吉田豪と東理紗 生ハムと焼うどん活動休止までの経緯を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 68
スポンサーリンク

東理紗さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと生ハムと焼うどん断食(活動休止)に至るまでの経緯について振り返っていました。

(吉田豪)ねえ。そんな大事故(ポロリ事件)があって。僕の大好きな話が、ちょっとデリケートな話をするんですけど。

(東理紗)乳首の話、大好き!

(吉田豪)その流れでですよ……「乳首が大好き」っていう話じゃなくて。

(東理紗)誰の乳首? グフフ(笑)。

(吉田豪)違いますよ。話、進めますよ。まあ、生うどんがいろいろとゴタゴタし始めた時に間に入っていた人がいたじゃないですか?

(東理紗)大森さん?

(吉田豪)大森さんもそうだけど……。

(東理紗)カワノ?

(吉田豪)そう。カワノさんっていうもともとチェキを撮ったりしていた人が、まあ西井さんサイドに寄って生うどん暴露アカウントを作ったりとか。

(東理紗)マジで私、カワノ大っ嫌いだから! 無理無理!

(吉田豪)まあね、ここがガチ揉めしていたとか、それは置いておいてなんですよ。

(東理紗)私、嫌いな人はいないんだけど、カワノだけは本当に嫌い!

(吉田豪)まあ、そんな関係があった上で……ですよ。聞いて。話を聞いて。

(東理紗)本当にひどいんだから。

(吉田豪)わかったよ。話を聞いて。で、その流れの後で、カワノさんと僕が会った時、「この前、こういうことがあったんですよ……」って言ったら、「……東、すごいわ。持ってるわ」っつって。その、神がかり的な、そういう時にポロリするみたいな。「やっぱりあいつ、本当に天才的だわ。持ってるわ」ってひたすら絶賛していたことだけ。「そこを絶賛するんだ!」っていう、僕の中での。

(東理紗)いや、そうなの。カワノさんとはおもしろとか、そういう感覚的なものをすごく共有できていたの。だし、面白いと思うものをすごい共有できていたから私もすごい好きだったんだけど。でもねー、なんかなんつーか、嘘つきだから無理。

(吉田豪)あのね、このへんはお互いの見解があるから、ここでは深煎りはしないんですよ。ただし、そういういろいろとあった人が褒めていたっていうのが僕はいい話だなって思うんですよ。

(東理紗)そうだね。たしかに。カワノさんともいつか、話したいかも。仲直りできそうになってきた。なんか、その話を聞いて。

(吉田豪)ねえ。

(東理紗)ごめんなさい、なんか「大嫌い」とか言って。「ちょっと嫌い」にしとくね。

(吉田豪)フハハハハハハッ! いい子じゃないですか(笑)。

(東理紗)フフフ(笑)。

(吉田豪)そうなんですよ。まあ、いろんな人が間に入っていろいろと動いたりしながらも、ねえ。

(東理紗)たしかに。でも、1年もたっているからみんなきっといろいろと変わっているんだろうな。考え方とか、近況とか。あの時だけで判断しない方がいいんだろうな。

(吉田豪)あの時期はお互い冷静じゃなかった部分もあるかもしれないし。ねえ。

(東理紗)うんうん。でも「間に吉田豪が入れば……」とかあったけど。

(吉田豪)無理だったんですよ。僕も入りましたよ。1回。

(東理紗)フフフ、いや、無理よ。無理。

スポンサーリンク

吉田豪が間に入っても無理

(吉田豪)これ、流れを説明すると、最初に大森靖子さんが間に入っていたんだけど、大森さんから最初に言われていたんですよね。「私がダメになったら豪さん、行ってください」って言われていて。で、大森さんが「やっぱり私、ダメでした。豪さん、行って」って言われてすぐに僕が東さんに連絡したら、ものすごくもう東さんが頑なになっていた時期で。「もういいから。いい。いいですから。放っておいてください」みたいな。

(東理紗)「誰も信用できません」みたいな。

(吉田豪)そう。大人シャットアウト期になっていて。

(東理紗)なってた! だってみんなが、いろんな人がいろんなことを言ってくるしさ。いいことも悪いことも。もうだからシャットアウトして、自分の本当の望みとか、何を信頼したいとか、何が重要かっていう、もう内側に集中したかったの。いろんな人のいろんな言葉をシャットアウトして。もう結構鬱みたいになりそうだったからさ。で、あのブログが書けたわけよ。私はあのブログに嘘を書きたくなかったし、自分の中でちゃんと納得する答えが出るまではブログを書かないようにしようと思っていたから。でも、そのもっと前か?

(吉田豪)まあ、そのぐらいの時期ではあるけど。で、その後、まあ東さんサイドがちょっと……言っちゃうと東さんが孤立するぐらいの感じになっていたから。僕はどっち側に……みたいなのは嫌だったので、「僕は両方と交流したいんですよ。東派、西派ではなくて、僕は2人にまたいつかやってもらいたい派です」っていう風に言って、両方と交流を続けたいというスタンスで。で、東さんとイベントをやることに。3回ぐらいやったんですかね?

(東理紗)そうだね。そうだ、そうだ。たしかに。でも私、にっちゃん出るって知らなかったんだけど。それ、言うわけないでしょっていうこと?

(吉田豪)違うんですよ。わかりやすく言うと、こっちが先に決まっていたっていう。

(東理紗)私が先に決まっていたの?

(吉田豪)そう。たしか。そうですよね。

(東理紗)そっか。で、その後ににっちゃんにオファーしたっていうこと?

(吉田豪)まあ、両方ともオファーしていて、はまったのがそれで。ちょうど1週、間があいて……みたいな。これも別に意図して、並べちゃいけないと思って1週間あけたわけじゃなくて。そこに深い意味はないんですよ。

(東理紗)そうだよね(笑)。私、なんかその間に入る人の気まずさ……って思ったよ。

(吉田豪)フフフ、気まずくはないですよ。大丈夫ですよ。

(東理紗)そうなんだ。にっちゃん、私が出るってわかって受けたの?

(吉田豪)まあ、どうだろう? 言っていたのかな? でも、告知は本人の前でしたわけですからね。あの時は次週は未定だったんですけど。「そのかわり、2週間後のゲストを発表しちゃいます。東さんです」ってやったんで。

(東理紗)なんて、なんて?

(吉田豪)いや、別に。変な空気になることもなく。楽しく終わりましたよ。だから、それがよかったんですよ。うん。そう思いますよ。お互いにこうやって名前を出して、普通に話せるような状況にはなっているっていうか。

(東理紗)うん。なっているね。たしかに。こういう機会をもらわないと、こういうことって話せないしね。

(吉田豪)そうなんですよ。で、また最近、西井さんサイドがそれこそ矢口さんの番組とかでいろいろ話す機会はあっても、東さんがあんまり話す機会がないじゃないですか。

(東理紗)もう私はブログに書いてあることが全てだから。もう、私の口から何かを、自分から発信して話したいって思わないんだよね。やっぱり。あれを見てくださいって思うし。

(吉田豪)うん。

(東理紗)やっぱり何を言ってもね、捉え方ってマジで100通りあるからさ。うーん。なんか、弁解したいとか事実を伝えたいとかじゃないんだよね。私のいちばんは。だからそういうことをしなかったの。自分からはね。

(吉田豪)うん。まあね、それも何が悪かったっていう話もね、それぞれの見解があるから難しいとは思うんですよ。

(東理紗)いや、難しいと思う。それは。だし、やっぱり2人の問題っていうのはデカいよね。でも正直言うと、生うどん時代はまだ未成年だったから、お母さんたちも必要だったじゃないですか。だから……。

(吉田豪)要は未成年が大きな会場を借りたりするのが無理なんで、大人を頼るしかなかったっていうことがまずあったんですよね。

(東理紗)そうそう。だから本当に私たちだけで済む話ならよかったんだけど、私たちのお母さんも絡んでいたし、お母さんたちと絡んでいた大人も絡んでいたしで。もう、本当に手のつけようが誰にもないみたいな状態だったの。

(吉田豪)子供だけでそんなに大きなビジネスにならない感じでやっていたらたぶん何もモメなかったものが、大きくなって、関わる人も増えて。で、だんだん東さんの歌に明らかに大人が信用できない的な歌とか、なにかが混ざり始めてきて。「なにか生うどん、これは動いているぞ」みたいな空気がすごいし始めて。

(東理紗)たしかに。いやー、そうだったね。でも、そうだね。2人だけでできなくなってきたっていうのはデカかったね。本当に。まあ、しょうがないんだけどね。

(吉田豪)しょうがないですよ。

(東理紗)しょうがないし、やっぱり若かったからよかったっていうのもあるじゃん?

(吉田豪)そう。だからセルフプロデュースだからの面白さと、セルフプロデュースの大変さを見せてくれたんですよ。生うどんが。

(東理紗)そうそう。数字の「1」みたいにね、シューッ!って。

(吉田豪)「ああ、これぐらい自由なことができるんだ」って。ちょうど昨日もね、能町みね子さんっていう人とイベントをやったんですけど、能町さんはアイドルは何も興味ないんだけど、生うどんだけは好きだったって言っていて。

(東理紗)ええーっ! みね子さーん!

(吉田豪)「アイドルっていうのは基本、やらされるだけで。本人たちの努力とかはそんなに関係ない世界というか、やらされる人たちのセンス次第なのがずっと引っかかっていたんだけど、生うどんは完全に自分たちのセンスであれだけやっていて……」みたいな絶賛の仕方を昨日もしていて。

(東理紗)嬉しい! 能町さんが昨日来たの?

(吉田豪)いや、一緒にイベントをやっていたんですよ。

(東理紗)ああ、そうか。私も今度、新宿の集いみたいなのに能町さんと出るよ。

(吉田豪)ああ、そうなんだ。へー。

(東理紗)たしかトークで出るよ。「なぜか、出ます」ってツイートしていた。

(吉田豪)ああ、はいはい。

(東理紗)そこでじゃあ、しゃべろう。「やっほー! 元気してるー?」って(笑)。

(吉田豪)ぜひ(笑)。

(東理紗)「ふじみね子さん」ってずっと言おう(笑)。

(吉田豪)なんで?(笑)。でもね、いろんな人が「生うどん、うらやましい」みたいなことをよく言っていたな。

(東理紗)ありがとうございます。うれしい!

(吉田豪)僕との絡み方の距離感のなさみたいなのを見て「うらやましい」って言っていて。

(東理紗)なんで? それは豪さんともっと近くなりたいっていうこと?

(吉田豪)ちょっとやっぱりよそよそしく接するじゃないですか。大人として、僕も。生うどんは平気でそこをズケズケと入ってくるじゃないですか。

(東理紗)フハハハハハハッ!

(吉田豪)「い、いいですから!」って僕もなるじゃないですか。西井さんの回もひどかったんですよ。完全に……まあ、ちょっと顔の角度。できものとかもできてたりもあったらしいんだけど、完全に体をこっちに向けて、僕の方だけを見ながら放送するっていう。カメラがどうしても顔を撮れないから、ちょっとずつカメラがこっちを向いていて。また、いつも死角になっている部屋の場所がどんどん見えちゃってっていう……。

(東理紗)丸見えだね。たしかに。家だからね。

(吉田豪)ひどい放送になっていて。

(東理紗)そうなんだー。すごいね、でも。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする