スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリー若林と佐藤満春 BUDDHA BRAND『人間発電所』を語る

オードリー若林と佐藤満春 BUDDHA BRAND『人間発電所』を語る bayfm
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリーの若林さんがbayfm『ON8+1』に出演して佐藤満春さんと日本語ラップについてトーク。BUDDHA BRAND『人間発電所』や梅沢富美男さんとの『夢芝居 ラップバージョン』について話していました。

(佐藤満春)このコーナーは普段、1週間の中でも一番好きな邦楽のロックを……それこそくるりだのエレカシだのってかけるコーナーなんですけども。今日は若林くんがゲストということで。私も日本語ラップ曲を1曲、選ばせていただきました。まずはかけましょう。BUDDHA BRAND『人間発電所』。

(若林正恭)いいねえ!

BUDDHA BRAND『人間発電所』

(佐藤満春)かっこよくて乗っていっちゃうね。ずっと聞いちゃうね。BUDDHA BRANDの『人間発電所』。

(佐藤満春)やっぱりこの、僕はそんなに詳しくないので、単純に聞き心地で聞いてたというか。なんか英語と日本語がこれ、混ざるじゃない? 帰国子女だから。こんなブレンド感というか、自然に英語と日本語と……それまでは日本語の曲と英語の曲っていうのが分断していたんだけど、BUDDHA BRANDを聞いてからは本当にこのリズムもフロウも韻もわかんないけど聞き心地で聞いてたという思い出だね。

(若林正恭)どこが日本語でどこが英語かわからなくなるもんね。ぞれをなんか結構ディスる人も出てきたり、出てこなかったりっていうような時だったよね。

(佐藤満春)そうだったね。

(若林正恭)これはね、先輩が中庭の朝礼台みたいなところでね、「ワンツーワンツーで脳内出血確実……」みたいなことを言っていて。あんまり知らない先輩だったけど、「その曲、誰ですか?」って聞いて、その後にディスクユニオンに買いに行ったんですよ。それを思い出すね(笑)。

(佐藤満春)へー! すごい出会いだね。これは96年。

(若林正恭)ああ、96年か。だと思うよ。

(佐藤満春)我々が高校生ぐらいかな? はー、思い出すもんだね。すごいよね。これがだから、BUDDHA BRANDも外せないかなって思って。

5曲じゃなくて24時間やりたい

(若林正恭)絶対に外せないでしょう? もっと外せない人がいるのよ。それを「5曲」とか言うからさ。24時間でやりたいんだよね、本当は。俺、できると思うよ。本当に。24時間(笑)。

(佐藤満春)どうですか、bayfmは?(笑)。

(若林正恭)日本語ラップ24時間(笑)。

(佐藤満春)ラジオ・チャリティ・ミュージックソンみたいな(笑)。いろんなラッパーの人が募金をしに来てくれたらいいかなと思いますけども。ということで、私のセレクトはBUDDHA BRAND『人間発電所』でした。ということで、ゲストは若林くんに来てもらっています。メールを読んでいこうかな。この話も結構来ていて。「梅沢富美男 feat. MC.waka『夢芝居 -New Version』制作はどのように進められたんですか?」という。要はあれ、ラップのリリックは若林くんが書いたわけでしょう? どういう感じで書いていったの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bayfm
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました