菅田将暉 山下達郎『ドーナツ・ソング』カバーを語る

山下達郎 菅田将暉『ドーナツ・ソング』カバーを語る NHK FM

菅田将暉さんが2023年5月4日放送のNHK FM『今日は一日“山下達郎”三昧 レコード特集2023』にコメントを寄せ、山下達郎さんの『ドーナツ・ソング』カバーなどについて話していました。

(杉浦友紀)さあ、最近のトピックのひとつとして挙げられるのが今年、達郎さんの『ドーナツ・ソング』を新たにカバーした俳優さんがいらっしゃるということで。リスナーの皆さんもご存知だと思います。今を時めく菅田将暉さんです。新しいCMになるのをきっかけに、菅田さんにオファーがあって実現したそうです。まずはその菅田将暉さんから、ゲストコメントが届いています。聞いてみましょう。

(コメント音源スタート)

(菅田将暉)『今日は一日”山下達郎”三昧 レコード特集2023』をお聞きの皆さん、こんばんは。菅田将暉です。今回、ご縁がありまして、なんと『ドーナツ・ソング』をカバーさせてもらいました。『達郎三昧』ということで私、菅田将暉からもコメントさせていただきます。

ええと、びっくりしました。正直、断ろうかなとも思いました(笑)。いや、とんでもなく光栄なね、オファーなんですけれども。山下達郎さんの曲を自分が歌うイメージなんて全くできなかったので。はい。正直その、オファーしてくださった方々には申し訳ないんですけど。「いや、やりすぎじゃないかな?」みたいなのが最初の印象でした。

でも、なんでしょう? 憧れというか。山下達郎さんの声というか。なんかあのリッチな、すごく没入感のある歌声というか、あのマジックみたいなものにちょっとでも触れたらいいな、みたいなので今回、カバーさせてもらうことになりまして。しかも山下達郎さん自ら、ディレクションというか。遠隔でディレクションしてくださいまして。その……これは本当か、わかんないすけど。どうやら、僕のいろんな曲の声とか、曲とかを聞いてくださって。「菅田くんにはこういうアレンジがいいんじゃないか?」みたいなのをご本人自ら、ディレクションしてくださったんですよ。

まあ、それだけでもすごく光栄なんですけど。その中に山下達郎さん的に「菅田くんの声はバリトンボイスだから」っていう一文がありまして。僕はそれ以降、人に自分の声はバリトンボイスだと、いろんなところで言い張っております(笑)。すごい嬉しかったですね。なんか、まさか聞いてもらえるなんて思ってもなかったし。そこからのコメントまでいただけて、すごく嬉しかったです。

で、『ドーナツ・ソング』を歌わせてもらいました。でも本当、その山下達郎さんのディレクションのおかげというか。すごくアレンジも元々の曲よりも、僕的には歌いやすくて、楽しかったですね。レコーディング自体。ただ、やっぱりすごく難しくて。自分にはなかなかできない技術というか、音の取り方というか、リズムというか。すごい勉強になりました。ただ、なかなか今まで、いろんな方に曲を書いてもらったりして歌ってますけども。正直、一番苦労しましたね。はい。

でも、友人がそれこそドーナツ屋さんの店頭で今、流れてたりするんですけど。「全然最初、気づかずに普通に聞いてたよ」っていう言葉をもらって、ちょっと安心しました。はい。なんかちゃんと1BGMとして店内になじんでたら嬉しいなと思います。では、最後に私からも曲を1曲、リクエストということなんですけど。もちろんこの曲、『ドーナツ・ソング』をリクエストします。それでは、『達郎三昧』を引き続き、お楽しみください。菅田将暉でした。

<コメントおわり>

山下達郎『ドーナツ・ソング』

(杉浦友紀)菅田将暉さんからコメントをいただきました。

(山下達郎)すごくいいオケですよ。歌もちゃんとフィットしてますしね。全然、この方がおっしゃってるような、そういう問題点も何もないと思いますよ。でも、面白いですね。要するに、いわゆるシンガーの方じゃないので。そういう歌い方とか、そういうものをどうやらなきゃいけないかとか、そういうことがあれですけども。たとえばご自分が役者さんだから。

役者さんだったら、セリフを人みたいにやらなくたって、自分のセリフ回しでいくんだっていう。それと同じ原理ですから。歌なんて、自分の歌うように歌えばいいわけで。そういう意味では全然別に、オケも……歌い方もすごくキュートだし。それこそ、お店でかかって何の違和感もないと思いますよ。僕、番組でかけさせていただいたんですよ。彼のCMバージョンを。

(杉浦友紀)バリトンボイスと評されてましたね。

(山下達郎)レコード化されてる作品を聞くと、そういう感じがしましたけど。でも、『ドーナツ・ソング』に関しては、そうでもない感じがしました。

(杉浦友紀)こうして新しく生まれ変わっていって。

(山下達郎)ありがたいですね。

(杉浦友紀)歌い継がれていくの、いいですよね。

(山下達郎)なんか本当にいい時代っていうか。ジェネレーションギャップが少ないですよね。昔より、圧倒的に。それは本当にここ数年、痛感してるっていうか。歳を取れば取るほどそういうことが不思議だなっていう。たとえば自分のオフィスのね、20代のスタッフとか、そういう人とのコミュニケーションっていうのはあるけど。そういう、菅田さんぐらいの世代の役者さんとか、そういう方たちとはそんなに別に交流がね、あるわけじゃないので。松潤はちょっと別ですけど。

そういう方たちが自分の作品をそういう具合に賛同してくださるというのはすごくね、自分にはありがたいんですけど。すごく、不思議だなっていう。それはまた、戻りますけど。自分の20代の頃のね、ルサンチマンみたいなものがあるので。それはでも、本当にありがたいっていうか。生きててよかったというか。そういう感じがしますね。

菅田将暉『ドーナツ・ソング』

<書き起こしおわり>

山下達郎 菅田将暉『ドーナツ・ソング』カバーを語る
山下達郎さんが2023年4月2日放送のTOKYO FM『山下達郎のサンデー・ソングブック』の中で菅田将暉さんがカバーした『ドーナツ・ソング』を選曲し紹介していました。
NHK FM
miyearnzzlaboをフォローする
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました