スポンサーリンク

みうらじゅんと高田文夫 2020年流行ベスト3を予想する

みうらじゅんと高田文夫 2019年流行予想を振り返る ラジオビバリー昼ズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みうらじゅんさんが2020年1月20日放送のニッポン放送『ラジオビバリー昼ズ』に出演。高田文夫さんと2020年に流行しそうなものを3つ、予想していました。

(高田文夫)このマイ遺品は見事に残っていますね。じゃあ、いよいよドキドキする今年のズバリ予想に行きますので。その前にちょっと1曲……。じゃあみうらさん、お好きな曲を。

(みうらじゅん)これね、ブロンソンズっていう……さっきロバート・ブロンジーの話じゃないですけども。今、ブロンソンズって銀杏BOYZの峯田くんっていうのが1人、入ったんですよ。だから俺と田口トモロヲと峯田くんの3人でやってるんですけど。で、それでね、これが何にもCDも出てないんですけど。せっかく3人でやったんだからって適当にスタジオに入って適当に録った音源を今日はもう録って出ししてもらおうと思って。

(高田文夫)最新のやつがあるの?

(みうらじゅん)そうです。これ、初ですので。

(高田文夫)じゃあ、ちょっと行きましょう。曲紹介を。

(みうらじゅん)はい。『マンダム~男の世界』。新生ブロンソンズです。聞いてください。

スポンサーリンク

新生ブロンソンズ『マンダム~男の世界』

(高田文夫)「こりゃもうマンダム」と。

(みうらじゅん)そうですね。こりゃマンダムですね。

(松本明子)昔ね、一世を風靡したコマーシャルですね。

(みうらじゅん)そうですね。ジミー・ウォレスという人が歌っていたんですけども。

(松本明子)こういう歌詞だったんですか?

(みうらじゅん)日本語は勝手にこっちで。印税は何も入りませんので。

(高田文夫)商品化もされていない?

(みうらじゅん)商品化もされておりません。持ち込み企画です。すいません(笑)。

(高田文夫)ああ、そうですか(笑)。いいじゃないですか。峯田さんとか入ってね。初期の、一番最初のブロンソンズっていうのを彼が作ってさ。全員集められてさ、みんなでテンガロンハットかぶってつけヒゲして。俺もその中にいるんだよ。ねえ。ジャケットに写っている8よな。

(みうらじゅん)高田さんも来ていただいて。ありがとうございます。

(高田文夫)俺も初代ブロンソンズだから。

(みうらじゅん)そうです! そうなんです!

(高田文夫)俺が初代ブロンソンズだからね。

(みうらじゅん)「初代」っていうか、もう「仲間」ですよ!

(高田文夫)ブロンソンズだから。そうそう。

(みうらじゅん)忘れていたと思いますけども。

(高田文夫)そうそう。さあ、いよいよですね、リスナーの皆さんもドキドキしていると思いますが。みうらさんが注目する今年の……。

(松本明子)新年恒例、2020年に一体何が来るのか? 一体何がブームになるのか? みうらじゅんさんが注目するものを発表していただきます。2020年これに注目、第3位は?

スポンサーリンク

第3位:ブロンソンズ

(みうらじゅん)これはもうしょうがない。ブロンソンズになってしまうわけで。あの、冷蔵庫に貼るマグネット、勝手に作りましたので。これ、ちょっと見てくださいよ。真ん中がロバート・ブロンジーっていう人なんですよ。

(高田文夫)そっくりだね!

(みうらじゅん)そっくりでしょう? 生き写し。

(高田文夫)その人を挟んでみうらさんと田口トモロヲさんと3人が写っているっていうことですね?

(みうらじゅん)一応、ブロンジーには許可を取っていますので大丈夫です。冷蔵庫に貼っていただいて……。

(高田文夫)これ、全く同じ顔だね! じゃあ、直接会っているんですね。

(みうらじゅん)会いました。すっごい似ている。激似なんですよ。その映画ね、もう似ているだけで爆笑の渦になった映画で。すごい似ていて。

(高田文夫)「ザ・ブロンソンズ」って書いてある。スリーショットでね、これが冷マになっている。これはすごいよ。

(みうらじゅん)これはもう今年、もうみんな「ほしい、ほしい!」ってこれから言うと……うちの1000枚ありますんで。勝手に作ったので。

(高田文夫)ブロンソンズの冷マがほしいと。

(みうらじゅん)はい。ここに置いていきますんで。もしよければあげてください。

(高田文夫)じゃあ、リスナープレゼントね。じゃあ今日、いろいろとメールとか来た中からプレゼントしますので。

(みうらじゅん)渡すところがなかったんでちょうどいいです、これ。

(高田文夫)じゃあ、あとで発表します。じゃあまずはこれが3位。今年来るという。

(松本明子)それではみうらじゅんさんにお聞きします。2020年、これに注目です。第2位は?

(みうらじゅん)これは来ると思うんですけども。「拓ろう(たくろう)」。

(高田文夫)「たくろう」?

(松本明子)吉田……?

(みうらじゅん)吉田さんじゃなくて。拓本。

(高田文夫)ということは、魚拓の「拓」?

スポンサーリンク

第2位:拓ろう(たくろう)

(みうらじゅん)そうです。拓本っつってね、うちのもう亡くなったんですが爺さんがね、昔よく石碑なんかに和紙をつけて。

(高田文夫)それでバレンでもってね。

(みうらじゅん)そう。スプレーで貼り付けて上から炭でバレンで叩くんですよ。そしたら魚拓みたいに文字が浮き出るっていう。

(高田文夫)あ、出ましたね。Sinceが出ましたね。

(みうらじゅん)うちの爺さんは句碑とか専門だったんで。これはほら、踏襲してはいけない。かぶるといけないんで。やっぱり街のSinceとかを見つけるとね。

(高田文夫)ああ、これはSinceを取ったんですか? 「Since1856」って書いてある。あ、いろんなものを取っているんですね。

(みうらじゅん)そうです。「拓りてえな」っていう気持ちが。それで「拓ろう」です。

(高田文夫)ああ、あんるほど。我々は「パクる」とか言うけども。この場合は「拓る」。

(みうらじゅん)それで和紙をかならずこれに……科捜研の女のこのファイルに入れてね。それで「あ、拓りてえな!」っていうところが出てきたら。「拓りてえ」っていうことは凸凹していないと拓れないんですよ。で、街でね、僕は手をかざしながら歩いているんですよ。最近。凸凹をしていると「拓れる!」って。

(高田文夫)ああ、もう街を歩く時に触りながら。壁とか看板とかいろんなところを。

(みうらじゅん)そう。だからこれも原宿で拓ったんですけども。今までSinceを集めていましたけども、写真で集めるよりも拓った方がなにかありがたみが。

(高田文夫)重みが違いますよね。

(みうらじゅん)これ、どうですか? 「屈曲部」っていう。

(松本明子)これ、どこで拓ったんですか?

(みうらじゅん)これはどこかの団地のところにあったんですね。

(高田文夫)「屈曲部」って……これは何の部なんですかね?

(みうらじゅん)あとこれは大阪で。「包丁一本」っていう。

(高田文夫)いいね! 藤島桓夫だっけ? 「包丁一本、さらしに巻いて♪」って。

(みうらじゅん)その歌詞の句碑があったんですよ。やっぱりそこの一部、ほしいじゃないですか。

(高田文夫)『月の法善寺横丁』でしょう?

スポンサーリンク

『月の法善寺横丁』

(みうらじゅん)そうです。法善寺横丁。「包丁一本」ってなかなかこれは拓れないんで。

(高田文夫)そうだね。刺されるよ、そんなの拓ると(笑)。

(みうらじゅん)そうですね。勝手に拓るといけないっていう。

(高田文夫)ブスリと刺されるよ。包丁で(笑)。柳刃包丁だからね。

(みうらじゅん)これは今まで拓本界ではなかったもので。あとね、「わたしのみうらじゅん みすず」。これはいいでしょう?

(松本明子)なんですか、これは? どこで拓られたんですか?

(みうらじゅん)これ、詩人の方でみすずさんっていう方がいらっしゃって。そのみすずさんの句碑、全部ひらがななんですよ。で、いっぱい句碑があった中でとりわけ「みうらじゅん」と「わたしの」を選んで拓ったんですよ。

(高田文夫)これはなんでこういう言葉を選んだんでしょうかね? みすずさんが。

(みうらじゅん)いや、選んだんじゃなくて、みすずさんが書いた歌詞の中の一部を拝借して。組み合わせたんです。組み合わせ拓ろうです。

(高田文夫)ああ、組み合わせた。創意工夫したわけですね。

(松本明子)それもOKなんですね。組み拓。

(みうらじゅん)組み拓が面白い。

(高田文夫)キムタクじゃなくて組み拓(笑)。

(みうらじゅん)これは来る! これは面白い。

スポンサーリンク

文字を組み合わせて拓る

(高田文夫)それは作る楽しみがあるね。拓を取っていく楽しみが。

(みうらじゅん)「高田文夫」さんなんていう名前もね、一文字ずつ拓っていけますよ。拓れますから。

(高田文夫)だけど、街で怪しまれません?

(みうらじゅん)怪しまれます。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)街でかがんで拓っていたら……バレンでこうやっていたら「ちょっと……何やっているんですか?」って。

(みうらじゅん)バレンっていうかね、時間がかかりますんで。これね、釣り鐘を模した墨なんですけども。ちっちゃい墨。これね、一発で拓れるんですよ。一発。スピーディー拓り。これ、ものすごいいいんですよ。

(高田文夫)スピーディー拓り(笑)。

スポンサーリンク

スピーディーに拓る

(みうらじゅん)これがね……だからほら、怪しまれる前に拓っちゃう。相手は汚しませんから。言っておきますけども。ここだけは……。

(高田文夫)それは、どうやってやるの?

(みうらじゅん)これは和紙をある程度のところに……もう見つけたところにパチンと置いて。で、歩くようにスーッとこうやって転写していくんですよ。

(高田文夫)すごい……なんか上達したスリみたいな感じの。スッと……。

(みうらじゅん)そうです。確実にそうですね。

(松本明子)スピード感が大事ですね。怪しまれる前に。

(みうらじゅん)それも何回も現場を
ときますけどここではどういうですねその俺チェックしてから行きますんで。

(高田文夫)それ、カメラで撮られていたら絶対挙動不審でアウトですね。捕まりますね。

(みうらじゅん)もうアウトですけど。それほどまでしてもほしかった。

(高田文夫)その労力、いままでで一番すごいんじゃない?

(みうらじゅん)もうちょっとしたら捕まると思いますんで。今日、最後の話になると思います。今日、この話を言っちゃいましたんで。

(高田文夫)拓り犯が多いと。拓り犯が現れたと(笑)。

(みうらじゅん)拓り犯が出ますからね。これは多いかもしれないですね。

(松本明子)ふふふ、これは来ますね!

(高田文夫)よくこういうものも見つけましたね。素晴らしい。才能ですね、これは。

(みうらじゅん)これが来るんじゃないかなと。

(高田文夫)これ、来ると思いますね。

(みうらじゅん)来ると思いますよね。

(高田文夫)みんながちょっと和紙を持ちながら街の中を歩くっていう。

(みうらじゅん)和紙と墨を持って歩く。粋じゃないですか。

(高田文夫)ちょっと小粋なもんですよね。「あ、拓るの?」なんてね。お互いにスッとね。

(みうらじゅん)話も合いますよね。

(高田文夫)「今日、拓るの? 2拓り?」みたいなね。いいですね(笑)。

(みうらじゅん)ええ。

(高田文夫)じゃあ1位はCM明けでうかがいます。これ、素晴らしいですね。

(中略)

(高田文夫)さあ、ワクワクする第1位ですよ。

(松本明子)それではみうらじゅんさんにお伺いします。2020年、これに注目。第1位は……?

(みうらじゅん)先ほどからずっとね、コートを着て。暑いのに我慢してたんですけど。ちょっと最後のブームのために脱がしていただきますけども。

(高田文夫)下はトレーナーですか?

(みうらじゅん)これはもう当然、来ていると思うんですけども。ワニブームが今、すごい来ていて。

(高田文夫)ラコステ的な?

(みうらじゅん)僕、ここのお店に入るセンスが一切なかったんですけども。ワニが去年からね、急にブームが来てるので。

スポンサーリンク

第1位:ワニブーム

(高田文夫)来てるんですか? みうらさんのところに?

(みうらじゅん)というか、全国的に来ている。ワニ、来ていますよね?

(高田文夫)いやいや、私は……ちょっと勉強不足ですみません。ワニはちょっと……。

(みうらじゅん)ワニはね、前から気にはなっていたんですけども。

(高田文夫)トレーナーと帽子を今、かぶっていて。そこにワニが書いてありますね。

(みうらじゅん)このラコステのやつね、ちっちゃいマークがいっぱい集まって大きいワニになっているっていう。ワニはね、僕がずっとゴムヘビを集めていたのはご存知でしょうか?

(松本明子)ああ、ありましたですね。

(みうらじゅん)ゴムヘビを集めてると、昔から気にはなったんですけど、ゴムヘビと一緒にゴムワニもペアでいたんですよ。

(高田文夫)へー! ゴムワニがいたんですか?

(みうらじゅん)いました。しかもその寺の参道ですよね。祭りの時とか。東南アジア圏の寺とかにもかならずゴムヘビの横にはワニ。ゴムワニと決まったもんだったんですよ。僕はちょっとゴムヘビに当時は夢中で、ワニにちょっと……。

(高田文夫)ああ、ちょっとヘビの方ばっかりに気持ちが行っちゃって。ワニは気がつかなかった?

(みうらじゅん)そうなんですよ。「なんでかな?」って思っていたんですけど、いろいろと考えた挙げ句に分かったのは「ワニもヘビも神様である」ということが分かったんですよ。去年。白蛇とか言いますよね? 当然、神の使いだったり神様だったりするするでしょう? ワニもそもそもは古代インド神のクンビーラっていうガンジス川の化身の神がいるんですよ。そのクンビーラが後に日本に上陸して、金毘羅になったんですよ。

(高田文夫)クンビーラが「こんぴらふねふね」、金毘羅さまに?

スポンサーリンク

ワニは神様

(みうらじゅん)そう。「こんぴらふねふね」っていうのはワニのことなんですよ。クンビーラっていうんですよ。だから、あの本尊はワニを模した神様なんですよ、実は。海難とかを鎮めるために。四国でしょう? あそこの海難をおさめるっていうことでワニだったんですよ。それで「なるほど!」って思って、そこからもう俄然ハッスルになってきて。それで先週、バナナワニ園にも当然行かれますよね? 三連休だったんで。

(高田文夫)「三連休で行きますよね?」って言われると……(笑)。

(みうらじゅん)当然。スーパービュー踊り子号に乗って行ったんですけども、やっぱり流行ってますね! もういっぱいでした。ものすごいいっぱいでした。

(高田文夫)流行っているんですか?

(みうらじゅん)たぶん連休っていうこともちょっとはあったと思うけど。もうワニの餌付けのところで歓声が上がるんですよ。大きい鶏肉みたいなのを棒でね、係員の人がやると「ワーッ!」って。もう僕には「ワーッ! ニーッ!」って聞こえてくるぐらいに。「そんなにワニを欲しているんだ」って思って。そこでグッズをまあ……。

(高田文夫)ワニもグッズがそんなに出ているんですか?

(みうらじゅん)やっぱりバナナワニ園ですね。相当出ていました。もう目をつぶって全部レジに運ぶ。

(高田文夫)目はつぶる必要ないと思いますけど……?

(みうらじゅん)いや、俺もまだそこまで好きじゃないんで。

(高田文夫)それで今、帽子もかぶっていますけども。それでトレーナーにもワニがついている。それ、ラコステではないんですか?

(みうらじゅん)ラコステです。で、このラコステのワニが反対になるとクロコダイルっていうメーカーになるんですよ。一時期、その『クロコダイル・ダンディー』とかでワニブームが一瞬来そうになったけど、ダンディーの方が話題になっちゃって、クロコダイルがないがしろになっちゃったんですよ。ワニ物のパニック映画も結構あったんですけど、『ジョーズ』がヒットしちゃって。サメにワニ、食われちゃったんですよ。

(高田文夫)ああ、やっぱりサメが強かったんだな。

(みうらじゅん)はい。今年は来るな。

(松本明子)来ますか。

(みうらじゅん)来ますね。ワニは。きっと来る!

(高田文夫)これはね、皆さん、よくワニの方をチェックしていただければ。

(みうらじゅん)ワニの方をチェックしていただければ。「ああ、やっぱりだ!」っていうのがいっぱいありますよ。これは。

(松本明子)最後、第1位はワニであるという。

(高田文夫)ワニ、拓ろう、そして……。

(みうらじゅん)ブロンジーの冷マ。

(高田文夫)これだ。これをまた検証してもらって。

(みうらじゅん)もうこの帽子も脱がせてもらっていいですか? まだちょっと恥ずかしいんで。僕、コートも羽織ってきて。ちょっと恥ずかしいので……(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました