スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪と川上アキラ ヒャダインとFKDを語る

吉田豪と川上アキラ ヒャダインとFKDを語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ももいろクローバーZのマネージャー兼プロデューサーの川上アキラさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと『ミライボウル』事件やヒャダインさん、FKD(福田幹大)さんなどについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「『ミライボウル』事件について」。僕が大好きで掘り下げているやつですね。

(川上アキラ)「『ミライボウル』事件」?

(吉田豪)『ミライボウル』がなぜああなったのか? みたいな経緯というか。そういうことがものすごい好きで僕がよく調べていることなんですよね。これね。

(川上アキラ)ああー。あれは、前山田さんか。はいはい。なんか、ありました? 『ミライボウル』って。

(吉田豪)ものすごいぼんやりしてますね(笑)。

(川上アキラ)いやいや。

(吉田豪)『ミライボウル』、最初にできた曲がいまいち……もうちょっとひとひねりほしいっていうことで2曲を合体させた結果、前山田さんが機嫌を損ねて……みたいな。

(川上アキラ)ええっ、そうなの?

(吉田豪)それでしばらく溝ができることになったみたいな。もう忘れています?

(川上アキラ)いや、俺ごめんなさい。これ、芝居じゃなくて。そうだったっけ?って。でもね、ある程度は……そうか。これはよくないね。

(吉田豪)だから日本青年館の時は距離がちょっとあって……みたいな。

(川上アキラ)青年館の時は。ああー。これね、本当にだからももクロを語る中で1人、やっぱり奇人がいるんですよ。実は。まだ全然表に出ていない。当時からいろいろとVにも出ていた宮井さんっていう人がいるんですよ。いまでも暗躍している。そういう人が福田幹大とかを連れてくるんですよ。A&Rで。当時、まだユニバーサルに行く前に音楽をやっていた。後に、どこに行くんだっけ? 「FKD」っていうね。

(吉田豪)はいはい。一時期、話題になった。PASSPO☆を仕掛けたことでも話題になった。

(川上アキラ)ああ、そうそう! PASSPO☆にも行きました。

(吉田豪)PASSPO☆に1位を取らせた人っていうかね。

竹中夏海と吉田豪『シュガー・ラッシュ:オンライン』とPASSPO☆を語る
振付師の竹中夏海さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』にゲスト出演。吉田豪さんと映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』と卒業や解散を考えるアイドル、そしてオタとの関係性の共通点について話していました。

(川上アキラ)はいはい。一緒にユニバーサルまではいたのかな? だから『走れ!』とか『オレンジノート』。あのへんはだから……。

(吉田豪)FKDですよね。ももクロの予約で積んで、積んで……みたいなシステムを作った人っていうか。

(川上アキラ)そうですね。最初にいて。だから僕が表立ってっていうことじゃなくて、あいつを表に出していたんですよ。傀儡みたいなのを作ろうと思って。悪く言われるの、嫌だし(笑)。「お前が前に出ろ」ってやっていたんですけど。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 藤波辰爾社長政権みたいな?(笑)。

(川上アキラ)そうそう(笑)。でもなんか作り手の顔が見えている方がいいなってずっと思っていたんで。でもね、福田、辞めやがったんで。

(吉田豪)その『ミライボウル』はFKDも絡んでいたんですか?

(川上アキラ)あの時にはもういなかったんじゃないですか? もうキングになっていたから。でも、前山田さんが来た時とかね。そうそう。だから『ワニとシャンプー』の時なんか、本当に初期の時に「こんな感じだと面白いですよ」とかって話を聞いてましたもんね。「『ワニの背中は洗えないじゃん』みたいなこととか。あれを歌にできたらいいっすよね」みたいな。福田くんはだから面白いっすよね。『オレンジノート』『走れ!』。そうですね。当時。『怪盗少女』の時はまだいるのかな?

(吉田豪)ですよね。初期の方向性を作った重要な人物。だからPASSPO☆以降は僕も知らないんで。どうしているんだろうって思って。話を聞いてみたいですけどね。いっぺんね。

(川上アキラ)1回ね、もう1回福田となんかやろうって。はちロケかなんかの曲を作ってもらおうっていうのがあったのかな?

(吉田豪)へー!

(川上アキラ)みんなあのへん、だから当時、イベントを自分たちで手作りでやっていたから。はい。高城がすごい福田のこと、嫌いなんですよ。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(川上アキラ)すごいぎゅうぎゅうに詰められているのを覚えていて。「大嫌い!」っていまでも言ってますよ。

(吉田豪)(コメントを読む)「豪さん、『ミライボウル』大好き」。大好きなんですよ。

(川上アキラ)いや、いいですよね。あれは。

(吉田豪)結果的に奇跡的な曲ができたなって思っていて。不思議な。(コメントを読む)「川上さん、楽曲にはあまりタッチしていないからな」。昔から、それ言っていますよね。

(川上アキラ)僕、本当に音でいい・悪いとあと歌割りは全部僕なんですよ。やらせてもらっていて。それは画と連動をしたいんでっていうことで。それは純乃介くんも良しとしてくれて、こんな音楽素人にね。だから「これ、大丈夫? 音楽として成立している?」っていうことはいつも純乃介さんに聞くセリフですよね。「ここでだからやっぱりオチサビでこういう画にしたい」とか。そういうことを聞いてくれるので。

(吉田豪)はい。ヒャダインさんとの和解も面白かったですけどね(笑)。

(川上アキラ)フフフ(笑)。だって人がアルバムを作っている時にわけのわからないことを言い出すから。「なんでお前、そんな……うちの会社じゃないの?」みたいな。面白いっすよね、ケンちゃん、面白いなって(笑)。で、なんか伊勢参りみたいなことをしている途中で「ああ、でも別に仲直りしたら面白いよね」って思って。

(吉田豪)フフフ、そこでそれを考えられるのがさすがだと思いましたよ。こういう着地にするんだっていう(笑)。

(川上アキラ)時間がたつとあんまり腹も……いつもガーッ!って怒るんですけどね。そうそう。

(吉田豪)(コメントを読む)「FKDを含めていまがある」。

(川上アキラ)そうね。だと思います。僕は。

ヒャダインVS川上アキラ・プロレス

(吉田豪)(コメントを読む)「ヒャダインとのエコパスタジアムでのプロレスについて、どうですか?」。

(川上アキラ)いや、もうすごかったですね。ああ、そうですね。レフェリーが足立(光)さんだ。そうだ。

(吉田豪)あれ、「足立さんが仕掛け人説」を聞きましたよ。

(川上アキラ)どういうことですか? 足立さんが仕掛け人って。

(吉田豪)その和解に至る流れの……。

(川上アキラ)ああ、本当ですか? 足立さん、だって後から遅刻してきたけど。

(吉田豪)フハハハハハハッ! そうなんですか?

(川上アキラ)あの時……レフェリー、誰に頼もうかな? 足立さんかな?って。ムーブとか、どうしようか? 足立さんに聞こうとか。そんな、あれじゃなかったかな?

(吉田豪)へー。そんな感じなんですか。

(川上アキラ)足立さん、でも面白いですよ。

(吉田豪)面白いですよね。

(川上アキラ)足立さんはすごいですよね。奇跡の50何歳っていうか。

(吉田豪)最初の出会いってあれは?

(川上アキラ)僕は『アイドル道』です。佐々木さんが演出をしているアイドルの番組に沢尻さんと佐藤めぐみさんとかが出ていて。そこになんか、やっぱり足ツボ師みたいな感じで出てきて。フジテレビでやっていた番組です。『アイドル道』。

(吉田豪)はいはい。もちろん知っています。だいたい足を押して痛がらせるっていう。意外とアイドル番組のいろんなところに呼ばれては足を押していた足立さん(笑)。

(川上アキラ)それでずーっと格闘技の裏話をして、人の悪口ばっかり言っているなって。だいたい足立さんのところで僕も肉体改造をしようと思って。ずーっとなんか、脇で悪口言ってましたよ(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! それが面白くて「また仕事をしたいな」って(笑)。

(川上アキラ)足立さん、大好きですね。ことあるごとに。はい。

(吉田豪)フフフ、(コメントを読む)「ヒャダインに大ブーイングが起きたエコパ大会、面白かった」(笑)。

(川上アキラ)フフフ、でもいいっすよね。あんなことをやらせてもらえるんだから。俺、どうしようかな?って。あれで出ようかとか、『爆勝宣言』がいいかなとか、勝手に思っていられるんですから。こんな気楽な運営、ないっすよね。プロレスごっこ(笑)。

(吉田豪)大会場でプロレスごっこを大観衆の前でできるってなかなかないですよね。

(川上アキラ)ないですよね(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました