スポンサーリンク

ハライチ 相方以外で一緒にラジオをしたい人を語る

ハライチ 相方以外で一緒にラジオをしたい人を語る ハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチのお二人が2020年3月5日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドでお互い以外でラジオをしてみたい相手について話していました。

(澤部佑)メール、来てますよ。「前回の放送でドリームマッチのフィーリングカップルのお話をされていましたが、先日のラジオエキスポの爆笑問題さんのステージでも行われていました。『もしラジオをやるのなら誰と?』という内容で爆笑問題、アルコ&ピース、空気階段、うしろシティの4組で行われ、田中さんとかたまりさん。太田さんともぐらさんがそれぞれカップルになりました」という。

(岩井勇気)ふーん。

(澤部佑)すごいね。爆笑さんと空気階段。「……その際、田中さんが『俺は本当はハライチの岩井がいいけどね。猫の話とかできるし』とおっしゃっていました。この中でもし組むとしたら誰がいいですか?」。

(岩井勇気)嬉しいね。田中さんは。

(澤部佑)まあ、田中さんとやっていたしね。『田中と岩井のニャンコロトーク』っていうのをね。それが田中さんも楽しかったんだろうね(笑)。

(岩井勇気)田中さんはもう全部……たぶんどういう球を投げてもキャッチしてくれるからね。

爆笑問題・田中さんはどんな球でもキャッチしてくれる

(澤部佑)まあ、そうだね。誰だろうな? この中か……難しいな。

(岩井勇気)じゃあ、誰が嫌だ?

(澤部佑)うーん……俺、でもみんな嫌かもしれない。

(岩井勇気)フハハハハハハハハッ!

(澤部佑)このメンバーは誰ともうまくやる自信がないな。

(岩井勇気)変なやつばっかりだもんな。

(澤部佑)だからそうなると俺も結局、田中さんがいいかもしれないね。

(岩井勇気)田中さんがいいよね。田中さんか太田さんかな?

(澤部佑)そうね。

(岩井勇気)もぐらかな?

(澤部佑)もぐら……うーん、もぐらか。かたまりなんてもう怖くてできないしな。

空気階段・水川かたまりはヤバい

(岩井勇気)なんか、なんていうの? ヤバそうだもんね。なんか……歯をギリギリギリッてやってブースから出ていきそうだもんね。

(澤部佑)うわっ、怖……終わった後?

(岩井勇気)いや、やっている最中だよ、あいつは。

(澤部佑)フフフ、めちゃくちゃヤバいじゃん(笑)。

(岩井勇気)いや、ヤバいんだよ、あいつは本当に。本当にそうなんだよ。

(澤部佑)かたまり?

(岩井勇気)たまに空気階段のラジオを聞いていると。

(澤部佑)まあ、でも2人ともいいやつでしょう? 純粋なやつでしょう?

(岩井勇気)うーん、わかんない。

(澤部佑)それ、わかんないから組めないよな。うしろシティさんは?

(岩井勇気)うしろシティさんは……なんか、すごい上辺の話になりそうじゃない?

(澤部佑)まあ、だから結局『デブッタンテ』とかもやっていたしな。今更、やってもたしかにそうだな。

(岩井勇気)上辺トークになりそうじゃない?

(澤部佑)じゃあ、アルピーさん?

(岩井勇気)その上辺のノリ、あるじゃん?

(澤部佑)まあ、そうだね。いきなり2人でボンッてなったら、基本そうなっちゃうよな。たぶん。

(岩井勇気)なんか上辺のノリも合わなそうだもん、なんか(笑)。

(澤部佑)せめて、上辺のノリは合う人とがいいな(笑)。

せめて上辺のノリは合う人とがいい

(岩井勇気)アルコ&ピースさんは上辺のノリはまあ合わせられそうな感じがしなくもないじゃん?

(澤部佑)アルピーさん? うん。結局、やっぱりちょっとだから難しそうだもんな。田中さんかな?

(岩井勇気)そうだね。

(澤部佑)他はだから、決まらなかったっていうことですね? 爆笑さんと空気階段さんがペアになったというだけで。そうなんだ。

(岩井勇気)そうだな。

(澤部佑)でも、フリーってなった誰とかラジオ、やりたい?

(岩井勇気)ええーっ? 誰でもいいっていうこと?

(澤部佑)誰でもいい。別にTBSのパーソナリティーとかでも。今、今ラジオをやってない人でもいいよ。全然。

(岩井勇気)うーん、誰だろうな? うーん……。

(澤部佑)誰だろうな?

(岩井勇気)誰でもいいんだよ。

(澤部佑)フフフ、結局そうか。誰だも。

(岩井勇気)誰?

(澤部佑)うーん……ああっ、あの……誰でもいいんだよね? となると……そうね。岡部?

(岩井勇気)おお、ハナコの?

(澤部佑)ハナコの岡部ね。

(岩井勇気)すごいなんか薄っぺらいラジオになりそうじゃない?

「ハナコの岡部」(澤部)

(澤部佑)フフフ(笑)。いや、そのへんのことは考えてないから。やっぱりその、あいつは本当にいいやつだから。そこの面のみね。もう。俺、ラジオ番組としてどうなのかはわかんないけど。嫌な気持ちにはならない。絶対、あいつとならね。

(岩井勇気)なるほどね。俺はもう『ハライチのターン!』以外、考えられないね。

(澤部佑)それをやるな! その手口を。おい! ちょくちょくやるんだよ、こいつは!

(岩井勇気)フフフ(笑)。

(澤部佑)「他の人とコンビ組むとしたら、誰がいいですか?」みたいなの。やってたな、それ。『波瀾爆笑』とかでもやってたよ、こいつ。「澤部さん、お二人、どうですか? コンビを他の人と組むとしたら、誰がいいですか?」みたいな。で、俺が「千鳥の大悟さんとかですかね? やっぱりちょっと破天荒なボケにツッコミたいですかね」みたいな。そしたら「いや、澤部しか考えられないです」みたいな。ズルいのよ。

(岩井勇気)お前、ひどいよな。ひどい。

(澤部佑)それ、ズルいんだよ。汚い……好感度が自然と上がるやつ。汚い(笑)。

(岩井勇気)誰かな? 俺は西原理恵子さんとかな?

(澤部佑)フハハハハハハハハッ! ああ、面白そうだね。

(岩井勇気)西原理恵子さんとか犬山紙子さんとか辛酸なめ子さんとか(笑)。

「西原理恵子、犬山紙子、辛酸なめ子」(岩井)

(澤部佑)ちょっと辛口コメンテーターみたいな女性、辛口コメンテーターみたいな方々たち。それ、そこらへんのメンバー、面識は?

(岩井勇気)ほぼ……犬山紙子さんだけぐらいかな?

(澤部佑)ああー。面白そうだよ。結構、2人でいろんなことを斬っていくみたいな?

(岩井勇気)そう。なんかどうでもいい話もできそうじゃん?

(澤部佑)まあね。で、なんかすごい気に入られそうだしな、お前が(笑)。

(岩井勇気)フフフ、そう(笑)。

(澤部佑)「岩井くーん」って(笑)。

(岩井勇気)そういう人、やりやすいんだよ。俺、なんか。

(澤部佑)なんか、そうだな。社長……ほぼ社長みたいな感じだね。うちの社長とかと結構近い世代だったりするかもな。

(岩井勇気)だからワタナベエンターテイメントの渡辺ミキ社長とラジオをやってもいいよ(笑)。

(澤部佑)フフフ、かもな。それが一番いいかもな(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました