郎)けど、合コン合コンっつってね、いい時代ですから。

(赤江珠緒)『ダンパ』とか言ってました。

(小林悠)ダンパ!

(赤江珠緒)ダンスパーティーなんていう。

(玉袋筋太郎)ダンパですよ!

(赤江珠緒)あれ、なにがダンスなのかさっぱりわかんないですけど。そういうチケットがあってね。

(玉袋筋太郎)そう。そういうチケットを売り買いして。

(赤江珠緒)売り買いして。まあ、普通の大きめの飲み会みたいな感じですよね。ありましたねー。

(小林悠)あら、そこでモテモテで。結構お酒を飲むことも?

(赤江珠緒)まあ、そうですね。でもね、そんなに強くはなかったですけど。まあ、飲みましたね。普通に。サークルとかも行ったし。

(玉袋筋太郎)なんかこうね、艶っぽい話も聞きたいよね。

(小林悠)ですよね。なんかテニサーのコンパで何かがあったっていう話をきいたんですけど。

(赤江珠緒)えっ?テニスサークルで?

(小林悠)なんか酔っ払って帰って、お風呂に入ったら、なんか大変なことになってたっていう噂を聞いたんですが。

(赤江珠緒)ああー!そうですね。まだこう、お酒にも慣れていない時に飲んで、家に帰って。『もう!あんた、もう酔っ払って・・・』みたいな感じで。『あ、大丈夫、大丈夫、大丈夫。お風呂入って寝るからー』とか言って。で、お風呂に入ったままぜんぜん上がって来ないんで、うちの親がなんか心配になって。『大丈夫!?』って開けたら、下着上下つけたまま、チャプーンって・・・

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)ねえ。危ないです。気をつけてくださいよ。

(赤江珠緒)気をつけましょう。まだね、飲み方がわかってないっていうね。

(玉袋筋太郎)そう。彼氏ですよ。最初の彼氏。

(赤江珠緒)いや、でもそれがね、なんかあんまり彼氏とかはできなかったですね。

(玉袋筋太郎)ええーっ!?

(小林悠)初めて彼氏できたのは、何才の時ですか?

(赤江珠緒)ええと、20・・・もう本当に卒業直前ですもん。

(玉袋筋太郎)あっ、奥手ですな。こりゃ。

(小林悠)本当。大学3年生、4年生ぐらい。

(赤江珠緒)ほぼ社会人に近いぐらい。22ぐらいかな?

(玉袋筋太郎)小林さん、いくつでしたっけ?

(小林悠)私が初めて彼氏ができたのですか?大学2年生だから、19才ぐらいか?

(赤江珠緒)早い早い。

(玉袋筋太郎)ちょびヒゲの彼氏ですよ(笑)。

(小林悠)ちょびヒゲ、生えてない!生えてない!

(赤江珠緒)ちょびヒゲだったの?

(小林悠)生えてない(笑)。年上でしたけど、ちょびヒゲはなかったです(笑)。

(玉袋筋太郎)(笑)。いらんこと言わされちゃったよ(笑)。

(小林悠)赤江さんの話なんですからね。

(赤江珠緒)あ、そう。22ぐらい。

(小林悠)サークルの先輩ですか?

(赤江珠緒)いや、ぜんぜん違うところの。あ、まあOBみたい感じ。

(小林悠)あら、やだ!どこがよかったんですか?

(玉袋筋太郎)誰に似てたんだろう?

(赤江珠緒)なんかね、それはでも本当に申し訳ない感じだったんで。OBだからあんまり接点ないのに、周りの評判がよかったもんですから。それに、なんか恋するみたいな。平安時代じゃないけど、会ったこともないのに周りの人の評判で、『あの人がいいね』みたいになるのって、あるじゃないですか。

(小林悠)気持ちが盛り上がっちゃったんですね。

(赤江珠緒)そうそうそう。それで、なんかお付き合いしたっていうことはありましたね。で、付き合ってみたら『あれ?あれ?ちょっと違うな?』みたいになって。自分の中でイメージ、すごい作り上げちゃってたっていう。

(玉袋筋太郎)ああー、まあそういうことなんだよな。実際に付き合ってみると。今日はその方をゲストに・・・(笑)。

(赤江・小林)(笑)

(小林悠)ガチャ・・・みたいな感じで。

(玉袋筋太郎)いないいないいない。

<書き起こしおわり>


赤江珠緒 サンテレビガールと学生時代の話
赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』のコーナー、『その筋の話』の中で自身のこれまでを振り返り。大学時代にしていたアルバイト、サンテレビガールの話などをしていました。

赤江珠緒 下ネタで朝日放送入社試験に合格した話
赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』のコーナー、『その筋の話』の中で自身のこれまでを振り返り。朝日放送のアナウンサー採用試験で下ネタを話し、まさかの合格をした話をしていました。

https://miyearnzzlabo.com/archives/31361

タイトルとURLをコピーしました