スポンサーリンク

高田文夫 NHK『あたらしいテレビ 徹底トーク2020』を語る

高田文夫 NHK『あたらしいテレビ 徹底トーク2020』を語るラジオビバリー昼ズ
スポンサーリンク

高田文夫さんがニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』の中でNHKで放送されたNHK『あたらしいテレビ 徹底トーク2020』について話していました。

(高田文夫)だからついついテレビ、見ちゃうね。昨日のあれ、見なかった? 11時からさ、NHKが珍しくさ。時々、やるんだけども。コロナでもってテレビをどうするのか?っていうこと。きちんとさ、テレビがテレビについて、テレビの中で語っているんだよ。よく評論家がいい加減に書くこと、あるじゃない? それじゃダメなんだよ。やっぱりテレビの中でちゃんとテレビについて語り合わなきゃ。コロナのことはね。

(松本明子)はい。

(高田文夫)だからお前のところのプロデューサー……ほら、電波だよ。お前が一番世話になった土屋くんだよ!

(松本明子)はい、土屋さん。

(高田文夫)他人行儀な顔をするんじゃないよ!(笑)。

(松本明子)T部長。

(高田文夫)そうだよ。T部長。お、今日もTブームだね。今日はゲスト、「謎の大物T」だからね。そう。T部長。土屋とあとは佐久間くんだよ。また面白いんだよ。

(松本明子)オールナイトニッポンをやっている。テレビ東京の。

(高田文夫)それでまたフワちゃんが立つんだよ。臨機応変で面白いことを言うんだよ。あの子、パワースポットみたいな子だね。ほいであのさ、『逃げるは恥だが役に立つ』の作家の女の人(野木亜紀子)とかさ。みんなでテレビ論みたいなのをきちんと語るっていう。だからよかったね。

なぜ見たい番組が再放送されないのか?

(高田文夫)どうして再放送でも見たいものがなかなか流れないのかっていう。それはそれぞれの肖像権とか事務所とかの承諾の問題があるから。なのでできないとかね。そういうことをきちんとわかりやすく語っていたね。今、どうしてテレビはこうなのかって。だけどあれ、リモートでああいう風になっちゃうとこれからテレビっていうのはああなっちゃうのかね?

(松本明子)ねえ。どうなんでしょうね。リモートで。

(高田文夫)俺も放送学士だけどわからないね。私は大学で放送学を学んだけどもさ。これからの、今後のテレビをきちんとね。でも、そういうのをやっているっていうことはやっぱりNHKだね。

(松本明子)そうですね。

(高田文夫)でも、見たけど視聴率は2.1だって。放っておけよ!(笑)。数字、見たら2.1ってなんだよ。お前、視力検査じゃないんだからさ。

(松本明子)それ、見なきゃですよ。

(高田文夫)数字はいいんだよ。こういうのをやる姿勢がいいんだよ。NHKは。

(松本明子)そうですね。

(高田文夫)だから佐久間なんかテレ東で夜中にこういうのをガンガンやればいいんだよな。テレビ論とかな。で、ラジオはラジオでな、またちゃんといろいろとやっていけばいいし。ラジオ全体の問題もいろいろとやっていけばいいし。

(松本明子)だから『カラオケバトル』も私、リモートでやってまいりまして。いつもはスタジオでみんなで芸能人大会で。

(高田文夫)リモートタレント!

(松本明子)リモタレ(笑)。

リモートカラオケバトル

(高田文夫)リモタレ。太田胃散みたいな……胃もたれみたいな顔をして。どうしたの。どういうこと?

(松本明子)だからカラオケも普段、普通の番組だったらスタジオで歌うんですけども。1人ずつ、誰もいない小部屋に入って。

(高田文夫)トワ・エ・モワじゃないんだから。『誰もいない海』じゃないんだから。小部屋で?

(松本明子)カラオケの機械が置いてあって。自分で曲を入れて。で、「自分で歌ってください。点数は隠しておきますから」って。

(高田文夫)じゃあ、歌だけ歌うの?

(松本明子)歌だけ歌って。1人ぼっちで。

(高田文夫)手応えがないね、また。

(松本明子)手応えないですよ。寂しいですよ! それで結果発表もまたリモートでっていう(笑)。

(高田文夫)なんだよ。「応答します」みたいな感じじゃんよ。ああ、そう?

(松本明子)全部リモートですからね。

(高田文夫)テレビ、不思議になっているから面白いよね。だから今、再放送をいろいろとやっているけどさ。佐久間さんの言ってたことで俺、ひとつ面白かったんだけどさ。テレビって今、いろいろと再放送しているじゃない? だからEXITのさ、ポンポーン!っていうかねちー(兼近)、いるじゃない? 若い方。あいつ、一切テレビとか知らない子なんだよ。なんにも見ていないから。それで売れちゃったから。だから全然知らないんだよ。ちょっと前の人をなんにもだからかねちーに昔のM-1を見せたんだって。それでそのVTRをはじめて見るんだって。

(松本明子)ええっ!

はじめて過去のM-1を見たEXIT・兼近の反応

(高田文夫)あんだけ売れていて面白い子、かねちーがだよ。それでバッと見せて、M-1の千鳥の漫才を見せたんだって。そしたら「ああ、これは若者の戯言ですね」とかって言ったんだって(笑)。「若者も悪ふざけじゃないですか、これは」って。「じゃあ、これはどうだ?」ってチュートリアルのを見せたら「つまんないですね、これ!」って(笑)。知らないから。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)それで「これから面白くなるんだよ」って教えたらしいんだよ(笑)。「この時代から面白くなるんだよ」「これ、本当にM-1チャンピオンですか?」って。だからそのぐらい、今の子はわからないんだよ。何ひとつ。だからいいんだよ。だからもう1回、こうやって教えていくっていうのも大事なんだよ。流れているよ。考えてみれば。

(松本明子)へー!

EXIT兼近 過去のM-1グランプリをはじめて見て感じたことを語る
EXITのお二人が2020年2月18日放送のニッポン放送『佐久間宣行の東京ドリームエンターテイメント』にゲスト出演。過去のM-1グランプリを一切見ていなかった兼近さんが2001年の第一回から見てみて感じたことを話していました。 🗼佐久...

(高田文夫)だって土屋くん。T部長がその中で一番のベテランでさ。「キャリア、長いですね」なんて言われているんだよ。俺から見れば小僧っ子だからね。土屋部長だって全然先輩だから。だってあれ、テリーの弟子みたいな感じだろう、土屋くんは。だから俺なんか、長すぎるんだよな。もう前の世紀の人だからさ。本当だよ。

(松本明子)フフフ、だから昨日、大食い選手権も流れていましたけども。若い子は『TVチャンピオン』も知らないんですね。

(高田文夫)だから大食い、12チャンネルのをアッコやなんか、やっていたろう? 中村ゆうじと。中村ゆうじ、あそこだけ面白いんだよ(笑)。

(松本明子)生き生きしていましたもんね(笑)。

(高田文夫)あれ、あいつ全部仕切るんだよ。あそこの現場は全部、あいつが。ラッシャーと同じタイプだから。前乗りで行っちゃうから。ラッシャーなんかいまだに。ラッシャーと同じタイプだからさ。あれ。それで大食いをやってんのよ。

(松本明子)やってましたけども。じゃあ、はじめて見る子供たちも多いかもしれないですね。

(高田文夫)そうなんだよ。だけど『電波少年』だけは流せないらしいよ。コンプライアンス的に。お前の番組だけは一切流せないと(笑)。

(松本明子)コンプライアンス、アウトー!

(高田文夫)アウト(笑)。『電波』だけは流せないって(笑)。

<書き起こしおわり>

佐久間宣行 NHK『あたらしいテレビ 徹底トーク2020』を語る
佐久間宣行さんが2020年5月13日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中でNHKで放送された『あたらしいテレビ 徹底トーク2020』に出演した際の模様を話していました...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラジオビバリー昼ズ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました