スポンサーリンク

ハライチ岩井 エッセイ集『僕の人生には事件が起きない』販促法を考える

ハライチ岩井 エッセイ集『僕の人生には事件が起きない』販促法を考える ハライチのターン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハライチの岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドで自身のエッセイ集『僕の人生には事件が起きない』のプロモーションについて考えていました。

(澤部佑)メールが来てますよ。「岩井さん、エッセイ集出版、おめでとうございます。閲覧用、保存用、観賞用、布教用など夏のボーナス尽きるまで購入させていただきたいと思います。ロフトプラスワンでのサイン会はいつですか? 5冊購入で握手、10冊購入でチェキなどの特典もあるのでしょうか?」。質問ですね。

(岩井勇気)ロフトプラスワンで絶対にやるわけじゃないから。コラム出した人は。

(澤部佑)だいたいロフトプラスワンでしょう?

(岩井勇気)まあ、だいたいね(笑)。

(澤部佑)やらないんですか? こういうのは。

(岩井勇気)なんかイベントやるんですかね? たぶんやると思いますけど。

(澤部佑)握手会、サイン会みたいな? 5冊購入で握手?

(岩井勇気)まあリスナーはノルマ5冊。最低ね。

(澤部佑)5冊購入で、じゃあなに?

(岩井勇気)5冊購入で? うーん……5冊買ってもだって、6000円ぐらいだよ?

(澤部佑)いや、十分だろ! なに、「もっと金を落とせ」みたいな?

(岩井勇気)6000円ぐらいだよ?

(澤部佑)うん。なに? 十分じゃない? 握手以上でもいいぐらいだよ、そんなね。

(岩井勇気)なんだろうね?

(澤部佑)でもAV女優のイベントに俺が行った時はDVDを……普通にDVDを買えば、別に握手とかサインとかもらえていたかな?

(岩井勇気)「5冊ありがとうスタンプ」を押してあげるわ。じゃあ(笑)。

スポンサーリンク

5冊ありがとうスタンプを押す

(澤部佑)フフフ、5冊ありがとうスタンプ? 作るの?

(岩井勇気)じゃあ、作るわ(笑)。

(澤部佑)いや、そっちの方が大変じゃないの?(笑)。

(岩井勇気)5冊ありがとうスタンプ(笑)。

(澤部佑)「6000円だぞ?」とか言ってたけど、ちゃんとしてるじゃん(笑)。まあまあ、5冊、10冊……10冊なんてなったらもうすごいでしょう?

(岩井勇気)10冊……すごいよ。5冊ありがとうスタンプを2個押してあげる(笑)。

(澤部佑)ダメだよ! それじゃダメだよ! ずるいよ(笑)。それでずっと行けちゃうじゃん? 5冊ありがとうスタンプ。「5冊ありがとう」っていうスタンプ?

(岩井勇気)うん。

(澤部佑)5冊ありがとうって……それじゃあ10冊の人は満足しないよ。

(岩井勇気)ああ、そう? まあね。

(澤部佑)イベント、なにかしらやるんでしょうね。おそらくね。

(岩井勇気)本なんて1冊でいいからね(笑)。

(澤部佑)まあ、実際はね、そうですよ。

(岩井勇気)(サンシャイン)池崎も本を出しましたから。

(澤部佑)猫の。へー。

空前絶後の保護猫ライフ! 池崎の家編
サンシャイン池崎
宝島社
売り上げランキング: 1,008

(岩井勇気)たとえば池崎の写真を撮って、インタビューして出た本と、俺がコツコツエッセイを書いて出した本の取り分パーセンテージが一緒だったらもうぶっ殺してやろうかな?って(笑)。

(澤部佑)いや、でもたぶん一緒なんじゃない? それは。たぶん。連載している、連載の時のお金も貰ってるわけでしょう? もちろん。

(岩井勇気)微々たるもんだよ、本当に。連載のお金なんて……。

(澤部佑)そうか。で、単行本のエッセイ集のお金と。

(岩井勇気)写真撮影とかしてきましたよ。表紙とか。

(澤部佑)ああ、なんかそれ言ってた。お前がお母さんからうちの親に(笑)。「どこどこのどこどこで写真撮影して……」みたいな。そう。

(岩井勇気)やってきましたよ。

(澤部佑)あれ、いつだっけ?

(岩井勇気)9月26日らしいっす。926にもなんかやるんじゃないですかね?

(澤部佑)まあ、普通やるよね。たしかにね。

スポンサーリンク

9月26日までにスタンプを作る

(岩井勇気)それまでに5冊ありがとうスタンプ、作んなきゃいけないのか。めんどくせえな。

(澤部佑)5冊ありがとうスタンプ。10冊ありがとうステッカー。

(岩井勇気)フフフ、めんどくせえよ(笑)。

(澤部佑)15冊ありがとうパーカー(笑)。とかじゃない? 20冊ありがとうオーナメントですよ! フハハハハハハッ!

(岩井勇気)フハハハハハハッ! 誰もいらねえんだから。オーナメントなんて(笑)。

(澤部佑)「20冊ありがとうシール」を作って、余ったオーナメントに貼ってあげよう(笑)。

(岩井勇気)フフフ、そうだね。どうしてるんだろうね。コラムニストの人とか。買ってもらうために。

(澤部佑)「面白いもんを書いて」だろう?(笑)。

(岩井勇気)面白いもんは書いたと思うよ。

(澤部佑)ああいうのはないの? 帯とかもあるわけでしょう?

(岩井勇気)ああ、帯。誰かにたのもう。

(澤部佑)まだそれ、決まってないんだ。書くよ?

(岩井勇気)いや、いいっす。

(澤部佑)俺と持ちビル(ハゲ太郎)さんで(笑)。

(岩井勇気)いや、いいよ。いらない、いらない。

(澤部佑)ええっ?

(岩井勇気)じゃあ、なんか書いて。紙かなんかに。1冊だけそれ、くくりつけておいておくから。

(澤部佑)いやいや。持ちビルさんならいいでしょう? 持ちビルさんが書くわ。

(岩井勇気)持ちビルさんが? 誰が買うんだよ!

スポンサーリンク

帯文はどうするか?

(澤部佑)持ちビルさんがじゃあ、ポップを書くわ。ヴィレッジヴァンガードとかの。

(岩井勇気)俺も、ヴィレヴァンに置くの?

(澤部佑)置くんじゃない? そのポップね。持ちビルさんが書いて。

(岩井勇気)なんかこう、ねえ。テレビの……「俺はこういう風にテレビに出てるけど、裏側ではこういう風に思ってた」みたいなこととか、テレビの裏側とかは書いてないから。そういうドーピングしてないから。

(澤部佑)別にエッセイというか、日々思ったことを書いてるっていうことでしょう?

(岩井勇気)そうそうそう。そうですね。買ってくださいね。

(澤部佑)それもでも、1回出たら持ちビルさんに読んでもらって。感想文を……(笑)。

(岩井勇気)いやいや、いらねえなー(笑)。

(澤部佑)それは、ねえ。

(岩井勇気)持ちビルさんにじゃあ、買ってください。持ちビルさん。で、感想を聞きますから。

(澤部佑)それはね、一応ね。たしかに(笑)。普通、あげるけどね。

(岩井勇気)あげない。

(澤部佑)こんだけ一緒に仕事してるんだから、あげるけどね。

(岩井勇気)誰にもあげない。

(澤部佑)あげるってういか配るよ。みんな。

(岩井勇気)配らない。

(澤部佑)それでまあ、「宣伝してください」とまでは言わないけどさ、みんな結構配って歩くじゃん?

(岩井勇気)俺はそういう手法は取らない。やっぱり狭めのラーメン店みたいな手法を取るから。誰にもあげないで「どういうやつなんだろう?」って(笑)。

(澤部佑)あげるんじゃないの? だって結構普通に配るように手元に来るんじゃない?

(岩井勇気)それも全部燃やす(笑)。

(澤部佑)怖っ! なに? なんで? もったいな!

(岩井勇気)フフフ(笑)。

(澤部佑)普通に紙がもったいないよ。

(岩井勇気)そうですね。よろしくお願いします。

僕の人生には事件が起きない
岩井 勇気
新潮社
売り上げランキング: 858

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました