スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZORNとR-指定 韻の飛距離を語る

ZORNとR-指定 韻の飛距離を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZORNさんが2020年2月18日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』に出演。R-指定さん、DJ松永さんと韻の飛距離について話していました。

(R-指定)でもそんだけね、我々はいろんな韻を食らってきた世代で。で、ZORNさんは俺らの世代の中でも一際、さらにいろんな韻を吸収してきて、その韻をネクストレベルに常に持っていってくれてる同世代の人というか。

(DJ松永)そうだよね。

(R-指定)もうどう考えても同世代で一番韻が固いじゃないですか。

(ZORN)そうかな?

(R-指定)やっぱり、なんていうかその長さといい……あとはよくZORNさんと俺がか話すのが「韻ってやっぱり飛距離が大事やんな」っていうね。

(ZORN)そうなんだよね。韻には飛距離があるんだよね。

(DJ松永)あの、ちょっと説明してもらっていいですか?(笑)。ちょっとわかんないで……韻って飛ばす競技だっけ? 踏む競技なんじゃないんだっけ?(笑)。

(R-指定)いや、踏むんですけど、踏んで飛ばすんですよ。

(ZORN)そうなんだよね。

(DJ松永)踏み飛ばすの?

(R-指定)踏み飛ばすんですよ(笑)。

(DJ松永)俺の知らない陸上競技ですよ(笑)。

韻は踏んで飛ばすもの

(R-指定)だからその「A」という言葉と「B」という言葉で踏もうとしたら、この「A」っていう言葉と「B」っていう言葉の響きは近ければ近いほどいい。でも、その内容がかけ離れていれば離れてるほど韻として面白いというか。

(ZORN)そう。

(DJ松永)意外性の部分ってことですか?

(ZORN)そういうことだね。

(R-指定)「その言葉とその言葉で踏むんや!」みたいな。だから俺、ZORNさんので好きなのはこの間、急に電話がかかってきたんですよ。で、「はい、もしもし?」って言ったらZORNさんが「あのさ、いいライムを思いついたから聞いてよ」って、思いついた韻を教えてくれて。

(DJ松永)えっ、ちょっと待って……(笑)。ライムテレフォンがあるの?

(ZORN)フフフ(笑)。

(R-指定)ラッパーの世界にはライムテレフォンがあります!

(DJ松永)初めて知った(笑)。

(ZORN)存在します(キッパリ)。

(R-指定)その時、ZORNさんがブワーッと電話越しで言ってくれたのが「表参道のオープンカフェより 嫁さんとの醤油ラーメン」っていう。この飛距離、わかるか?

(DJ松永)フフフ、飛距離ですね! いや、わかりますよ。

「表参道のオープンカフェより 嫁さんとの醤油ラーメン」

(R-指定)で、それを聞いた瞬間に「ZORNさん、曲も飛距離、エグいっす!」って(笑)。

(ZORN)爆笑していたからね(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! 最高ですね! でもやっぱりZORNさんの人間性が出ているよね。その韻に。AIでは出せない人間性が。人生が乗っているというか。

(R-指定)ZORNさんという人間の人生が乗っている。で、その飛距離……これはAIには出せない。だからその曲をぜひ聞いてほしいんですね。

(DJ松永)では、ここで1曲。その韻が入ってますよ。ぜひ聞いてください。ZORN feat. AKLOで『Have A Good Time』。

ZORN『Have A Good Time feat. AKLO』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました