スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪と松村香織 アイドルへのプレゼント事情を語る

吉田豪と松村香織 佐倉絆と三上悠亜を語る SHOWROOM
スポンサーリンク

元SKE48の松村香織さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』にゲスト出演。吉田豪さんとアイドルのファンからもらうプレゼント事情について話していました。

(松村香織)まあ、自由ですからね。お金を使う方の自由だけど、それだったら私は握手会に来てほしいなって思います。SHOWROOMのタワーに1万円を使うんだったら、プレゼントがいちばん嬉しいけれど……(笑)。

(吉田豪)1万円、直で自分に入るようにしてくれるのがいちばん嬉しいけど(笑)。

(松村香織)嬉しいけど、握手券10枚とかCD10枚の方が嬉しいな、みたいな。

(吉田豪)SKE、当時はプレゼントってどれぐらい大丈夫だったんですか?

(松村香織)SKEは上限1万円で化粧品とか食べ物とか持って帰れないようなデカすぎるやつと家電……電池とか電源が必要なやつはダメ。だから、なんかみんなすごい面白いのがアディダスのスニーカーとかあるじゃないですか。片方ずつ贈ってくれるんですね(笑)。

(吉田豪)ああ、高いのが買えないから?

(松村香織)贈れないから。たとえば1万4000円の靴だったら片方ずつなら7000円っていうことで(笑)。

(吉田豪)フフフ、「今回は右だけ」とか?(笑)。

(松村香織)そう(笑)。

(吉田豪)ああ、そうやればなんとか突破できるのね? へー!

(松村香織)そう。それをファンの人たちもがんばって買って……(笑)。

(吉田豪)それなら1万8000円ぐらいのを買ったりもできるんだ。

(松村香織)でも、服とかはダメですよ。ワンピースとかは絶対に届かないから。だから事務所に入っている子たちはそういうところ、すごくいいなって思った。

(吉田豪)えっ、事務所だとまた窓口が違うから?

(松村香織)たぶん違うから、その1万円の上限もないだろうし。まあ、事務所ごとによって決まりはあると思うけど。だから、なんか裏ワザがめっちゃウケた。本当におもろい。その「1足ずつ」っておもろくないですか?

(吉田豪)いいですね(笑)。

1足ずつ贈ることで上限金額をクリア

(松村香織)よく考えたなって思って。だから、なんか本当にかわいいなって思って。ファンの人もそうやって、そこまでしてでも届けてあげたいっていう熱意とかもあるわけだし。でもやっぱりね、メンバーも誕生日とかクリスマスにほしいものもありますから。みんな言うだろうし。そう。だから私とかもどちらかと言ったら、じゃあもし9000円ぐらいのお洋服をもらったとしても、サイズが入らないとか「これは絶対に着ない」みたいな……。

(吉田豪)趣味と違うとかね。

(松村香織)そうそう。そういうものをもらうぐらいだったら、私は聞かれた方が楽だなって思ったんですよ。「これ」って。そしたら絶対に使うじゃないですか。だし、使われないでたとえばメルカリに出されたりするぐらいだったら、自分も使いたいですし。

(吉田豪)切ないですよね。明らかにアイドルが出しているっぽいメルカリって(笑)。たまに問題になりますからね(笑)。

(松村香織)そう。なんか1回、ありましたよね。ニュースになっていましたよね?

(吉田豪)なりましたね。「これ、明らかに俺があげたやつ」っていう。

(松村香織)なんかそういう風にはなりたくないんですよ。もらうんだったら私も使いたいし。かといって、使えないものをもらったら、いちばん……Win-Winになれないじゃないですか。本当にちゃんとしていた時にはもうメモってました。「この人にはこれ」みたいな。リストみたいなものを。

(吉田豪)フフフ、さすが水商売が前職だとそういうこともスムーズに(笑)。

(松村香織)そう。かぶらないように……みたいな。でもたまに、言ったとして相手に伝わったと思ったのに「買えませんでした」みたいな。不測の事態みたいなことが起こると「あれっ? こいつダメだった。どうしよう?」みたいな(笑)。

(吉田豪)「こいつはこれがいけると思ったのに」みたいな(笑)。

(松村香織)そういうのもあったから、すごい懐かしいなって。でもいまは全然ないので。

(吉田豪)ねえ。「今日からプレゼントはフリーになりました!」って言ってましたもんね(笑)。

(松村香織)そうそう。そうなんですよ! だからイベントの時にここぞとばかりにほしいと思って、ちゃんと書いたんですよね。Twitterとかに「プレゼント解禁なので……」みたいな。

(吉田豪)フフフ、あざとい感じで(笑)。

(松村香織)そうそうそう(笑)。露骨に書いたら、でも本当にお菓子とか漬物とか……(笑)。

(吉田豪)いままで食べ物は贈れなかった分(笑)。

(松村香織)そう。だから美味しいマカロンとかクッキーとかもらって。本当、お菓子もらいすぎたら食べちゃうから太るなって思って。

(吉田豪)やっぱりお菓子が多いですね。差し入れは。

(松村香織)あとはスタバの券がめっちゃありがたいと思いました。

(吉田豪)NMBの木下百花さんとイベントをやっていた時、グループをやめてプレゼントがフリーになった瞬間にまずファンが喜んだんですよね。あそこはちょっとホストに近い体質だったんで。「私に貢がせてください!」っていう子がすごく多くて。

(松村香織)たしかに! 貢ぎ癖はすごいありそう。

(吉田豪)ファンがまず喜んだっていう。「やったー! 払える!」って(笑)。

(松村香織)フフフ、すごい!

(吉田豪)「いろんなシステムがあるなー」って思いながら見ていました。

(松村香織)ねえ。スタバの券の追跡ってさ、モバイル入れたらバレないですよね?

(吉田豪)僕、全然システムわからないです。カードの裏を削ると……みたいなやつですよね。

スタバカード問題

(松村香織)それ、めっちゃ言われた。なんかどこの店舗を使ったのかがわかるみたいな。

(スタッフ)履歴がわかるっていう。

(吉田豪)そうそう。

(松村香織)でもそれって、携帯を入れたらなにもわからないって聞いたんだけど、違うのかな?

(吉田豪)どうなんですかね?

(スタッフ)パスワードを持っていたらパソコンからもアクセスできて。携帯で出てもダメなんです。

吉田豪と古森結衣 スターバックスカードの罠を語る
元HKT48の古森結衣さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとアイドルがプレゼントでもらいがちなスターバックスカードの恐ろしさについて話していました。

(松村香織)へー! なんか、あるらしいですよね。でも、私も別にそんな……。

(吉田豪)「最寄り駅ぐらいならいいや」って?

(松村香織)違う。最寄りでは絶対に使わない。だし、新幹線に乗ったりするから。

(吉田豪)東京駅とかで買ったりする分には……。

(松村香織)そう。東京とか品川とかが多いし。

(吉田豪)じゃあ、大丈夫ですね。

(松村香織)別にいいかな、みたいな。

(吉田豪)「この日は仕事だな」ぐらいのね。

(松村香織)そうそうそう。だからなんかスタバも嬉しかったし。あとはあれだ。ボートレース場帰りの人がいて。ボートレースでもらったクオカードがそのまま入っていた(笑)。

(吉田豪)ギャンブル好きが集まりやすいっていう。

(松村香織)そうそうそう。だからあの時にいろいろといただいて、すごい嬉しかった(笑)。ありがとうございます! だからプレゼントの送り先もね、いまオフィスを借りたっていうのがあるんで。

(吉田豪)あれはレンタルオフィス的なやつなんですよね?

(松村香織)そうそう。レンタルオフィスを借りたんで。

(吉田豪)「この場に来ても無駄です」みたいなことを書いていましたけども(笑)。

(松村香織)そう。だからTwitterとかブログにも住所を載せているので。そこに送ってもらえたら届きます。すごいだから、嬉しい。(コメントを読む)「当たり馬券」? えっ、でも昔、馬券を送ってくる人、いたんですよ。

(吉田豪)それは当たる前? 当たってから?

(松村香織)でもなんか……それは手紙と一緒に入れてくれていた人がいて。たぶん、でも当たっていてもそんな額じゃなかったっぽかったけど。でもそれは私が「競馬好き」って言っていたから入っていると思って。検閲するスタッフさんも弾いていなかったから、私もちゃんと換金に行けばすごい当たりがあったかもしれない。でも、手紙にも書いてあったんですよ。「あんまり当たっていない」みたいな。だから私もわざわざ行くのもいいかな?って思うんですけども。そうそうそう。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました