スポンサーリンク

菅田将暉とCreepy Nuts 役者の現場とMCバトルの共通点を語る

菅田将暉とCreepy Nuts 役者の現場とMCバトルの共通点を語る ニッポン放送
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Creepy Nutsのお二人がニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』に出演。菅田将暉さんと役者の撮影現場とラッパーのMCバトルの共通点について話していました。

(菅田将暉)いやー、ちょっとまずはお互いのことをよく……そうですね。まだ本当に知らないので。

(R-指定)そう。まだご挨拶ぐらいで……。

(菅田将暉)本当にご挨拶ぐらいですよね。一度すれ違った時にご挨拶させていただいて……ぐらいですもんね。

(DJ松永)今日も本当にチラッと挨拶ぐらいで。

(R-指定)そうですね。始まる前にちょっと。

(菅田将暉)そうですね。あまりしゃべらずに。

(DJ松永)「よろしくお願いします!」みたいなので止まっているんですよね。まあでも、ここに取っておいたっていうのもありますよね?

(菅田将暉)まあまあ、そうですね。たしかに。余計なことはせずに。それは、なんかでも感じたものがありましたよ。僕も。そういう感じかな?って。これ、結構役者の現場やとあるあるなんですけども。

(R-指定)ああ、そうなんですか?

(菅田将暉)なるだけカメラ前以外では最初にコミュニケーションは取らないっていう。で、お芝居で……監督とかもそうなんですけども。人となりを知ってしまうと、こっちもちょっとやりにくいっていうか。「普段はそういう感じやのに……」っていうのを見られない方がやりやすいっていうのがあったりするんで。それとちょっと似ているなって。

(R-指定)ちなみにあれなんですよ。僕がやっているMCバトル、ラップのバトルも場合によってはすごい仲がいいやつでも「今日、戦う」ってなったら一言も交わさないみたいな。

(菅田将暉)うわーっ、そうなんですか?

(R-指定)だからさっきまでめちゃめちゃ和気あいあいとしていたやつ同士がステージに上ってディスりあえないですから。結局、それだと馴れ合いの試合になる場合があるから。

(菅田将暉)そうか。ディスりあいですもんね。

(R-指定)俺は割とでもしゃべりたいんですけども。極端な人とかやったら……まあ、DOTAMAっていう人なんですけども(笑)。

(DJ松永)極端ですね(笑)。

スポンサーリンク

MCバトル前のDOTAMA

(R-指定)DOTAMAさん、普段はすごい仲がいいんですけど、年末の特番のフリースタイルダンジョンとかで「今日はDOTAMA VS R-指定がある」っていう日はその現場に入った時から全く目をあわせてくれへんかったりして。DOTAMAさん、すれ違って「おはようございます!」って言ってもスーッて通っていって。「あの人、もうモードに入ってんな」って。で、実際にバッてバトルになったらボコボコに言われるみたいな。

(菅田将暉)ああ、そういうことなんですね! へー、すごい。共通点。えっ、DJはどんな感じですか?

(DJ松永)ちょっと、すんません……共感できなくて。

(一同)フハハハハハハッ!

(菅田将暉)えっ、それはまた違うんすか?

(DJ松永)俺、DJは家で1人で練習してて。孤独……。

(R-指定)大会というか……?

(DJ松永)家で孤独に練習しているし、なんかいまも孤独だった……。

(菅田将暉)フハハハハハハッ! ああ、そうなんですね? でもこれ、俺結構聞きたかったことだったんで。DJにもあるのかな?って思ったんですけどね。だって結構ラップバトルやと、それこそディスりあいの中で「さっきまで一緒にカフェに行ってたけど……」とか、あるじゃないですか。

(R-指定)あるんですよ。

(菅田将暉)でも、ディスりあうってすごい切り替えやなって思っていたけども。やっぱりそこは会わなかったりするんですね?

(R-指定)するし、まあまあ会っていたらそこを「さっきまであれをしていたけど……」みたいなのを使ったり。だから、上手いことプロレスできる人もおるし、プロレスが無理やからホンマに目も合さんみたいな人もおるし、みたいな。いろいろとあるんですけども、DJは……?

(DJ松永)まずいな……。まずいな。これ、菅田さんとRが赤い糸で結ばれて、俺が……。

(菅田将暉)いや、そんなことないですよ。

(DJ松永)ちょっと俺のいいところのプレゼンもこれからがんばるんで。俺も……もっとたぶん菅田さんと合うところ、あると思うんすよ。……やべえ、ウソつこうかな?

(R-指定)アカン、アカン! アカンよ!

(DJ松永)「あるある、わかる、わかるぅ!」って(笑)。

(菅田将暉)フハハハハハハッ!

(DJ松永)「やっぱりお互い、板の上ではいい試合をしねえと! 本当に。プロはオンオフ、切り替えるから! こちとら馴れ合いじゃねえんだよ!」(笑)。

(菅田将暉)いや、でも本当にネット上だけではわからないことが多いんですよ。こうやって話してみないと。いまみたいに、松永さんはウソをつけないんだなって思って。すごくそこの信頼が、嬉しかったわけですし。

(DJ松永)フハハハハハハッ! あら、いまの言い方、いい男!

(R-指定)フフフ、そうやね(笑)。

スポンサーリンク

実際に会ってみないとわからない

(DJ松永)この逆説的に「ウソをつけないんですね」っていうところ。いいですね。ほら、いまのもネット上では出てこないですから。素晴らしいですね! 生身よ、人は。

(菅田将暉)アハハハハハハッ! そうですね。生身ですよね。会ってみないと。「うわっ、箸の持ち方、汚いな」とか、あるじゃないですか。

(DJ松永)フハハハハハハッ! あるある! めちゃくちゃある!

(菅田将暉)なんかね、「ええーっ、そうやって生きてきたんや?」みたいな。

(DJ松永)そうそう。「ずっとその握り方でメシ食ってきたんだ?」みたいな。

(菅田将暉)ねえ。ありますよね。まあ、別にそれが悪いとは言わないけども。

(DJ松永)「ああ、なるほど」ってなりますよね。

(菅田将暉)なんかね。「ああ、そんな何も言わずに奥のソファー席とか座ってまうんや?」みたいな。「まあ、上座とかは別にいいんやけど……」。

(DJ松永)でも、「上座を譲ってくれる人とだけ接してきたんだね?」っていうね。

(菅田将暉)「いや、全然譲るよ。譲るんだけど……なにも言われなかったんだな」って(笑)。「ああ、偉い人がいても、何も言われなかったんだね」みたいなこととか、全然ありますしね。「あ、平気で特上いくんだ?」とかね。

(R-指定)ああ、ねえ! 全然いいけども。

(菅田将暉)「俺は並で十分なんやけど……」っていうね。

(DJ松永)「ああ、人を何も挟まないんだ?」みたいな。「ああっ、店員にタメ口だ……?」って。

(菅田将暉)そうそう! そうですね。店員さんに対して横柄な態度を取っちゃうっていう。

(DJ松永)「あ、躊躇なくクレームを入れられるんだ。モーションなしでクレームを入れられる……すごい!」っていう。

(菅田将暉)「そういう元カレだったのかな?」みたいな。「元カレ、結構強気やったんかな?」みたいな。

(R-指定)「えっ、元カレ、ヤンキー? あ、タバコも細い……絶対にヤンキーや!」みたいな(笑)。

(菅田将暉)フハハハハハハッ! 犬歯のところでね、細いタバコを吸って。

(R-指定)犬歯のところで(笑)。あれはあれでエロいんやけども。

(DJ松永)ほっそいタバコを犬歯のところでね。

(菅田将暉)見せつけられると……っていうね。

(DJ松永)ちょっとびっくりしちゃう。

(菅田将暉)だから実際に会わんとわからんことがあるっていうね。

(R-指定)我々の場合はそうじゃなかったということですからね。

(菅田将暉)なんでまあ、今日はお互いに知っていけたらなと思うんですけども。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました