スポンサーリンク

渡辺志保と辰巳JUNK キム・カーダシアンとその家族の歩みを語る

渡辺志保と辰巳JUNK キム・カーダシアンとその家族の歩みを語る MUSIC GARAGE:ROOM 101
スポンサーリンク

(辰巳JUNK)やっぱりイケてるパートナーと金を稼ぎまくる女だっていうことで、結構そういう憧れられる側面もありますよということです。

(渡辺志保)おお、すごいですね。ちょっとどんな感じで実際に歌われているのか、ここでそのフィフス・ハーモニーの曲を聞いていただこうと思うんですけれども。せっかくなんで辰巳JUNKさんから曲の紹介していただこうかな?

(辰巳JUNK)フィフス・ハーモニーの『BO$$』です。どうぞ!

Fifth Harmony『BO$$』

(渡辺志保)この時間はゲストに辰巳JUNKさんをお迎えしてお届けしております。というわけでいよいよ佳境に入ってきましたカーダシアン列伝でございますが、ここから第三章として引き続きお話をうかがってきたいと思います。

(辰巳JUNK)はい。カーダシアン列伝第三章、おバカなセレブからの脱却。ついにホワイトハウスへ。そしてKIMONO炎上と法曹界進出。

(渡辺志保)デカい! どんどんデカいですね!

(辰巳JUNK)盛りだくさんですけども。やっぱり現在、『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』は放送12年目でもうリアリティーショーを代表するご長寿番組になりました。もう舞台は今年ですね。

(渡辺志保)マジでリアルタイムでやっていますからね。

(辰巳JUNK)いまでも話題を作り続けておりまして。今年では末っ子カイリーが同居していた親友のジョーディン・ウッズが三女のクロエ・カーダシアンの恋人と不倫して大事件に。

(渡辺志保)トリスタンとね! 本当にね、子供がクロエに生まれたっていうのにね。はい。

(辰巳JUNK)もうなんか、ごちゃごちゃしすぎていてちょっとよく分かりませんけども。

(渡辺志保)そうなのよ。いまのシーズンは私的には……私もずっと見ていて、自分たちの生活がリアリティショーを超えてしまったような……お母さんのクリス・ジェンナーですがコントロールできないぐらいに。たとえば、コートニー・カーダシアンが一緒に三児をもうけたベイビーパパであるスコットと別れたぐらいから、やっぱりどんどんとテレビとして映したいカーダシアン家からちょっと離れていってしまっているような感じが大分見受けられて。

(辰巳JUNK)そうなんですよ。カニエさんとかもいろいろとね。

(渡辺志保)トランプ発言でいろいろと大変なこともありましたし。クロエとトリスタンの不倫問題とかもあったりして。

(辰巳JUNK)そう。ご出産直前にゴシップメディアが不倫をすっぱ抜いて。やっぱり近年は以前よりも登場人物が減っていって。

(渡辺志保)減りましたね。それこそロバートは全然出なくなっちゃってね。ブラック・チャイナと結婚した後にね。

(辰巳JUNK)で、だんだんと結構シリアスなお涙頂戴な感じになってきております。そんな中、キムはその現実の生活を大切にしたいと語り始めており、そのおバカセレブからちょっと違った方向に最近、路線転換しているということで。それで現在、キムが目指しているものは何と、法曹界です。弁護士とかね。で、関心はアメリカ社会を蝕む大量投獄の問題でございます。

(渡辺志保)おお、デカいぞ!

キム・カーダシアン、法曹界を目指す

(辰巳JUNK)一気にシリアスな感じになりましたけども。やっぱり2018年には非暴力……暴力犯罪じゃなくて、ドラッグ系の初犯で終身刑を言い渡されていた元服役していた女性の方。

(渡辺志保)黒人女性の方ね。

(辰巳JUNK)その方のためにそのセレブリティの人脈を駆使して、ホワイトハウスと交渉して、トランプ大統領に掛け合ってキムが保釈に導いたというね。で、さらには最近キムはジャレッド・クシュナーさんとかイヴァンカ・トランプさんのコネクションでトランプ大統領、ホワイトハウスとコネクションがもうできているので。

(渡辺志保)だってクシュナーさんと電話する様子とかね、実際にリアリティショーとかでも映していて。「すげえ!」って思って。

(辰巳JUNK)まあまあ、トランプさんも一応元リアリティショーのスターなんで、つながりということで。で、最近は釈放された人々のための支援プログラムをホワイトハウスで発表したりしています。その活動の中で、結構法律関連の知識が必要だと思ったらしくて。不当な量刑によっても刑務所に収容されている人々のために働く弁護士を志すようになったとのことです。

(渡辺志保)すごい! しかもロースクールに通うんじゃなくて、彼女は自分でホームスクーリングって言うんですか? そういった形でお勉強を続けてるみたいで。それがめちゃめちゃ難易度が高いらしいですね。また。

(辰巳JUNK)しかも、インターンまでしなきゃいけないということで。それでかなりガチなんですよね。テレビ番組のネタとかじゃなくてね。現在、2022年の司法試験合格のために勉強中でして、その40歳目前のすごい忙しいトップスターにして、先ほども言った通り弁護士事務所のインターンまでやっているという。それでキムが言うには電話番号も変えて、多くの人々との関係も絶って。最近、模擬テストでも結構高得点をマークしたそうです。

(渡辺志保)すごいですね! ちゃんと本気で取り組んでいるという。

(辰巳JUNK)もともとお父さんが弁護士でもありまして。

(渡辺志保)そうですね。O・J・シンプソン事件を手がけたというロバート・カーダシアンがお父さんですから。

(辰巳JUNK)そう。急にソーシャルでシリアスな方向に行きまして。

(渡辺志保)お姉ちゃんのコートニーも最近、すごくオーガニック系の活動を盛んにしていまして。コートニーも自身のそういうプロジェクトでちょっと前にワシントンDCの方に出向いて、自分のプロジェクトを話し合ったとかそういうこともしてまして。おっしゃる通り、どんどんカーダシアン家全体がシリアスな方向にね、いま動いている。

(辰巳JUNK)そうなんですよ。で、このキムさんはさっき紹介したようにビジネスも結構シリアス路線に入っていまして。たとえば新作のコンシーラーは火傷もカバーできる機能が売りで。

(渡辺志保)体用のコンシーラーなんですよね。腕とか足に塗る……まあ男性の方にはちょっとピンと来ないかもしれないけど、肌色のトーンを整えるためのお化粧品みたいな。

(辰巳JUNK)そうですね。やっぱり結構日焼け跡とか火傷跡とかもきれいに見えるようになるという機能性が売りでして。もともとそういう皮膚の疾患に悩んでたキムの体験から生まれたそうですね。まあ賛否はもちろんあるんですけども、いままで売ってきたような「自分が……!」みたいな自分押しのブランドではなく、やっぱり困ってる人々の助けになる商品を展開しだしたんですよ。キムさんは。弁護士もそうですし、そういうコンシーラーもそうですしね。

(渡辺志保)はい。

(辰巳JUNK)やっぱり結構バカ系のキャラからそういうシリアス路線のキャラへと……。

(渡辺志保)しかも慈善事業とは言わないですけども、困ってる人……純粋にね、人の為になろう、人の助けになろうという、そういったモチベーションからの転換ですよね。

(辰巳JUNK)で、そんな展開期に起こったのが、日本でも話題になったKIMONO炎上でございます。

(渡辺志保)出ました、KIMONO炎上!

KIMONO炎上騒動

(辰巳JUNK)ただ、これらの名前はともかくその「補修下着」自体もスリットが入ったドレスの下にも着られる片足のみの補修下着みたいなのが売りでして。サイズ展開も結構豊富だったようです。やっぱり一般的なセレブよりもふくよかな体を持ち、ファッション界から無下にされてきたキム自身の悩みが反映されております。構想15年のソリューションウェアだったそうです。

(渡辺志保)なるほどね。日本で炎上した時は「ヌードカラーのあの色味がダサい」とかっていう風に叩かれていた意見も私はすごくたくさん目にしていて。でも、それもあえて、いろんな肌のトーン似合う……肌の色の濃い方から薄い方まで、いろんな人の肌の色を考えての展開だったんですよね。あの色に関してはね。

(辰巳JUNK)その、いろんな肌の人とか体型の人でも着られるみたいなことをアピールするためのああいう写真だったとういことで。結構その構想15年とか言ってるし、その炎上狙いのビジネスではたぶんないかなと。

(渡辺志保)私もそう思います。で、純正にその自分の名前の「キム」っていうのと、その着るものというか衣服という意味での「KIMONO」というネーミングだったのではないかなとは思うんですけども。実際にでも、VOGUE JAPANのインタビューなんかでも答えてるんですよね。彼女ね。

(辰巳JUNK)VOGUE JAPAN8月号のインタビュー、表紙もキムさんなんですけども。まあたぶん炎上前に取材された雰囲気なんですけども。結構日本愛について超しゃべってるんですよ。雰囲気的にたぶん炎上すれなんて思ってなかった感のあるインタビューなので、気になる方はチェックをおすすめします。

VOGUE JAPAN (ヴォーグジャパン) 2019年08月号
Condé Nast Japan (コンデナスト・ジャパン)
プレジデント社 (2019-06-28)

(渡辺志保)ぜひとも!

(辰巳JUNK)アメリカのニューヨーク・タイムズみたいなメディアでも「計画的炎上ではないだろう」っていう見立てでして。そういう記事とかでは「キムほどの達人でも過ちを犯してしまうのがソーシャルメディア、バイラルの世界だ」という風に総括されています。

(渡辺志保)これは海外も国内も問わずですけど、1回火がつくともう叩かれまくってしまうというかね。ひとつのトピックに関して。で、そこにキム・カーダシアンが本当に悪い意味で引っかかってしまったような感じも私はします。

(辰巳JUNK)でも結局、その補修下着っていうのはブランド名を考え直すということで。Twitterでファンたちに向けてそのアイデアとか、どういうのがいいか募っていたんですけども。やっぱり結構いろんな全ての人に対するソリューションというテーマなんで、ファンのみんなと民主的な形でそのブランド名を決める方向に行ったのは結果オーライかなとは思いますね。

(渡辺志保)本当ですね。なるほどね。そして……。

(辰巳JUNK)そして、終盤ですけども。やっぱりいろいろありますけども。日本でも世界でもアメリカでも……っていうことで。でも、やっぱりそのリアリティスターだったドナルド・トランプさんがいま、大統領になった現在っていうのは良くも悪くもカーダシアン家はアメリカのセレブリティ文化の象徴だということでございます。現にその低俗なおバカセレブだって言われていたキムがアメリカ合衆国の大統領を動かいて、ホワイトハウスに出入りする存在に登りつめてるんですね。アメリカでは。

(渡辺志保)本当、そうですよね。

(辰巳JUNK)日本では結構ネガティブな感じで今回、知名度が上がってしまったんですけども。アメリカのポップカルチャーに関心がある人だったらたぶん今後も要注目の存在だと思います。

(渡辺志保)そうでしょう。今度はいったいどんなビジネスを彼女が発表するのかっていうのも興味深いですし。彼女のそうやっていま、弁護士になろうと勉強しているその結果がね、どういう風にアメリカを動かすのかというところも非常に興味深いですよね。

(辰巳JUNK)ちなみにキム・カニエ一家は本当に日本文化が好きらしく。いま、8月初頭にもご家族で日本に来てらっしゃるんですよ。

日本文化好きのカニエ&キム

(渡辺志保)そうなんですよ。カニエとキムが来たり、あとはキムがリアリティショーの撮影で姉妹と一緒に来たり。はたまたカニエが1人でぷらっと来ることはいままでにもあったけど、今回の来日は子供も一緒に連れて来て。セイントくんとノースちゃんも連れて来ていて。本当にプライベートを楽しみに日本に来てくれてるんだなっていう感じがします。

この投稿をInstagramで見る

Besties in Japan 🇯🇵

Kim Kardashian Westさん(@kimkardashian)がシェアした投稿 –

(辰巳JUNK)で、先ほど言ったVOGUE JAPAN8月号では夫婦で日本文化が好きが高じて、豪邸の離れとして日本で武家屋敷を購入したそうで。

(渡辺志保)これ、半端ないでしょ?

(辰巳JUNK)どういうことかはよくわかんないんですけど、とりあえず離れ的に武家屋敷を家に置くそうですね。

(渡辺志保)ヤバいね! 忍者とか雇いそうですもんね(笑)。

(辰巳JUNK)やっぱり真面目路線に入っても、常識を超えるライフスタイルは進化中ということで。今後も要チェックでございます!

(渡辺志保)ありがとうございます! 全三章に渡って説明していただきまして。みなさん、いかがだったでしょうか? 私も本当に……もともとキム・カーダシアンにはあまり良い感情を抱いていなかったものの1人なんですけども。やっぱりカニエ・ウェストを追いかけていて、かつカニエとキムの間に長女のノースちゃんが生まれたあたりから、やっぱりちょっとこの2人はヤベえ! みたいな感じでだんだんとキム・カーダシアンとその回りのことも追いかけようなんですが。

で、やっぱりさっきも辰巳JUNKさんがおっしゃっていたみたいに、トランプが大統領になったいまということで。ちょうど2020年の大統領選がね、いろいろとアメリカでも盛り上がり始めてますから。たとえばこれがトランプではなくて、次にバーニー・サンダースとかが大統領になっちゃったら、このカニエ・キム一家はホワイトハウスに出入りは……。

(辰巳JUNK)もう出禁、出禁でしょうね(笑)。

(渡辺志保)だって、トランプの前のオバマ政権の時はやっぱりジェイ・Zとビヨンセがかなりホワイトハウスと密な感じで……。

(辰巳JUNK)そう。「オバマとダチだぜ!」って。

(渡辺志保)すごいですよ。だからオバマ、ジェイ・Z、ビヨンセの脈々としたカルチャーがあり、いまはそれがトランプ、カニエ、キムっていうのはなんかね、上手いことハマったなっていうとすごい失礼な意味にとらえらえるかもしれないですけど。なんか時代ってすごいねちょっと思いますよね。

(辰巳JUNK)そうなんですよね。アメリカのナンバーワン夫婦とナンバー2夫婦が交代制で。しかもその2人も、ジェイ・Zはカニエさんのメンターですからね。

(渡辺志保)そのへんもなんかね、気になりまくっちゃうところですね。というわけで今日はいろいろと辰巳JUNKさんにお話をうかがいました。またぜひぜひ近いうちにいらしてください。ちょっといろんなことをうかがいたいなと思います。ということで、今日ここのコーナーの最後にもう1曲、おかけして本日はお別れしたいと思います。カニエ・ウェストがですね、いかにキム・カーダシアンのことを愛しているかという歌がありますので。最後はこの曲、辰巳JUNKさんからご紹介をお願いできますでしょうか?

(辰巳JUNK)はい。最新アルバムからカニエ・ウェスト『All Mine』。

Kanye West『All Mine』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MUSIC GARAGE:ROOM 101
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました